INDEX

柴犬の散歩の頻度と時間や距離は?

柴犬の散歩の頻度は朝夕の2回

柴犬の散歩の頻度は、朝夕の2回が一般的な散歩の回数です。朝夕のみと限らず、間に気が向いたら散歩や遊びに連れ出しても問題はありません。柴犬は筋肉質で体力もありますから、骨格を維持しストレスの発散も兼ねて散歩に行きましょう。基本柴犬は、好奇心が旺盛です外の世界は大好きです。

ただし、柴犬は気の小さい臆病なところがある犬種です。また、柴犬はしつけをきちんと行ないましょう。柴犬が成犬になったら手に負えなくなり、飼い主が困ります気を付けてください。

柴犬の散歩の時間30分から1時間くらいがベスト

柴犬は神経質な犬種です、ストレスを溜めやすいです。また、柴犬は子犬の時は大人しくかわいい事から甘やかす傾向があります。1歳過ぎて我が強く出ると手に負えなくなります。柴犬の散歩には、排便の為や体力の維持と気分転換もあります。柴犬は狩猟犬です、野山を駆け巡ぐり獲物を追いかけていました。

柴犬の散歩時間は、一般的には30分と言いますが1時間くらいは必要です。柴犬は体力もありますから、自転車で走りながら散歩させる人もいます。しかし、走る散歩は柴犬にとって良いわけではなく走る事で足を痛める事もあります。柴犬は体力があるのである程度納得できる時間の散歩をしてあげましょう。

柴犬の散歩の運動量は一般的に体重と同じ距離を歩いたり走る事

柴犬の散歩の距離は、体重と同じ距離がベストと言います。ただ、この距離は一般的に言われているだけです。日々の散歩の中で愛犬の様子や、飼い主の都合で距離は決めれば問題ありません。柴犬は性格的に、融通が利かない犬種です、散歩の距離を決めてしまうと毎回同じ距離を行きたがります。

柴犬の散歩の距離は、飼い主の都合に合わせて決めたら良いです。散歩の途中で、ドッグランなどで遊べるところがあれば思いっきり遊ばせましょう。自由に遊べるところがあれば、散歩の距離にこだわる必要は有りません。柴犬にとっては、運動量が問題で距離ではありません。柴犬は運動能力が高いので運動量が重要です。

柴犬の散歩の注意点は?

柴犬の散歩の注意点①拾い食いをさせない

柴犬の散歩での、注意点1つ目に「拾い食いをさせない事」です。柴犬だけではありません、何が落ちているかわからないので拾い食いは命の危険もあります。犬が食べてはいけない物が落ちている事があります。例えば、チョコレートやガムなどのお菓子類もその一つです。嗅覚が良いので、いい匂いの良い物などは特に危険です。

柴犬が何かを口に入れた時は、すぐに無言で取り出しましょう。柴犬は頑固なので、叱ったりすると口を開けずに唸る事があります。また、あわてて飲み込む危険もあります。その為にも、小さい時から口を開けさせる習慣を付けおく事が大切です。くちの中からでした物を、「これはダメ」とその場で教えてください。

柴犬の散歩の注意点②社会性を身に付けさせる事

柴犬の散歩の注意点の2つ目は、「社会性を身に付けさせる事」です。柴犬は気が強く、相手に対して威嚇する事なく噛むクセがあります。また、大きな犬に対しても恐怖心から先に手を出す事があります。知らない人に対しても、散歩の時に近づいて来ると攻撃をする事があり危険です。

柴犬は防衛本能が強く持っている狩猟犬です。その為早い段階から、色々な人や生き物に慣れさせる必要があります。子犬の時にたくさんの人とふれあって育てば、誰に対してもフレンドリーな柴犬になります。散歩を始めた時から、心掛けて人のとの関わりを持たせてください。愛犬も飼い主にとっても、安心して散歩が出来ます。

柴犬の散歩の注意点③基本のしつけを身に付けさせる事

柴犬の散歩の注意点3つ目は、「基本のしつけを身に付けさせる事」です。柴犬は、我が強く自己中心的になる傾向の強い犬種です。散歩の時に自由に歩かせると、好き勝手に好奇心から歩いていってしまいます。愛犬との散歩の時には、何があるかわかりません。柴犬は気が小さく警戒心が強いので、大きな音に敏感に反応します。

少しパニックになった時に、役立つのが「待て」や「座れ」の基本的なしつけです。柴犬へのしつけ方は、根気良くしっかりとしつけをしてください。柴犬は少し、クセのある犬種ですからしつけが出来ている事が重要です。関連記事に甘噛みのしつけに間しての記事があります。柴犬へのしつけの参考に合せてご覧ください。

Small thub shutterstock 545972260
関連記事 犬・子犬の甘噛みの心理や理由は7選!しつけ方法や直し方も

この記事では犬・子犬の甘噛みのしつけ方法をご紹介します。直し方を実践す

柴犬の散歩で重要なリーダーウォークの身につけ方は?

柴犬の散歩の仕方リーダーウォークの身につけ方①ヒールウォークの練習

柴犬のリーダーウォークの身に付け方として、1つ目に「ヒールウォーク」の練習から行う事です。柴犬にリーダーウォークを、身に付けさせるしつけ方はまずヒールウォークから始める事です。まずは、家の壁に沿って散歩の練習をしましょう。愛犬の側の手に、おやつを持ち壁との間に愛犬を挟む形で始めます。

飼い主が歩き始めたら歩き、止まったら犬も止まるまで何度も繰り返し行ってください。おやつを持つ事で、おやつ欲しさに犬が飼い主の横に付いて歩きます。きちんと出来たらおやつを上げてください。繰り返し行う事で柴犬もヒールウォークが身に付きます。その後の、リーダーウォークを覚えやすくなります。

柴犬の散歩の仕方リーダーウォークの身につけ方②必ず横を歩かせる事



柴犬のリーダーウォークの身につけ方の、2つ目には「必ず飼い主の横を歩く様にする事」です。リーダーウォークの仕方で、飼い主の真横を歩く事を身に付けるのがリーダーウォークの基本です。この時に、愛犬を左側に付けさせるを基本としています。しかし、これは飼い主を車から守る為に左側に犬を歩かせます。

愛犬を右側に付けさせるのか、左側にするのかは飼い主の考え方で良いでしょう。しかし、歩道側の右に付けたら方がとっさの時には対処しやすいです。外で行うリーダーウォークの練習は、初めはおやつを持ってご褒美をあげながら繰り返しおこなってください。引き綱を引くようなら止まって犬が止まるまで待ってください。

柴犬の散歩の仕方リーダーウォークの身につけ方③飼い主が止まったら止まる

柴犬の散歩の仕方の、リーダーウォークの身に付け方の3つ目は「飼い主が止まったら止まれる」事です。散歩の途中で、止まったり歩いたりを繰り返して飼い主に合せる散歩を身に付けさせてください。犬が飼い主の前へ出たら、止まるを繰り返す事で覚えさせる事が出来ます。犬は飼い主の前を歩きたがるので根気が必要です。

柴犬にリーダーウォークを身に付けさせる時に、ボディーランゲージも組み合わせて練習してください。横に付ける時は、飼い主が自分の太ももを軽く叩いて「ツケ」と短く命令します。愛犬とのコミュニケーションや、お互いの信頼関係が出来たら楽に覚えてくれます。

柴犬の子犬の散歩はいつから?

柴犬の子犬の散歩の時期|生後3~4ヶ月頃

子犬の散歩デビューは、生後3~4ヶ月頃が1番良い時期と言われています。生後3~4ヶ月の子犬は、丁度「社会化期」という時期にあたり、社会性を身に付ける事が出来る良い時を迎えています。家に来た時期にもよりますが、生後3ヶ月以前でも、抱っこで外の世界を見せてあげてください。

柴犬の子犬は、ぬいぐるみの様にかわいいです。ですから、たくさんの人にかわいがれれます。人に慣れる事で、社会性の第一歩を踏み出す事が出来ます。柴犬の子犬は、走る事もまだあまり出来ません。はじめは、抱っこしながら連れだしてください。安全な場所で少し歩かせたり、自由に外の世界を覚えさせてください。

柴犬の子犬の散歩の時間|20~30分位

柴犬の子犬の散歩時間は、生後3〜4ヶ月までは20分位がベストです。4ヶ月を過ぎたら、徐々に時間を長くして1番愛犬に合っている時間まで長くしてください。まだ、子犬の時期は、柴犬と言えども運動量はさほど必要はありません。むしろ長い時間の散歩は足に負担をかけてしまいます。

散歩は本来ゆっくりと行うものです、愛犬とのコミュニケーションを図りながら行ってください。柴犬は自分だけの小さな世界を持っている犬です。飼い主との関係を、犬も楽しめる様な散歩の時間にしてあげましょう。また、最近では海外での柴犬の人気も凄いものがあります。関連記事の海外柴犬の事情も併せてご覧ください。

Small thub shutterstock 151639355
関連記事 海外でも反応がいい柴犬!なぜそんなに人気?柴犬の魅力まとめ

柴犬は海外でも大人気の犬です。これほど反応がいいのは昔から?いいえ、海

子犬の散歩デビューの仕方

子犬が家に来たら、首輪になれさせておきましょう。散歩の時に首輪を嫌がる子犬もいます。また、身体への負担を考えてハーネス(胴輪)での散歩も考えてください。子犬の時期は、あまり走る事もあまりありません。それでも、自由に走る事が出来る環境があると良い刺激になります。

運動量は子犬の時は、あまり多くない方が身体への負担は少なくてすみます。柴犬は身体が小さいので、生後5ヶ月以前は運動量よりも散歩での排便と社会性を身に付ける為の時間になります。生後5ヶ月を過ぎたら、成犬と同じ散歩の距離や時間でも大丈夫です。

柴犬にリーダーウォークを覚えさせる近道は?

上下関係をしっかり付ける事

柴犬に限った事ではありませんが、飼い主との主従関係をハッキリさせておく事です。飼い主の方を時をり、見ながら散歩が出来る様になれば上下の関係が付いたと言えます。犬は散歩の時に、飼い主を見ながら確認を取ります。「真すぐ行って良いのか」とか「ここはどっちに行くのか」をちらと見て判断出来る様なら大丈夫です。

柴犬は怖がりで、気の小さいところがあります。主従関係が出来ていたら、飼い主の命令にきちんとしたがってくれます。まずは、主従関係の構築に全力で取り組む事です。

「ダメ」な事はダメとしっかり教える事

子犬の時期にしっかりしつけを行う事が、飼い主にとって安心して愛犬と散歩が出来る第一歩です。柴犬の子犬は、生後半年までに性格が決まると言われています。この時期に、しっかりしつける事でその後のリーダーウォークも覚えやすくなります。子犬へのしつけは、ダメな事は一貫してダメと教える事が大切です。

柴犬は、散歩の時でも好奇心が先に立ってしまいます。散歩の時に好奇心から、何か気になったら突然走る事もあります。運動量が足らなければ、本来の気の強さから苛立つ事もある犬種です。リーダーは飼い主だと、柴犬には教えなければいけません。全てにおいて妥協はしない事が1番の近道です。

柴犬は散歩が大好きな犬種です一緒に楽しくお散歩しましょう

柴犬は散歩が大好きな犬種です、飼い主と一緒に巡る散歩コースは愛犬にとって楽しい一時になります。柴犬だけではありませんが、日本犬は我が強い保守的な犬ばかりです。日本犬の多くは、我が家の敷地内では排便をしませんから散歩は重要です。柴犬もギリギリまで、我慢しますから朝夕の散歩は必要です。

柴犬の散歩の仕方として、リーダーウォークがあります。どの程度までをしつけたら良いのかも合せて愛犬を良く見てしつけを行ってください。あまりきっちり仕込んでも、お互いが楽し目なければ散歩の意味は半減します。愛犬との散歩が、楽しいと言える様なそんな時間にしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。