INDEX

犬を飛行機に乗せる時のルールは?手続きや料金は?

犬を飛行機に乗せる時の手続きはカウンターで行う

犬などペットを飛行機に同乗させる場合、利用する空港に足を運んで飛行機会社のカウンターで手続きを行います。これは国内線及び国際線どちらも同じですが、国内線に関してはあらかじめ出発前日にインターネットで事前予約しておくとスムーズに搭乗することができます。

国際線でペットの搭乗手続きを行う場合は、インターネットなどから入手できる同意書が必要となります。あらかじめ印刷して記入しておいて、カウンターで手続きの際に提出するので準備しておきましょう。また出国する場所によって多少ルールが変更されるので事前の確認が必要です。

国際線及び国内線で犬を飛行機に乗せる際はゲージに入る

飛行機にペットを乗せる場合、基本的にどこの国においても荷物扱いとなるので座席を利用することができません。そのため、専用のゲージに入れて乗せる決まりとなっています。このとき利用するゲージは国際航空運送協会が規定しているサイズに合わせる必要があります。

ゲージに関しては空港においても貸し出しサービスを提供しているので、もし規定されているサイズのゲージを用意できない場合はそちらを利用するとよいでしょう。基本的にゲージのサイズや重さが規定より超えた数値の犬は搭乗することはできません。

犬などのペットは機内持ち込みや座席の利用はできない

飛行機はあらゆる人々が利用する交通機関のひとつです。そういった観点から、犬は機内持ち込みすることができません。あくまで貨物としての扱いになるので、専用の貨物室に運ばれます。そのため、少しでも飼い主と離れることで不安を感じてしまう犬は飛行機に乗せるのは避けましょう。

犬を飛行機に同乗する時の料金は犬種により異なる

犬を飛行機に乗せる時の料金は犬種により異なる

犬を飛行機に乗せる時の料金は同乗する犬種や国内線や国際線といった路線によって大きく変動します。大体の料金として、国内線は4000円から6000円程度で、国際線は25000円から40000円程度となっています。利用する区間によって料金が変動するので、利用する際はあらかじめ確認するようにしてください。

犬を死亡させないためにルールを遵守する

犬が飛行機に乗せる際、機内持ち込みはできないので専用の貨物室にて過ごすことになります。基本的に冷暖房が整っている場所ではありますが、やはり慣れない環境はペットにとって多大なストレスを及ぼします。そういった点において飛行機会社ではリスクを避けるためにルールを設けています。

これは犬においても同様で、子犬や持病を持っている犬などは死亡などの危険性から同乗することができません。また、飛行機に乗るうえでもワクチン接種などが義務付けられているので、そういったルールはしっかり遵守するようにしてください。

犬を飛行機に乗せるリスクは?

犬を飛行機に乗せるリスク①ストレスを感じやすい

犬を飛行機に乗せるリスクの1つ目として紹介するのが「ストレスを感じやすい」です。先に触れたとおり、基本的に犬をはじめとしたペットは機内持ち込みすることができないので、座席を利用することができません。そのため、同乗するといっても別々の場所に乗ることになるので注意してください。

これは犬からすると慣れない環境に置かれるだけでなく、飼い主から離される状況を強いられているわけですからストレスを感じやすい環境となっています。飛行機を乗るのが短い時間であったとしても、犬にとっては大きなストレスになるケースがあることをよくよく理解しておきましょう。

犬を飛行機に乗せるリスク②温度差に弱い

犬を飛行機に乗せるリスクの2つ目として紹介するのが「温度差に弱い」です。基本的に犬などペットは荷物と同じ扱いとなり、専用の貨物室に搭乗することになります。これは国際線及び国内線においてどちらも同じ扱いとなり、飛行機の構造によっては荷物の出し入れの際に外気に晒されやすい環境を強いられることもあります。

基本的にペット専用の貨物室自体は冷暖房が管理されている構造がなっていますが、ちょっとした温度差が犬にとっては死亡に繋がるケースもあります。この性質は日常生活においても同様ですので、関連記事の便利グッズなどを使用して日頃から温度差の対策はしてあげましょう。

犬を飛行機に乗せるリスク③トラブルが起きたときにすぐに対応できない

犬を飛行機に乗せるリスクの3つ目として紹介するのが「トラブルが起きたときにすぐに対応できない」です。基本的に人間が乗っている座席エリアには搭乗員が常にいるので、あらゆるトラブルに対応することができます。しかしペットが搭乗するスペースにはそういった搭乗員は配置されていません。

ペットは荷物と同じ扱いになるので、基本的にトラブルが起きたとしても発見が遅れてしまうことがあります。こういったケースは最悪の場合、死亡事件へと繋がってしまう危険性を孕んでいますので、リスクのひとつとして考えて置く必要があります。

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴は?

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴①子犬

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴の1つ目として紹介するのが、「子犬」です。子犬は人間の赤ちゃんと同じで、あらゆる器官が未成熟な状態にあります。成犬でもストレスを感じることもありえる飛行機への搭乗は、より強い負荷となってしまうので飛行機の搭乗は避けるべきです。

無理な同乗は死亡のリスクを高めてしまうので、適切な年齢に成長するのも待つようにしてください。関連記事においては、子犬に関する性質について詳しく紹介されていますので、日頃から子犬に関する理解をしっかり深めておきましょう。

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴②高齢犬

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴の2つ目として紹介するのが、「高齢犬」です。これは先に触れた「子犬」と似通った部分を持っています。子犬はあらゆる器官が未発達であることが特徴ですが、高齢犬が逆にあらゆる器官が段々と老化によって衰えている状態と言えます。

そういった点において、ストレスを感じやすい飛行機の同乗によるストレスなどは子犬と同じく死亡につながるかもしれないリスクです。高齢犬は持病を抱えているケースも多く身体が弱っている状態ですから、飛行機に載せるのは避けましょう。

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴③不調を抱えている犬

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴の3つ目として紹介するのが、「不調を抱えている犬」です。この不調というのはなにも病気だけでなく、嘔吐や下痢、食欲不振といった症状もこれに該当します。つまり万全状態ではない犬は基本的に飛行機に搭乗させるべきではありません。

何故かというと、先に触れたとおり犬が同乗することになる貨物室には基本的にスタッフが常に配置されているわけではありません。そのため、なにかしら体調が悪化した時にすぐに対応できずに最悪のケースに陥ってしまうこともあるので、そういったリスクを避けるうえでの飛行機は避けましょう。

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴④短頭犬種

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴の4つ目として紹介するのが、「短頭犬種」です。短頭犬種というのは、フレンチブルドッグやシーズーといった小型犬のことを言います。これらの犬種に特徴しているのは鼻がつぶれたようなつくりになっており、他の犬種に比べて呼吸がしにくい構造になっていることが特徴です。

また暑さに弱いということもあり、飛行機会社によっては夏季シーズン限定で同乗をお断りしていることもあります。関連記事においては、フレンチブルドッグやシーズーなど小型犬を中心に様々な犬種を紹介しているので、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 545972260
関連記事 おすすめの可愛い犬ランキングTOP13|人気の飼いやすい小型犬は?

人間にとっても今や欠かせない家族の可愛い犬たちですが、その種類は沢山存

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴⑤暗所が苦手な犬

飛行機に乗せるべきでない犬の特徴の5つ目として紹介するのが、「暗所が苦手な犬」です。基本的に犬は機内持ち込みや座席利用ができないので貨物室を利用することになります。貨物室は冷暖房は完備しているものの、移動中は暗所となるので、そういった空間が苦手な犬はパニックに陥ってしまう危険性があります。

犬が同乗することになる貨物室は、基本的にスタッフが配置されているわけではありません。そういった時に犬が不調になってしまうとすぐに対応することができませんので、暗所が苦手な犬は同乗させることを避けたほうが良いでしょう。

ルールや手続きをしっかり理解して犬と飛行機に乗ろう!

今回は犬を飛行機に乗せる際に必要な手続きやルールについて紹介しました。内容からわかるとおり、犬は機内持ち込みや座席の利用ができないため、慣れない環境で過ごすという点についてしっかり配慮する必要があります。定められたルールを守って犬と飛行機に乗るようにしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。