INDEX

就職活動で資格が有利な理由は?

就職活動で資格が有利な理由①資格を取得するまでの努力が認められる

資格取得のための勉強

就職活動で資格が有利な理由一つ目は、「資格を取得するまでの努力が認められる」ということです。資格が必ず必要な業種は資格取得が前提になりますが、そうではない業種ではその人がどんな人間なのかや会社で頑張ってくれる人なのかを知りたいと思います。

その時に資格を持っていると、取得のために頑張って勉強した努力の出来る人なんだなという風に人事の人は思うわけです。そうすると資格をもっていない人よりは持っている人に働いて欲しいと考えるので、資格は就職活動において他より有利になるんですね。

就職活動で資格が有利な理由②資格が必須な業種では即戦力として見られる

即戦力

就職活動で資格が有利な理由二つ目は、「資格が必要な業種では即戦力として見られる」ということも挙げられます。特定の資格がないと仕事が円滑に出来ないような業種では、資格を持っている人を入社してすぐに活躍してくれそうだと考えます。

ところが資格を持たない人は部活やサークル活動、ボランティア活動など他のところで頑張ってきたとアピール出来ても即戦力としては信頼を得られません。仕事をしながら資格を取得することもありますが、どちらかを選ぶとなると資格を持っている人が輝いて見えるんですね。

就職活動で資格が有利な理由③資格を活用し会社に貢献してくれると見られる

将来にわたって会社に貢献する

就職活動で資格が有利な理由三つ目は、「資格を活用して将来にわたって会社に貢献してくれると見られる」ということです。資格は持っていた方が就活に効果がありそうだからという理由で取得すると就職活動では意味がありません。資格を活かして会社の利益や社会にいかに貢献したいのかを就活では表現していくと良いですね。

もしくは資格を取得する時に、資格を使って自分が会社にどのように役立っていきたいのか考えたことを面接の際に発言すると好印象です。このように、資格を持っていることでその人が長きにわたって会社に貢献してくれると判断出来るのが就職活動で資格が有利な理由の一つです。

企業はくじけずに頑張って仕事が出来る人と働きたいと思うものです。そんな頑張る力は就活前や就活時に身につけておきたいものですね。それに関連して努力や頑張るという意味の四字熟語についての話題をお伝えします。前向きになれる言葉と共に頑張れる自分になりましょう。座右の銘として面接でアピールしてもいいですね。

Small thumb shutterstock 533087773
関連記事 【努力・頑張る】四字熟語45選!意味・類語・用例も!座右の銘に使える!

努力に関する四字熟語には、座右の銘にもなりえるほど、前向きな意味を持っ

就職活動に有利な資格8選|文系

就職活動に有利・役立つおすすめの資格①秘書検定

秘書

就職活動に有利・役立つ資格一つ目は、「秘書検定」です。秘書検定は秘書である上での能力を試す試験のことです。企業においての秘書は、会社を陰ながらまたは顔として支える企業にとって重要な役職なんですね。それを遂行するための相手とやりとりをする能力やスケジュール管理、ビジネスマナーなどが適正かを試されます。

このような秘書検定は秘書になる予定の人だけではなく、ビジネスにおいて必要な技術を習得出来ますので持っていると役立つ資格でもあります。この資格は社会人としての基礎とも言える技術を秘書検定で認められたという証ですので就職活動でも有利に働きますよ。

就職活動に有利・役立つ資格②日経TEST

テスト

就職活動に有利・役立つ資格二つ目は、「日経TEST」です。この資格は日本経済新聞社が行っている試験で、内容は時事問題です。文系の仕事においては時事つまり社会の出来事について知っている方が役立ちます。ですのでこの資格があると、社会についての知識がある人と見なされ適応能力があると判断してもらえます。

就職活動に有利・役立つ資格③ファイナンシャルプランナー

お金

就職活動に有利・役立つ資格三つ目は、「ファイナンシャルプランナー」です。この資格はお客の資産運用やお金について話を聞き、適切なマネープランを立案するというお金にまつわる仕事をする上で必要な資格です。具体的には金融機関や会計事務所などで、お金の情報を扱うため緊張感のある態度が求められ求人も多いですね。

就職活動に有利・役立つ資格④パソコンに関するITパスポート

パソコンを駆使する女性たち

就職活動に有利・役立つ資格四つ目は、「ITパスポート」です。現在では日本だけではなく世界中で情報化によるしくみが出来ていますよね。ですから企業でも情報を上手に扱える技術が必要になります。そのIT系の技術や知識があるかを見るのがこの資格です。パソコンを使う職場はもちろんあらゆる職種で役立ちます。

就職活動に有利・役立つ資格⑤宅建

建物

就職活動に有利・役立つ資格五つ目は、「宅建」です。宅建は建物や土地を扱う有資格者のことを言います。その意味の通り不動産関係の仕事で求められる資格です。そうでない職種でもこの資格を持っていると建物や建築、土地などに関して精通している人と思われるので就活には有利なんですよ。

就職活動に有利・役立つ資格⑥国内旅行業務取扱管理者

旅行

就職活動に有利・役立つ資格六つ目は、「国内旅行業務取扱管理者」です。旅行関係の企業も人気ですが、そういった仕事を希望するのであれば取っておくと有利な資格ですよ。具体的には旅行企画会社や航空関係の会社がその職場になります。旅行に関する知識や業務技術を証明する資格ですので職場で力を発揮出来ますよ。

就職活動に有利・役立つ資格⑦英語技能検定

英語

就職活動に有利・役立つ資格七つ目は、「英語技能検定」です。英検は読む、聞く、話す、書くの英語の能力を試す検定です。現在の日本の企業では外国人も多く、英語を使って仕事をする企業も増えてきました。ですのでこの4つの能力を証明する資格として、就活においても活躍出来る人と認められるわけですね。

就職活動に有利・役立つ資格⑧簿記

経営管理

就職活動に有利・役立つ資格八つ目は、「簿記」です。この資格は会社の財務や経営に関する知識を持っているという証で、これらに関する専門的な業務が出来ます。現在では簿記の有資格者は求められる人材ですので、就活においても有利になる資格です。

働く上の最低限かつ基本的なマナーは、知っていないと円滑に仕事が出来ませんよね。その仕事上のマナーを身につける検定がビジネスマナー検定です。下記の記事ではビジネスマナー検定の過去問や難易度、日程などについて解説しています。参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 166600271
関連記事 ビジネスマナー検定のテスト問題は?過去問・難易度・日程は?3級/2級

あなたはビジネスマナー検定をしていますか?「ビジネス社会の基本ルール」

就職活動に有利な資格8選|理系

就職活動に有利・役立つ資格①TOEIC

英語でのやり取り

就職活動に有利・役立つ資格一つ目は、「TOEIC」です。英語でのやり取りは、もちろん文系の職場でも避けられない事柄になってきていますが、理系の職場でも求められる技術になっています。例えば研究関係の職場では英語でのやり取りが必要になっていて、ビジネス英語検定であるTOEICは就活で有利になりますよ。

就職活動に有利・役立つ資格②パソコンに関するMOS

パソコンを使う女性

就職活動に有利・役立つ資格二つ目は、「MOS」です。この資格はパソコンのワードやエクセルなどのパソコンを扱う際の知識や技術を表す資格です。情報化が進んでいる現在では文系だけでなく理系の職場でも情報を上手に扱える技量が必要になっていますよ。逆に言えばパソコン技術がないと良い仕事は出来ないとも言えます。

就職活動に有利・役立つ資格③パソコンに関する基本情報技術者

パソコンを使う女性

就職活動に有利・役立つ資格三つ目は、「基本情報技術者」です。この資格は人気の資格です。MOSと似ていますが、パソコンの基本的な知識や技術をもとに開発やテスト、管理と幅広く扱えるという証の資格になりますよ。パソコンの基本的なことが分かっているという前提でパソコンを駆使して仕事をするイメージですね。

就職活動に有利・役立つ資格④管工事施工管理技士

工事

就職活動に有利・役立つ資格四つ目は、「管工事施工管理技士」です。こちらは工事現場においての配管における資格です。工事現場での配管工事の計画を立てたり工事を管理したりする現場で活躍出来る資格ですよ。建設系の会社では喜ばれ求められる資格になってきているので、就活では有利な資格の一つと言えます。

就職活動に有利・役立つ資格⑤パソコンに関するITパスポート

パソコン

就職活動に有利・役立つ資格五つ目は、「ITパスポート」です。文系のところでもご紹介しましたが、理系だからこそ取っておきたい資格の一つです。理系の職業でもパソコンで情報を扱うことがありますので、情報を扱う際の基本的な事柄を身につけるためにも役に立つ資格ですね。またこの資格は就活時の強みになりますよ。

就職活動に有利・役立つ資格⑥一級建築士

家の中

就職活動に有利・役立つ資格六つ目は、「一級建築士」です。一級建築士は試験が難しい資格ですが、持っていると設計事務所や建築系の会社、デザイナー会社など豊富な就職先で働ける就活にも有利な資格です。さらに細かく見ていくと、個人のおうちから公的な施設までを広く設計出来る良さもありますよ。

就職活動に有利・役立つ資格⑦弁理士

働く人々

就職活動で有利・役立つ資格七つ目は、「弁理士」です。弁理士とは簡単に言えば特許に関する仕事をする人です。特許は日本なら特許庁に申請しないと獲得出来ない証ですが、それを企業などに代わって申請したり他で登録されていないか調べたりしますよ。特許関連の会社が就職先で、こちらも持っていると就活に有利です。

就職活動に有利・役立つ資格⑧食品衛生管理者

食品

就職活動に有利・役立つ資格八つ目は、「食品衛生管理者」です。食品衛生管理者は魚や肉、乳製品、油脂などの製造過程において衛生面で適切かを管理する人です。名前が似ている食品衛生責任者は食品全般において衛生面を管理しますが、管理者の資格があればこの責任者としても働けますよ。工場大国ですので有利な資格です。

就活の面接では緊張する人が大多数だと思います。体調や準備を万全にしても緊張することもありますよね。そこで緊張をほぐす方法と言葉に関する話題をご紹介します。体を和らげるツボや画像、おまじないも分かりますよ。ぜひ参考にしてください。

Small thumb shutterstock 479891623
関連記事 緊張をほぐす方法と言葉13選!体を和らげるツボ・画像・おまじないも

大事な場面で失敗を招いてしまう「緊張」。そんな緊張を楽々ほぐす方法があ

就職活動で資格をアピールするコツは?

就活で使える資格をアピールするコツ①どんな過程で資格を取ったかを示す

頑張って勉強する女性

就活で使える資格をアピールするコツ一つ目は、「どんな過程を経て資格を取ったかを示す」ことです。就活で資格を持っていると採用の決め手に役立ちますが、さらに印象を良くするにはこれが大切ですね。人事の人は会社で力を発揮してくれる人かどうかが知りたいものです。

ですのでただ資格を持っていますと言うだけではアピール不足になってしまいます。一日のどんなスケジュールの中でこのくらい勉強して資格を獲得した、サークルやボランティア活動、バイトに励みながら必死で勉強したという風に、資格獲得までの過程を説明しましょう。すると人事の人は頑張る力のある人と判断します。

就活で使える資格をアピールするコツ②資格の必要性や会社での働き方を示す

働く人々

就活で使える資格をアピールするコツ二つ目は、「その資格の必要性やその資格を使っての働き方、将来の働き方を示す」ことです。資格があった方がなんとなく就活に強みかなと捉えて取得する人もいますが、人事の人は会社に貢献してくれるかどうかを知りたいんですね。ですので資格を使った働き方を示すと好印象です。

例えば、御社のこの仕事にはこの資格が必要だと思い資格を取得しました。そしてその資格を活かして働いて将来必要となればその資格に関連する他の資格を取得したいと考えています、と働き方のビジョンを細かく説明するわけです。ここまでアピール出来れば意識をしっかり持って長く働く人だと判断され就活で有利になります。

資格がないと就職出来ない業種は?

就活で必須の資格が必要な業種①管理栄養士

食品

資格が必要な業種一つ目は、「管理栄養士」です。管理栄養士は病院や福祉施設などで食事や栄養面で細かく指導・管理していく人です。管理栄養士になるためには大学や短大、専門学校で学んで栄養士免許を取得したあと、栄養士の仕事をしてから管理栄養士の試験を受ける必要があります。

管理栄養士養成の4年制大学または専門学校であれば、すぐに就職先で管理栄養士として働けますが、それらを卒業して栄養士の免許を取る必要があります。健康や栄養に関心が高まる現在では、管理栄養士が活躍する場面も多いので食に興味のある人にはおすすめの資格ですね。

就活で必須の資格が必要な業種②医療系

薬

資格が必要な業種二つ目は、「医療系の仕事」です。具体的には薬剤師や医師、看護師、放射線技師などです。医師や看護師は言うまでもなく免許がないと絶対になれない職種ですよね。薬剤師は6年制の薬学系の大学を卒業し、薬剤師国家試験に合格する必要があります。

また放射線技師は現在の医療では欠かせない専門家ですが、こちらも国家試験に合格する必要があります。それを受ける前に専門の大学や短大、専門学校、外国の人なら養成学校で学び卒業しなければなりません。やはり専門性の大きい職業ですので資格取得には時間がかかりますが、活躍出来る職業でもありますよ。

就活で必須の資格が必要な業種③調理師

調理

資格が必要な業種三つ目は、「調理師」です。専門学校や大学、高校を卒業して調理師になって料理を作る人になりたいと思う人は多いですね。この調理師になるためには調理師免許という資格が必要となり、ないと働けない職場があります。実際に調理場で働いて力をつける場合もありますが、免許があった方がスムーズです。

就活で必須の資格が必要な業種④頭脳系

働く男性

資格が必要な業種四つ目は、「頭脳系の仕事」です。具体的には弁護士や公認会計士、税理士、司法書士、行政書士などです。これらの仕事は資格があって初めて働ける専門性の高い職種です。専門性の高い分社会的な地位やお給料も期待出来るエリート系の職種でもありますね。

就活で必須のスーツに関する記事を載せました。年代別にご紹介していますが、10代の方は20代に人気のスーツを参考にするといいと思います。スーツはブランドもデザインも様々ですので、この記事をぜひ参考にしてくださいね。

Small thumb shutterstock 593978150
関連記事 女性に人気のレディーススーツブランド15選!20代/30代/40代別

春は、入学式、卒業式、入社式など、女性がスーツを着る機会が増え、スーツ

資格を活かして就職活動をしよう!

ここまで資格が就職活動に有利な理由や文系・理系別の就活に有利な資格、資格をアピールするコツ、資格が必要な業種についてご紹介してきました。就活において資格が役立つことがお分かりいただけたのではないでしょうか。資格があれば専門的な仕事が出来ますね。資格を活かして希望の仕事をゲットしましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。