INDEX

おすすめのインスタントコーヒー5選

おすすめのインスタントコーヒー①ネスレ・ネスカフェゴールドブレンド

おすすめのインスタントコーヒー1つ目は「ネスレ・ネスカフェゴールドブレンド」です。発売から50周年となるこちらのインスタントコーヒーは、累計飲用杯数1,500億以上、毎秒約100杯飲まれているという「ネスカフェ」シリーズのなかでもロングセラー製品の1つです。

「ネスカフェゴールドブレンド」は、じっくり焙煎したコーヒー豆を微細に粉砕する「挽き豆包み製法」によって作られており、豊かな香りとコーヒー本来の風味を楽しむことができます。また、最大の特徴でもある深いコクとマイルドな味わいは、幅広い年代のコーヒー好きの舌を満足させてくれますよ。

カップで楽しむだけでなく、専用バリスタを使用することによってさらに深く豊かな香りを堪能することができます。好みによって、コク深め・カフェインレス・オーガニックなど、多彩な種類が用意されているため、ブラックでコーヒー独特の味わいを堪能するのもよし、休憩時間の食事やおやつに合わせるのもおすすめです。

おすすめのインスタントコーヒー②ネスカフェエクセラスティックコーヒー

おすすめのインスタントコーヒー2つ目は「ネスカフェエクセラスティックコーヒー」です。ネスレのコーヒーのなかでも多くのリピーターを生み出している「ネスカフェエクセラ」を手軽に飲めるスティックタイプにした人気商品です。スティック1本で1杯分が作れるため、他のインスタントコーヒーに比べ手間がかかりません。

インスタントコーヒーにクリーマーや砂糖を入れて楽しみたいというニーズによって生まれたこちらのインスタントコーヒーは「ネスカフェエクセラ」が持つコーヒー本来の風味・キレのある味はそのままに、クリーミーですっきりとした後味があるのが特徴です。スティックタイプなので、カバンに入れて持ち運ぶのもおすすめです

おすすめのインスタントコーヒー③ブレンディスティック大人のほろにが

おすすめのインスタントコーヒー3つ目は「ブレンディスティック大人のほろにが」です。女性を中心に人気の「ブレンディ」シリーズのスティックインスタントコーヒーです。ミルクのまろやかな甘みとコーヒー本来の苦みのバランスが整っているため「甘すぎるコーヒーは苦手だけど、苦すぎるのも嫌」という人におすすめです。

おすすめのインスタントコーヒー④カフェラトリー濃厚ミルクカフェラテ

おすすめのインスタントコーヒー4つ目は「カフェラトリー濃厚ミルクカフェラテ」です。AGFがプロデュースするこちらのインスタントコーヒーは、コーヒー専門店で楽しめるような深い味わいの濃厚なカフェラテを手軽に楽しむことができます。

こちらのインスタントコーヒーは「ミルクアロマ技術」によって、ミルクのまろやかさが実現されており、お湯を注ぐだけでモコモコの泡を楽しむことができます。全2種類あり、ほどよい甘さでリラックスしたい時は「濃厚ミルクカフェラテ」を、ほろに苦い味ですっきりしたいなら「濃厚ビターカフェラテ」がおすすめできよ!

おすすめのインスタントコーヒー⑤マキシムちょっと贅沢な珈琲店スティック

おすすめのインスタントコーヒー5つ目は「マキシムちょっと贅沢な珈琲スティック」です。豊富な種類のコーヒー豆を用いており、まるで豆から挽いたような深くてキレのあるコーヒーを手軽に楽しむことができます。瓶に入ったインスタントコーヒーに比べて味が劣化しにくいのが魅力的です。

またこちらのインスタントコーヒーは、スティックタイプのなかでも珍しい「無糖タイプ」であり、コーヒーに含まれる酸味・エグみが抑えられているため、食事時でも大変飲みやすいのが特徴です。「カフェラテでは満足できない!」という人におすすめです。

ホットのインスタントコーヒーの美味しい入れ方・飲み方は?

ホットインスタントコーヒーの美味しい入れ方・飲み方①お湯は80~90度

ホットのインスタントコーヒーの美味しい入れ方・飲み方1つ目は「お湯は80~90度が適温」です。実は、インスタントコーヒーを入れる時のお湯は80度程度がベストとされており、高くても90度程度にするのが望ましいとされています。

これについては、抽出時のお湯の温度が高いほど、コーヒーに含まれている苦味成分(カフェイン)も抽出されやすくなるため、通常よりも酸味・エグみが強いコーヒーになってしまうのです。そのため、よりまろやかなコーヒーにしたい時は少し低い温度のお湯を用いてインスタントコーヒーを入れるようにすると良いでしょう。

忙しい時にも便利なインスタントコーヒーですが、飲む時のお湯の温度を調整することによって、さらに高い香りやキレのある味わいを堪能することができるのです。

ホットインスタントコーヒー美味しい入れ方・飲み方②フリーズドライを選ぶ

ホットインスタントコーヒー美味しい入れ方・飲み方2つ目は「フリーズドライ製法のものを選ぶ」です。一見皆同じように見えますが、インスタントコーヒーには大きく分けて「フリーズドライ製法」と「スプレードライ製法」によるものがあります。

比較的安価な「スプレードライ製法」のインスタントコーヒーは、大量生産が可能な反面コーヒーが本来持つ香り・風味が落ちてしまいます。それに対して、真空状態で凍結乾燥させる「フリーズドライ製法」は、本来の風味を損なうことなく維持することができる製法です。そのため、コーヒー独特の香り・コクが楽しめますよ。

ホットインスタントコーヒー美味しい入れ方・飲み方③少量の水で練る

ホットインスタントコーヒー美味しい入れ方・飲み方3つ目は「少量の水で練るとまろやかになる」です。インスタントコーヒーを飲む時には、粉を入れてそのままお湯を注ぐ人が多いですが、お湯を注ぐ前にスプーン1杯ほどの水で軽く練ると、さらにまろやかさがアップします!

練る時に水を使う理由には、片栗粉を使用する時と同様に「インスタントコーヒーがダマになりにくい」からです。インスタントコーヒーにお湯を入れた時、カップで細かくダマになることが多いですが、この入れ方によって粉がさらに溶けやすくなりますよ。

アイスのインスタントコーヒーの美味しい入れ方・作り方は?

アイスのインスタントコーヒーの美味しい入れ方・作り方①ミルクを使う

アイスのインスタントコーヒーの美味しい入れ方・作り方1つ目は「水の代わりにミルクを使う」です。基本的なアイスコーヒーでは水や氷を使いますが、よりまろやかで風味豊かなコーヒーを飲みたい時には、冷たいミルクを用いて作ると美味しいアイスカフェオレになり、コーヒーが苦手な人にもおすすめですよ。

アイスのインスタントコーヒーの美味しい入れ方・作り方②お湯に氷を入れる

アイスのインスタントコーヒーの美味しい入れ方・作り方2つ目は「少量のお湯の氷を入れる」です。インスタントコーヒーのなかには、水に溶けにくいものも多く、全てを水で作ってしまうとダマになってしまいます。ホットとは違い、アイスでは氷や水で冷やすためお湯の量は少なめ(目安は90ml)で作ると良いでしょう。

コーヒー本来の旨みやコクを楽しめるため、アイスコーヒーを作る時の水はミネラルの濃度が低い軟水または水道水がおすすめですよ。また、急激な温度変化が発生するため、通常のグラスでは割れてしまう場合もあります。作る際には必ず耐熱グラスを使用するようにしましょう。

インスタントコーヒーによって、どこでも手軽に美味しいコーヒーが楽しめますが、インスタントコーヒーに負けないくらい手軽で美味しいのが「コンビニコーヒー」です。全国にあり、地域によっても風味が異なるコンビニコーヒーは多くの人に人気です。そこで関連記事では、コンビニコーヒーについての記事を掲載しています。

水出しアイスコーヒーの美味しい入れ方は?

水出しアイスコーヒーの美味しい入れ方・作り方①抽出方法に合う豆を選ぶ

水出しアイスコーヒーの美味しい入れ方・作り方1つ目は「水出しコーヒーに合う豆を選ぶ」です。水出しコーヒーは、他のインスタントコーヒーや抽出方法と比べると長時間かけて抽出をしていく方法ですので、コーヒーが持つ独特の酸味・エグみを引き出しにくいのです。

そのため、美味しい水出しコーヒーを作るには酸味の強いコーヒー豆(=浅煎り豆)よりも、苦味やコクなどを特徴としている豆(=深煎り豆)を用いるのがおすすめです。

水出しアイスコーヒーの美味しい入れ方・作り方②抽出方法に合う水を選ぶ

水出しアイスコーヒーの美味しい入れ方・作り方2つ目は「水出しコーヒーに合う水を選ぶ」です。水出しコーヒーは他の抽出方法と違い、水を加熱することがないので、水質によって味が左右されやすいのが特徴です。そのため、より質の高い水を使えば、より美味しい水出しコーヒーを楽しむことができます。

ご家庭で水出しコーヒーを楽しむ時には、多くの場合水道水を使用する場合が多いですが、水道水を使用する時にはできるだけカルキを抜いておくと良いでしょう。

水出しアイスコーヒー美味しい入れ方・作り方③ホットは電子レンジより湯煎

水出しアイスコーヒーの美味しい入れ方・作り方3つ目は「ホットで飲む時は電子レンジよりも湯煎」です。加熱することなく、常温でも楽しめる水出しコーヒーですが、ホットで楽しむ時に電子レンジで温めるという人も少なくありません。しかし、直接加熱するとコーヒーの酸化が進んでしまうため、風味が劣化してしまいます。

そのため、アイスで楽しむ時には冷蔵庫で冷やすだけで、美味しいアイスコーヒーが楽しめますが、ホットの場合は電子レンジよりも風味の劣化を起こしにくい湯煎であたためるようにしましょう。

インスタントコーヒーの美味しい入れ方をマスターしよう!

いかがでしたか?インスタントコーヒーは意外に奥が深く、今回ご紹介した方法以外にも美味しい入れ方・作り方がたくさんあります。インスタントコーヒーの美味しい入れ方をマスターして、より美味しいコーヒーを楽しんでましょう!

コーヒーは、入れ方だけでなく使用されているコーヒー豆によっても風味・香りが違います。ブラジルやキリマンジャロなどの様々な銘柄がありますが、コーヒーにあまり詳しくない人にとってはどれがいいのか分からないという場合が多いかと思います。そこで関連記事では、おすすめのコーヒー豆についての記事を掲載しています

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。