INDEX

ワンマン社長の特徴7選

ワンマン社長の特徴①人の意見を聞かない

耳をふさぐ男性

ワンマン社長の特徴1つ目は、人の意見を聞かないことが挙げられます。ビジネスの世界で一定の功績を収め、経営者になろうと思ったくらいですので、自分なりの哲学を持っている人が多いでしょう。そのため、頑固者であり、人の意見を聞き入れないところがあります。

信念があるのは悪いことではありませんが、時代の流れに沿って柔軟に経営方針を変えていく必要があります。人の意見を聞き入れないワンマン経営は、時代遅れの方針を取り続けることもあり、柔軟性に欠けます。会社のためを思って意見してくれる社員の言葉には、しっかりと耳を傾けられる社長が理想的です。

ワンマン社長の特徴②パワハラやモラハラがうざい

頭を抱える女性

ワンマン社長の特徴2つ目は、パワハラやモラハラがうざいことが挙げられます。社長という立場を利用して、すぐ「クビにするぞ」と脅してきたり、「こんな簡単なこともできないのか」といった自信をなくさせるような発言をしたりするところがとてもうざいですね。

ワンマン社長は、経営者としては優秀ではありませんが、ビジネスマンとしてはとても優秀であることがあります。社長にとっては簡単なことでも、社員にとっては難しいこともあります。上から目線でモラハラを繰り返してくるようなワンマン社長の元にいると、自己肯定感が低くなりやすいので危険です。

ワンマン社長の特徴③感情的になりやすい

怒鳴る男性

ワンマン社長の特徴3つ目は、感情的になりやすいことが挙げられます。怒鳴ったり脅したりということを繰り返されると、歯向かう気力が失せてきます。誰も歯向かわなくなると、ますますワンマン経営に拍車がかかります。

ワンマン社長は、自分が優秀なのに社員が無能だと思いがちですが、単純に教えるのが下手な場合も多く、自分の教え方が下手であることを棚に上げて感情的に怒鳴っていることもあります。感情的になりやすい人や上司の対処法については、下記の関連記事もご参照ください。

ワンマン社長の特徴④社員への感謝がない

ワンマン社長の特徴4つ目は、社員への感謝がないことが挙げられます。社員が働くのは当然のことであり、むしろ働かせてやっているんだと思っているうざい社長すらいます。感謝の言葉はかけるけれども、給料などの待遇には反映されないという場合もあります。

社員への感謝を大切にし、待遇面でもしっかりと社員の頑張りに応じられる経営者は、会社が人で成り立っているということを知っています。逆にワンマン社長は、社員を駒だとしか思っていないことも少なくありません。自分さえいれば、いくらでも立て直しがきくと勘違いしていることもあります。

ワンマン社長の特徴⑤仕事を任せるのが苦手

頭を抱える男性

ワンマン社長の特徴5つ目は、仕事を任せるのが苦手だということが挙げられます。ワンマン社長の中には、何でも自分でやりたがるうざい社長もおり、うまく仕事を割り振るのが下手であることが多くあります。仕事を任せないということは、信頼していないということです。

仕事に細かく口出しをし、自分の力で考えてチャレンジする機会を奪うことは、社員の成長の機会を奪うことと同じです。仕事を任されないことに対して、不満を抱く社員もいるでしょう。いつまで経っても社員が育たないため、仕事を任せられないという悪循環につながります。

ワンマン社長の特徴⑥好き嫌いで人事を決める

笑顔で話す男性

ワンマン社長の特徴6つ目は、好き嫌いで人事を決めることが挙げられます。適材適所という言葉があるように、適切な人材を適切な場所に配置することこそが経営者の仕事です。そのためには、どのような人物なのかしっかりと観察する力が必要になります。

しかしワンマン社長は、自分のやり方に歯向かってくる人を好まない傾向にあり、ごまをするのが上手な人ばかりを重用することが多くなります。実力のある人はごまをすることがないので、仕事ができない人間が高いポジションにつくことになり、実力者は去って行く末路が見えています。

ワンマン社長の特徴⑦プライベートを尊重しない

ワンマン社長の特徴7つ目は、プライベートを尊重しないことが挙げられます。サービス残業や休日出勤は当たり前で、有給休暇は言い出せる雰囲気ではありません。飲み会への不参加を認めないのも、ワンマン経営者の特徴です。総じて、社員のプライベートを尊重しようという気持ちが足りないのです。

自分自身が仕事にすべてを費やしてきたというタイプの人も多く、それがビジネスマンとして正しいことだという考えを持っている場合もあります。しかし、すべてのビジネスマンがそうである必要はなく、むしろ現在はどれだけプライベートな時間がとれるかを重視して仕事選びをする人が多くなっています。

社長自身がいくら残業していようが休日出勤していようが構いませんが、それを社員にも当たり前のように求めるのは、うざい社長だと言わざるを得ません。

ワンマン社長の対策3選

ワンマン社長の対策①さっさと転職する

ワンマン社長の対策1つ目は、さっさと転職することです。ワンマン社長の下で働いていても、自分のスキルを磨くことはできません。パワハラやモラハラの被害にあって、精神的な病にかかる危険性もあります。何一つとして、プラスになることはありません。できるだけ早く転職した方が良いでしょう。

「なんでこんな簡単なこともできないんだ」といった自尊心を傷つけられるような発言を繰り返されると、自己肯定感が低くなります。自分に自信がなくなり、転職活動をするのが怖くなるという場合もあります。しかし、それこそワンマン社長の思う壺であり、社員を離さないための心理術なのです。

意図しているにせよ意図していないにせよ、自尊心を傷つけることで社員を精神的に縛るのは、ワンマン社長にありがちなことです。転職などのチャレンジをするのがどんどん怖くなりますので、自己肯定感が低くなる前に抜け出す必要があります。

ワンマン社長の対策②バカ社長はおだてておく

握手をかわす男女

ワンマン社長の対策2つ目は、バカ社長はおだてておくことです。転職するまでの間だけでも、ストレスを少なく過ごしたいと考えるのであれば、とりあえずおだてておくことがお勧めです。会社のためを思って意見しても聞く耳を持ちませんし、労力を使うだけ無駄だと考え、適当に機嫌を取っておくのが無難です。

ごまをするような行為が嫌いであっても、わざわざ歯向かって無駄なエネルギーを使うよりはマシだと考えるしかありません。バカ社長の周りには、ごまをするような人間ばかりが残っているでしょうから、それを見ているだけでも気分が悪くなるかもしれません。やめるつもりならば、長期休暇を取るのも一つの手です。

ワンマン社長の対策③一目置かれる存在になる

仕事熱心な女性

ワンマン社長の対策3つ目は、一目置かれる存在になることです。大口の取引を取り付けてくるなどして、実力を見せつけるのです。ただ、ワンマン社長は自分より優秀な人間を部下に置きたいとは考えないので、余計にあたりがきつくなる可能性もあります。あまりお勧めできる方法ではありませんね。

また、実力を示すのであれば、自分を正当に評価してくれる会社でやった方がやりがいがあります。雇われている限りは、どんなに実力をつけてもその社長に対して貢献していることになり、見返すことにはならないからです。人に一目置かれる存在感については、下記の関連記事もあわせて読んでみてくださいね!

Small thumb shutterstock 384620296
関連記事 人に一目置かれる存在感とは?出し方と消し方10選!雰囲気がある・目立つ人

今回は、「人に一目置かれる存在とは?」という事をテーマに、存在感の出し

ワンマン経営者と会社の末路は?

ワンマン経営者と会社の末路①優秀な人材は残らない

仲間外れ

ワンマン経営者と会社の末路1つ目は、優秀な人材は残らないことです。会社のためを思って意見してくれるような人材を疎みますし、実力や成果が正当に評価されませんから、当然ながら優秀な人材はどんどんやめていきます。社長の機嫌を取ることしかできない人間ばかりが会社に残ることになります。

逆に言えば、実力をつけたいと思っていない人、スキルを磨きたいと思っていない人、ごまをすることが苦痛ではない人にとっては、働きやすい環境だと言えます。何もかも社長が決めてくれますので、それに従って行動していれば良いのです。サービス残業や休日出勤をうまくかわすことができれば、楽な仕事かもしれません。

ワンマン経営者と会社の末路②大企業に発展する可能性は低い

ワンマン経営者と会社の末路2つ目は、大企業に発展する可能性は低いことです。ただ、ワンマン経営者だからといってすぐに倒産という末路をたどるかといえば、そうでもないのです。社長自身が優秀なビジネスマンであった場合、事業規模を拡大しなければ、社長一人の力で何とかなってしまうことも多いからです。

人材育成がうまくいっていないことを考慮せず、事業規模を拡大した場合には、倒産という末路が待っています。倒産した場合に困るのは、社長ではなく社員です。スキルも実力も何もない社員は、転職することが難しいため、楽な仕事だと高を括って社長のごますりをしていた場合には、悲惨な末路が待っています。

ワンマン社長には要注意!

今回は、ワンマン社長の特徴について見てきました。うざい社長やバカ社長の対策についても、ご紹介しました。何度も強調するようですが、ワンマン社長の会社には長くいないことが大切です。心や体の健康を害する前に、転職することをお勧めします。

ワンマン社長の会社には、社長のビジネススキルにあやかって自分では仕事をしないような社員ばかり残ります。お手本になるような先輩もいないため、勉強になることはありません。あなたが真面目な人であった場合には、仕事を押し付けられて苦しい思いをすることも考えられます。

自分が今現在働いている会社の社長がワンマン社長かどうか見極め、ワンマン社長であるならば早々に見切りをつけることがお勧めです。ワンマン社長の特徴を知って、関わらないようにし、そして自分もワンマン社長のような人間にならないよう注意しましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。