INDEX

体調不良で仕事を休む基準は?休んだ方がいい時は?

体調不良で仕事を休む基準は?休んだ方がいい時①熱があった時

熱があった時

体調不良で仕事を休む基準、休んだ方がいい時1つ目は、熱があった時です。微熱程度で自分もすんなり動けるなら出社しますが、高熱が出た時は休むべきでしょう。高熱が出ている場合、普通の風邪ではなく、感染症の疑いだって考えられます。病院に行かないと感染症にかかっているということはわかりません。

どうしても自分の代わりがいなくて休んだら迷惑がかかるということもあるでしょう。しかし、高熱が出ている状態で万全な仕事をこなすというのは難しいです。もし仕事の途中で倒れたりでもしたら、それこそ周りに心配と迷惑をかけることにもなってしまいます。周りに迷惑がかかるなら休んだ方が無難です。

体調不良で仕事を休む基準は?休んだ方がいい時②感染症にかかった時

感染症にかかった時

体調不良で仕事を休む基準、休んだ方がいい時2つ目は、感染症にかかった時です。感染症にかかったら休まなくてはいけません。周りの人達に移る可能性があります。集団感染してしまったら、それこそ会社自体が成り立たなくなってしまいます。

周りも感染症なら休んでほしいと思うはずです。感染症なら周りにも迷惑をかけることになるので、感染症にかかったことがわかったら休みましょう。休んで早く治して復帰してほしいと周りは願っています。

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法は?

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法①会社を休みたいと自分で電話

自分で連絡をする

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法1つ目は、「会社を休みたい」と自分で電話連絡をすることです。体調が悪いと電話するのも億劫になってしまうでしょう。しかし子供ではないので、親や身内に電話してもらうのはNGです。どんなに体調が悪くても、自分で直接休む連絡をすることが大切です。

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法②直接上司に電話を繋いでもらう

直接上司に電話をつないでもらう

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法2つ目は、直接上司に電話を繋いでもらうことです。自分で電話をした時に、上司が出ないこともありますよね。そんな時伝言で伝えてもらえばいいと思っている人もいるのではないでしょうか?

伝言で伝えてもらう場合、その人が上司に伝えるのを忘れてしまう可能性も考えられます。「そんな話聞いていない!」と怒ることにもなりかねません。そういうことを防ぐためにも、伝言で伝えてもらうのではなく、直接上司に電話を繋いでもらって、自分の口から伝えるようにする方が安心です。

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法③メールで連絡はしない

メールで連絡はしない

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法3つ目は、メールで連絡はしないことです。具合が悪いと、電話するのが大変だと思うこともあるでしょう。メールで済まそうと思いがちです。しかしメールで休みたいと連絡をすると、上司がメールをいつ読むかわかりません。すぐに読んでくれない可能性だってあります。

忙しくて読んでくれない可能性も考えて、メールでの連絡はしない方が良いでしょう。きちんと上司に伝わる方法を選ぶようにすることが大切です。

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法④一方的に話をすませない

一方的に話をすませない

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法4つ目は、一方的に話をすませないことです。電話をして休むと伝えるのに、いきなり「休みます」という報告だけではNGです。なぜ休むのかという理由が必要です。休む理由は簡潔に伝えましょう。長々とした理由は必要ありません。

上司も朝は忙しいです。また一方的に休むと断言して伝えるのはいけません。「〇〇の理由で休みたいのですが、よろしいでしょうか?」と、きちんと上司の許可を得ることが大切です。一方的に休むことだけ伝えて電話を切ってしまったら、あとで上司に休むなんて許可していないと言われることだって考えれるのです。

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法⑤無断欠勤は絶対にしない

無断欠席はしない

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法5つ目は、無断欠勤は絶対にしないことです。具合が悪いけど休みたいと連絡をするのも、ダメだと言われたらどうしようと思うこともあるでしょう。電話するのが苦手でドキドキしてしまうという人も中にはいます。だからといって、無断欠勤は絶対にしてはいけません。

無断欠勤をすると、周りの人達からの信頼も失い、無責任な人だというレッテルを貼られてしまいます。無断欠勤をしたことによって、会社をクビになることもあります。大人としてマナーのある対応を心がけることが大事です。

以下の記事には、仕事を無断欠勤する7つの理由と、会社の信用を挽回する言い訳&対応が紹介されています。仕事がどうしても嫌で会社に行きたくないということもあるでしょう。いけないことだとわかっていても、体が言うことを聞かないのです。無断欠勤する人のことが知りたくなったら、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 432828019
関連記事 仕事を無断欠勤する7つの理由と会社の信用を挽回する言い訳&対応4選

いけないこととわかっていても、どうしても仕事が嫌で会社に行けず無断欠勤

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法⑥電話のタイミングを間違えない

電話のタイミングを間違えない

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法6つ目は、電話のタイミングを間違えないことです。朝電話をする時のタイミングも大切になってきます。仕事が始まる直前に電話をしてしまうと、上司も忙しくて電話に出てもらえない可能性もあります。電話に出たとしても忙しくてイライラしている状態かもしれません。

ですから具合が悪いと電話をする時には、仕事が始まる15分前くらいまでには電話をするようにしましょう。そうすることで、上司も落ち着いて話を聞くことができるはずです。

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法⑦具合が悪いと事前に伝えておく

事前にさらっと伝えておく

体調不良で仕事を休む時のマナーや連絡方法7つ目は、事前にさらっと伝えておくことです。もし前日あたりから具合が悪いなと感じていたら、予め上司に「なんか体調が少し悪くて…」という話をさらっと伝えておくのも良いでしょう。

そうすることで、上司が「明日もしかしたら体調が悪化して、休むということも考えられるな」と思うはずです。もし休んだ時にどう対応していくかというのも、頭の中でしっかり考えてくれることにもなるのではないでしょうか。前もって具合が悪いという認識があるなら、さらっと上司に伝えておきましょう。

体調不良で仕事を早退する時のマナーやすべきことは?

体調不良で仕事を早退する時のマナーやすべきこと①直接上司に伝える

直接上司に伝える

体調不良で仕事を早退する時のマナーやすべきこと1つ目は、直接上司に伝えることです。具合が悪くなって早退したい場合には、直属の上司に話をして早退の許可をもらうべきです。その日中にこなさなければいけない仕事があったら、上司に伝えておくとうまく仕事を回してくれるはずです。

以下の記事には早退の上手い理由、会社や仕事で使える言い訳やその後の対応も紹介されています。仕事をしたくない気分で早退したいけど、早退理由がないと思う時もあるでしょう。でもどういう理由をつけて早退したら良いのか悩みますよね。早退の上手い理由を知りたくなったら、この記事を読んで、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 680916895
関連記事 早退の上手い理由9選!会社や仕事で使える言い訳は?その後の対応も!

「今日はどうしても仕事のやる気が起きない。早退したいなーでも理由がない

体調不良で仕事を早退する時のマナーやすべきこと②引継ぎをしておく

引継ぎをしておく

体調不良で仕事を早退する時のマナーやすべきこと2つ目は、引継ぎをしておくことです。自分のしていた仕事を周りの人にスムーズにこなしてもらうようにするために、引継ぎをしておくと良いでしょう。引継ぎをしておくことで、周りの人も困らずに与えられた仕事をこなすことができるはずです。

体調不良で仕事を早退する時のマナーやすべきこと③お礼はしっかりする

お礼はしっかりする

体調不良で仕事を早退する時のマナーやすべきこと3つ目は、お礼はしっかりすることです。具合が悪くて早退させてもらって、当たり前な態度を取ってはいけません。「この子はお礼の一言も言えないの?」と思われてしまいます。

「昨日は早退させて頂きありがとうございました。おかげで良くなりました。本当に助かりました。」ときちんとお礼をすることが大切です。早退することは人間なら誰にでもあることです。周りの人達とうまく協力してやっていかなくてはいけません。ですから大人な対応を心がけるようにしましょうね。

体調不良で仕事を早退する時のマナーやすべきこと④診断書をもらうと尚良し

診断書をもらうと尚良し

体調不良で仕事を早退する時のマナーやすべきこと4つ目は、診断書をもらうと尚良しです。具合が悪いから早退させてもらった時に、本当に具合が悪いのかと疑いの目を向けてくる上司も中にはいるかもしれません。本当に具合が悪いということを証明するために、病院から診断書をもらうと尚良いでしょう。

病院から診断書をもらってくることで、本当に具合が悪かったというのがわかり、上司も納得するはずです。ただ診断書を出してもらうにはお金がかかるので、診断書をもらいたくないと思っている人は、病院にかかった領収書を見せるだけでも違ってくるのではないでしょうか。

体調不良で仕事を休む場合は周りに迷惑がかからないようにしましょう!

迷惑がかからないようにしましょう!

具合が悪くて仕事を休みたいということもあるでしょう。人間誰しも風邪を引いたり、病気になったりするものです。そんな時に、会社に迷惑がかかるからと無理をして仕事に出てしまうこともよくある話です。しかし体調が悪いのに会社に行って、仕事をうまくこなせていけないのなら意味がありません。

周りに迷惑をかけてしまうことにもなりかねます。周りの人達も「それなら今はゆっくり休んで、万全の態勢で仕事に戻ってきてほしい」と願うはずです。会社で集団行動をしている以上、お互いが協力し合いながらやっていかなくてはいけないのです。

具合が悪くて休む時のマナーや早退する時のマナーも覚えておくことが大切です。体調不良で仕事を休む場合は、周りに迷惑がかからないようにしましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。