Large thumb shutterstock 545972260

白い大きな犬サモエドの性格は?白くて大きい大型犬の子犬時代の画像も

更新:2019.06.21

白くてフワフワな毛と大きい体が特徴のサモエドは、笑っているような表情が人気の犬種です。子犬は白い大きなぬいぐるみのようで、見ているだけで癒やされます。そんなサモエドとはどんな性格をしているのでしょうか?この記事ではサモエドの性格や飼い方、おすすめの書籍などを紹介していきます。

サモエドの特徴は?

サモエドはロシア原産の大型犬種

サモエドはロシア原産の大型犬種で、「サモエド族」という民族と生活してきた土着の犬を祖先としています。「サモエド」という名前はこの民族名が由来です。サモエド族はシベリアのツンドラ地方というとても寒い地域で生活していたため、サモエドも寒さに強い性質を持っています。

サモエドは一族と共に行動し、家畜のトナカイを狼から守ったり、狩りの手伝いをするのが役割でした。またソリを引いて荷物や人を運んだりしていたため、とても力が強く強靭です。サモエドはスピッツとよく似ていて、大きいスピッツだと思う人もいるようです。そのため「シベリアンスピッツ」と言われることもあります。

サモエドの特徴①白くてフワフワのダブルコート

サモエドの大きな特徴の1つは、白くてフワフワの毛並みでしょう。寒い地域に住んでいたサモエドは、寒さから身を守るためにダブルコートという二重構造の毛になっています。長いオーバーコートの下に、アンダーコートが密集して生えているので、白くてフワフワとした大きな体に見えるのです。

冬の間は白いアンダーコートがぎっしりと体を覆い、皮膚が見えなくなるほどです。そのくらい毛量ないと、厳しい寒さに耐えられないのでしょうね。雪の多い地域の犬なので、オーバーコートはストレートで雪がつきにくくなっています。暖かくなるとアンダーコートが大量に抜けてきますので、抜け毛の手入れが必須です。

サモエドの特徴②皮下脂肪が厚く寒さに強い

サモエドは皮下脂肪が厚く、とても寒さに強い犬種です。ダブルコートの白い毛に加えて、大きい体と厚い皮下脂肪があるおかげで極寒の土地でも元気に生活できるわけですね。厚い皮下脂肪は寒さを防ぐ代わりに、暑さには極端に弱くなっています。サモエドを飼うときは、気温には特に注意が必要です。

サモエドの特徴③大きい体で体力と持久力に優れる

サモエドの白くて大きな体はとても強靭で、体力と持久力に優れています。それは重い荷物を積んだソリを引いたり、狩りの手伝いをするなど、人の役に立つ作業をする犬として生活をしていたためなのでしょう。そうして長い間、人間のパートナーとして活躍してきたのです。

サモエドは大きな体をしていますが、体の割には少食なほうです。この特性も、食料の少ない寒い地域での活動や、ソリを使った移動には適していました。南極探検隊のソリを引いていたのもサモエドだったのです。白くて大きな可愛らしい見た目のサモエドですが、とても逞しい犬なんですね。

サモエドの特徴④白いだけじゃない毛色の種類

サモエドは白一色のように思われますが、白い色にもバリエーションがあります。「ピュアホワイト」「クリーム」「ホワイトビスケット」です。ホワイトビスケットは、白い毛に明るい茶色のラインが入った毛色です。サモエドはこの3種類が主な毛色となっています。

かつては白以外に黒や茶色のサモエドも存在していました。しかし、サモエドがイギリスに持ち込まれたとき、黒や茶色はあまり好まれず、人気が出たのが白い毛のサモエドだったのです。そのため白い毛のサモエドの改良が進み、主に繁殖されるようになりました。現在は白い毛のサモエドが主流となっています。

サモエドの特徴⑤サモエドスマイルが人気

サモエドの表情は「サモエドスマイル」と呼ばれます。サモエドの大きな口と、口角が上に向いた様子が、ニコニコと笑っているように見えるからです。このサモエドスマイルも、サモエドが人気である理由の1つでしょう。

この可愛らしい笑顔に惹かれて「飼いたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。黒くつぶらな瞳とサモエドの明るい表情は、見ているだけで癒やされますね。

サモエドの性格は?

白くて大きい大型犬!サモエドの性格①穏やかで忍耐強い

サモエドの性格1つ目は、穏やかで忍耐強いことです。サモエドはサモエド族と一緒に、長い間テントで暮らしてきました。そのため室内でおとなしく過ごすことが得意です。人や他の動物と一緒にいることに慣れているので、攻撃性がなく穏やかな性格をしています。

サモエドは他の犬におもちゃを取られたり、子供に少々乱暴に扱われても怒ることはありません。協調性が高く、仲間のために我慢をすることができる賢い犬なのです。穏やかで忍耐強い性格は、たくさんの家族と一緒に暮らすのにも最適でしょう。

白くて大きい大型犬!サモエドの性格②人や他の犬にもフレンドリー

サモエドの性格2つ目は、人や他の犬にもフレンドリーなことです。サモエドは人が大好きで、家族はもちろん、知らない人に対してもフレンドリーに接します。また、他の犬種とも仲良くすることができます。小さな子供やお年寄りに優しい性格なので、安心して家族に迎えられるでしょう。

大きい体をしているサモエドですが、争いごとは嫌いで喧嘩は滅多にしません。犬同士の喧嘩にちょっかいを出しに行くようなこともありませんから、たくさんの犬がいる場所に連れ出しても心配はないでしょう。

白くて大きい大型犬!サモエドの性格③大きな体の寂しがり屋

サモエドの性格3つ目は、とても寂しがり屋なことです。サモエドは人間と一緒に暮らしてきた犬なので、常に人と一緒にいたがります。大きい体をしているので落ち着いているように見えますが、実はベタベタの甘えん坊です。サモエドと飼い主さんの動画を見てみると、大きな体で力いっぱい甘える様子がよく見られます。

サモエドは家族がいなくなることに大きなストレスを感じます。忍耐強く従順なので、留守番をすることはできますが、どんどんストレスを貯めてしまいます。ストレスが溜まると無駄吠えをするようになるので、留守がちな家庭にはあまり向かないかもしれません。

白くて大きい大型犬!サモエドの性格④飼い主にとても従順

サモエドの性格4つ目は、飼い主にとても従順なことです。サモエドは人間が大好きで、常に家族の近くにいたがります。家族が喜ぶことをするのが大好きなので、飼い主の言うことをよく聞いて従ってくれます。そのためサモエドはとても躾がしやすい犬種だと言われています。

子犬の頃から人間が主人であることをしっかり分からせ、きちんとしつけをしておけばとても従順なペットとなってくれるでしょう。可愛いからと甘やかしてばかりでは、言うことを聞かなくなってしまうので注意してくださいね。

サモエドのオスは大きいけれど甘えん坊

View this post on Instagram

#サモエド #愛犬 #ペット

A post shared by mao마오 (@ma6002soo) on

サモエドのオスは、メスよりも体は大きいですが、さらに甘えん坊な性格のことが多いようです。飼い主に構われるのが大好きで、いつも側にいてベッタリと甘えてきます。サモエドは子犬の頃はとてもやんちゃですが、オスは大きくなってもやんちゃな傾向があります。

遊び好きで甘えん坊な子が好きなら、オスを選ぶほうがよいかもしれません、しかし、オスのサモエドは縄張り意識が強いこところがあります。マーキングなどの困った行動をすることがありますので、去勢をするか、他の対策を考える必要があるでしょう。

サモエドのメスは静かな性格

サモエドのメスは、子犬の頃はいたずらをしたりとお転婆なところがありますが、大きくなると落ち着いた静かな性格になるようです。オスのようにベッタリと甘えてくることはないかもしれませんが、ペットと一緒に穏やかに過ごすことができます。程よい距離感が好きな人ならメスがぴったりでしょう。

ただし、静かな性格の子でも生理の時期には気が荒くなることがあります。避妊手術をしない場合は、生理の時期に起こる性格の変化や、生理自体への対策が必要になるでしょう。

サモエドの飼い方は?

大きなサモエドを飼うために必要なアイテム

View this post on Instagram

Have a great weekend everypawdy!

A post shared by THE MIGHTY SCALLOP (@scallopsamoyed) on

大きなサモエドを飼うためには、大きさに合ったアイテムを揃える必要があります。サークルはベッドやトイレを置く事も考え、狭くならないよう十分な大きさのものを用意してください。サモエドは力が強い犬なので、リードや首輪も強度のあるものを選びましょう。

その他、食器類、ブラッシングする時のブラシ、シャンプー、トイレ用のアイテムなどが必要です。また家がフローリングの場合は、犬が滑らないようにマットを敷いたり、滑り止めのスプレーをするなどの対策が必要になります。どのアイテムも子犬のときだけでなく、大きくなったときのことも考えて用意するようにしましょう。

滑り止めのマットは犬の爪で傷がついたり、汚れたりすることが多いでしょう。すぐに替えられるように、ジョイントマットを使うのもオススメです。安価なジョイントマットを探したいなら、こちらの記事が参考になりますよ。

暑さに弱いので対策が必要

サモエドは暑さに極端に弱い犬種ですから、きちんと暑さ対策をしなければいけません。夏は必ず、エアコンで涼しくした室内で過ごさせてください。その他にも、サモエドのための扇風機なども用意する必要があるでしょう。エアコンのない家庭では、サモエドを買うのは不可能と言えますね。

暑さ対策のためにサマーカットをする人もいるようですが、これは逆効果になります。サモエドの白い毛は寒さを防ぐだけでなく、断熱の効果もあるからです。毛をカットしてしまうと熱中症になる危険が増しますから、暑さ対策はエアコンなどのアイテムを使ってするようにしましょう。

エアコンを使ってもまだ心配、という人もいるかもしれませんね。エアコン以外にも暑さ対策に使えるアイテムはあります。保冷剤などを使った方法がこちらの記事に載っていますので、参考にしてみてくださいね。

ブラッシングやシャンプーの頻度

白くて大きいサモエドは抜け毛も多い犬種です、ブラッシングは毎日するようにしてください。ブラッシングをさぼると、あっという間にボサボサの毛並みになってしまいますよ。サモエドを飼う時は、抜け毛で家が汚れてしまうのはある程度諦めることになるでしょう。

換毛期はさらに抜け毛の量が増えるので、1日2回はブラッシングが必要になります。シャンプーすることで抜け毛対策にもなりますので、月に1回程度はシャンプーするようにしましょう。サモエドのオーバーコートは水をはじくので、地肌まできちんと洗えているか確認するようにしてくださいね。

しつけやすいが甘やかしてはいけない

サモエドはとても躾けやすい犬ですが、甘やかしすぎないようにしましょう。人懐こくて甘えん坊なので、悪いことをしてもなんとなく怒れないことがあるかもしれません。しかし甘やかしたまま大きくなってしまうと、飼い主の言うことを聞かない子になってしまいます。

サモエドは頑固なところもあり、飼い主に命令されても納得出来ないことは聞かない、ということがあります。甘やかしたサモエドは、この傾向が強く出てきます。躾ができない子にならないよう、子犬の頃から主人とペットの関係をきちんとわからせておきましょう。

サモエドを飼う時に知っておくべき注意点

サモエドを飼う時には知っておくべき注意点がいくつかあります。まず、サモエドは寂しがりやで家族と一緒にいることを望みます。そのため室内飼いをすること、留守番をあまりさせないことが必要になります。人懐っこい性格なので、番犬には向かないことも覚えておきましょう。

サモエドを飼うにはある程度の経済的余裕が必要になります。夏場は常時エアコンが必須になるため、電気代などがかかることを考慮しておいてください。またサモエドの鳴き声は他の住民の迷惑になりやすく、集合住宅では飼育が難しいことも注意が必要です。

白いサモエド子犬の画像と購入価格

上の画像がサモエドの子犬です。サモエドの子犬は白くてフワフワな大きいぬいぐるみのようです。太い手足もピンと立った耳も、本当に可愛らしいですよね。サモエドの子犬はとても希少で、ペットショップではあまり見かけません。飼いたい場合は、ブリーダーから譲ってもらうのがオススメです。

サモエドの子犬の値段は、平均で30~40万円ほどになります。性別や毛色、親の血統によっても値段は違いますので、ブリーダーに確認するのが一番よいでしょう。一般的に、子犬を産めるメスのほうが値段は高く設定されているようです。

サモエドに関するおすすめの書籍は?

おすすめの書籍①ワンルームワンコ

おすすめの書籍1冊目は、「ワンルームワンコ」です。白くて大きいフワフワのサモエド犬ぽてまると、飼い主ひとみのほのぼのストーリーです。可愛らしいぽてまるに癒やされますよ。他にも柴犬、コリー、チワワなどたくさんの犬が登場するので、サモエド以外の犬好きにもオススメです。

おすすめの書籍②モフモフ売りがゆく!サモエド・クローカの日記

おすすめの書籍2冊目は、「モフモフ売りがゆく!サモエド・クローカの日記」です。サモエドファンに大人気のブログ「サモエドクローカのお気楽日記」が書籍化されました。飼い主さんの楽しい文章と、クローカさんの可愛らしいサモエドスマイルに夢中になれる一冊です。

サモエドの性格を知ってもっと仲良くなろう!

白くて大きなサモエド犬はニッコリ笑顔が可愛いと人気の犬種です。フサフサの白い毛は寒さにとても強いですが、暑さには弱いので対策をきちんとしてあげてくださいね。フレンドリーなサモエドの性格を知って、もっと仲良くなりましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。