INDEX

履歴書の写真を貼るのに両面テープがおすすめの理由は?

履歴書の写真に両面テープがおすすめの理由①はがれにくい

履歴書の写真に両面テープがおすすめの理由1つ目は、はがれにくいことです。履歴書の写真を貼るのに、企業側から特にこれを使わなければいけないという決まりはありません。しかし、おすすめなのは粘着力がありはがれにくい両面テープです。粘着力が強い両面テープは、余白を多めにして貼ってもなかなかはがれにくいです。

しかし、失敗なく貼れたら良いですが、粘着力が強いため一回貼ってしまったテープをはがすのは困難です。この点が両面テープのデメリットです。最近は、履歴書セットにシートタイプの両面接着シールが同封されています。その両面接着シールを利用するととても便利です。

また、両面テープはあまり使う機会がないため、家に置いていないという人もいます。しかし、文房具店やコンビニに行くと100~300円で手軽に購入ができるため、1つ用意しておくといざという時に大変便利です。テープの太さは様々ありますが、一般的な太さのものを選びましょう。

履歴書の写真に両面テープがおすすめの理由②履歴書を汚さず貼れる

履歴書の写真に両面テープがおすすめの理由2つ目は、のりより履歴書を汚さず貼れることです。水分を含むのりは履歴書を汚してしまうことがあり、両面テープであれば汚れる心配がありません。のりがべたついた手で履歴書に触れることもなく、きれいに仕上がります。

履歴書の写真に両面テープがおすすめの理由③履歴書がシワになりにくい

履歴書の写真に両面テープがおすすめの理由3つ目は、履歴書がシワになりにくいことです。液体のりを使うと用紙がふやけてしまったり、スティックのりの場合は履歴書にシワが寄ってしまう可能性があります。

履歴書の写真に両面テープがおすすめの理由④裏に書いた文字がにじまない

履歴書の写真に両面テープがおすすめの理由4つ目は、裏に書いた文字がにじまないことです。履歴書に使用する証明写真の裏面には、写真がはがれてしまってもいいように学校名や氏名、生年月日などを記入します。のりを使ってしまうと、記入した文字がにじんでわからなくなってしまうため、両面テープが適しているのです。

下の記事は、100均の履歴書10選をダイソー・セリア別に紹介しています。アルバイトにおすすめの履歴書も詳しく解説しています。

Small thub shutterstock 538621282
関連記事 100均の履歴書10選!ダイソー・セリア別!アルバイト用におすすめ!

アルバイトや就職するときに大切な必須アイテムの「履歴書」が100均で有

履歴書の写真を綺麗に貼るコツは?

履歴書の写真を綺麗に貼る貼り方のコツ①正しいサイズでまっすぐ貼る

履歴書の写真を綺麗に貼る貼り方のコツ1つ目は、正しいサイズでまっすぐ貼ることです。せっかくきれいに撮影した証明写真も、正しいサイズでなかったり曲がっていると台無しになります。履歴書の写真は3cm×4cmとサイズが決まっています。これより大きくても小さくても駄目なので、サイズには注意しましょう。

証明写真をカットする時は、はさみよりも定規を使ってカッターでカットすることをおすすめします。はさみを使うとどうしても曲がってしまいます。定規をしっかり合わせることで綺麗にカットすることができます。枠線にぴったり合わせることで見た目きれいに貼ることができます。

自動のスピード写真ではなく、街中のフォトスタジオで撮影する場合は、「履歴書用の写真で」とお願いするとジャストサイズにカットしてくれます。間違ったサイズを用意してしまった場合、大き過ぎたらカットして再利用が可能ですが、小さ過ぎてしまった場合は使えないので再度撮り直しが必要です。

履歴書の写真を綺麗に貼る貼り方のコツ②テープがはみ出さないように貼る

履歴書の写真を綺麗に貼る貼り方のコツ2つ目は、両面テープがはみ出さないように貼ることです。裏にテープを貼り付ける時、ぎりぎりに貼ってしまうと、テープがはみ出てしまいます。外枠から1、2mm程度内側に貼りましょう。

履歴書の写真を綺麗に貼る貼り方のコツ③履歴書付属の両面接着シールで貼る

履歴書の写真を綺麗に貼る貼り方のコツ3つ目は、市販の履歴書に付属されている「両面接着シール」を使って貼ります。このシールを使うと写真をきれいに貼ることができます。また、付属のシールを利用すれば、わざわざ両面テープを購入する手間が省けます。

履歴書の写真を綺麗に貼る貼り方のコツ④写真は最後に貼る

履歴書の写真を綺麗に貼る貼り方のコツ4つ目は、履歴書を書き終わった最後に写真を貼りましょう。最初に写真を貼ってしまうと、履歴書を書き損じてしまった場合、写真が無駄になってしまいます。そして写真を貼る時はできるだけ一発で綺麗に貼れるように心がけましょう。

万が一、履歴書や写真が汚れてしまった場合は、新しい履歴書や写真を用意して最初からやり直したほうが無難です。汚れた履歴書を無理に使ってしまうと、マイナスのイメージを持たれてしまいます。

履歴書の写真をのりで貼る場合の注意点は?

履歴書の証明写真の貼り付け方の注意点①液状のりは乾きにくい



履歴書の証明写真の貼り付け方の注意点1つ目は、液状のりは水分が多いため乾くまでに時間がかかります。のりには液体タイプとスティックタイプの2種類があります。液体タイプは安くて手軽に使えるため、どこ家にもあるものですが、履歴書の証明写真を貼るには適していません。

また、液体のりは綺麗に貼るのが難しく、1度貼ってしまうと貼り直しがききません。さらに、しっかり貼ろうと多めに塗り過ぎてしまうとはみ出てしまったり、手が汚れてしまいます。最大のデメリットは、液体のりを使うと履歴書を汚してしまう可能性が大きいことです。

履歴書が綺麗に仕上がっても、写真ののり付けが悪ければ、受け取る相手にマイナスの印象を与えてしまいます。綺麗にのり付けされていれば、几帳面な人と思われ信頼性も高まります。

履歴書の証明写真の貼り付け方の注意点②液体のりははがれやすい

履歴書の証明写真の貼り付け方の注意点2つ目は、液体のりははがれやすいことです。液体のりは一見全体的にたっぷり塗るとはがれにくい印象がありますが、意外とはがれやすいのです。粘着力の弱いのりで貼られた履歴書は、相手に届いた時点ではがれてしまいだらしのない人と思われてしまいます。

履歴書の写真を貼る場合は、スティックのりで貼るよりは液体のりの方がはがれにくいです。しかし、強度の弱い液体のりを使うと簡単にはがれてしまいますので注意して下さい。

履歴書の証明写真の貼り付け方の注意点③スティックのりは最もはがれやすい

履歴書の証明写真の貼り付け方の注意点3つ目として、スティックのりは液体タイプよりも粘着力が弱くはがれやすいです。履歴書写真を貼ってすぐにはがれてしまうことが多々あります。しかし、スティックは液体よりも乾きが早いのがメリットです。

さらに、スティックタイプは液体タイプよりもはみ出しにくく、履歴書がシワになることもありません。そして、スティックタイプは塗った後に用紙に厚みがでないため、きれいに貼ることができます。しかし、粘着力は液体タイプよりも劣ってしまうため、角からはがれやすいためおすすめできません。

履歴書の証明写真の貼り付け方の注意点④テープのりがおすすめ

履歴書の証明写真の貼り付け方の注意点4つ目として、のりを使うのであればテープのりがおすすめです。液体やスティックタイプのりを使うと、写真からはみ出てしまう恐れがあります。しかし、テープのりははみでることがなく、決まった箇所だけぴったり貼ることが可能で仕上がりが綺麗です。

また、テープのりは手を汚さずにのり付けできます。しかし、デメリットとして値段が高いことです。また、使い慣れていないと、巻き取り部分がすぐに緩んでしまったり、のりが用紙にうまく乗らないこともあり無駄使いをしてしまうことも多いです。

下の記事は、コンビニで履歴書は買えるのか?コンビニの履歴書を面接に使用して良いのかなどを詳しく解説しています。履歴書をどこで購入するか迷った時に参考になります。

Small thub shutterstock 753339043
関連記事 コンビニで履歴書は買える?コンビニの履歴書を面接に使用して良いの?

就職活動や、転職活動には必ず用意しなければならない「履歴書」。一番手軽

履歴書の封筒に封をする時はのりが良い理由は?

履歴書の封筒をのりで封をした方が良い理由①履歴書に信頼性を持たせる

履歴書の封筒をのりで封をした方が良い理由1つ目は、履歴書に信頼性を持たせるためです。履歴書に封は誰かに開けられないようにして、信頼性を持たせる必要があります。セロハンテープを使うと、誰かに封を開けられやすく履歴書に信用性が欠けてしまいます。

履歴書の封筒をのりで封をした方が良い理由②履歴書は個人情報として扱う

履歴書の封筒をのりで封をした方が良い理由2つ目は、履歴書は個人情報として扱います。このような重要書類が入った封筒の封は、開きやすい両面テープやセロハンテープ等は適していないと言えます。セロハンテープで貼った場合、簡単にはがせてしまうので使わない方が良いでしょう。

しかし、履歴書の封筒を封する場合、どうしてもテープを使いたいのであれば、セロハンテープよりも両面テープの方が適しています。

履歴書の封筒をのりで封をした方が良い理由③のりはマナー違反じゃない

封をする時にのりが良い理由1つ目は、のりはマナー違反じゃないからです。テープで封をすると、郵便の途中で他の郵便物とテープやホチキスの針がひっかかることがあり、封がはがれてしまう可能性があります。簡単に開けたりできるためマナー違反と考えられています。そして、封をした裏面には「〆」などの封字を書きます。

このことから、履歴書に写真を貼る場合、のりは適していません。しかし、封筒の封をする場合、のりが最も適していると言えます。

下の記事は、履歴書の折り方やたたみ方や封筒への入れ方などを紹介しています。履歴書は重要書類です。どのように封筒に入れたらよいか迷った時に参考になります。

Small thub shutterstock 241064626
関連記事 履歴書の折り方やたたみ方は?封筒への入れ方も|二つ折り/三つ折り

履歴書を無事書き終えた次は提出となりますが、郵送、持参どちらにしても履

履歴書の写真の貼り方でマナーの善し悪しがわかる!

履歴書の写真の貼り方をご紹介しました。一般的に、履歴書の写真の貼り方もマナーの一つと考えられます。見た目の印象だけでなく、履歴書の写真を綺麗に貼ることも応募先へのアピールにもなります。履歴書の中身にばかり気を取られるのではなく、履歴書の写真の貼り方も油断せずに丁寧に行いましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。