Large thumb shutterstock 639139093

パン生地の冷凍保存方法は?手作りのパン種の作り方や賞味期限も

更新:2019.06.21

パン生地の冷凍保存の方法って知っていますか?実は、手作りのパン生地には3つの冷凍保存できるタイミングがあるんです。今回は、せっかく作ったパン生地を無駄にしないためにも3つの冷凍保存タイミングを詳しく紹介していきます。わかりやすいパン種の作り方も紹介しますよ!

手作りパン生地の冷凍保存方法・タイミングは?

手作りのパン生地の冷凍保存方法はトレーに乗せて急速冷凍

手作りパン生地の冷凍保存の方法は、金属製のトレーに並べて急速冷凍することです。熱伝導のいい金属製のトレーを使った冷凍方法は、家庭でもできる急速冷凍方法です。

パン生地を急速冷凍させる理由は、パン生地の過剰発酵を防ぐためです。冷凍に時間がかかるとその間もパン生地の中の酵母は呼吸をし続け、発酵が進んでいくのです。また、トレーに並べたパン生地は、乾燥を防ぐため、しっかりとラップしましょう。

トレーに乗せ、急速冷凍したパン生地は、凍った後もそのままにせず冷凍やけを防ぐため、一つ一つラップをしフリーザーパックに入れて冷凍しておきましょう。ここに、食パンの冷凍保存方法の記事があります。焼いた後のパンの冷凍方法は、ここでチェックしてください。

手作りパン生地冷凍保存タイミング①ベンチタイムの前

手作りパン生地の冷凍保存1つ目のタイミングは、ベンチタイムの前です。パン生地を作り、強力粉をひいたまな板で等分に分けたパン生地を、ベンチタイムを置かずに冷凍します。ちなみにベンチタイムとは1次発酵のことです。

手作りパン生地の冷凍保存タイミング②ベンチタイム後

手作りパン生地の冷凍保存のタイミング2つ目は、ベンチタイムの後です。何等分かにした生地に乾燥を防ぐため、ぬれた布巾をかぶせ25度から27度くらいの常温で30分寝かせます。これをベンチタイムと言いますが、冬場などの寒い時期は温かい部屋で寝かせる、お湯を張った鍋の上に置くなど温度の管理をしてください。

ベンチタイム後、2倍に膨らんだパン生地を手のひらで軽く押しガス抜きをした後、成型します。これをトレーに並べて急速冷凍しましょう。

手作りパン生地の冷凍保存タイミング③2次発酵の後

手作りパン生地の冷凍保存のタイミング3つ目は2次発酵の後です。2次発酵も1次発酵と同じ条件で、発酵時間は短く15分です。2次発酵後は、いつでもパンが焼ける状態ですので、このタイミングで冷凍すると、解凍後の手間を減らせるので、おすすめです。

手作りパン生地の解凍方法は?

手作りパン生地の解凍方法①自然解凍

手作りパン生地の解凍方法の一つ目は自然解凍です。室温に1時間以上置いて解凍します。冬場などの寒い日は、もっと長めに置いておきましょう。冷凍パンは、解凍がしっかりなされていないと、パンのふくらみが悪くなります。解凍したパン生地が、どうしてもうまく膨らまない場合は、生地の中心がまた冷凍状態です。

手作りパン生地の解凍方法②冷蔵庫解凍

手作りパン生地の解凍方法2つ目は、冷蔵庫解凍です。冷凍庫から取り出したパン生地を冷蔵庫に入れて解凍させます。冷蔵庫解凍は約半日ほどで解凍できます。朝に焼き立てパンが食べたいなら、前日の夜にパン生地を冷凍庫から冷蔵庫に移しておきましょう。

手作りパン生地の解凍方法③電子レンジ解凍

手作りパン生地の解凍方法3つ目は電子レンジで解凍する方法です。まず、冷凍しているパン生地を500ワットか600ワットで30秒加熱し、完全に解凍できるまで、様子を見ながら10秒ずつ加熱します。自然解凍や冷蔵庫解凍に比べると手間はかかりますが、すぐに食べたいときにおすすめです。

冷凍もできるパン生地の作り方は?

ナン生地は焼いてから冷凍する

ナン生地は、焼いてから冷凍保存するようにしましょう。ナンは他のパンに比べて水分が多いため冷凍に向きません。そのため冷凍保存する際は、焼いて水分を飛ばしてから一枚ずつラップにくるんで冷凍します。

また、乾燥しすぎたナンは解凍後パサパサして食べにくいので冷凍する場合は温かいうちに冷凍しましょう。冷めたナンを冷凍する場合は、水を吹きかけてから冷凍しましょう。では、冷凍ナン生地の作り方を見ていきましょう。

冷凍ナン生地の作り方

  1. ぬるま湯150㏄とドライイースト小さじ1、砂糖大匙1をボウルに入れ混ぜる
  2. 耐熱のボウルに、強力粉175gと薄力粉75g、塩小匙1/2入れざっくりと混ぜ合わせておく
  3. ①を②の耐熱ボウルに加え、手で練っていきます
  4. 最初はべたべたしていますが、気にせずこねていくとやがて一つにまとまってきます
  5. 一つにまとまったナン生地は、さらに10分程度こね続けましょう
  6. こねたら、生地にサラダ油をまんべんなく塗り付けていきます。
  7. そのままラップをかけ、40度弱で1時間程度、発酵させます
  8. 発酵後、生地を好みの大きさや数に等分し、手のひらで1センチくらいの厚さにのばします
  9. ナンは2次発酵がいりません。フライパンで両面こんがりと焼いたら完成です

クロワッサンは成型後に冷凍保存する

クロワッサンは成型後に冷凍保存するようにしましょう。ベンチタイム前でも冷凍できますが、クロワッサンは成型までが大変な作業なので、ここまでやっておくと、後が楽なのでおすすめです。

成型後冷凍のもう一つの理由として、クロワッサンなどのバターを多く含むパン生地は解凍後の失敗もほとんどなく冷凍向きですので、バターを織り込み成型してからがクロワッサンの冷凍のベストタイミングだからです。

冷凍できるクロワッサン生地の作り方

  1. クロワッサンは過程が多いので1次発酵までホームベーカリーでやってしまいましょう
  2. 強力粉110g薄力粉90g砂糖40g塩7gドライイースト5g玉子1個牛乳180㎖をホームベーカリーに入れる
  3. 無塩バター100グラムを小さい賽の目状にきり、冷蔵庫で冷やしておく
  4. ホームベーカリーで1次発酵まで済んだパン生地を取り出す
  5. パン生地を手のひらで押してガス抜きし、平らに伸ばす
  6. パン生地の上に賽の目状のバターをのせ、バターが隠れるように生地を折りたたむ
  7. パン生地を綿棒で伸ばしたら、三つ折にし冷蔵庫で20分休ませましょう
  8. ⑦の工程をさらに2回繰り返し、3回目の工程で冷蔵庫に40分入れて冷やします
  9. 40分後取り出したパン生地を薄く伸ばし、端から二等辺三角形に切り取っていきます
  10. くるくると生地をまいてクロワッサンの形に成型します
  11. ここまで出来たら、冷凍保存できます

冷凍保存したクロワッサン生地は、バターが解けないように冷蔵庫解凍か常温解凍した後、クッキングシートを敷いた天板に並べて2次発酵します。オーブンを200度まで予熱したら18~20分焼きます。焼けたクロワッサンを冷ませば完成です。

冷凍パン生地の賞味期限

冷凍保存したパン生地の賞味期限は1カ月以内です。冷凍期間が長くなると、パン酵母の働きが弱まり、解凍して焼いても膨らみが悪い、柔らかくないなどの症状が出ます。冷凍パン生地は、できるだけ早く使ってしまいましょう。

パン種の作り方は簡単で身近なもので作れる

View this post on Instagram

かわいい膜が 張ってきてます★ kombuchaの スコビーちゃん kombuchaは お茶を発酵させたもの 乳酸菌、酢酸菌、酵母菌 が豊富でアミノ酸やミネラルまで! 自宅でつくると 自分好みにできるし 何よりも経済的。 でもね、 飲むだけではないのよ? お料理にもっと使えるの。 そこを教えるのが Ayaskitchen です とはいえ レッスン日すくなくて 満席ごめいわくおかけします。 ■■■■■■■■ kombucha株分け は年内満席🈵となります 次回日程のご連絡は LINEにてお知らせ致します ご登録お待ちしております。 http://line.me/ti/p/%40ydu6995g 【kombucha活用レッスン】 持ち寄りメニュー とパテドカンパーニュ 12/9(日) 募集中 14:00-17:00 グルテンオイルフリーの 味醂グラノーラ 募集中 1/26(土)10:00-13:00 2/23(土)10:00-13:00  https://www.happycooking.jp/products/detail.php?product_id=1307 【HAPPY COOKING東京校】 神保町駅 A9出口 徒歩4分 竹橋駅 3B出口 徒歩4分 kombuchaレッスン情報 https://ameblo.jp/hinahinaegg/entry-12334501802.html #kombucha #コンブチャ #ayaskitchen #美容 #ヨガ #美肌 #紅茶 #シャンパン #自家製 #自宅サロン #味噌汁 #自家製酵母 #天然酵母 #味噌 #便秘 #発酵 #肌荒れ #アトピー #発酵食品 #腸活 #乳酸菌 #麹 #調味料 #腸内環境 #酢 #菌活 #酵母 #発酵美 #発酵食

A post shared by AYA /だし酢(kombucha)真空 シーラー料理研究家 (@soubunbun) on

パン種はの作り方は実は簡単で、身近なもので作ることができます。パン種とは、酵母のことで手作りの酵母はつまり「天然酵母」です。天然酵母は、種子や穀物、果実などにもともとついている微生物を利用して作るため、種類も様々です。ここでは、リンゴを使った簡単なパン種の作り方を紹介しましょう。

りんごのパン種の作り方

  1. 蓋つきのビンを熱湯消毒する(ビンは50㎖以上入るものが好ましい)
  2. よく洗ったりんご1個を、皮付きのままザクっとくし切りする
  3. 消毒済みのビンにりんごと大匙2のはちみつを入れ、リンゴがひたひたになるまで水を加える
  4. 消毒済みのスプーンでかき混ぜ蓋をして、室温で1週間程度置く
  5. 毎日、蓋を開けガス抜きをする
  6. しゅわしゅわとりんごが発泡し、アルコールの香りがすれば完成
  7. 完成後は冷蔵庫で保管してください

冷凍用のパン生地も簡単に作れる!おすすめのホームベーカリーは?

おすすめのホームベーカリー①「パナソニックホームベーカリー1斤タイプ」

おすすめのホームベーカリーの1つ目は、パナソニックの「ホームベーカリー1斤タイプ」です。カラーバリエーションも豊富で、おうちの雰囲気に合わせて選ぶことができます。機能も充実していて20種類以上のオートメニューがあり、具材も自動投入してくれます。ソフトな焼き上がりと音の静かさが特徴です。

ホームベーカリーを使って冷凍用のパン生地を作る場合は、ホームベーカリーで1次発酵まで済ませてしまいましょう。あとは好みの大きさと数に等分して、冷凍し、解凍後に好きなパンに成型していきます。作りたいパンが決まっている場合はベンチタイムの後、成型まで済ませて冷凍してください。

おすすめのホームベーカリー②「siroca全自動ホームベーカリー」

おすすめのホームベーカリー2つ目は、sirocaの「全自動ホームベーカリー」です。こちらのベーカリーは本当にパンが好きな人のために作られたホームベーカリーで、多様なパンのメニューのほか、天然酵母の発酵や、パンに添えておいしいフレッシュチーズも作れます。

siroca全自動ホームベーカリーの凄いところは、パンだけにとどまらず、うどん、パスタ、そば生地が作れ、さらに餅つき、ケーキ、ジャム、生キャラメルなどの多種多様なメニューが作れてしまうところです。パンを作らない時も活躍してくれる商品です。

パン生地を正しく冷凍しておいしく食べ切ろう

パン生地の正しい冷凍方法やタイミングを知っておくと、最後までおいしくパンが食べられます。せっかく作ったパン生地を無駄にしなくてすむので、冷凍保存はエコでもありますね。ここに、こねないで作れるパンのレシピがあります。簡単ですので、ぜひチェックしてパンライフを充実させましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。