INDEX

「一翼を担う」の読み方と意味は?

「一翼を担う」の読み方は「いちよくをになう」

一翼を担う男性が活躍する画像

「一翼を担う」の読み方は「いちよくをになう」と読みます。「いちやくをになう」と読む人が少なくないと言われていますが、「いちやくをになう」という言葉はありません。また「一躍を担う」、「一役を担う」、「一端を担う」といった間違った表現や場にそぐわない言葉を使う人もいます。

そういったことで恥をかいてしまったり、陰で笑われたりしないよう、しっかりと社会人としての知識を押さえておく必要があります。特に若いうちは些細なことで足元を見られたりするなど、悪い評価につながるおそれがあります。就職活動などでも、些細な言葉遣いの誤りが内定を左右するというケースもあると言われています。

新社会人はやる気を問われることが多いので、意気込みを伝えることで入社試験や研修期間を乗り切れることが多いと言われています。以下の記事では、新社会人が先輩や上司に意気込みを伝えるスピーチの仕方や就活中の履歴書やESに意気込みを書くポイントをお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 404145856
関連記事 入社式で意気込みが伝わるスピーチの仕方は?内定式/新入社員/新社会人

就職活動は人生を決める大切な節目です。入社式で意気込みや決意表明が伝わ

「一翼を担う」の意味は「重要なポストで役割を果たすこと」

重要な役割を果たして一翼を担う男性の画像

「一翼を担う」の意味は「重要なポストで役割を果たすこと」です。一翼という言葉の意味は、文字通り「翼の1つ」という意味合いになります。翼は2つあることが常であることから、翼の1つとなることは重要な役割を果たすということを意味します。

主にビジネスシーンで使われることが多いと言われていますが、スポーツや芸術の分野でも使われることもあります。共通している要素としては、ある1つの組織などの中で、大切な役割を果たすといった意味合いで使われるということです。

このように重要なポストを任されるようになるためには、信用と実績の積み重ねが非常に大切であると言われています。それらは最初の第一印象の良し悪しで、大きく変わってくると言われています。以下の記事では、第一印象を良くする方法や初対面の人に好印象を与える重要性についてお伝えしているので、ぜひご覧ください。

Small thumb shutterstock 293193293
関連記事 第一印象を良くする方法8選|初対面の人に好印象を与える重要性は?

第一印象を良くすることはその後の人間関係や環境づくりのために大切です。

「一翼を担う」の使い方例文5選

「一翼を担う」の使い方例文①彼はこの会社の一翼を担う存在だ

「彼はこの会社の一翼を担う存在なんだ」と紹介する男性の画像

「一翼を担う」の使い方例文の1番目は、「彼はこの会社の一翼を担う存在だ」という例文です。この使い方は、上司や先輩が部下や後輩を紹介する時に使われるケースが多いと言われています。将来を期待される新人や、会社を背負って立つビジネスの才覚の持ち主に対して使われる例文です。

こういった使い方をされる際は、自分の会社外の人に対して紹介する状況で使われることが多く、「うちの会社の重要な社員だから、今後もよろしくお願いします」といった意味合いが込められていると言われています。

「一翼を担う」の使い方例文②ゆくゆくは御社の一翼を担えるよう頑張ります

「一翼を担う」の使い方例文の2番目は、「ゆくゆくは御社の一翼を担えるよう頑張ります」という例文です。この使い方は、入社試験などで入社を希望する新人候補が面接官などに対して使われるケースが多いと言われています。

「将来は、この会社を背負ってたつくらいの覚悟とやる気があります」といった意味合いで使われる例文です。ただし、こういった表現をする際には、それなりの覚悟を見せないと言葉に説得力が出ず、逆効果になるというおそれがあるので注意が必要であると言われています。

なぜなら、面接官はこの手の売り文句を聞き飽きているため、覚悟が感じられない入社希望者について、「そんなに簡単にうちの会社で一翼を担えると思っているなんて、仕事をなめているのか」と思われる危険性があるからです。この言葉を発する際には、それなりに説得力のある雰囲気を醸し出しましょう。

「一翼を担う」の使い方例文③組織の一翼を担える存在を育てる必要がある

「一翼を担う」の使い方例文の3番目は、「組織の一翼を担える存在を育てる必要がある」という使い方です。この使い方は、組織の上層部が今後の会社の運営などについて話し合う際に使われる例文です。

現在の会社に有望な逸材がおらず、今後の会社を任せる社員がいない場合などに、「組織の一翼を担える存在を育てる必要がある」という表現がされることがあります。

「一翼を担う」の使い方例文⓸彼がチームの一躍を担ってくれている

「一翼を担う」の使い方例文の4番目は、「彼がチームの一躍を担ってくれている」という例文です。こういった使い方がされるケースは、スポーツなどのシーンが多いと言われています。

「一翼を担う」という言葉が、2つの翼のうちの1つ役割を果たしていて、飛行機で言うと機体部分を背負って飛び立つ役割を担っていることから、「チームを引っ張って行ってくれる存在」や「チームにいなければならない存在」の選手を意味する言葉です。

「一翼を担う」の使い方例文⑤前回の演奏会で一翼を担ってくれたのは彼女だ

「一翼を担う」の使い方例文の5番目は、「前回の演奏会で一翼を担ってくれたのは彼女だ」という使い方です。音楽の分野でも「一翼を担う」が使われることを示唆する例文です。「前回の演奏会で」といった前置きをしている点に、その他の例文との違いがあります。

この例文のように、規模が小さめの話であっても「一翼を担う」を使うことは可能です。あくまであることがこのような前置きをすることで、大きな組織の中での役割だけでなく、比較的小さな仕事やイベントごとの中でも使える言葉であるということがわかる一例です。

「一翼を担う」の類語使い方例文5選

「一翼を担う」の類語使い方例文①一端を担う

一翼を担うほどの重要なポジションではない一端を担っている人達の画像

「一翼を担う」の類語使い方例文の1番目は、「一端を担う」という類語です。「一端を担う」という言葉は「ある組織などの中で、与えられた役割を果たす」という意味合いを持つことから、「一翼を担う」の類語と認識されています。

「一翼を担う」と「一端を担う」との違いは、「重要なポジションを任されるかどうか」という点にあると言われています。「一翼を担う」という言葉が、2つの翼のうちの1つの翼を意味し、本体部分を背負って飛ぶ役割を果たすことから、とても重要な役割を意味すると考えられます。

その一方で「一端を担う」は、あくまで「与えられた役割を果たす」という点にとどまることから、組織の命運を背負うといった重要なニュアンスを含まないという違いがあります。しかし、このあたりの意味合いを把握せずに使われる場合もあることから、明確な違いは存在しないと考える人もいます。

「一翼を担う」の類語使い方例文②一役買う

一役買った女性の画像

「一翼を担う」の類語使い方例文の2番目は、「一役買う」という類語です。「一役買う」という言葉は「ある仕事やプロジェクトなどの中で、空いていた役割や必要な役割を、自ら進んで果たす」といった意味合いを持ちます。

「一翼を担う」と「一役買う」との違いは、「自主性」にあると言われています。「一翼を担う」という言葉は、かなり重要度の高いポジションを任されることを意味しますので、上の立場の人から任命されるという意味合いが強い言葉であると言われています。

その一方で「一役買う」は、「自ら進んで役割を果たす」といったニュアンスが強く、「他の人でも良いと考えられるポジションを自分から引き受けてくれた」といった意味合いが含まれるという点に違いがあります。

「一翼を担う」の類語使い方例文③脇を固める

「一翼を担う」の類語使い方例文の3番目は、「脇を固める」という類語です。「脇を固める」という言葉は「主役の側で演じる脇役にしっかりと実力のある俳優を配置する」といった意味合いがあります。

「一翼を担う」と「脇を固める」との違いは、「重要なポジションの程度の差」にあると言われています。「一翼を担う」という言葉は、飛行機でいうところの本体を背負って飛び立つという、かなり重要度の高いポジションを任されることを意味します。

その一方で「脇を固める」は、「重要ではあるけれども、両翼ほどの重要度ではない」といったニュアンスが強く、「粒ぞろいの多くの俳優たちによって作品が支えられている」といった意味合いが含まれるという点に違いがあります。

「一翼を担う」の類語使い方例文③一躍を担う

一躍を担うという言葉は間違っているというイメージ画像

「一翼を担う」の類語使い方例文③は「一躍を担う」という例文です。この使い方は正しい表現ではなく、誤った使い方であると言われています。「一躍」という言葉には「一気に」といった意味合いがあり、「一躍、スターダムをのし上がった」などと使われる言葉です。

そのため、「一気に役割を果たす」といった言葉遣いになり、正しい使い方であるとは認識されていません。「一翼を担う」を間違って「いちやくをになう」と読む人が増え、その結果間違った漢字である「一躍を担う」と書かれるようになったのではないかといわれています。

「一翼を担う」の類語使い方例文④一役を担う

一役を担うという表現が間違っているというイメージ画像

「一翼を担う」の類語使い方例文④は「一役を担う」という例文です。この使い方も正しい表現ではなく、誤った使い方であると言われています。

「一役買う」という言葉と「一翼を担う」を混同したうえに、「一翼を担う」を間違って「いちやくをになう」と読む人が増え、その結果間違った漢字である「一役を担う」と書かれるようになったのではないかといわれています。

このように「一躍を担う」、「一役を担う」といった誤った表現や、「一端を担う」といったニュアンスの異なる言葉を間違って使うケースが多く見られるので、注意が必要です。

「一翼を担う」の英語例文3選

「一翼を担う」の英語例文①~の役割を果たす

「一翼を担う」の英語例文を教えてくれる先生の画像

「一翼を担う」の英語例文の1番目は、「~の役割を果たす」という意味を表す「play a role in~」という英語表現です。「一翼を担う」の「役割を果たす」というニュアンスを英語に反映させた例がこの使い方です。

「一翼を担う」の英語例文②~に関わる

「一翼を担う」の英語例文「仕事に関わる」人達の画像

「一翼を担う」の英語例文の2番目は、「~に関わる」という意味を表す「be a part of~」という英語表現です。「一翼を担う」の「仕事や組織に関わる」というニュアンスを英語に反映させた例がこの使い方です。

「一翼を担う」の英語例文③~の一部になる

「一翼を担う」の英語例文「組織の一部である人達」人達の画像

「一翼を担う」の英語例文の3番目は、「~の一部になる」という意味を表す「be a part of~」という英語表現です。「一翼を担う」の「組織の一部となる」というニュアンスを英語に反映させた例がこの使い方です。

一翼を担うを理解して信頼やイメージを良くしましょう

一翼を担うという言葉は、「一躍を担う」、「一役を担う」など、読み方を間違える人が多いと言われています。また、「一端を担う」、「一役買う」などと意味合いを混同している人も多い言葉であると言われています。

「一躍を担う」、「一役を担う」など、読み方を間違えたり、「一端を担う」、「一役買う」という意味と混同して使ってしまうと、知らない間に恥をかいている場合があります。

だからこそ、正しく把握して正確に使いこなせると信頼やイメージを良くすることにつながりますので、この機会に意味や使い方を押さえておきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。