INDEX

証明写真の値段の相場は?

スピード写真の値段(料金)の相場は安い傾向にあり800円から900円!

スピード写真の値段(料金)の相場は、800円から900円となっており、機械で撮影するため写真館で撮影した場合よりも安い値段設定がなされています。また、追加料金なしで2回から3回まで撮り直しをすることもできるスピード写真の機械も増えています。

写真館の値段(料金)の相場は高い傾向にあり3,000円から!

写真館の値段(料金)の相場は、スピード写真の値段(料金)の相場と比較すると高い傾向にあり、3,000円から5,000円となっています。就活用などでヘアメイクや画像補正にかかる料金(レタッチ料金)などまで含めると10,000円から12,000円となっており、目的によって値段に幅があります。

証明写真の値段を抑える方法・値段を抑える撮り方3選

証明写真の値段を抑える方法①ピクチャンなら安くていくらでも撮り直し可!

1つ目の証明写真の値段を抑える方法は、「ピクチャン」を使うという方法です。ピクチャンは、コンビニ証明写真サービスで公式サイトやアプリを使えば無料で撮影データを作ることができます。このため、いくらでも撮り直しができて、証明写真の値段を安くすることもできます。

また、スマートフォンやデジカメで撮影したデータを使えるので、いくらでも撮り直しをすることができます。ピクチャンを使って印刷したいデータを作ったら、全国のセブンイレブンやローソン、ファミリーマートのマルチプリンターで印刷することができますので、値段も安いですし便利でおすすめです。

証明写真の値段を抑える方法②履歴書カメラは0円でいくらでも撮影OK

2つ目の証明写真の値段を抑える方法は、「履歴書カメラ」を利用するという方法です。履歴書カメラは、履歴書を作りたい方に向けて無料で配信されているアプリで、納得がいくまで証明写真用の写真をいくらでも撮影することができます。このため、安い料金で証明写真を作りたい方にはぴったりです。

この値段を安くする方法ならプリント代しか必要ありませんので、いくら撮影しても安い料金で済ませられます。この履歴書カメラを利用した場合も、全国のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニのマルチプリンターで印刷することができます。目元にできたクマを消したり、明るさを調整することもできますよ。

証明写真の値段を抑える方法③証明プリなら安くでプリントまで可能!

履歴書カメラ  編集 削除 ここにアイテムを追加! 証明写真の値段を抑える方法③証明プリなら安くでプリントまで可能!

3つ目の証明写真の値段を抑える方法は、「証明プリ」を使うという方法です。証明プリは、これまでご紹介してきたアプリや公式サイトを利用する方法ではなく、プリクラを撮影するプリ機を利用した方法となっています。料金も一般的なスピード写真機で撮影するよりも安くておすすめです。

フリューが提供しているサービスで、「証明プリ対応機種」と書かれたプリ機であればどれでも利用することが可能です。以下の公式サイトで配置されている店舗をチェックできますよ。また、盛り過ぎることなく肌の明るさや肌質、目の印象などの補正を加えることも可能となっていますのでぜひ利用してみてくださいね。

証明写真の値段を抑えるアプリやサイトの使い方

ピクチャンで証明写真を作る方法:データを作ってコンビニでプリントする

ピクチャンで証明写真を作る方法:データを作ってコンビニでプリントする

ピクチャンで値段を抑えて証明写真を作る方法についてですが、全体の流れとしてはデータを作ってコンビニでプリントするという流れになります。具体的な作り方は以下の通りとなっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

なお、コンビニのマルチプリンターを使った証明写真の印刷方法については後ほどご紹介しますので、そちらをチェックしてみてくださいね。

ピクチャンで証明写真を作る方法
  1. スマートフォンやデジカメで証明写真用の写真を撮影する。
  2. ピクチャンのアプリをダウンロードするか、公式サイトにアクセスする。
  3. アプリか公式サイトを開き、証明写真のサイズを選ぶ。
  4. 画像をアップロードし、プリント予約番号を控える。
  5. コンビニのマルチプリンターで表示された値段の料金を入れて印刷すれば完了!

履歴書カメラで証明写真を作る方法:アプリ内で撮影してプリントする

履歴書カメラで証明写真を作る方法:アプリ内で撮影してプリントする

履歴書カメラで値段を抑えて証明写真を作る方法についてですが、全体の流れとしてはアプリ内で撮影してプリントするという流れになります。具体的な作り方は以下の通りです。履歴書カメラであれば、アプリに表示されるガイドを見ながら撮影することができますので、短時間で綺麗な写真を撮ることができておすすめです。

履歴書カメラで証明写真を作る方法
  1. 履歴書カメラをダウンロードして開く。
  2. アプリ内のガイドに従って撮影する。
  3. 「証明写真を印刷」を選択し、印刷するコンビニを選ぶ。
  4. 「利用規約に同意して送信する」を選択すると予約番号が送られてくる。
  5. コンビニのマルチプリンターで料金を入れて印刷すれば完了!

証明写真のコンビニ印刷はマルチプリンター1台で完結する!

ここまで、「ピクチャン」や「履歴書カメラ」といったコンビニで印刷することのできる証明写真の作り方をご紹介してきましたが、証明写真のコンビニ印刷はレジに行くことなくマルチプリンター1台で完結させることができます。具体的なやり方は以下の通りとなっていますので、参考にしてみてくださいね。

証明写真をコンビニで印刷する方法(ローソン、ファミリーマート)
  1. マルチプリンターの画面をタッチして、「コンテンツサービス」を選ぶ。
  2. 「いつでもプリント」→「番号を指定してプリント」の順に選択する。
  3. 予約番号を入力する。
  4. 画面に表示された値段分の料金を入れれば完了!
証明写真をコンビニで印刷する方法(セブンイレブン)
  1. マルチプリンターに表示された「ネットプリント」を選択する。
  2. 表示されたデータ内容をチェックして「確認」を選択する。
  3. 表示された料金を投入すれば完了!

証明プリで証明写真を作る方法:プリ機内で撮影しプリントする

証明プリで証明写真を作る方法について、全体の流れとしてはプリ機内で撮影しプリントするという流れで、通常のプリクラを撮影するときと同じ流れとなっています。証明プリで証明写真を作る具体的な方法は以下の通りです。清楚系、健康的、華やかといった撮影したいイメージに合わせた一発レタッチ機能もありおすすめです。

証明プリで証明写真を作る方法
  1. 「証明プリ対応機種」と書かれたポップが付いているプリ機に入る。
  2. 撮影料金を入れて、「証明プリモード」を選ぶ。
  3. 必要があれば人物の位置や肌の明るさなどを調整し「調整終了」を選べば完了!

履歴書用の証明写真の撮影には写真館?スピード写真?

写真館で履歴書用の証明写真の撮影をすればより好印象に!

写真館で履歴書用の証明写真の撮影をすればより好印象になっておすすめです。これは、スピード写真を利用した場合と比較すると高い料金を写真館で撮影していただいた分、写真の画質が良く、クオリティの高い仕上がりになるためです。

Q web

履歴書の顔写真は第一印象を左右する重要な部分であり、面接で会うまでその印象が残ることから、手を抜かない方が良いと思います。

引用元:Jobweb(就活の証明写真は写真館で撮影しないとNGなのでしょうか?(採用活動ミニアンケート調査報告))

このことを考慮すると、特に履歴書に使う写真の場合には面接までは履歴書のイメージにより印象が左右されたり、採用担当者によっては誠意を感じないこともあるということで、写真館での撮影が良いという上記のような声もあります。

写真写りで不採用になることはないのでスピード写真でもOKとの声も!

一方で、スピード写真を利用してもOKという採用担当者からの声もあります。これは、以下のような写真写りで不採用になることはないという理由や、アナウンサーなどではなく一般企業の場合には顔で選ぶわけではない会社も多いためです。

Q web

写真写りで不採用にすることはない

引用元:Jobweb(就活の証明写真は写真館で撮影しないとNGなのでしょうか?(採用活動ミニアンケート調査報告))

また、最近のスピード写真の場合は少しお金を出せば補正などもすることができるようになっていますので、スピード写真の画質も向上されてきています。このため、履歴書を送る会社の業種やこれからご紹介するそれぞれのメリットを見ながら撮影方法を選ぶと良いでしょう。

履歴書用の証明写真の撮影に写真館やスピード写真を利用するメリット

履歴書用に写真館を利用するメリット①プロからのアドバイスがもらえる

1つ目の履歴書用に写真館を利用するメリットは、「プロからのアドバイスをもらいながら撮影してもらうことができる」ということです。スピード写真は、無人の機械で手早く撮影できることが大きなメリットとなっていますが、写真館であればこれまで多くの履歴書用の写真を撮影してきたプロの方が撮影してくれます。

このため、撮影中の表情や姿勢などについてのアドバイスをその場でいただきながら、その人の個性を活かした素敵な写真を撮影してもらうことができるのです。



就活用の証明写真ならリクルートフォトスタジオがおすすめ!

就活用の証明写真を写真館で撮影するのであれば、「リクルートフォトスタジオ」という写真館がおすすめです。このリクルートフォトスタジオは、就活用の証明写真を専門に取り扱っている写真館です。公式サイトから簡単に撮影予約をお願いすることができますよ。

また、撮影コースによっては撮影データを当日の夜にもらうこともできるなど就活生にとっては嬉しいサービスもあります。一般的な企業だけでなく、エアライン関係など就職を希望する会社のイメージに合わせた証明写真を撮影してもらうこともできます。

リクルートフォトスタジオ
プリントにかかる料金(1枚分) 5,926円から12,700円(コースにより金額差あり)
コース展開 4コース(上半身撮影など)

履歴書用に写真館を利用するメリット②会社に対する熱意をアピールできる

2つ目の履歴書用に写真館を利用するメリットは、「会社に対する熱意をアピールすることができる」ということです。写真館を利用しているかスピード写真を利用しているかどうかというのは写真の仕上がりで見分けることができます。

このため、時間やお金をかけてしっかりと写真館で撮影してきたという気持ちを採用担当者の方に伝えることができるのです。こういったことから、特に新卒などで正社員へ応募する履歴書の場合には、写真館を利用するのがおすすめです。

履歴書用にスピード写真を利用するメリット①機械で撮影するので値段が安い

1つ目の履歴書用にスピード写真を利用するメリットは、「機械で撮影するので値段が安い」ということです。スピード写真を利用する場合には、専用機械の中で撮影からプリントまでを終えられますので、値段を安く済ませることができておすすめです。

特に、以下の「Ki-Re-i」というスピード写真機は、データをスマホに送ることができて便利です。データを送ってしまえば安くでいくらでも焼増することができますし、4つのコースから撮影コースを選ぶこともでき、エクセレントコースでは美肌加工やクマ隠しなどをすることもできますよ。

Ki-Re-i
プリントにかかる料金(1枚分) 800円から1,000円(コースにより金額差あり)
撮影コース 4コース(レギュラーコース、美肌コース、男前コース、エクセレントコース)

履歴書用にスピード写真を利用するメリット②いつでも撮影することができる

2つ目の履歴書用にスピード写真を利用するメリットは、「いつでも撮影することができる」ということです。写真館を利用したい場合には、事前に予約をして撮影をお願いしなければなりませんが、スピード写真の場合にはいつでも行きたい時にスピード写真機に行けば証明写真を撮影することができます。

また、設置場所も駅前など便利な場所に設置されていることも多くなっていますので、気軽に足を運ぶこともできます。その都度料金を支払えば24時間いくらでも撮影することができますので、急に面接が入った場合などにも対応可能です。

証明写真を綺麗に撮るコツ7つ

証明写真を綺麗に撮るコツ①膝の上に白いハンカチを置いて撮影に臨む

1つ目の証明写真を綺麗に撮るコツは、「膝の上に白いハンカチを置いて撮影に臨む」ということです。写真館で撮影してもらう場合には、レフ板を使用して全体を明るい写真に仕上げることができますが、スピード写真や最初にご紹介したピクチャンや履歴書カメラを使う場合にはそれができません。

このため、膝の上に白いハンカチを広げてレフ板代わりにするのがおすすめです。また、白いハンカチがない場合には、膝を覆うくらいの大きさの白い紙を膝の上に置くのも良いでしょう。こうすることで、スピード写真を使って安くで済ませても、通常よりクオリティの高い証明写真に仕上げることができますよ。

証明写真を綺麗に撮るコツ②背筋を伸ばして少し顎を引いた姿勢をキープする

証明写真を綺麗に撮るコツ②背筋を伸ばして少し顎を引いた姿勢をキープする

2つ目の証明写真を綺麗に撮るコツは、「背筋を伸ばして少し顎を引いた姿勢をキープする」ということです。頭に風船をつけているようなイメージで背筋を伸ばして、肩と耳の一番高い部分との高さがなるべく同じ位置になるようにした姿勢で写ると、より表情が明るく分かりやすい証明写真を撮影することができます。

ただし、背筋を伸ばしすぎてしまうと逆に違和感を与えてしまいますので注意が必要です。なお、以下の記事では自作証明写真を綺麗に撮影するポイントが紹介されています。安い値段で作ることができる自作証明写真の作り方も紹介されていますので、安く済ませたい方はこちらの記事もぜひ参考にチェックしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 566961208
関連記事 自作証明写真の作り方|撮影やフリーソフトの加工のポイントは?

この記事では、自作証明写真の作り方や、自作証明写真の背景などを加工でき

証明写真を綺麗に撮るコツ③レンズをじっと見つめるようにして撮影する

3つ目の証明写真を綺麗に撮るコツは、「レンズをじっと見つめるようにして撮影する」ということです。レンズをじっと見つめるようにして撮影することで、目力があるように見えますので、ご自身の気持ちの強さや仕事に対する積極性をアピールすることができておすすめです。

特に履歴書用に撮影する証明写真の場合には、これまでご紹介してきた姿勢や明るさだけでなく視線についても意識してみてくださいね。撮影までのカウントダウンに合わせて、シャッターが切られる1秒前にレンズに視線を集中させると、表情が強張らずに自然な表情を写真に収めることができますよ。

証明写真を綺麗に撮るコツ④三脚やスマホスタンドを使って撮影する

4つ目の証明写真を綺麗に撮るコツは、「三脚やスマホスタンドを使って撮影する」ということです。これは、自分で写真を撮影するピクチャンを使う場合のコツになります。自撮りの場合いくらでも安くで撮影できますが、アイテムが必要になりますので注意しましょう。

三脚やスマホスタンドを使って撮影することで、手ブレやピントのずれを防ぐことができます。特に自撮りの場合には三脚やスマホスタンドを使うことで無駄な時間を使うことなく早く証明写真を作成することもできますので、ぜひゲットしてみてくださいね。

以下の記事では、ダイソーやセリアといった100均で販売されているスマホスタンドが10種類紹介されています。三脚タイプのものなどさまざまなタイプの安いスマホスタンドが紹介されていますので、こちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 525732652
関連記事 100均のスマホスタンド10選!ダイソー・セリア別!三脚や吸盤など!

100均のスマホスタンドで、動画視聴の際の身体への負担を解消しませんか

証明写真を綺麗に撮るコツ⑤シャツは明るい色のものを選ぶ

5つ目の証明写真を綺麗に撮るコツは、「撮影する際に着用するシャツは明るい色のものを選ぶ」ということです。撮影する際に着用するシャツを明るい色にすることで、表情をより明るく見せることができます。私服での証明写真でOKな場合には、明るい色に加えてさらに無地のものを着用するとベストです。

就活で履歴書に使う証明写真の場合には、シャツは白で、シャツの下に着用するインナーについても、無地でシャツの色に合わせたものを着用するようにしましょう。

証明写真を綺麗に撮るコツ⑥耳を出して撮影する

6つ目の証明写真を綺麗に撮るコツは、「耳を出して撮影する」ということです。耳を出して撮影することで、清潔感のある証明写真に仕上げることができます。特に、面接まではその人の印象が左右されてしまう履歴書用の証明写真の場合には意識すると良いでしょう。

女性でショートカットの場合には両耳を出し、ロングやミディアムヘアの場合には両耳を出したハーフアップや一つ結びがおすすめです。男性の場合は、耳が見える程度の長さにカットし、もみ上げをすっきりさせておくと良いでしょう。

証明写真を綺麗に撮るコツ⑦撮影用ライトの前に荷物を置かない

7つ目の証明写真を綺麗に撮るコツは、「撮影用ライトの前に荷物を置かない」ということです。スピード写真機や先ほどご紹介した証明プリを使って証明写真を撮る場合に、ライトに気づかずに荷物を置いてしまうと、全体的に暗くなってしまい補正や撮り直しが必要になることがあります。

このため、まずスピード写真やプリ機に入ったら撮影用のライトの位置を確認した上で邪魔にならない場所に荷物を置くようにしましょう。

証明写真は値段を安く抑えて撮影することもできる!

証明写真は値段を安く抑えて撮影することもできる!

この記事では、証明写真の値段の相場や、安い値段でいくらでも撮影することのできるアプリなどを使った証明写真の撮り方などについてご紹介しました。いかがだったでしょうか。

証明写真は、スピード写真や写真館を利用した方法などさまざまな方法で撮影することができます。値段を安く抑えることができるなどそれぞれにメリットがありますので、証明写真を撮影する目的に合った撮影方法を選ぶようにしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。