INDEX

犬の食事|犬の一日に必要な食事量やご飯の時間は?

犬の一日に必要な食事量について

犬の一日に必要な食事量について、ご紹介します。食事量は犬の種類でも異なってきます。また、体の大きさからも変わってきます。そこで目安となるのは、ベストな食事量を出す公式を使うと分かりやすいです。公式は犬の体重÷40=一日に必要な食事量となります。例えば体重が2kgのチワワは50gが必要になります。

もう一つ目安になる公式は、一日に必要なカロリーの公式です。体重1kgあたりに、50kcalから150kcalが必要だとされています。食事は人間の食べ物では、あまり栄養が摂れないためドッグフードを与えるようにします。美味しくなさそうに思えますが、必要な栄養素もバランス良く含まれています。

犬のご飯の時間について

犬のご飯の時間についてご紹介します。犬は人に飼われる前は、自分たちで狩りをしながら生きていました。そのため、次の餌をいつ食べられるかわからない故に、目の前にある食べ物を一気に食べることが当たり前でした。その習慣は現在の犬にも残っており、与えられた物は一気に急いで食べてしまいます。

食べた物を消化させるために、大量の胃液を分泌してしまいます。空腹時間が長いと、胃液だけが過剰に出され嘔吐してしまうのです。ご飯を与える時間は、食事間隔を考えて空腹時間が長くならないように注意することが大切です。

犬の食事|回数や時間は?

犬の食事の回数や時間①子犬の場合

子犬のご飯回数
生後2か月 4回~5回
3か月~5か月 3~4回
5か月以降 徐々に3回へ

犬の食事の回数や時間の1つ目に、子犬の場合をご紹介します。成犬と比べて、子犬の消化器官は発達が遅いです。そのため一度にたくさん食べてしまうと、消化不良を引き起こしてしまうリスクが高いです。一回の食事量を減らし、与える回数を増やして与える必要があります。低血糖にもなりやすいため、餌不足に注意です。

目安として、生後2か月の子犬には1日4回与えます。3~5か月頃は、1日3回に分けてご飯を与えます。子犬は成長期なため、摂取カロリーが重要です。ダイエットをさせたりしないようにします。食事の時間は、空腹時間が長くなりすぎないように注意しながら、毎日同じ時間になるべく与えるようにします。

離乳食になる前の子犬は、ミルクを3~4時間おきに1日に6~8回に分けて与えます。日中は3時間で必ずミルクをあげるようにしますが、夜間は寝ていることも多いため5時間~6時間の間隔でも大丈夫です。ミルクの量が不足していると、衰弱して命にかかわってしまうので注意が必要です。

犬の食事の回数や時間②成犬の場合

犬の食事の回数や時間の2つ目に、成犬の場合をご紹介します。成犬の食事回数は、1日2回が基本です。昔は1日1回で良いとされていましたが、犬の体の構造上で胃腸に負担がかかったり、嘔吐の原因になることがわかり基本の回数も変わりました。

ご飯を与える時間は、長時間空腹時間が続かないように時間を設定します。毎日与える時間を合わせた方が、犬も習慣づいて腹時計が狂わないので良いです。特に夜から朝までは、時間があいてしまうため少し遅めに設定したほうが良いです。

愛犬に決まったご飯を与えることはおすすめですが、たまには愛犬だって美味しい物を外食したいはずです。下にドッグカフェをまとめた記事を載せています。愛犬を連れて気分転換に出かけてみませんか?

Small thumb shutterstock 545972260
関連記事 犬カフェ(ドックカフェ)おすすめ15選!東京と関東の触れ合えるのはここ!

東京都内で可愛い飼い犬と寛げるドッグカフェがあるのを御存じですか?犬専

犬の食事の回数や時間③老犬

犬の食事の回数や時間の3つ目に、老犬をご紹介します。老犬も基本的に、成犬と同じで1日2回与えるのが望ましいです。老犬は消化器官が弱り消化機能が低下するため、多量のご飯を食べれなかったり食欲がなくなったりします。犬の体調に合わせて食事回数を増やしたり、1回量をコントロールしてあげるようにします。

あまりにも食欲がなくなり、体が細くなったり弱ってきているのが気になる時は、すぐに動物病院で診てもらいます。老化は病気ではありませんが、老化が原因で体が弱り病気になることがあるため注意が必要です。

犬だけでなく猫とお出かけできる猫カフェもあります。猫が大好きな人は、おすすめの猫カフェをまとめた記事を下に載せています。是非読んでみてください。猫とだけでなくデートでもおすすめです。二人と一匹でお出かけ予定を立ててみませんか?

Small thumb shutterstock 627179690
関連記事 東京で人気の猫カフェ10選!デートにもおすすめ!安いお店もある?

可愛い猫ちゃんと触れ合える「猫カフェ」は大人気ですね。東京にもおすすめ

犬の食事|成犬用のフードと老犬用のフードの違いとは?

成犬用のフードと老犬用のフードの違い①たんぱく質

成犬用のフードと老犬用のフードの違いの1つは、ドッグフードに含まれているたんぱく質です。成犬時より消化機能が落ちている老犬は、胃疾患を起こしたり腎障害を引き起こしやすいため低たんぱく食が良いですが、たんぱく質不足による筋肉の衰えを悪化させるため低たんぱく食も注意が必要です。

成犬用のフードと老犬用のフードの違い②関節への成分

成犬用のフードと老犬用のフードの違いの2つ目は、関節への成分です。成犬よりも関節が弱くなっているため、関節のサポートにコンドロイチンやグルコサミンが多く入っています。犬も人も同じように、関節へのいたわりは大切なのです。

成犬用のフードと老犬用のフードの違い③エネルギー

成犬用のフードと老犬用のフードの違いの3つ目は、エネルギー量です。成犬の時と比べると、老犬は運動量が落ちたりカロリー消費が落ちるため、肥満になりやすいです。しかし、食が細くなって体重が落ちている場合は、成犬よりも高カロリー食を与えることも考えます。

成犬用のフードと老犬用のフードの違い④抗酸化成分について

成犬用のフードと老犬用のフードの違いの4つ目は、抗酸化成分についてです。優れた抗酸化成分は、体内の酸化による障害作用から体を守る働きがあり、老犬には特に大切な成分です。成犬にも有効な成分です。一般的にドッグフードに含まれている抗酸化物質は、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンEです。

抗酸化物質は、犬の免疫システムを維持させるために重要であることが、とある研究機関で示されているほどです。この抗酸化物質は、犬の老化を遅らせることや、元気にさせる効果もあるため老犬用のドッグフードに含まれていることが多いです。心臓や肝臓・消化器官が弱い犬専用のドッグフードも作られ売られています。

犬の食事で問題がある場合の対処法は?

犬の食事の問題と対処法①食べた後に嘔吐してしまう場合

犬の食事の問題と対処法の1つ目に、食べた後に嘔吐してしまう場合をご紹介します。犬がご飯を食べた後に嘔吐してしまう場合、早食いや大食いが原因であることが多いです。早食いや大食いの時の嘔吐物は、食べた物がほとんど出されます。一回量を少なくし食事の回数を増やして与えます。

ドッグフードを硬めの噛みごたえがある物に変え、ゆっくり食べさせることも嘔吐改善になります。水をたくさん与えてしまうと、ドッグフードはお腹で膨らんでしまうので、食べてすぐに与えるのは控えるか少なめにした方が良いです。

犬の食事の問題と対処法②食べてないのに嘔吐してしまう場合

犬の食事の問題と対処法の2つ目は、食べてないのに嘔吐してしまう場合をご紹介します。ご飯時間の空きが長い時の嘔吐物の場合は、黄色い液体や白い泡です。空腹が原因なため、おやつなどを上手に使いながら胃の中が空っぽの時間を少なくします。食事を与える時間も考えて、ご飯をあげるようにします。

犬の食事の問題と対処法③基本は2回の食事を1回にしてしまっている

犬の食事の問題と対処法の3つ目に、基本は2回の食事を1回にしてしまっている場合をご紹介します。きちんと栄養が摂れているのなら、1日1回の食事でも良いのではと思われるかもしれませんが、犬の体のことを考えると2回が良いです。空腹は、犬の体に負担にしかなりません。

だからといって回数だけを増やすと、肥満になってしまいます。量を減らして回数を増やすようにするのがベストですが、犬は習慣があるため慣れるまでは空腹にイライラすることもありますが、気長に慣らしていくようにします。

犬の健康には毎日の基本が大切

いかがでしたでしょうか?愛犬を飼っている方は、ついカワイイからとドッグフード以外の物をあげたりしてしまいます。回数や量も適当に与えてしまっていることが多いと思います。愛犬の健康を考えるのならば、食事の量・回数・時間・与えるご飯を正しくあげなくてはいけません。

人に飼われた愛犬を守ることができるのは飼い主の愛です。正しい知識を持って愛犬に接しましょう。カワイイ愛犬と長く生活できるように基本を守っていくことが大切ですよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。