INDEX

猫を飼う前に必要な覚悟・考えること5つ

猫を飼う前に必要な覚悟・考えること①猫はペットではなく家族

猫を飼う前に必要な覚悟や考えること1つ目は「猫はペットではなく家族」と思うことです。ペットを飼ってしまうと必ず起きる考えが、猫や犬はペットだからという考えですが、猫を飼う時は必ず家族として接するようにしましょう。

家族として接することで、猫も人に心開きペットとして飼うよりも関係が良くなります。また、子供のように扱うことでとてもなつくような甘ったれな性格にもなります。猫を初めて飼う方や飼いたいと思っている方は考え方をまずは変えましょう。

猫を飼う前に必要な覚悟・考えること②家が汚れボロボロになる

猫を飼う前に必要な覚悟や考えること2つ目は「家がボロボロになる」ということを覚悟しておきましょう。子猫や成猫は爪とぎを覚えていない場合はカーテンや壁、マットレスや絨毯などで爪とぎを行います。また、トイレを覚えていない時は布団の上などでもします。

猫を初めて飼う方や飼いたいと思っている方にとっては家がボロボロになるのかと思いますが、猫を初めて飼うという方や飼いたいと思っている方は家がボロボロになるという方は知っていなければいけません。

猫を飼う前に必要な覚悟・考えること③病気になりやすい

猫を飼う前に必要な覚悟や考えること3つ目は「病気になりやすい」ということです。猫は病気にならないと思って飼い始める方や猫の病気と言うものをそもそも知らないという方がいますが、猫と言うのは病気にかかりやすく、特に子猫の場合は成猫よりも病気になりやすいのです。

また、猫が病気になるとお金も高額にかかるのであらかじめお金のことも考えておきましょう。ちょっとした病気でも10万円はかかります。重病になると50万から100万円など簡単に超えてしまいます。初めて飼う人や飼いたいと思っている人はお金がかかることも覚悟しておきましょう。

猫を飼う前に必要な覚悟・考えること④猫を残して家を長期間空けられない

猫を飼う前に必要な覚悟や考えること4つ目は「猫を残して家を長期間空けられない」ということです。猫は意外と寂しいと感じやすく家族がいなくては落ち込む猫もいます。また、危険なものを食べてしまったりとする猫もいますので、猫を飼うのであれば旅行などは諦める覚悟が必要です。

猫を初めて飼うという人や飼いたいと思っている人は旅行などに行けないのかと思いますが、基本的に家を空けるのはおすすめしませんが対策はあります。対策とはペットシッターを利用することです。猫を飼う前にペットシッターを利用する準備しておきましょう。

猫を飼う前に必要な覚悟・考えること⑤猫は皆個体差があり性格がある

猫を飼う前に必要な覚悟や考えること5つ目は「猫には皆個体差があり性格がある」ということです。猫に興味がない人や猫の性格を知らない人と言うのは、猫は皆同じようなものと考えますが、猫も生きています。性格が感情などあり、感じ方や行動と言うのは個人差があります。

猫を飼う前に猫の飼い方などの書かれた本などを見ると思いますが、そこのに記載されている猫の性格と言うのはほんの一部の猫の性格です。本を飼って予習しておくよりも猫の性格は個人差があり猫によって違うということを知っておくだけで十分です。猫の性格は「これ」と決めつけるのではなく柔軟に考えましょう。

初めて猫を飼うなら準備するもの6つ

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの①猫のトイレ

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの1つ目は「猫のトイレ」です。猫のトイレは絶対に必要なものです。事前に準備しておきましょう。ただし、猫のトイレは形状も色々ありますが猫によって好き好みがありますので、猫によって買い替える必要があります。

好みの合わないトイレならトイレをしなかったりしますので、成長に合わせてもしくは好みに合わせて買い替える必要があるということを覚えておきましょう。猫のトイレを選ぶときは、人間が掃除や処理しやすいトイレを選ぶのではなく猫が好むトイレを購入しましょう。

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの②年齢にあったご飯

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの2つ目は「年齢に合ったご飯」です。猫を購入する前には猫の年齢に合ったものを事前に購入しておきましょう。猫によって食べれるものやご飯のあげ方があります。

猫を初めて飼うという方や飼いたいと思っている人にとっては予め準備しておくのは難しいことだと思いますが、猫のことを知ればある程度の必要なご飯が分かってきます。

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの③ブラシ

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの3つ目は「ブラシ」です。猫に取って毛づくろいは重要なことです。また、長毛種となると必ず必要なので、事前に購入しておきましょう。ただし、猫によって好みがありますので買い直す必要があることを覚悟しておきましょう。

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの④キャリー

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの4つ目は「キャリー」です。猫をペットショップなどから持ち帰る時や病院などに連れて行ったりする時に必ず必要なアイテムとなってきます。子猫の場合でも成猫が入るサイズのキャリーを購入しましょう。

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの⑤キャットタワー

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの5つ目は「キャットタワー」です。マンションに住んでいる人や一人暮らしで部屋が狭いという方は必ず購入しておきましょう。猫は動き回るスペースが必要ですが、走り回る広さがない場合は高さでカバーする方法があります。

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの⑥爪切り

猫を初めて飼いたい!猫を飼うなら準備するもの6つ目は「爪切り」です。爪切りは必ず準備しておきましょう。猫の爪は人間用の爪切りでもいいですが、切りにくい場合もありますので動物専用の爪切りをおすすめします。

猫の飼い方・世話の仕方は?

猫の飼い方・世話の仕方①寝床は準備しなくてもいい

猫の飼い方や世話の仕方1つ目は「寝床は準備しなくてもいい」と言うということです。猫用のベッドなどありますが、猫用に作ったり購入したりしたものには寝てくれません。猫は自分が寝やすい場所を見つけて寝ますので、寝床を準備しなくても大丈夫です。

猫の飼い方・世話の仕方②生後6か月には必ず去勢が必要

猫の飼い方や世話の仕方2つ目は「生後6か月には必ず去勢が必要」と言うことです。猫を購入するときにペットショップでも教えてもらえると思いますが、生後6か月から避妊去勢ができます。避妊去勢を行わなければ夜泣きや暴れまわったりします。

また、避妊去勢と言うのは長生きができる方法の1つです。避妊去勢と言うのは人間のエゴ行為かもしれませんが、人と長く過ごすには必要となことです。

猫の飼い方・世話の仕方③ストレスを与えない

猫の飼い方や世話の仕方3つ目は「ストレスを与えない」と言うことです。猫はストレスに弱く感じやすい生き物です。ストレスによる病気などもありますので、ストレスを与えないようにしましょう。

ストレスとなる行為は睡眠妨害や構ってあげない事、暴力、追いかける行為などです。猫は敏感な生き物なので、ストレスをなるべくなくせる環境を作り出しましょう。猫を飼う以上、猫の生きやすい環境を作るのが飼い主の仕事です。猫は癒しをくれるぬいぐるみではなく家族の一員なので、気にかけましょう。

躾と言って暴力を振るうのもストレスとなります。猫は暴力で躾けることはできません。また、ストレスによる病気なども知っておくことをおすすめします。

猫の飼い方・世話の仕方④ご飯は決まった時間に上げる

猫の飼い方や世話の仕方4つ目は「ご飯の時間を決める」と言うことです。猫の飼い方を知らない人が良くやってしまうミスは、猫のご飯を置きっぱなしにすることです。ご飯を置きっぱなしにすると太る原因です。ご飯をあげない行為もストレスになりますが、太るのもまたストレスとなります。

ご飯をあげる時間を決めるとしたら朝7時に1回と夜の7時に1回というペースがおすすめです。ご飯をあげる時間はきっちりと決めるようにしましょう。

猫の飼い方・世話の仕方⑤おやつは基本あげない

猫の飼い方や世話の仕方5つ目は「おやつは基本あげない」ということです。猫を飼うと色々おやつをあげてしまいがちですが、ご飯を規定量あげている場合は必要ありません。おやつは太る原因となります。また、おやつは健康を害するものも含まれている場合もありますので、おやつはおすすめできません。

猫の飼い方・世話の仕方⑥猫にとって有害となるものは避ける

女性

猫の飼い方や世話の仕方6つ目は「猫にとって有害となるものは避ける」ことです。猫を飼うには猫を守る必要があります。猫にとって危険な有害となる食べ物はなるべく落としたりしないようにしましょう。また、アロマや香水と言うのは有害物質です。

猫を飼っている場合は香水やアロマは諦めることです。香水はアロマに比べるとまだ危険ではないという方いますが、猫のいる部屋で称するのはやめましょう。また、アロマですが猫のいない部屋でも空気に乗って猫のいる場所まで飛んでいきます。アロマは猫にとってとても有害なものなので絶対にやめましょう。

猫の飼い方・世話の仕方⑦ゲージに閉じ込めない

猫の飼い方や世話の仕方7つ目は「ゲージに閉じ込めない」ことです。猫を飼う時はゲージに閉じ込める方がいますが、猫はゲージが必要ありません。また、猫にとって閉じ込められる行為はストレスとなります。ゲージはなるべく使わないようにしましょう。

猫をゲージに閉じ込める理由によく使われるのが、いたずらしないようにや食べ物を食べないようにするためと言われていますが、猫を閉じ込めるのではなく人間がいたずらされても良い様に部屋を掃除したり、食べ物を勝手に食べないように気を付けるだけで問題は解決します。

猫の飼い方・世話の仕方⑧多頭飼いはしない

猫の飼い方や世話の仕方8つ目は「多頭飼いしない」ことです。猫を飼っていると寂しいそうだからともう1匹飼う人がいますが、その行為は人間のエゴに過ぎません。猫はなわばりの強い生き物です。自分の縄張りとなる場所に猫が入ってくるのはストレスとなります。

猫が寂しいと感じているようなら飼い主が寂しい思いを紛れさせてあげるようにしましょう。もし、1頭だけは寂しいそうだと思う場合はその猫の兄弟を連れてくるようにしましょう。兄弟同士ならまだストレスも少なくなります。

猫の飼い方・世話の仕方⑨1年に1回は健康診断を行う

猫の飼い方や世話の仕方9個目は「1年に1回は健康診断を行う」ことです。健康診断と言うのは猫にも毎年1回は必要となっています。義務ではありませんが猫の健康を願うのならば健康診断をおすすめします。費用は病院にもよりますが、基本1万円あればお釣りが来ますので、大きな負担にはなりません。

猫の飼い方・世話の仕方⑩猫に詳しい病院を見つけておく

猫の飼い方や世話の仕方10個目は「猫に詳しい病院を見つけておく」ことです。今猫の需要が高まりつつあり病院も犬だけでなく猫に詳しい意志も増えてきていますが、まだ猫に詳しくない医師も多いので、猫に特化した病院などがおすすめです。

猫の飼い方・世話の仕方⑪高い場所を作る

猫の飼い方や世話の仕方11個目は「高い場所を作る」ことです。すべての猫が高い所が好きとは言いませんが、高い場所が好きな猫が多くいます。猫にとって落ち着く場所ですので、キャットタワーがなくても高い場所を作るようにしましょう。

猫の飼い方・世話の仕方⑫猫の体調変化を見ておく

猫の飼い方や世話の仕方12個目は「猫の体調変化を見ておく」ことです。猫は病気になりやすくなっております。特に猫は下部尿路疾患になりやすくなっております。病気を発見するは日頃から猫の動きなどを見ていると異変に気付きます。変化の見極めるポイントは体のまひやトイレの回数、嘔吐、食事量の低下などがあります。

下部尿路疾患だけでなく他の病気でもこういった症状が見られます。些細な症状の変化を見分けるためにも日頃から猫の行動や体調変化には目を光らせる必要があります。

猫の飼い方・世話の仕方⑬おもちゃは必須アイテム

猫の飼い方や世話の仕方13個目は「おもちゃは必須アイテム」です。猫は狩りをする習性が残っているため獲物を追いかけることがストレス解消となります。走り回ったり高い所に行くだけでなくこうした習性利用したストレス解消法も必要です。

猫のおもちゃはレーザーなどもおすすめですが、獲物として噛んだり触ったりできるおもちゃがおすすめです。猫によって好みが違いますので猫に合わせることをおすすめします。

子猫の育て方は?

子猫の育て方と知っておくこと①食事は子猫に合わせたものを与える

子猫の育て方と知っておくこと1つ目は「食事は年齢に合わせたものを与える」ことです。猫にも食べれるようになる年齢があります。猫が良く食べているドライフードは生後5か月前後と言われています。猫を初めて飼う人は分からない場合もありますので、ペットショップや病院で聞くことをおすすめします。

子猫の育て方と知っておくこと②生後5ヶ月から6ヶ月辺りで食事量が減る

子猫の育て方と知っておくこと2つ目は「生後5ヶ月から6ヶ月辺りで少しの期間食事量が減る」と言うことです。避妊去勢ができるようになる数週間前に猫によって個体差がありますが、今まで食べてたご飯を食べなくなります。この期間は餌を変えてもあまり食べることがないので様子見しましょう。

餌を色々変えても食べないと不安になりますが、元気に動き回っている間は大丈夫です。ただし、痩せ細っていったり心配だと思う方は1度病院に連れて行きましょう。風邪などの病気にかかっている場合もあります。

子猫の育て方と知っておくこと③トイレは早めに教える

子猫の育て方と知っておくこと3つ目は「トイレは早めに教える」ことです。猫を飼いたいと思った時は猫のトイレの覚えさせ方を勉強しておきましょう。早めに教えなければトイレでしなくなることがあります。

子猫の育て方と知っておくこと④一人にしない

子猫の育て方と知っておくこと4つ目は「一人にしない」ことです。子猫は病気になりやすく寂しい年ごろでもあります。一人にすることで危険なことがあったりするので、基本的に一人にするのは避けましょう。また、閉じ込めるのもNG行為です。

子猫の育て方と知っておくこと⑤予防接種などは受ける

子猫の育て方と知っておくこと5つ目は「予防接種を受ける」ことがです。子猫の予防接種は3種類あり3回受ける必要があります。ペットショップで購入した場合は2回目まで受けている猫もいますが、全部受けるようにしましょう。猫にとって予防接種はとても重要なことです。

子猫の育て方と知っておくこと⑥室内温度に注意

子猫の育て方と知っておくこと6つ目は「室内温度に注意」することです。子猫の間はまだ温度調整が苦手で風邪をひいてしまったりします。なので、夏は室温を27度から28度に保つようにし、冬はなるべく寒さを凌げる環境にすることです。夏と冬の時期は外出するときも必ずエアコンを掛けて行きましょう。

子猫の育て方と知っておくこと⑦体重は定期的に計る

子猫の育て方と知っておくこと7つ目は「体重は定期的に計る」ことです。子猫の間は体重の増量が必要で体重を管理することが必要となってきます。病院に行ったときに体重の変動も重要な診断基準となりますので、2週間に1回もしくは1ヶ月に1回が目安です。

子猫の育て方と知っておくこと⑧体調が悪い時はすぐに病院へ

子猫の育て方と知っておくこと8つ目は「体調が悪い時はすぐに病院へ」行くことです。子猫の間は病気にかかりやすくなっており、成猫ならば助かった病気でも子猫の場合は死んでしまうこともあります。体調が悪そうならばすぐに病院に行きましょう。

子猫の育て方と知っておくこと⑨新しい環境に慣れるまでは見守っておく

子猫の育て方と知っておくこと9つ目は「新し環境に慣れるまでは見守る」ことです。猫と言うのは新しい環境に慣れるまではストレスがかかりやすくなっています。子猫の場合は新しい環境に慣れるまで時間がかかりますので、初めの頃は1つの部屋で慣れるまで過ごすようにしましょう。

子猫が部屋になれ他の部屋にも興味を示すようになった時に興味を示す部屋でまた慣れるように生活しましょう。少しずつ部屋になれるのがおすすめですが、猫によって1つの部屋になれてしまうと他の部屋も適用する猫がいますので、好きなところに行かせるようにしましょう。ただし、危険な部屋はNGです。

猫を飼う時のお世話をする注意点

猫を飼う時のお世話をする注意点①ペット保険に入る

女性

猫を飼う時のお世話をする注意点1つ目は「ペット保険に入る」ことです。猫にも保険があり、近年保険内容も充実してきました。1歳から3歳の間に入ることで費用も少なくなりおすすめです。また、病気になる前に入りましょう。病気になってから入ると加入前の病気関連の診察は保険適用外です。

猫を飼う時のお世話をする注意点②お風呂は基本NG

猫を飼う時のお世話をする注意点2つ目は「お風呂は基本NG 」です。猫にとって水と言うのは恐怖です。猫をお風呂に入れ綺麗にするというのは人間のエゴでしかありません。お風呂はとてもストレスとなりますので、基本的にやめておきましょう。ただし、下痢などして毛についてしまった場合は汚れた部分だけ洗いましょう。

猫を飼う時のお世話をする注意点③歯ブラシはしなくていい

猫を飼う時のお世話をする注意点3つ目は「歯ブラシはしなくていい」と言うことです。猫用の歯ブラシなど出ていますが、猫の歯を綺麗にするために必要ではありません。また、猫用に歯磨き粉など出ていますが、かなりの有害物質です。この考えは偏見ではなく、実施に歯磨き粉に含まれている成分などが有害なためです。

猫を飼う時のお世話をする注意点④引っ越しはNG

女性

猫を飼う時のお世話をする注意点4つ目は「引っ越しはNG」です。人間にとって引っ越しは楽しいことですが、猫にとって引っ越しはストレスがかかる行為です。引っ越しはなるべくしないようにしましょう。

猫を飼う時のお世話をする注意点⑤服は不必要

猫を飼う時のお世話をする注意点5つ目は「服は不必要」です。犬が服を着ている姿が可愛いと人気となりましたが、猫は犬とは違い毛づくろいをします。毛づくろいをやめさせるのはストレスとなりますので服を着せるのはやめましょう。

猫は人間の着せ替え人形ではありません。人間の勝手で猫の習慣を制限する行為は虐待行為となります。猫を着せ替え人形や癒しを求めるぬいぐるみのように扱うのは飼い主として失格です。猫を飼う場合は猫の気持ちや習慣を尊重することが重要です。

猫を飼う時のお世話をする注意点⑥首輪が付けられるのは猫の性格による

猫を飼う時のお世話をする注意点6つ目は「首輪が付けられるのは猫の性格による」ということです。猫=首輪というイメージが強く付いていますが首輪と言うのは猫にとってストレスなる場合もあります。首輪をにしない猫もいますので、猫が嫌がった場合は外しましょう。

首輪が原因でケガや死亡事故など起きています。怪我の場合は無理に首輪を取ろうとして爪が首を引っ掻き出血の原因となったりします。死亡事故の原因は成長によって体が大きくなり窒息死となったり、首輪がたすき掛けとなり死亡することがあります。危険なので、猫に首をするのは避けましょう。

猫を飼う時のお世話をする注意点⑦外に連れて行かない

猫を飼う時のお世話をする注意点7つ目は「外に連れて行かない」ことです。猫は外に興味がありますが、外に行くのはとてもストレスとなります。外が好きで飛び出す猫もいますが、猫を外に出すのはやめましょう。

猫の病院について

猫の病院は猫に詳しい医師を探す

男性

猫に特化した病院を探す場合は口コミなどもおすすめですが、猫が多く通っている病院などは猫に詳しい可能性がありますのでおすすめです。そして、猫の扱いが上手な医師を見つけましょう。

危険な医師と良い医師の見極めるポイント

女性

猫を見る医師には2パターンあります。言葉巧みに飼い主を安心させる医師や飼い主とあまり話すことなく飼い主から重要なことだけ聴き黙々と診察する医師がいます。言葉巧みに飼い主を騙し診察する病院も多いので注意しましょう。

また、言葉だけでなく猫の扱いが雑な医師は危険です。猫を押さえつけ診察したりする医師やキャリーケースから無理やり引っ張りだすようなことをする病院は危険ですのでやめておきましょう。

全ての先生ではありませんが、猫を黙々と治療する医師は猫の知識や腕は確かですが、飼い主とあまり話をせず無愛想な人もいますので、先生としての評価が悪いこともありますが、猫を安心してみるのであれば良い医師です。

一人暮らしで猫を飼うには

危険なものはすべて片付ける

男性

一人暮らしの方が猫を飼うのはあまりおすすめできませんが、一人暮らしで初めて飼うという方や飼いたいと思っている方に飼うコツをご紹介します。飼うコツは、危険なものを除けることです。外出中に食べてしまう危険性があるものは片付けましょう。

監視カメラをセット

女性

防犯カメラをセットすることです。猫の行動などが分かるためとてもおすすめです。ただし、カメラを設置するのは猫の可愛い姿を見るだけではありません。猫の状態を把握するためです。猫を飼うと言うのは1つの命を預かるということです。何かあった場合は飛んで帰れるようにしなければいけません。

猫の食べ物について

猫の食べてはいけないもの

女性

猫には食べてはいけないものがあります。食べると病気になったり無くなることもあります。避けるべき食べ物は玉ねぎやネギ、ニンニク、ニラ、チョコレート、生イカ、鯖、鰯、マグロなどです。ここで紹介した食べ物は死亡する可能性が高い食材ですので避けましょう。

安い価格のエサはNG

女性

安いエサがNGな理由は人にとって有害で使用禁止されている薬や人が食べない捨ててしまう部分をエサにしているからです。また、着色料を多く使い、食べても栄養素が少ないものが多くなっています。猫のことを気遣うならエサのことを知りましょう。

猫にとっていい環境とは

正しい量のご飯と水

女性

猫を飼うのに気を付けたいのが環境です。初めて飼うという方や飼いたいと思っている方によくあるミスがエサや水の関係です。エサは規定量をあげることが健康になり、水が一定以上あるのが望ましい環境です。

日当たりが良く静かな場所

女性

猫を飼う場合は日当たりがよく静かな場所を準備しましょう。日当たりが良い場所落ちうのはリラックスできる場所となります。そして、猫は音に敏感なので静かな場所を準備しましょう。

猫と楽しく生活しよう!

猫の飼い方は参考になったでしょうか。猫を飼い始めるにはトイレやエサだけでなく猫についての知識を知っておく必要があります、また、知識だけでなく猫に詳しい病院を見つけておきましょう。猫は暴力で躾けることはできません。適切なしつけが必要です。

そして、猫はペットとして飼うのではなく家族の一員として飼いましょう。猫は着せ替え人形や癒しをくれるぬいぐるみではありません。人のエゴで行うのは猫に対して色々するのはやめましょう。

Small thumb shutterstock 325858112
関連記事 猫に好かれる人・なつかれる人の特徴10選!猫がなつく方法や嫌われる人も

大勢の人から愛される猫。しかし、人間は猫に好かれる人ばかりとは限りませ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。