INDEX

コンビニ証明写真のおすすめポイントは?

コンビニ証明写真のおすすめポイント①就活で何度も印刷して履歴書に使える

コンビニ証明写真のおすすめポイント①就活で何度も印刷して履歴書に使える

1つ目のコンビニ証明写真のおすすめポイントは、「就活で何度も印刷して履歴書に使える」ということです。コンビニ証明写真の場合は、データが残りますので何度も安くで印刷して履歴書に使うことができます。このため、就活生に人気のある証明写真の作り方となっています。

ご自宅で全て作成する場合と違って、証明写真用のシートを用意したり、証明写真の大きさに合わせてデータを調整する必要もなくておすすめの方法となっています。

コンビニ証明写真のおすすめポイント②焼き増しできるのでパスポートにも

コンビニ証明写真のおすすめポイント②焼き増しできるのでパスポートにも

2つ目のコンビニ証明写真のおすすめポイントは、「焼き増しできるので就活だけでなくパスポートにも使える」ということです。コンビニ証明写真は、データが一定期間残りますので、データが残る期間内であれば何度でも焼き増しすることができます。

その都度お金はかかってしまいますが、就活で使った証明写真のデータをパスポート申請用の写真として使うこともでき、新たに撮影する手間もかからないのでおすすめです。

コンビニ証明写真のおすすめポイント③ネットプリントなので気軽に作れる

コンビニ証明写真のおすすめポイント③ネットプリントなので気軽に作れる

3つ目のコンビニ証明写真のおすすめポイントは、「ネットプリントを利用するので気軽に作ることができる」ということです。コンビニ証明写真は、ご自分のスマホやパソコンでデータを作り、インターネットでサーバーにデータを転送するネットプリント機能を使って作成します。

こういったシステムを利用しているため、データを作成したらお近くのコンビニのプリンターですぐに印刷することができます。このため、写真館に出向く必要もなく手間もお金もかからずおすすめです。

コンビニ証明写真「ピクチャン」とは?

「ピクチャン」は使えるコンビニ数が最多のコンビニ証明写真サービス!

「ピクチャン」は、使えるコンビニ数が最多でおすすめのコンビニ証明写真サービスです。ピクチャンは、スマホやパソコンを使って作成した証明写真のデータをセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートで印刷することができます。

他のコンビニ証明写真サービスは、今回ご紹介したいずれかのコンビニでしか利用できないものが多くなっています。そんな中、この「ピクチャン」はメジャーなどのコンビニでも利用することができますので、対応している店舗も50,000店舗と多く便利でおすすめです。

ピクチャン
1枚の印刷料金 200円
データの保存期間 2週間
利用できるコンビニ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート

コンビニ証明写真「ピクチャン」でのデータ印刷方法①撮影後サーバーへ転送

コンビニ証明写真「ピクチャン」でのデータ印刷方法①撮影後サーバーへ転送

コンビニ証明写真「ピクチャン」でのデータ印刷方法のうち、1段階目では「写真データを撮影して、サーバーへのデータ転送」をする作業になります。具体的な印刷方法の流れは以下の通りとなっています。

なお、今回ご紹介している「ピクチャン」の場合は、背景を後から選ぶことができませんので、あらかじめ白地の壁の前で撮影するようにしましょう。写真館で撮影していただいた写真のデータも使用可能となっていますので、以前撮影していただいたデータがある場合の撮影は不要です。

ピクチャンを使ってデータをサーバーへ転送するまでの流れ
  1. スマートフォンや、デジカメなどで写真を撮影する。
  2. 「ピクチャン」にアクセスして、証明写真のサイズを選択する。
  3. 撮影した写真のデータを転送する。
  4. プリントの予約番号をメモして完了!

コンビニ証明写真「ピクチャン」でのデータ印刷方法②データを印刷する

コンビニ証明写真「ピクチャン」でのデータ印刷方法のうち、2段階目は「コンビニでデータを印刷する」という作業になります。具体的な流れは以下の通りです。コンビニによって印刷方法が異なりますので注意しましょう。

ピクチャンを使ってセブンイレブンでデータをプリントする方法
  1. セブンイレブンのプリンター画面にある「ネットプリント」ボタンをタッチする。
  2. 印刷データが表示されるので、間違いがない場合には「確認」ボタンをタッチする。
  3. 印刷料金を入れる。
  4. 「プリントスタート」ボタンをタッチすれば完了!
ピクチャンを使ってローソンやファミリーマートでデータをプリントする方法
  1. ローソンやファミリーマートのプリンター画面にある「コンテンツサービス」ボタンをタッチする。
  2. 「いつでもプリント」ボタンをタッチする。
  3. 「番号を指定してプリント」ボタンをタッチして、プリント予約番号を入力する。
  4. 印刷料金を入れれば完了!

コンビニ証明写真「BiziID」とは?

「BiziID」は長く保存できデータ編集も可なコンビニ証明写真サービス

「BiziID」は撮影データの保存期間が長くておすすめのコンビニ証明写真サービスです。「BiziID」は、撮影データの保存期間が6ヶ月間と他のコンビニ証明写真サービスと比較するととても長いため、結果的にコンビニで焼き増しすることができる期間も長いことになります。

また、BiziIDであればもし赤目などになってしまった場合でも簡単に補正することもできておすすめです。美肌調整をすることもできますよ。

BiziID
1枚の印刷料金 200円(2L版)、300円(3L版)
データの保存期間 6ヶ月
利用できるコンビニ ローソン、ファミリーマート

コンビニ証明写真「BiziID」でのデータ印刷方法①データの作成と転送

コンビニ証明写真「BiziID」でのデータ印刷方法①データの作成と転送

コンビニ証明写真「BiziID」でのデータ印刷方法のうち、1段階目は「データの作成と転送」という作業になります。具体的な印刷方法の流れは以下の通りです。なお、BiziIDは専用アプリとブラウザから作成することができます。

BiziIDでデータを転送するまでの流れ(アプリ)
  1. 専用アプリをダウンロードする。
  2. アプリを開き、印刷したい証明写真のサイズを選択する。
  3. 画面に従って写真を撮影するか、データをアップロードする。
  4. 編集したい箇所があれば、「画像編集」を選択して、適宜修正する。
  5. 「保存する」を選択し、プリント番号をメモすれば完了!
BiziIDでデータを転送するまでの流れ(ブラウザ)
  1. BiziIDにアクセスして利用規約のチェック後、証明写真のタイプを選択する。
  2.  「写真サイズを決定」を選択し、データをアップロードする。
  3. 編集したい箇所があれば、「画像編集モード」を選択して調整する。
  4. 「プリントデータを作成」を選択すると、プリント番号をメモして完了!

コンビニ証明写真「BiziID」でのデータ印刷方法②コンビニで印刷する

コンビニ証明写真「BiziID」でのデータ印刷方法のうち、2段階目は「コンビニで印刷する」という作業になります。具体的な印刷方法の流れは以下の通りとなっています。利用するコンビニや、データの作成方法に関係なく印刷手順は共通となっています。

BiziIDで転送したデータを印刷するまでの流れ
  1. コンビニのプリンター画面に表示されている「コンテンツサービス」をタップする。
  2. 「BiziCard」をタップする。
  3. プリント番号を入力して、「確認」をタップする。
  4. 印刷する枚数を指定して、「次へ」をタップする。
  5. 画面に表示された金額などをチェック後、「購入」をタップすれば完了!

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法は?

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法①専用アプリをダウンロードする

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法①専用アプリをダウンロードする

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法のうち1段階目は、「専用アプリをダウンロードする」という作業になります。まずご自分で証明写真を作成する方のために配信されている専用アプリがありますので、ダウンロードします。

その中でも、「証明写真BOX〜プロ並みの履歴書写真をかんたん自撮り」というアプリは、無料でダウンロードすることができておすすめです。また、ただ写真を撮影することができるだけでなく、自然な仕上がりになるように明るさの微調整ができたり、美肌加工をしてくれる機能もあります。

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法②撮影し印刷アプリをダウンロード

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法②撮影し印刷アプリをダウンロード

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法のうち、2段階目は「写真を撮影して印刷アプリをダウンロードする」という作業になります。コンビニ証明写真を撮る際のポイントについては後ほどご紹介します。印刷アプリについては、「netprint写真かんたんプリント」がおすすめです。

このnetprint写真かんたんプリントを使えば、写真プリントの料金が30円のセブンイレブンで証明写真のデータを簡単に印刷することができます。また、写真だけでなく文書などのデータも印刷することができますので、証明写真の印刷が終わった後でも活用することができますよ。



30円でコンビニ証明写真を撮影する方法③印刷アプリにデータを転送する

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法③印刷アプリにデータを転送する

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法のうち、3段階目は「印刷アプリにデータを転送する」という作業になります。この項目では、印刷アプリとしてnetprint写真かんたんプリントを使った場合の転送方法についてご紹介します。

netprint写真かんたんプリントを使ってデータを転送する方法
  1. アプリを開いて、「写真のプリント予約へ進む」を選択する。
  2. 画像データを選択し、「次へ」を選択する。
  3. 選択された画像が表示されたら、「OK」を選択する。
  4. アップロードされた写真が一覧として表示されるので、印刷したい写真を選択する。
  5. 「次へ」を選択し、「アップロード」を選択する。
  6. プリント予約番号が表示されたら、メモをして完了!

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法④セブンイレブンで印刷する

30円でコンビニ証明写真を撮影する方法のうち、4段階目は「セブンイレブンで印刷する」という作業になります。具体的な流れは以下の通りとなっています。なお、印刷については1枚30円で、24時間いつでも可能となっています。

netprint写真かんたんプリントを使って転送したデータを30円で印刷する方法
  1. セブンイレブンのプリンター画面で「プリント」を選択する。
  2. 「ネットプリント」を選択し、プリント予約番号を入力する。
  3. 「確認」ボタンを選択して、印刷するデータの内容をチェックする。
  4. 内容に間違いなければ、「これで決定」を選択する。
  5. プリント料金を入れて「プリントスタート」を選択すれば完了!

コンビニ証明写真を撮る際のポイントは?

コンビニ証明写真を撮る際のポイント①履歴書用などの場合ライトを使う

Amazonで詳細を見る

1つ目のコンビニ証明写真を撮る際のポイントは、「履歴書用などの場合自撮りライトを使う」ということです。ご自宅で撮影される場合、写真館などで撮影する場合とは違って、どうしても暗い写真になりがちです。特に履歴書など印象が大切な書類に使用される場合には、自撮りライトを使って明るく撮影するのがおすすめです。

アプリによっては明るさを調整をすることもできますが、先に明るく撮影しておくと微調整の手間を省くことができます。この画像の自撮りライトはクリップ式になっていますので、スマートフォンのカメラ付近に取り付けて電源を入れれば簡単に明るい写真を撮影することができておすすめです。

リングライト
値段(税込) 950円
対応機種 全機種
メーカー名 TECKEPIC

コンビニ証明写真を撮る際のポイント②三脚を使って安定させる

コンビニ証明写真を撮る際のポイント②三脚を使って安定させる

2つ目のコンビニ証明写真を撮る際のポイントは、「三脚を使って安定させた状態で撮影する」ということです。三脚を使って撮影をする場合の撮影手順については以下の通りとなっていますので、参考にしてみてくださいね。なお、綺麗な写真が撮影できる場所としては、背景が無地になり、なるべく明るい場所がおすすめです。

三脚を使って撮影をする場合の撮影手順
  1. 証明写真に適した綺麗な写真が撮影できる場所を探しておく。
  2. 撮影場所らの写真をうまく写すことができる位置に三脚を設置する。
  3. カメラタイマーを設定して、撮影する。

自撮り棒などを使って撮影しても良いのですが、一人で撮影する場合には三脚を使うことで綺麗に映る位置に距離を調整することができたり、撮影時の手ぶれを防ぐことができておすすめです。以下の記事では100均で販売されている三脚が10種類紹介されていますので、コストを安くしたい方はこちらもぜひご覧ください。

Small thub shutterstock 547009951 1
関連記事 100均の三脚10選!ダイソー、セリア、キャンドゥのスマホスタンド紹介!

100均の三脚をご存知ですか。100均ダイソー、セリア、キャンドゥには

コンビニ証明写真を撮る際のポイント③影を防止するため壁から離れて撮影

コンビニ証明写真を撮る際のポイント③影を防止するため壁から離れて撮影

3つ目のコンビニ証明写真を撮る際のポイントは、「影が写るのを防止するために壁から離れて撮影する」ということです。特に就活で履歴書に貼り付けた証明写真に影が写ってしまうことのはよろしくないとされていますので、影が写らないようにするために、壁から30cm以上離れて撮影するようにしましょう。

先ほどご紹介した自撮りライトを使い、実際に何度か撮影することで程良い位置を見つけることができます。なお、以下の記事では自作証明写真の作り方が紹介されています。加工のポイントなどについても紹介されていますので、綺麗な証明写真を作りたいという方はこちらの記事もぜひ一緒にチェックしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 566961208
関連記事 自作証明写真の作り方|撮影やフリーソフトの加工のポイントは?

この記事では、自作証明写真の作り方や、自作証明写真の背景などを加工でき

コンビニ証明写真を撮る際のポイント④表情はシャッターを切る直前に作る

コンビニ証明写真を撮る際のポイント④表情はシャッターを切る直前に作る

4つ目のコンビニ証明写真を撮る際のポイントは、「表情はシャッターを切る直前に作る」ということです。受け取った人に好印象を与えられるような証明写真を作るには、柔らかく微笑むようなイメージで少し口角を上げた表情がベストです。

しかし、この表情をシャッターが切られる何秒も前から作ってしまうと表情にこわばりが出てきて、強い印象を与えてしまうことがあります。このため、一度全力で笑い、直前に戻すとリラックスして自然な表情を作ることができますので、ぜひ試してみてくださいね。

コンビニ証明写真を撮る際のポイント⑤背筋を伸ばす

コンビニ証明写真を撮る際のポイント⑤背筋を伸ばす

5つ目のコンビニ証明写真を撮る際のポイントは、「背筋を伸ばす」ということです。背筋を伸ばして撮影することで、表情を明るく見せたり、顔をはっきり分かりやすく相手に認識してもらうことができます。

ただし、特に就活での履歴書に貼り付ける証明写真の場合、背筋を不自然に伸ばし過ぎても逆に相手に違和感を抱かせてしまいますので、上から糸で吊るされているようなイメージで姿勢を正すと良いでしょう。横から見た場合に、耳の位置と肩の位置が同じ位置に来るような姿勢にするのがベストです。

コンビニ証明写真を撮る際のポイント⑥メガネのレンズは拭いてから撮影する

コンビニ証明写真を撮る際のポイント⑥メガネのレンズは拭いてから撮影する

6つ目のコンビニ証明写真を撮る際のポイントは、「メガネのレンズは拭いてから撮影する」ということです。普段から視力があまり良くないためにメガネをかけているという方は、メガネのまま撮影しても問題ありません。

ただし、メガネをかけたまま撮影する場合には一度レンズクリーナーでレンズを拭いてから撮影するのがおすすめです。メガネのレンズをしっかり拭いてから撮影することで、表情が分かりやすくなりますし、フレッシュな印象を与えることができます。

なお、以下の記事ではダイソーやセリアといった100均で販売されているメガネクリーナーが13種類紹介されています。メガネをかけたまま証明写真を撮影したいと考えている場合には、こちらの記事もご覧になってみてはいかがでしょうか。

Small thub shutterstock 748840348
関連記事 100均のメガネクリーナー13選!ダイソー・セリア別!メガネ拭き・クロスも

メガネ愛用者の必需品メガネクリーナーを、100均ダイソーやセリアで買っ

【番外編】やっぱり質にこだわりたい!東京都内にあるおすすめの写真館は?

東京都内にあるおすすめの写真館①お急ぎの方に!スタジオインディ

東京都内にあるおすすめの写真館①お急ぎの方に!スタジオインディ

1箇所目の東京都内にあるおすすめの写真館は、「スタジオインディ」です。このスタジオインディでは、写真館での撮影にもかかわらずメイク料金を含んでも10,000円以下となる破格値の安さでおすすめです。撮影料金は安いですが、担当してくれるのはメイクさんも含めて全ていろいろな方面で活躍するプロの方々です。

また、当日予約も可能となっておりさらに最短5分で撮影してもらうこともできますので、お急ぎの方にもぴったりです。撮影料金の返金保証や、スーツの無料レンタルなどさまざまなサービスも展開されています。

東京都内にあるおすすめの写真館②就活専門!スタジオフォプロ

東京都内にあるおすすめの写真館②就活専門!スタジオフォプロ

2箇所目の東京都内にあるおすすめの写真館は、「スタジオフォプロ」です。このスタジオフォプロは、東京都内だけでなく全国に店舗を構える就活専門の写真館で、メイクや撮影はもちろん、担当者の方と一緒に打ち合わせをしながら画像の修正をすることもできます。

また、金融系やマスコミ系、エアライン関係など目指す業種に合わせた写真を撮影していただけますので、多くの就活生から人気を集めている写真館となっています。

コストを安くすることができるコンビニ証明写真にチャレンジしてみよう!

コストを安くすることができるコンビニ証明写真にチャレンジしてみよう!

この記事では、コンビニ証明写真のおすすめポイントや、30円でコンビニ証明写真を撮影する方法などについてご紹介しました。いかがだったでしょうか。コンビニ証明写真に必要なデータは、専用アプリを使えば簡単に作ることができます。印刷もお近くのコンビニでできますので手軽でおすすめです。

また、コストも安く今回ご紹介したコンビニ証明写真の撮影方法の場合だと30円から300円と証明写真機で撮影するよりも安くなっています。ぜひ今回ご紹介した情報を活かして、コンビニ証明写真作りにチャレンジしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。