INDEX

年末調整や確定申告で必要な世帯主の氏名の意味や定義とは?

年末調整とは

年末調整とは会社で努めている人たちが、会社から1月~12月にもらったお給料の計算をして、年末に所得税の過不足を清算する制度です。税金を払いすぎていないかを計算し、払いすぎていたら戻ってくるのです。年末調整では、住宅控除や保険(生命保険や年金でお金を払っている場合などに控除を受けられる制度があります。

とってもとってもめんどくさいと思う人もいるかもしれませんが、実はいっぱい保険などで払っていたりすると税金が戻ってくるので、ちゃんと書いた方がいいです。最近いろんな保険会社などから年末調整に出すはがきなどが送られてきているはずです。間違っても捨てないようにしてくださいね。必ず必要です。

年末調整の紙には必ず「世帯主の氏名」を書かなくてはなりません。世帯主との続柄も、本人という言葉も必要かもしれません。この後ご紹介していきますね。

\ POINT /

年末調整をしよう

毎年必ず必要なものです。必ず期限までに書きましょう。

扶養控除申告書とは

扶養控除申告書は給与を受けている人が扶養控除などの諸控除を受けるために行う手続きです。この用紙を書かないといろんな控除を受けることができないので絶対に書きましょうね。ちなみに「控除」とは、ある金額から一定の金額を差し引くこととあります。控除があることで所得税などの納める税金を軽減することができます。

紙を2~3枚書かなくてはいけませんが、書けば税金が安くなったり、戻ってきたりするのです。書かないのはないですよね。会社から必ず書き方の見本はもらえると思いますので是非頑張って書いてくださいね。ここでも世帯主の氏名は書くことになります。

年収別職業と生活の情報が載っています。税金の話もありますので是非参考になさってください。自分の収入は普通なの?などの比較にも使えるはずです。他の年収もありますので合わせてご覧くださいね。世帯主の氏名も扶養控除申告書も世帯主との続柄も年収に関係なく必要なことは忘れないでくださいね。

Small thumb shutterstock 597213389
関連記事 年収200万の職業の生活は?手取りが少なく税金が高い…貯金の仕方は?

年収200万円の生活をしている人は、今の時代めずらしくありません。職業

確定申告とは

確定申告とは、一般には自営業の方などが収入を申告して税金を決めるものです。会社勤めの方でも、2か所以上の会社から給与とは別に収入があった場合に申告をする義務があります。また病気やけがで高額医療を払った方も申告をすると医療費控除を受けることができます。ふるさと納税の申告もすると控除が受けられますよ。

会社員に必要な確定申告は、収入が2000万円以上、2か所以上の会社から給与をもらっている。不動産所得などが20万以上ある。医療控除、住宅ローンを始めて受ける年、年度途中で退職して年末調整ができないときなどがありますので、必ず年末から翌年にかけて何かしらの申告は必要であると覚えておきましょう。

確定申告でも必ず「世帯主の氏名」を書く欄があります。世帯の代表である方の氏名というのは本当にいろんなところに出てくるのですね。確定申告をする方の場合も、扶養控除申告書は必ず必要になります。その時に世帯主との続柄は必ず聞かれる項目です。

\ POINT /

自営業の方は確定申告しましょう

会社勤めの方でも必要なことがありますので注意です。

世帯主の氏名とは

そもそも世帯主とはどういう人を指すのかといえば、皆さんの中には世帯主=主人・夫・父というイメージが強い人の方が多いのではないでしょうか。でもそうではないのです。世帯主とは「世帯を代表する人」となっています。というと収入が高く、その家の家計を支えている人というとわかりやすいのかもしれません。

なんとなく収入が多い人=父というイメージが強いので世帯主は父となりますが、続柄関係なく誰でも世帯主にはなれるのです。その家の代表であれば、専業主婦が世帯主ということもあるのです。家族で話し合って決めればよいということになりますね。世帯主の氏名は代表者の氏名ということになります。

では一人暮らしの世帯主はどうなるかというと、その人本人が世帯主ということになります。親元を離れて自分で世帯を持つということになりますので、一人暮らしでも「世帯主」となります。世帯主で関連するのが、会社の手当てなどです。世帯主に支払われる手当もあるので、世帯主を決めるときに注意しましょう。

\ POINT /

世帯主は代表者

世帯主は家族のだれがなってもいいのです。

氏名の意味と定義

そもそもの氏名とはというところまで掘り下げて考えていきましょう。氏名とは「苗字と名前」という皆さんが生まれた時から使ってるもので知らない人はいないでしょう。世帯主との関係でいえば世帯主の氏名は代表であればどなたでもよいということになりますので、氏名の意味と定義はわかっていただけましたか。

名前って本当にいろいろありますよね。読めない漢字もいっぱいあります。これから名前を考えないといけない言う方のためにもこの関連記事をお勧めします。感心してしまう名前がきっとあるはずです。

Small thumb shutterstock 365175962
関連記事 名前に使うと縁起のいい意味の漢字は?名付けにおすすめの名前100選!

赤ちゃんができると、どんな名前にするかいくら考えても足りないくらい悩ん

世帯主の氏名や世帯主との続柄の書き方は?

世帯主の氏名の意味とは

世帯主の氏名の意味とは、先ほども触れましたが世帯主はその家の代表ですので、世帯主はどなたでも大丈夫なのです。父・母・祖父などいろいろいらっしゃいますよね。一人暮らしの場合は本人が世帯主となります。いろんな場面で世帯主の氏名というのは聞かれますので、意味は覚えておきましょうね。

扶養控除申告書などを提出する場合は、世帯主から見た扶養の方たちということになりますので、誰のところに扶養を入れるのかを考えてから世帯主は考えなくてはいけませんね。世帯主との続柄も考えておくといいでしょう。世帯主を間違えてしまうと手当にも影響が出るので十分気を付けましょうね。

世帯主との続柄の意味とは

続柄とは世帯主から見てのことを言います。世帯主が父親なら子供の続柄は「子」となります。奥様は「妻」となりますね。書類ではその書類に関わる人から見て、の続柄を書きます。入院などでは子供が入院したら続柄は「父・母・祖母」などになりますね。父が入院したら書類を書いた人が「妻・子」などとなります。

書類によってどこから見た続柄なのかをよく見て書くようにしましょうね。一番間違いの多い箇所になりますのでよく確認をしましょうね。どうしてもわからない場合は、書類を出してくれた人に聞くのが一番です。正式書類は間違えると訂正印などを押す手間が増えるので正確に書けるようにしましょうね。

\ POINT /

続柄に注意

続柄は誰から見てのものかをよく確認して記入しよう。

一人暮らしの場合は本人

今までは家族を対象として書いてきましたが、一人暮らしの場合はどうなるのか?ということですが、一人で家計をしている人は本人が「世帯主」となります。一人暮らしは立派に世帯を持つということになるのです。世帯主とは、本人とはどういう意味が分かっていただけましたでしょうか。意味を知れば簡単ですよね。

一人暮らしの場合は世帯主の氏名は自分の名前を書き、扶養控除申告書も渡されるので世帯主の氏名を書きます。世帯主との続柄は本人と書けばよいのです。一人の人は扶養などもいないので書類は簡単にかけます。保険などもめんどくさがらずにきちんと提出をしましょうね。

税金などの書類は毎年のことなのでどんどん増えてしまいます。毎年もらえるはずなのに書き方の見本などを捨てることができないこともしばしばです。捨てるのをどうしても躊躇してしまう場合は、片づけ上手になりましょう。100均グッズで上手に収納ができると最高ですよね。仕事の書類も整理ができるようになりますよ。

Small thumb shutterstock 166600271
関連記事 書類整理してる?ダイソーなど100均収納・片付けアイデアのご紹介

書類整理どうしていますか。仕事はもちろんですが、家庭でも書類整理の場面

世帯主の氏名や年末調整がわからないと損をします

この記事を書いてみて思ったのが、知らないと損をすることもあるなということです。ほんの少し時間を割いて世帯主の氏名を書いたり続柄を書いたりするだけで税金が戻ってきたりするのです。生命保険で控除が受けられるようになったり、絶対返してもらった方がいいですよね。控除はぎりぎりまで書けるとすごくいいですよね。

ほんのちょっと書類を見直してみてください。間違えないで書ければ再提出もありません。はがきを必ず残しておいてください。そして会社に提出、確定申告をしてください。年末はいつもより少しだけやることが増えるだけです。それで年末の過ごし方が変わるのです。絶対に絶対にやってくださいね。うれしくなりますよ。

少しの言葉の意味を知るだけで、損をしないのです。わからなければ庶務の人に聞いてみましょう。庶務や事務に聞くとよく知っていますよ。わからない場合はネットで調べるのもよいかもしれません。最近は簡単に書ける方法が載っています。家族に聞いてもいいですよね。毎年のことですので必ずできるようになりますよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。