INDEX

就活におすすめのベルトのポイント3つ

就活におすすめのベルトのポイント①色

就活におすすめのベルトのポイント1つ目の色についてです。就活に使用するベルトは基本的に黒が良いと言われています。リクルートスーツが、控えめな落ち着いた色ですので、派手な色ですとベルトだけが目立ってしまいます。スーツとのコーディネートを考えて、ベルトの色を決めるべきですね。

黒色の次に茶色が最も多く選ばれているようですが、茶色は避けた方が無難です。色は暗いものがベストで、黒と茶色のリバーシブルベルトもあります。就活で使用するのであればカジュアルなものではなく、スーツに合う色を選びましょう。スーツ専門店で売っているベルトを購入するのが無難ですね。

就活におすすめのベルトのポイント②バックル

就活におすすめのベルトのポイント2つ目のバックルについてです。就活で使用するベルトのバックルは、シンプルなものにしましょう。ベルトの色と同じく、あまり派手な装飾ではないオーソドックスなものが良いでしょう。バックルのデザインは様々ありますのでリクルートスーツに合うバックルを選ぶようにすると良いですね。

バックルがあまり派手ですと、リクルートスーツとは合わず、浮いた印象になる可能性があるので注意しましょう。派手なものは、目立ってしまい面接官の目に止まってしまい良い印象を与えませんので、気をつけるべきポイントですね。

就活におすすめのベルトのポイント③幅

就活におすすめのベルトのポイント3つ目のベルトの幅についてです。就活で使用するベルトの幅は3㎝がベストだと言われています。3㎝くらいが目立ちすぎず、良い太さなようです。全身の中では気にかけることが少ないベルトですが、面接で失敗しないために知っておきましょう。気を付けるべきポイントは沢山ありますね。

就活に向いていないベルトとは?

就活に向いていないベルト①派手なベルト

就活に向いていないベルト1つ目は、派手なベルトです。ベルトだけ目立って浮いて見えることは避けましょう。せっかく良いことを言っても、身だしなみで落とされてしまう可能性もあります。細かい部分にも目を向けて、マイナスにならないように気をつけましょう。

就活に向いていないベルト②ブランド物のベルト

就活に向いていないベルト2つ目は、ブランド物のベルトです。就職活動では、年相応の清潔感が求められますよね。そんな就職活動でハイブランドなベルトを着けていると面接官はどういう印象を持つでしょうか。様々なリスクが考えられますので、ハイブランドのベルトは避けておくのが無難です。

また、ハイブランドのベルトでも派手でなく、シンプルなものもありますよね。見た目も良いので大丈夫だろうと甘く考えていると、気づかないうちにマイナス評価を受けている可能性もあります。ですので、ハイブランドのベルトは就活向きではありません。

就活に向いていないベルト③あまりにも安いベルト

就活に向いていないベルト3つ目は、あまりにも安いベルトです。ベルトの価格は幅広く、100均で売っているのも見かけます。あまりにも安いものですと、リクルートスーツと合わない可能性があります。就活で使用するベルトは、スーツ専門店で購入するのが無難ですね。

就活に向いていないベルト④太すぎるもの

就活に向いていないベルト4つ目は、太すぎるものです。おしゃれなデザインとして太いベルトもありますよね。この太いベルトは就活では避けるべきです。落ち着いた色でシンプルな太いベルトもあります。また、多少太いベルトでも大丈夫だろうと思う人も多いと思います。しかし、面接官細かいところを見ているものです。

座った時にジャケットから見えるベルトが太く、目立ってしまうと面接官の目にとまるのは間違いないでしょう。面接の身だしなみは、清潔感が大切で、おしゃれである必要はないのです。

就活に向いていないベルト④ラバーやナイロン製

就活に向いていないベルト4つ目は、ラバーやナイロン製の素材です。つまり、カジュアルすぎる素材はNGです。ラバーやナイロン製の素材は、明らかに面接の場に適していないので、不向きです。派手ではないシンプルなデザインのレザー素材のものが就活には向いているでしょう。

ここで、就活におすすめの時計の記事を載せておきます。時計はベルトと同じく、意外とみられているものです。この記事を読んで、就活に備えましょう。

就活におすすめのベルト4選【男性】

就活の面接におすすめのベルト【男性】①黒色(茶色は避けた方が無難)

就活におすすめのベルトの男性編1つ目は、黒色のベルトです。黒が最も無難で、リクルートスーツとマッチします。基本的には、スーツや靴は黒色ですよね。ですので、ベルトもシンプルで目立ちにくい黒色が良いでしょう。

就活の面接におすすめのベルト【男性】②スーツに合うシンプルなもの

就活におすすめのベルトの男性編2つ目は、スーツに合うシンプルなものです。基本的に無地であることが条件です。柄物やブランド物は就活の場には適しません。バックルやステッチのデザインもシンプルなものを選びましょう。就活の場では、おしゃれである必要がないので、変に目立たないようにすることが大切です。

就活の面接におすすめのベルト【男性】③素材はレザー

就活におすすめのベルト男性編3つ目は、素材がレザーなベルトです。天然の本革もしくは合皮素材でもOKです。綿のベルトや上記の就活に向いていないベルト4ラバー4つ目で紹介したラバーやナイロン製はNGです。また、あまりツヤがありすぎる仕上げのベルトも避けた方が良いでしょう。

就活の面接におすすめのベルト【男性】④四角型のバックル

就活におすすめのベルト男性編4つ目は、バックルが四角形のものです。適切なベルトの太さは約3cmですので、その太さに合うバックルが適切となります。また、バックルの形は色々ありますが、四角型のバックルは、真面目できちんとした印象を与えることができます。

丸いバックルですと、カジュアル感がどうしても出てしまいがちになります。ですので、就活の面接では丸いバックルではなく、真面目な印象を与えられる四角形が望ましいと言えますね。最後に就活の身だしなみのビジネスマナーについての記事も載せておきますね。参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 377562079
関連記事 就活中の身だしなみのビジネスマナーとは?男性・女性の面接参考例も

就活中の身だしなみのビジネスマナーは、皆さんご存知ですか?身なりは、第

就活におすすめのベルト4選【女性】

就活の面接におすすめのベルト【女性】①なるべく細いものを選ぶ

就活におすすめのベルト女性編1つ目は、なるべく細いものです。女性の場合も男性と同じく太すぎるベルトはNGです。女性のレディーススーツのパンツ場合は、男性よりもベルトを通すループが細くなっている場合があるのでなるべく細めのベルトがおすすめです。また、細いベルトは女性らしさがでると言われています。

女性のレディーススーツのパンツは、ベルトを通すループの太さが細いものが多いのです。ですので、1つのパンツスーツでは装着できるベルトが、別のスーツでは装着できないことがあり危険です。できるだけ細いものを持っておけば、何個も買う必要がありませんよね。無難にできるだけ細いベルトを選ぶことをおすすめします。

就活の面接におすすめのベルト【女性】②なるべくシンプル

就活におすすめのベルト女性編2つ目は、なるべくシンプルなベルトです。これも男性と同じですね。おしゃれをする場ではないので、ベルトが目立ってしまっては印象が良くありません。また、女性は男性と違ってがっちりスーツを着るわけではないので、パンツスーツにベルトが必ず必要なわけではありません。

ですので、ベルトを着用するかもレディーススーツのデザインで決めて良いです。女性は、生理中や体調不良など、きついベルトを着けるのが辛いことがありますよね。そんな場合は無理にベルトを着ける必要はありません。

就活の面接におすすめのベルト【女性】③皮革製

就活におすすめのベルト女性編3つ目は、皮革製のベルトです。靴は皮革製品が基本的に多いので、ベルトも合わせて皮革製を選ぶのが無難です。本革ベルトはどんな物にも合わせやすいので、幅広く合わせやすいです。持っていて損はないでしょう。

また、就活中は忙しさやストレスもあり、太ったり痩せたりして体型がころころと変わりやすいですよね。また、インナーの枚数や厚さは夏と冬では全然違います。なので、ベルト穴は、内側から二つ目がウエストにぴったりになるように着るとよいですね。

就活の面接におすすめのベルト【女性】④色はスーツに合わせる

就活におすすめのベルト女性編4つ目は、スーツに合わせた色のベルトです。ベルトの色は、パンツと同色か似たような色を選ぶように心がけましょう。靴やバッグなどの色に合わせることで、より全体的に統一感がでます。

また、春夏用の薄い色合いのスーツですと、白いベルトが合わせやすいようです。爽やかな印象を与えてくれて良いようです。バックルの色は、ベルトと同色かシルバーまたはゴールド(光り過ぎない)が無難だと言われています。大きすぎるバックルはNGです。横に長く、縦幅が狭いものがスタイリッシュに見えて良いです。

ベルトは、ジャケットで隠れてしまうので、面接官に見られていないように思えますよね。しかし、面接官は意外と細かい部分に目を向けているものです。細かい部分にまで注意して、身だしなみを整えて清潔感をだしておくと、選考で服装が原因で焦ったり慌てたりすることがないです。選考に集中できる環境を作りましょう。

就活はベルトにも目を向けよう

どうでしたか?ベルトをあまり意識していなかった人が多かったのではないですか?ベルトは見えないと思いがちですが、意外とみられているものです。茶色は避け、ブランド物や派手なものは避けましょう。また、バックルや幅など細かい所にも目を向けれるように余裕をもって面接に臨むことが大切ですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。