INDEX

猫のケージ飼いのメリットは?デメリットや注意点は?

猫のケージ飼いのメリット①テリトリーが確保できる

猫のケージ飼いのメリットの1つ目は、テリトリーが確保できることです。猫はとても臆病な性格の持ち主で、警戒心もかなり強いです。特になかなか人に慣れない人見知りな猫には、ケージ飼いをすることで人が入ってこないことから、自分のテリトリーが確保でき安心して落ち着く場所となります。

なるべく静かな場所にケージを置いてあげるだけで、猫専用の邪魔されない安全な場所が作られます。猫や犬は、自分だけの逃げ場所がないと不安になってしまいます。飼い猫の不安を少しでも取り除いてあげるのが良いです。

猫のケージ飼いのメリット②病気になった時の居場所になる

猫のケージ飼いのメリットの2つ目は、病気になった時の居場所になることです。猫が病気やケガをした時には、安静に出来る安全な場所が必要です。猫は縄張り意識が高いため、いつもと違う所では落ち着かずストレスになってしまうため、日頃からケージに慣れさせておくのが良いです。

猫のケージ飼いのメリット③子猫や野良猫のしつけにおすすめ

猫のケージ飼いのメリットの3つ目は、子猫や野良猫のしつけにおすすめであることです。産まれたばかりの子猫や野良猫を飼う時に、なかなかトイレを覚えれないことも多いです。そこでケージの中にトイレを設置し、子猫や野良猫を入れると比較的トイレを覚えやすくなります。

ケージ飼いに慣れさせることで、猫の環境への順応性を高めることもできます。引越しなど家が変わることで、猫はストレスになってしまいがちですが、ケージが変わらなければ寝床は一緒なためそんなにストレスを感じません。災害時も、ケージの中が安心だと認識させておくことでパニックになることを防ぐことができます。

猫のケージ飼いのメリット④一人暮らしの場合留守番させやすい

猫のケージ飼いのメリットの4つ目は、一人暮らしの場合留守番させやすいことです。いたずらの防止や猫がケガをしないように出かける前にケージに入れておくことで、飼い主も安心して出かけることができるのでおすすめです。

猫のケージ飼いのデメリットや注意点①運動不足になる

猫のケージ飼いのデメリットや注意点の1つ目は、運動不足になることです。ケージは狭いため、自由に動き回ったり遊ぶことが好きな猫にとって、ケージの中で飼うことは動きにくく運動不足になってしまいます。ケージを使用する際には、十分に広い場所で遊べる時間を確保することが大切です。

猫のケージ飼いのデメリットや注意点②ストレスが溜まる

猫のケージ飼いのデメリットや注意点の2つ目は、ストレスが溜まることです。猫は自由気ままに生きたい動物ですが、ケージ飼いされることで自由を奪われストレスが溜まる可能性があります。ずっとケージに入れて飼うことはせずに、飼い主の目が届く時はケージからなるべく出してあげるようにします。

愛猫のストレスを発散させるためには、猫と一緒に遊んであげることをおすすめします。でも遊ぶおもちゃは、どんなおもちゃが良いのかな?と迷うことはないですか?下におすすめの猫のおもちゃや、手作り猫じゃらしの作り方に関する記事を載せています。是非読んでみてくださいね。

Small thumb shutterstock 506870377
関連記事 猫じゃらしの作り方は?猫のおもちゃ10選!草の季節も

好みにうるさい猫もたいてい気に入ってくれるおもちゃ・猫じゃらし、色々な

猫のケージ飼いの方法やコツとしつけ方は?

猫のケージの飼い方やコツとしつけ方①猫を飼うケージを選び準備する

猫のケージの飼い方やコツとしつけ方の1つ目は、猫を飼うケージを選び準備することです。猫をケージ飼いする場合、高さと広さが必要になります。特に猫は登ったり降りたりの上下運動が好きなため、高さを気をつけて選びます。ケージで留守番などをさせる場合、長時間ケージを使います。トイレや餌入れなども必要です。

飼い方で重要なのは猫はきれい好きな性格なため、寝るところと食べるところやトイレは別にしておく方が良いです。置き場所のスペースも考え、ケージは2階3階建の物をおすすめします。ケージ自体の置く場所は、直射日光の当たらない場所に置いてあげると良いです。

猫のケージの飼い方やコツとしつけ方②ケージに完全に慣れてから入れる

猫のケージの飼い方やコツとしつけ方の2つ目は、ケージに完全に慣れてから入れることです。猫を無理やり狭いところへ入れようとすると、ストレスになってしまいます。ケースに入ることを嫌がっている場合は無理強いは避けます。慣れるまでは、猫の行動が見守れる時にケージの入り口を開けておきます。

猫が自由に出入りできるようにすることで、猫自身の意思で入るようになります。餌を与える時にケージの中で与えることで、猫に危険な場所ではないと理解させ、慣れさせることができるためおすすめです。特に一人暮らしの場合、家を開ける時間が長いです。安心して留守番をさせるために、完全にケージに慣らせていきます。

猫のケージの飼い方やコツとしつけ方③一人に慣れさせる

猫のケージの飼い方やコツとしつけ方の3つ目は、一人に慣れさせることです。完全に猫がケージに慣れるまでは、鳴きわめいたり暴れて大騒ぎになると思います。特に成猫や野良猫は、子猫より慣れるまでに時間がかかりますが、可哀想と思っても構わないようにします。中途半端に猫を出し入れすると、よけいに慣れません。

猫を少しでも早く落ち着かせるために、お気に入りの玩具やクッション・毛布などを入れてあげることをおすすめします。人が興味を示さなければ、徐々に猫も一人で遊んだり昼寝をしたりします。ケージの中に入れた時はなるべく構わないようにし、外へ出している時は信頼関係のため、一緒に遊んであげることをおすすめします。

ケージ飼いの猫のストレスのサインや対策は?

ケージ飼いの猫のストレスのサインと対策①食欲不振になる

ケージ飼いの猫のストレスのサインと対策の1つ目は、食欲不振になることです。ストレスが原因で、猫が突然ご飯を食べなくなったり、食べる量が減ってしまうことがあります。栄養が摂れなくなるため、健康を害することはもちろんですが、最悪の場合は命に関わってしまいます。

対策としてはご飯が飽きた可能性もあるため、ご飯を変えてみます。猫は3日以上食べないと、肝リピドーシスという病気で亡くなってしまうリスクが高いです。1日以上食べれない時は、早めに動物病院を受診したほうが良いです。

ケージ飼いの猫のストレスのサインと対策②攻撃的になる

ケージ飼いの猫のストレスのサインと対策の2つ目は、攻撃的になることです。強いストレスを抱えている場合、猫は人や他の動物に攻撃的になってしまいます。飼い主にさえ、威嚇するようになります。ストレスだけでなく、病気でも攻撃的になるため病院で診てもらうことをおすすめします。

野良猫の場合、人が怖いために警戒して攻撃的になることもあるため、一概にストレスだけが原因とは言えません。子猫から飼っていたり、懐いている猫が突然攻撃性を増した場合は、ストレスの原因を考え取り除いてあげることです。

ケージ飼いの猫のストレスのサインと対策③トイレを失敗する

ケージ飼いの猫のストレスのサインと対策の3つ目は、トイレを失敗することです。今まできちんとトイレで出来ていた猫が、トイレの失敗を多くするようになることがあります。これは、ストレスから何かを訴え飼い主へ抗議をしているためです。トイレをきれいにするなどの、ストレスらしきものを取り除いてみます。

トイレの失敗も泌尿器系の病気がある場合、粗相が増える可能性もあるためおかしいと感じたら病院で相談することも大切です。尿だけでなく、ストレスがお腹に来る子もいて、下痢や便秘をしたり嘔吐してしまうこともあります。回数があまりにも多い時は、病院で診てもらうことをおすすめします。

自由に遊ぶことが大好きな猫のために、遊び場所を作ってあげたくありませんか?手軽に作れたら言うことないですよね。愛猫が自分の作ったキャットタワーを、楽しんでくれたら嬉しいと思いませんか?下に自作のキャットタワーについてまとめた記事を載せています。是非よんでみてください。

Small thumb shutterstock 325858112
関連記事 自作キャットタワーのDIYアイデア7選!猫も喜ぶ遊び場の作り方

可愛い猫ちゃんの遊び場を作ってあげたい!そんな時には自作のキャットタワ

猫のケージ飼いは善し悪しがある

いかがでしたか。猫は自由気ままに生きることを望み、好奇心旺盛で遊ぶことが大好きな動物です。猫を飼っている人は、特に愛猫が自由に生活する飼い方を望んでいるので、狭いケージに入れることは可哀想だと思い、反対する人も多いと思います。しかし、ケージで飼うのは悪いことだけではないのです。

猫をケージに慣れさせることは、猫の留守番の時やしつけ面などに対してメリットもあります。上手に活用すれば、飼い主にも猫にも良いことがあるのです。何事にも善し悪しは必ずありますが、知識があれば良いところだけを生かせるのではないでしょうか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。