INDEX

洋風おせちとは?

洋風おせちとは①御節料理と同じ!作り置きOK

洋風おせちとは、その名の通り、洋風の御節料理です。御節料理は昔の人が考えた縁起の良いごちそうです。年中無休のお母さんが、お正月にはゆっくりできるように作り置きがOKなものが多いのが特徴です。和風のおせちに飽きてしまった…そんな方におすすめです。イタリアンやフレンチなど、あなたの大好きを詰めましょう!

洋風おせちとは②子供が大好き!お正月料理

洋風おせちは、子供が大好きなお正月料理です。和風の御節料理ですと子供はすぐに飽きてしまったり、好きなものが少ないかと思います。しかし洋風おせちには、子供が好きな味の料理が多く、同じ作り置きでもたくさん食べてくれますよ。

子供たちもお休みで、家族がそろうお正月。みんなが好きなものを詰めた洋風おせちをぜひ作ってみてください。お正月の過ごし方を知りたいという方は、以下の記事も併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 713676277
関連記事 正月暇な時の過ごし方15選!一人の過ごし方や年末年始の実家で何する?

寝正月という言葉があるくらい、正月は何することもなく暇なものですよね。

洋風おせちのレシピ8選

洋風おせちのレシピ①定番人気!ローストビーフ

洋風おせちのレシピの1つ目は「定番人気!ローストビーフ」です。ローストビーフはとても難しそうですが、実はとても簡単な作り方があります。牛ブロックの表面を焼いたら、あとは炊飯器に入れるだけ!美味しいソースのレシピもあります。詳しい作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。

ローストビーフの材料
  • 牛モモブロック…300g
  • 塩…適量
  • こしょう…適量
  • サラダ油…少々
  • (ソース)酒…大さじ2
  • (ソース)醤油…大さじ2
  • (ソース)みりん…大さじ2
  • (ソース)砂糖…大さじ1
ローストビーフの作り方
  1. 牛モモブロックの全体に塩コショウを刷り込みます。
  2. サラダ油を引いたフライパンで、表面を焼きます。
  3. ジップロックの中に上記のソースの材料を入れます。
  4. ②で焼いた肉を入れてよく揉みます。
  5. ジップロックの空気を抜いてジッパーを閉めます。
  6. 熱湯を注いだ炊飯器に⑤を入れて、30分間保温で置きます。
  7. ラップで包み粗熱を取ります。
  8. ソースをフライパンに入れて少し煮詰めます。
  9. カットしたローストビーフにかけたら、出来上がり!

洋風おせちのレシピ②おしゃれ!クリームチーズテリーヌ

洋風おせちのレシピの2つ目は「おしゃれ!クリームチーズテリーヌ」です。ドライフルーツやナッツを豊富に入れた、おしゃれで美味しいクリームチーズのテリーヌになります。見た目も味もおしゃれなので、洋風おせちをさらに際立たせてくれる逸品です。

おかずになる定番のサーモンテリーヌもおすすめですが、ワインなどのおつまみにもピッタリなのでぜひ作ってみてください。子供が食べる場合には、材料の中にある白ワインをブドウのジュースなどに変更するといいでしょう。詳しい作り方は、以下の動画を参考にしてください。

洋風おせちのレシピ③子供大好き!チーズ卵焼き

洋風おせちのレシピの3つ目は「子供大好き!チーズ卵焼き」です。卵焼きの間にとろけるスライスチーズを入れて卵焼きにするだけの簡単洋風おせちになります。定番おせちのだて巻きよりも、子供に喜ばれますよ!あつあつはもちろん、冷めても美味しいので洋風おせちにぜひ加えてみてください。

我が家では、焼く前の卵の中にさらにパルメザンチーズ(小名チーズを入れて、ダブルチーズにしています。洋風おせちだけでなく普段のお弁当にもおすすめですので、以下の動画を参考にしてぜひ作ってみてください。チーズが大好きだという方は、以下の記事もぜひご折らんください。

Small thumb shutterstock 540453118
関連記事 市販のナチュラルチーズおすすめ13選|プロセスチーズとの違いや食べ方も

最近は日本人の食生活も欧米化していますよね。ワインやナチュラルチーズが

洋風おせちのレシピ④サーモンマリネ

洋風おせちのレシピの4つ目は「サーモンマリネ」です。サーモンと玉ねぎで紅白になるので、御節料理の紅白なますの代わりにいかがでしょうか。サーモンは子供にも人気ですしおつまみにもなるので、洋風おせちの中でも人気のある料理ですよ!

作り方のコツは、サーモンに塩を振った後すぐに調理しないで、15分ほど置いて味をなじませることです。以下の動画のマリネは酢を使わないオイルマリネです。酸っぱいものが苦手な方におすすめです。以下の動画を参考にしてぜひ作ってみてください。

洋風おせちのレシピ⑤イタリアン!コンソメゼリー

洋風おせちのレシピの5つ目は「イタリアンコンソメゼリー」です。青い野菜が少なくなってしまう洋風おせちに、野菜のキレイな色を添える、おしゃれで美しいお正月料理です。基本的にはどんな野菜を入れてもOKです。ニンジンなどを入れる時には、ゆでるのを忘れないでくださいね。

以下の動画のようにキレイに野菜を並べて作ってもいいですし、写真のようにスプーンで取る形で作ってもいいでしょう。小さな型に入れて作って、プリンのようにしても食べやすいのでおすすめです。コンソメゼリーの詳しい作り方は、以下の動画を参考にしてください。

洋風おせちのレシピ⑥伊勢海老をチェンジ!スチームドロブスター

洋風おせちのレシピの6つ目は「伊勢海老をチェンジ!スチームドロブスター」です。周りが洋風おせちになったのに、エビだけが伊勢海老だとしっくりきませんので、ぜひこちらのスチームドロブスターにチャレンジしてみてください。ゆでるとキレイな赤になるロブスターは、めでたいお正月料理にピッタリですよ!

ロブスターはゆでてもOKですが、蒸すことで旨味を閉じ込めることが出来ます。ぜひ方法で作ってみてください。スチームドロブスターの詳しい作り方は、以下の動画を参考にしてください。動画には、美味しいロブスターの選び方や、2種のソースの作り方も載っています。

洋風おせちのレシピ⑦子供に人気!スペアリブ

洋風おせちのレシピの7つ目は「子供に人気!スペアリブ」です。スペアリブにもいろいろな味付けがありますが、今回は子供にとても人気のある、甘辛い味付けのスペアリブをご紹介します。スペアリブはいきなり煮ないでください。一度表面を焼くことで肉汁を閉じ込めます。

表面を焼いたフライパンには、スペアリブの旨味が出ているので、フライパンにお湯を入れてすスペアリブと一緒に鍋に移してから煮るのが、美味しく作るポイントです。詳しい作り方は、以下の動画を参考にしてください。

洋風おせちのレシピ⑧洋風栗きんとん

洋風おせちのレシピの8つ目は「洋風栗きんとん」です。和風の栗きんとんよりも淡さが控えめになります。クラッカーの上に置いているので、手で食べられるのも嬉しいですね。しょっぱい洋風おせちの合間に、おしゃれな洋風栗きんとんはいかがでしょうか。きっと人気の逸品になりますよ!

和風の栗きんとんはサツマイモを使用しますが、洋風栗きんとんにはサツマイモだけなく、かぼちゃのマッシュも入れます。それだけでも美味しいですが、こちらのレシピはさらにクリームチーズを中に入れます。詳しい作り方は、以下の動画を参考にしてください。

定番御節料理5選

定番御節料理の作り方①煮しめ

定番御節料理の作り方の1つ目は「煮しめ」です。煮しめには中に入れる野菜それぞれに意味があります。穴の開いたレンコンは「見通しが良い」、里芋は「子孫繁栄」。ごぼうは「根強い」といった意味になります。

洋風おせちも美味しいですが、こういった和風の意味のある御節料理もステキですね。煮しめの美味しい作り方は、以下の動画を参考にしてください。人参のねじれ梅、こんにゃくの手綱切りの作り方も載っていますので、ぜひご覧ください。

定番御節料理の作り方②黒豆

定番御節料理の作り方の2つ目は「黒豆」です。黒豆には「黒く日焼けするほどマメに働く」という意味と「邪気払い」の意味が込められています。錆びた釘を一緒に煮ることで、黒い艶が美しく仕上がります。鉄分も多くとれる黒豆は女性におすすめの御節料理です。

黒豆は上手に煮ないと、皮が破れてしまったりしわが寄ってしまったりします。以下の動画の黒豆の作り方を参考にして、ふっくらつやつやの黒豆の煮方を覚えましょう。お正月料理としてだけでなく、普段のおかずにもおすすめです。

定番御節料理の作り方③だて巻き

定番御節料理の作り方の3つ目は「だて巻き」です。だて巻きには形が巻物に似ているため、知識が増えるようにという意味があります。だて巻きは普通の卵焼きと違い、はんぺんを入れて作ります。はんぺんの滑らかな触感がだて巻きの特徴です。

だて巻きは砂糖を多く入れるので焼くときに焦げやすいため、ごく弱火で焼くことがポイントです。また鬼すだれでだて巻きを巻いた後は、輪ゴムなどで固定してそのまま冷ましましょう。形がキレイにキープできます。美味しいだて巻きの作り方は、以下の動画を参考にしてください。

定番御節料理の作り方④紅白なます

定番御節料理の作り方の4つ目は「紅白なます」です。紅白なますは水引をかたどっています。平安や平和を願う意味があります。かなり酸っぱいため、子供にはあまり人気がないようです。しかし紅白なますは色がキレイなため、御節料理のおせちを彩ります。

また、酢のものは洋風おせちでの口をリセットしてくれる効果もあります。少量作っておいて、箸休めにしてもいいですね。紅白なますの美味しい作り方は、以下の動画を参考にしてください。

定番御節料理の作り方⑤くるみ入り田作り

定番御節料理の作り方の5つ目は「くるみ入り田作り」です。田作りはカタクチイワシで作ります。昔、カタクチイワシは肥料として使われていました。ですので、名前を田作りといい五穀豊穣の願いが込められています。

カタクチイワシだけですよ少々苦みもありたくさん食べられませんが、くるみを入れて作ると味がまろやかになり美味しく仕上がりおすすめです。くるみ入り田作りの美味しい作り方は、以下の動画を参考にしてください。

洋風おせちで楽しいお正月を!

いかがでしたでしょうか?美味しいお正月料理「洋風おせち」食べたくなったのではありませんか?やはり、家族みんなが美味しく食べられる御節料理が一番ですよね。洋風おせちで、楽しいお正月を迎えてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。