Large thumb shutterstock 619992797

忸怩たる(じくじたる)の意味と使い方とは?忸怩たる思いの例文と誤用も

更新:2019.06.21

忸怩たる(じくじたる)の意味とは?忸怩たる思いの正しい使い方がわかりますか?熟知たる思いはなぜ誤用なのでしょうか。例文を紹介しながら忸怩たるという言葉の正しい使い方をご紹介します。正しい意味を知り正しい言葉遣いをするための参考にしてください。

忸怩たる(じくじたる)の意味とは?

忸怩(じくじ)の意味とは「深く恥じ入ること」

恥ずかしい

忸怩たる(じくじたる)の忸怩は「深く恥じ入ること」という意味で使われる言葉です。忸は「じく」「なれる」「はじる」と読み、恥じるや慣れるといった意味がある言葉です。怩は「じ」「はじる」と読み、忸と同じように恥じるという意味があります。

1つの言葉として使われている漢字にそれぞれ「恥じる」という同じ意味があります。恥じるが2つの重なっているくらいですから「とても恥ずかしい」という思いが強いことがわかります。

忸怩たる(じくじたる)の意味とは「自分の行動を恥ずかしいと思う」

忸怩たる(じくじたる)という言葉は「自分の行動を恥ずかしいと思う」という意味で使うことができます。人がしている行動に対して恥ずかしいと思ったり、人から恥ずかしい行動をしていると指摘されることではありません。自分がした行動を自ら恥ずかしいと感じる内情を表わすための言葉です。

照れて恥ずかしいや人前に立つのが苦手で恥ずかしいという意味とは異なります。ビジネスシーンや改まった席などもっと深刻な状況に置かれた時に、自分の発言や軽率な行動を振り返り反省するとともに恥だと感じた時の表現方法です。

その時は、気が付かなくても後から冷静になって思い返すと恥ずかしい行動だったと感じることがあります。自分よりも立場が上である上司と喧嘩して後からそのように感じることもあるのではないでしょうか。下で「上司と喧嘩した際の謝罪・仲直り方法」の記事を紹介しています。参考にしてみてください。

忸怩たる(じくじたる)の使い方例文3選

忸怩たる(じくじたる)の使い方例文①忸怩たる思いです

忸怩たる思い

忸怩たる(じくじたる)の使い方1つ目は「忸怩たる思いです」という言葉として使うことができます。「忸怩たる思いです」は「自分の行動や発言について、心の底から恥ずかしいという思いがあります」という意味で使うことができる言葉です。

忸怩たる(じくじたる)の使い方「忸怩たる思いです」の例文

  • 何回も同じ場面で失敗を繰り返し、忸怩たる思いです。
  • 自分に非がありながら上司に反抗的な態度をとってしまい、忸怩たる思いです。
  • 自分の不手際でグループ全員に迷惑をかけてしまい、忸怩たる思いです。

忸怩たる(じくじたる)の使い方例文②忸怩たる思いに駆られる

忸怩たる思いに駆られる

忸怩たる(じくじたる)の使い方2つ目は「忸怩たる思いに駆られる」という言葉として使うことができます。「忸怩たる思いに駆られる」は「自分の行動や発言について、心の底から恥ずかしいという思いが駆け巡る」という意味で使うことができる言葉です。

忸怩たる(じくじたる)の使い方「忸怩たる思いに駆られる」の例文

  • 自分の不始末によって起こった結果だと知り、何度も忸怩たる思いに駆られる。
  • 部下のしたことは自分の指導不足だと思い返すと、忸怩たる思いに駆られる。
  • このような事態になることを予想できなかったことに、毎日忸怩たる思いに駆られる。

忸怩たる(じくじたる)の使い方例文③忸怩たる思いを抱く

忸怩たる思いを抱く

忸怩たる(じくじたる)の使い方3つ目は「忸怩たる思いを抱く」という言葉として使うことができます。「忸怩たる思いを抱く」は「自分の行動や発言について、心の底から恥ずかしいという感情をもつ」という意味で使うことができる言葉です。

忸怩たる(じくじたる)の使い方「忸怩たる思いを抱く」の例文

  • 結果を出せない自分の力のなさに忸怩たる思いを抱く。
  • 今までの自分は自信過剰だったことを知り、忸怩たる思いを抱く。
  • 今回のプロジェクトの失敗が自分の発言だと知り、忸怩たる思いを抱く。

日常でよく使う言葉や決まった場面でしか使わない言葉などがたくさんある日本語は、日本人である私たちでもとても難しいと感じることがよくあります。世界的に難しいと言われている日本語をせっかくですからかっこよく使いこなしましょう。下で「日本語のかっこいい言い回し」の記事を紹介しています。参考にしてください。

忸怩たる(じくじたる)の誤用例文3選

忸怩たる(じくじたる)の誤用例文①熟知たる思い

間違った

忸怩たる(じくじたる)の誤用しやすい言葉の1つ目は「熟知たる思い」という言葉です。この言葉の「熟知」は「詳しく知っていること」「細かなところまで知っていること」という意味です。忸怩とは全く意味の異なる言葉です。

忸怩よりも熟知の方が耳にしたことがあり馴染みのある言葉なので聞くだけでは間違うのかもしれません。また、熟知たる思いと検索すると忸怩たる思いの説明が出てくるのも誤用しやすい原因かもしれません。全く違う言葉なので注意が必要です。

忸怩たる(じくじたる)の誤用「熟知たる思い」間違い例文

  • このような不祥事がおきてしまい、忸怩たる(熟知たる)思いです。
  • 忸怩たる(熟知たる)思いを抱きながら職場を後にしました。
  • 何でも失敗を繰り返し、忸怩たる(熟知たる)思いです。

忸怩たる(じくじたる)の誤用例文②悔しい思い

間違った

忸怩たる(じくじたる)の誤用しやすい言葉の2つ目は「悔しい思い」という言葉です。恥ずかしい意味の忸怩には悔しい思いはありません。悔しくて反省するのではなく自分にした行動や言動を恥じて反省するのです。

公の場所で謝罪や弁明するときに「忸怩たる思い」を使っているのを見て悔しさを表現していると間違った解釈をし誤用につながることもあります。

忸怩たる(じくじたる)の誤用「悔しい思い」の間違い例文

  • こちらの考えが相手側にうまく伝わらず、忸怩たる(悔しい)思いです。
  • 誠実な対応をしたつもりですが返事がなく、忸怩たる(悔しい)思いです。
  • 早い段階で失敗に気が付けなかった自分に、忸怩たる(悔しい)思いを抱く。

忸怩たる(じくじたる)の誤用例文③憤りを感じる

忸怩たる(じくじたる)の誤用しやすい言葉の3つ目は「憤りを感じる」という言葉です。「憤りを感じる」は「激しく怒っている感情がある」「心に秘めた腹立たしい気持ちや恨みがある」という意味として使うことができます。見てわかる怒りとは違い、見た目は怒って見えなくても心に秘めた不満があることを表現します。

忸怩たるは、自分のした行動や発言に対して恥ずかしさや反省も気持ちがあることを表現しています。その感情の中で悲しむことはあったとしても自分以外の他人に対して、腹立たしい気持ちや恨みを感じ表現するための言葉ではありません。

忸怩たる(じくじたる)の誤用「憤りを感じる」の間違い例文

  • 自分勝手な行動ばかりする人に、忸怩たる(憤りを感じる)思いです。
  • 自分の武勇伝ばかりして結果を出さない先輩に忸怩たる(憤りを感じる)思いが募ります。
  • 人の努力を、当たり前のように自分の手柄にする姿を見て忸怩たる(憤りを感じる)思いを抱きました。

忸怩たる(じくじたる)の類語4選

忸怩たる(じくじたる)の類語①顔向けができない

忸怩たる(じくじたる)の類語1つ目は「顔向けができない」という言葉です。「顔向けができない」には「恥ずかしくて顔を合わせることができない」「悪い事をしてその場に居づらい」「悪い事をして言い訳のしようがない」という意味があります。

自分がした失態や間違った行動から、人の前に顔をだせないほど恥ずかしいと感じているときに使うことができる言葉です。「自分の行動を恥ずかしいと思う」という意味がある忸怩たると同じ意味として使える同じ種類の言葉です。

忸怩たるの類語「顔向けができない」を使った例文

  • 大学受験に失敗したら両親に顔向けできなくなる。
  • 友人から預かった犬に、私の不注意で何かあったら顔向けできない。
  • マラソン大会で完走しないと時間を割いて練習に付き合ってくれた友人に申し訳なくて顔向けできない。

忸怩たる(じくじたる)の類語②自責

忸怩たる(じくじたる)の類語2つ目は「自責」という言葉です。「自責」には「自分で自分がおこした過ちを責めること」「自分に責任があると考えること」という意味があります。自分がした発言や行動を恥ずかしいと思うという感情がある忸怩たるとは、似た意味がある同じ種類の言葉です。

忸怩たるの類語「自責」を使った例文

  • 自責の念に駆られる
  • チーム戦に敗れたのは私が原因ではないかと自責している。

忸怩たる(じくじたる)の類語③自己嫌悪

忸怩たる(じくじたる)の類語3つ目は「自己嫌悪」という言葉です。「自己嫌悪」には「自分で自分自身が嫌になること」「自分をうとましく思う気持ち」という意味があります。自分がした行動を深く恥じることで自分のことを嫌だと思う感情になります。忸怩たるとは、似た意味がある同じ種類の言葉です。

忸怩たるの類語「自己嫌悪」を使った例文

  • 簡単に失敗をして自己嫌悪に陥る。
  • 何であのような発言をしてしまったのか自己嫌悪に陥った。
  • 自分の何気ない行動から相手を傷つけていしまい、自己嫌悪です。

日常生活の中で自己嫌悪に陥ることは、ほとんどの人が1度は経験したことがあるのではないでしょうか。中にはいつも自己嫌悪に陥っている人もいると思います。自己嫌悪に陥りやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。下の「自己嫌悪に陥る人の特徴」の記事を読み参考にしてください。

忸怩たる(じくじたる)の類語④決まりが悪い

忸怩たる(じくじたる)の類語4つ目は「決まりが悪い」という言葉です。「決まりが悪い」には「恥ずかしい」「世間に対して顔が立たない」という意味があります。忸怩たると同じように自分がした行動を恥ずかしいと思う言葉です。忸怩たると同じ種類の言葉として使えます。

忸怩たるの類語「決まりが悪い」を使った例文

  • 大勢の人なのかで決まりが悪いと思いながらも怒りをあらわにした。
  • 映画館で隣の席に元カレが座っていて決まりが悪い思いをした。
  • 誘いを断った友人にばったりと出くわしてしまい決まりが悪い思いをした。

忸怩たる(じくじたる)の意味を知り正しく使いましょう

忸怩たるの意味と正しい使い方、間違った使い方を例文とともに紹介しました。参考になりましたか?忸怩たるを普段からよく耳にする人や、初めて知ったという人がいると思います。日本語にはまだまだたくさん聞いたことがない言葉や意味が分からない言葉があります。意味を知り正しい使い方をしましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。