INDEX

笑声とは?

笑声は声から笑顔が想像できるような声のこと!

笑顔でいると笑顔が返ってくる

笑声とは話している声から判断して、見えない相手に笑顔で話していることが想像できるような声です。例えば後ろから話し声が聞こえていて声から笑顔が想像できるときってありませんか。その声が笑声になります。見えない相手と話す声の理想の形になります。

笑声の印象はその人の印象になる

笑顔はいいことばかり

あなたの周りに笑声で話す人がいませんか。よく電話越しから笑い声が聞こえる場合、その人は笑声で話す人でしょう。思い返してみると、いつも話すあの人は笑顔が多い、電話越しに聞こえる声も笑声だったということがあるでしょう。笑声の印象はその人の印象と同じと考えていいでしょう。

普段から出している声の印象は?電話での話し方は?

普段の声の印象は電話で話すときの声の印象

普段のその人の声の印象はどんなものでしょうか。話の内容もさることながら、人は話すことでその印象を受け取っているものです。仕事でもプライベートでも人と関わることなしには生きていけない私たちは声の表情を考えてみてもいいかも知れませんね。

電話での話し方はコールセンターで働く人が見本

電話で笑声

ではコールセンターで働く人はどんな話し方をしているでしょうか。話すことでお客様の要望を聞いたり問い合わせに応えたり、営業で契約をとることもある。そうなると、話し方が重要になります。声は明るい声で、聞き取りやすいように早口ではなくゆっくりと、はっきりと発音し話しています。話し方の良い見本です。

笑声を出す方法やコツは?

笑声を出す方法やコツ①良い姿勢を保ち明るい声に

笑顔

笑声を出す方法は猫背でなく良い姿勢を保ちつつ口角を上げて話すことです。そうすると明るい声、笑声になります。コツは顔の表情も笑顔にすること。発する声は心理的な面も左右されるので、なるべくリラックスすることも大切です。人は緊張すると口角が下がりがちなので、顔の形から笑顔でいることが笑声に繋がります。

笑声を出す方法やコツ②口や鼻腔を意識して声質を通る声に

声質

では、声質についてはどうでしょうか。高い声、低い声、こもった声、よく通る声。声の種類には様々あります。理想は通る声です。通る声は、大きな声を出せば出るわけではありません。通る声は息に声を乗せます。このとき口や鼻腔を意識します。声を発声してこもらず響いていれば通る声です。続いて呼吸に関してです。

笑声を出す方法やコツ③腹式呼吸

呼吸

腹式呼吸のやり方は簡単です。以下のステップでやってみましょう。お腹に手を当てながら確認するとわかりやすいです。息の流れを体で感じましょう。

息をゆっくり吐く 
  1. 吐ききる(お腹を凹ませます)
  2. 吐き切ると自然に腹筋がしぼむ(お腹を膨らませる)
  3. 腹筋を緩めて空気が入ってくる
  4. 吸うときは口からではなく鼻から息を吸う

笑声を出す方法やコツ④息に声をのせる方法

笑声

下記のやり方で響きのある声がでます。息に言葉がのっていますので、通る声です。例えば赤ちゃんの声はなぜあんなにも通る声なのでしょうか。それはお腹から声を出してるからです。声の表情としてはこもった声ではない分、相手に伝わりやすくなり笑声がさらに魅力的になります。

笑声に繋がる 息に声をのせる方法
  1. 息を出す。・・(息)
  2. ・・ぁー(息を出しながら「あ」と発声する)
  3. 「あー」(息にのった「あ」)

笑声を出す方法やコツ⑤発音ははっきりと



大きく口を開けて

口を大きく開けて唇や舌をしっかりと動かし、はっきりと発音します。後述する滑舌も関わってきます。喉が開くよう口を開けます。それから、一語一語を丁寧に発音します。

笑声を出す方法やコツ⑥電話対応にも役立つ滑舌は母音を意識

滑舌

滑舌とは言葉を発するときの口や舌の動きのことです。日本語は母音と子音から成り立っています。大切なのは母音(アイウエオ)を意識して発音することです。アイウエオのそれぞれの口の形を意識します。アの口から鏡で口の開け方を確認します。なるべく縦に開けるようにするといいです。電話対応の豆知識です。

笑声を出す方法やコツ⑦声は少し高く!声の表情として明るい印象を与える

声の高さ

声の高さについてはどうでしょうか。声の高さも重要です。電話越しだと実際より低めに聞こえるようです。ですから意識して少し高い声を出すようにするといいでしょう。人が心地よいと感じる声の高さはドレミの音階では『ファ』か『ソ』あたりだと言われています。高さを意識すると声の表情として人に明るい印象を与えます。

では声の早さについては?NHKのアナウンサーは1分間に300~400字のスピードでニュースを読むようです。聞いてるとかなりゆっくり感じるのですが、聞きやすさを重視した場合のスピードのようです。ですから話すプロフェッショナルではない人は早口ではなくゆっくり目がいいでしょう。人に安心感を与えます。

笑声を出す方法やコツ⑧明るい声だけでなく低い声の魅力も

明るい声

高い声が魅力的に見えがちですが、低い声も高い声とは違った魅力があります。低い声は人に落ち着いた印象や、信頼感も与えます。また、男性から見て声の低い女性がどういうイメージの女性に見えるか、その魅力を述べています。合わせてご覧ください。

Small thub shutterstock 603919916
関連記事 声が低い女がモテる理由6選!低い声の特徴はいいことばっかり

声の低い女性は、小さい頃からその声の低さがコンプレックスになっているひ

笑声を出す方法やコツ⑨話し方は変えることができる

声美人

ここまで、声に関することを述べてきました。ところで、皆様はご自分の声はお好きでしょうか。自分の声が好きな人とそうではなくコンプレックスを抱いている方もいらっしゃると思います。話し方を変えたい。そのためには自分の声を録音して聞くことから始めます。聞いて声を確認し発声します。以下の記事をご覧ください。

Small thub shutterstock 210593740
関連記事 自分の声が嫌い・苦手な人の克服方法は?話し方を変えたい!

自分の声が嫌いと言う人は、意外と多く存在するようです。マイクに録音され

メラビアンの法則は笑声の効果の根拠

メラビアンの法則について

メラビアンの法則で好意が返ってくる

メラビアンの法則とは1971年にアメリカの心理学者アルバートメラビアンが提唱した概念です。話し手が聞き手に与える影響を研究と実験に基づいて数値化しています。ビジネスでも応用されている対人に関する心理学の分野です。別の呼ばれ方として「3Vの法則」や、「7・38・55ルール」という異名もあります。

上記を詳しく説明しましょう。まず、話し手が聞き手に与える影響は言語情報、視覚情報、聴覚情報の3つから構成されています。それぞれ言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%で成り立っています。つまり、聞き手は話し手の言語以外の情報からの影響を圧倒的に受けていることが実証されています。

メラビアンの法則を活用するメリット

メラビアンの法則をビジネスで活用する

メラビアンの法則はビジネスで活用できます。まずは、面接のときの会話です。採用する側からすれば応募者の評価を数分で判断します。応募者としては、会話の内容だけでなく、その話し方、態度も伝わります。緊張はするものですが、会話の内容の準備に加えて明るい表情、笑声、落ち着いた態度など意識すると良いでしょう。

他にも顧客との会話でも役立ちます。ビジネスのシーンでは初対面の方と会話することが多いものです。人の第一印象は初めの数分で決まってしまうと言われます。笑顔で明るい声、笑声を意識して出すだけでも相手の印象は良くなります。以上がメラビアンの法則を活用するメリットです。

笑声で話して魅力的な女性になりましょう

笑声 笑顔

いかがでしたでしょうか。声の表情や印象に関して、発声や呼吸も交えながらコミュニケーションにおける重要性をメラビアンの法則を一つの根拠に述べてきました。普段から意識するだけですぐに取り入れやすいものばかりです。ぜひ実践してみてください。人の反応が変わってきます。明るい声、笑声で話し魅力的でいましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。