INDEX

ロングコートチワワの特徴は?

ロングコートチワワの特徴①原産国はメキシコ

ロングコートチワワの特徴の1つ目は、原産国はメキシコであることです。チワワという名前は、発見されたメキシコのチワワ州に由来しています。1850年にアメリカ人によって発見されたチワワは、その後アメリカで繁殖されました。ちなみに現在チワワの原産国は中国だという説もあるもの、メキシコの方が有力のようです。

また、メキシコが原産国の犬種はロングコートチワワだけではありません。例えばメキシカンへアレスドッグも、メキシコ生まれの犬種として挙げられます。このメキシカンへアレスドッグは中型犬でコートがなく、チワワとは違う外見です。しかしどちらもメキシコで生まれたため、寒さに弱いという共通した特徴を持っています!

ロングコートチワワの特徴②体高15〜20cmほどの超小型犬

ロングコートチワワの特徴の2つ目は、体高15〜20cmほどの超小型犬であることです。中型犬が約40~60cm、大型犬が約50~60cmの体高であるため、それよりも体高が低いロングコートチワワは犬種の中でもかなり小さいです。また体重も約2〜3kgと非常に軽いので、抱っこがしやすいのも魅力のひとつです!

そんな超小型犬であるロングコートチワワは、犬をはじめて飼う方に向いているといえるでしょう。また中型犬や大型犬に比べると力もないため、小さなお子さまがいる家庭の方やご年配の方にも向いている犬種です。ただ体が小さく可愛いからとしつけを怠ってしまうと無駄吠えするので、飼う際はその点注意する必要があります。

ロングコートチワワの特徴③体重が軽く敏捷な動きをする

ロングコートチワワの特徴の3つ目は、体重が軽く敏捷な動きをすることです。体高も低く体重も軽いため、ちょこちょこ素早い動きをするのがチワワの魅力です!細い足を一生懸命動かして走る姿に思わずキュンとしてしまいますよね。そんなロングコートチワワの可愛らしく敏捷に走り回る姿は、飼い主を癒してくれるでしょう。

ロングコートチワワの特徴④うるうるの大きな目

ロングコートチワワの特徴の4つ目は、うるうるの大きな目であることです。他犬種はアーモンド型の目や卵型の目、三角形の目の形をしています。ですがロングコートチワワは大きな円のような目の形で、少し前に出ているのが他犬種との違いです。また目を守るために常に涙が出ているため、うるうるしているように見えます。

そんな大きな目が可愛らしいロングコートチワワですが、目の色は黒だったり茶色だったりと個体によって変わります。さらにグレーやグリーンの目の色をしたロングコートチワワも存在します。またロングコートチワワの目の色が薄くなったりと変化し出したら病気のサインかもしれないため、注意深く観察する必要があります。

ロングコートチワワの特徴⑤黒などさまざまな毛色がある

ロングコートチワワの特徴の5つ目は、黒などさまざまな毛色があることです。ロングコートチワワの毛色と聞いて、白やクリーム色と明るい毛色を思い浮かべた方が多いのでは?ですが黒やチョコレート色と暗い毛色の子もいます!どの毛色もそれぞれ違った魅力があるため、飼う際はどの毛色の子にしようか迷いそうですよね。

さらにロングコートチワワの毛色は、単色だけではありません。白と黒、白とクリーム色、白と茶色、黒と黄褐色のタン、チョコレート色とタンなど、毛色がミックスされたロングコートチワワもいるのが特徴です。また飼い主の中には、バラエティーに富んださまざまな毛色のロングコートチワワを多頭飼いしている人もいます。

ロングコートチワワの特徴⑥値段は15万〜25万円くらい

ロングコートチワワの特徴の6つ目は、値段は15万〜25万円くらいであることです。ですが外見や毛色、年齢やオスかメスかによっても値段は変わります。また5万円ほどで販売されていることもありますが、あまりに安価だと健康状態が良くないことがあります。そのため高くても適正価格で購入することをおすすめします。

\ POINT /

ロングコートチワワの最高価格は50万円代!

ロングコートチワワは個体によって値段に差が出ますが、最高価格で50万円代だといわれています。通常の値段より2〜3倍もするのでなかなか手が届きませんが、高価なロングコートチワワはどんな外見をしているのか気になってしまいますよね!

ロングコートチワワの性格は?

ロングコートチワワの性格①何にでも興味を示しやすい

ロングコートチワワの性格の1つ目は、何にでも興味を示しやすいことです。超小型犬でありながら、中型犬や大型犬に負けないくらい好奇心旺盛です!また遊ぶのが大好きという一面も持っています。ロングコートチワワが構って欲しいとおねだりしたら、一緒に遊んであげましょう!きっと楽しい時間を過ごせるはずですよ。

\ POINT /

ロングコートチワワとスムースコートチワワの性格の差は?

チワワにはスムースコートという、毛の短い種類もあります。ではスムースコートチワワとロングコートチワワには性格の差があるのかと聞かれたら、そこまで大きな差はないようです。ただしスムースコートチワワの方がチワワ本来の性格が出やすいため、例えば好奇心もスムースコートチワワの方が旺盛だといわれています。

ロングコートチワワの性格②ほかの犬や人間に警戒する

ロングコートチワワの性格の2つ目は、ほかの犬や人間に警戒することです。ロングコートチワワは何にでも興味を持つもの、ほかの犬や人間に対して用心深くなり、恐怖心から吠えてしまうことがあります。そのためロングコートチワワには散歩などして社会性を身につけさせ、ほかの犬や人間は怖くないと教える必要があります。

また、ロングコートチワワは警戒心が強いという性格を利用して、番犬として飼うこともできますよ。ロングコートチワワは体こそ小さいもの、自分より大きな犬や人間にも容赦なく吠えるという気の強い一面があります。そんなロングコートチワワを番犬として飼えば、何か異常があれば飼い主に吠えて知らせてくれるでしょう。

ロングコートチワワの性格③内弁慶である

ロングコートチワワの性格の3つ目は、内弁慶であることです。ロングコートチワワは飼い主に甘えるのが好きという可愛らしい性格をしています。ですが用心深い性格もしているので、家から外に出ると怯えてしまったり吠えてしまったりすることがあります。飼いはじめはその家と外のギャップに、驚いてしまうかもしれません。

ロングコートチワワの性格④ストレスを抱えやすい

ロングコートチワワの性格の4つ目は、ストレスを抱えやすいことです。ロングコートチワワは警戒心が強い性格から、無駄に吠えてしまいがちです。そのためエネルギーを消耗し、ストレスを溜め込んでしまうのです。ストレスを解消するには、やはり散歩は欠かせません。毎日15〜20分ほどを目安に、散歩させてくださいね!

ロングコートチワワの性格⑤甘えん坊であるものマイペース

ロングコートチワワの性格の5つ目は、甘えん坊であるものマイペースであることです。先ほどもお伝えしたようにロングコートチワワは飼い主に甘えたり、遊んだりすることが好きです。しかし気分が乗らず1人でいたいというときもあるようです。そのためロングコートチワワのペースに合わせて、遊んであげることが大切です。

また、子犬の甘え鳴きとしてクゥーンという鳴き声が挙げられますが、この鳴き方をしたら子犬のロングコートチワワの遊んで欲しいというサインだといえるでしょう!ですがこのクゥーンにはさまざまな意味があります。どんな意味があるのか、またどんな対応をすればいいのか知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

Small thumb shutterstock 545972260
関連記事 子犬が鳴く・泣き止まない時の対応5つ|クゥーンと甘え鳴きをする理由も

この記事では子犬が「クゥーン」と鳴くときの対応方法をご紹介します。子犬

ロングコートチワワの飼い方は?

ロングコートチワワの飼い方①敏捷に動くため目の怪我に気をつける

ロングコートチワワの飼い方の1つ目は、敏捷に動くため目の怪我に気をつけることです。ロングコートチワワは目が出ているので、散歩中は目が物や植物にぶつかったりしないよう注意してくださいね。さらにすばしっこく動くので、目の怪我にも気をつけましょう!また家でも床に物を落とさないなど、心掛ける必要があります。

ロングコートチワワの飼い方②寒がりなので温度調節をする

ロングコートチワワの飼い方の2つ目は、寒がりなので温度調節をすることです。寒い季節に散歩中のロングコートチワワを見ると、服を着ていることが多いですよね。あれはチワワが寒さに弱いため、服を着させて防寒しているのです。気温の低い日に裸のまま散歩させると体調を崩す恐れがあるので、注意してくださいね!

また、ロングコートチワワを飼う際は、冬だけでなく夏の暑さにも気をつける必要があります。ロングコートチワワが快適に過ごせる温度は、だいたい25℃といわれています。そのため夏は飼い主が留守の間も、25℃を超えないようにしてくださいね。犬用の冷感マットも販売されているので、それらアイテムも利用しましょう!

ロングコートチワワの飼い方③ダメなことをしたらきちんと叱る

ロングコートチワワの飼い方の3つ目は、ダメなことをしたらきちんと叱ることです。超小型犬でか弱そうなロングコートチワワだからと、甘やかしてしまうのは禁物です!というのは厳しく叱らないと、わがままで噛み癖のある困った子になってしまう恐れがあるからです。いけないことをしたら、愛情を持って叱ってくださいね。

また、「ロングコートチワワに噛み癖があるようで、甘噛みばかりしている…」とお悩みの方は、ぜひこちらの記事をお読みください。ここには成犬や子犬が甘噛みする心理や意味、成犬の甘噛みの直し方や子犬の甘噛み対策などまとめられています。ロングコートチワワの甘噛みを直したい方は、要チェックです!

ロングコートチワワの飼い方④表情やジェスチャーを使って褒める

ロングコートチワワの飼い方の4つ目は、表情やジェスチャーを使って褒めることです。ロングコートチワワは飼い主の表情や声色、ジェスチャーを読み取ります。そのため褒めるときは、表情豊かに手を使ったりして褒めてあげましょう!ロングコートチワワはいいつけを守ると褒められると実感し、悪さをしなくなるはずです。

チワワの飼い方が学べるおすすめの書籍は?

チワワの飼い方・しつけ方|前田智子

Amazonで商品の詳細を見る

チワワの飼い方が学べるおすすめの書籍として、前田智子さん監修の「チワワの飼い方・しつけ方」が挙げられます。この本にはチワワの飼い方やしつけ方のほか、子犬の選び方やおしゃれテクニックなども紹介されています。さらに写真付きで分かりやすく説明されているのもポイントです。口コミでも役に立ったと大好評です!

飼い方・しつけ・お手入れがわかるチワワの教科書|井原亮

Amazonで商品の詳細を見る

「チワワの飼い方・しつけ方」以外にも、井原亮さん監修の「飼い方・しつけ・お手入れがわかるチワワの教科書」もチワワの飼い方を学びたい方におすすめの書籍です。初心者でも分かりやすように、写真付きでチワワの基本的なお世話の仕方や知っておきたい知識、さらに怪我や病気の応急処置法が説明されています。

ロングコートチワワの可愛いくて癒される画像もチェック!

ロングコートチワワの横顔が可愛い画像

ロングコートチワワの外見の魅力は、やはりそのふさふさで柔らかい被毛だといえるでしょう!特に画像のように横から見た姿が可愛らしくもあり、またいつもは敏捷で活発なのにどこか神秘的でもあるのが特徴です。そんなロングコートチワワを飼ったら、正面からの写真だけでなく横からの写真もたくさん撮りたくなりそうです!

洋服を着たロングコートチワワが愛くるしい画像

ロングコートチワワは寒さに弱いので、冬の散歩時には洋服が必須なときがあります。そのため画像のように、敏捷なロングコートチワワでも動きやすい洋服を着せましょう。中には画像みたいに、クリスマスなど季節のイベントをテーマにした洋服を着せる飼い主もいます!画像を見ているだけでも、可愛くて癒されますよね。

被り物をしたロングコートチワワがキュートな画像

ロングコートチワワは洋服だけでなく、実は画像のような被り物も似合うのです!ロングコートチワワのキュートさが増して、とても可愛いですよね。普段敏捷なロングコートチワワが、ちょこんとしてるのも癒されます。ロングコートチワワを飼ったら画像のような被り物をたくさん買って、日替わりで被せたくなりますね!

ロングコートチワワは可愛いが気の強い一面もある!しつけもしっかりしよう

画像でご紹介したように、ロングコートチワワは非常に小柄で敏捷な動きをしたりと、とても可愛らしい見た目をしています。ですが気の強い性格もしているため、吠え癖や噛み癖をつけないようしつけはしっかり行う必要があります。ロングコートチワワの特徴や性格を踏まえ、お互い居心地のいい関係を作っていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。