Large thumb shutterstock 377562079

新卒とは何歳まで?第二新卒の採用や就活の年齢制限の理由も

更新:2021.04.16

就活をする時新卒とは何歳までなのか、第二新卒とは何か何歳までなのか気になりますよね。こちらの記事ではそういった新卒と第二新卒の違いや、就活における年齢制限の理由について紹介します。22歳や27歳、または25歳までの年齢について知りたい方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

就活における新卒とは?何歳まで?|22歳と27歳

就活における新卒とは|大学を卒業した年齢

大学を卒業した年齢

就活における新卒とは、大学を卒業した年齢のことです。一般的に就活では、大学を卒業した年齢を新卒と統合しています。大学は高校とは異なり様々な年齢層が卒業していきますので、確定された年齢はありません。

そのため何歳であっても大学を卒業した年齢の年は、全て新卒ということになります。そこでさらに年齢制限を設けている場合は、その限りではないため注意が必要です。新卒だけでなくしっかり募集要項をチェックしましょう。

就活における新卒とは何歳まで?①四年生大学卒業の22歳

四年生大学卒業の22歳

就活における新卒とは何歳までかというと、四年生大学卒業の22歳のことをいいます。大学をストレートで入学・卒業した場合その時の年齢は22歳ですよね。そのため一般的に22歳のことを新卒ということが多いです。

ですので新卒と言われた時は、まず22歳を想像するようにしましょう。しかし会社によっては、何歳であっても大学を卒業した年齢であれば新卒と扱ってくれるため十分な確認が必要です。

就活における新卒とは何歳まで?②大学院卒業の27歳

就活における新卒とは何歳までかというと、大学院卒業の27歳までのことをいいます。基本的に就活でいわれる新卒とは、大学を卒業した22歳と大学院を卒業した27歳のことを指すといわれています。

ですが大学と大学院では求人が異なることも多いため注意が必要です。そのため大学院の新卒といわれれば27歳といっていいでしょう。しかし大学生用の求人でも大学院生でも応募できることもあるため、こちらも十分な確認が必要になります。

就活における新卒とは何歳まで?③浪人・留年を経験した22歳以上

就活における新卒とは何歳までかというと、浪人・留年を経験した22歳以上までのことをいいます。大学と大学院をストレートで入学・卒業しなかった場合、22歳や27歳以上のことも多いですよね。

そのため浪人や留年を経験した人であっても、大学を卒業した年齢は新卒といえます。しかし年齢や場合によっては、新卒と同じ扱いを受けない場合もあるため注意が必要です。企業によっては、年齢で気切りをつけているためしっかりと確認しましょう。

新卒で就職する新社会人は何かとお金が必要ですよね。こちらの記事では、そんな新卒の月収や年収、貯金方法について紹介しています。就職後の金銭面に不安を抱えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

採用で新卒が有利な理由とは?

採用で新卒が有利な理由とは①教育しやすいから

教育しやすいから

採用で新卒が有利な理由一つ目は、教育しやすいからです。就活でなぜ新卒が優遇されるかというと、それは何も知識がなく教育しやすいからといわれています。既卒や第二新卒であると、少なからず他の企業の知識が入ってしまっていますよね。

そのため余計な知識がある分教育がしにくく、新卒が好まれる傾向にあります。一から自分の会社や企業の色に染めることができる新卒は、それだけで有利であるといえます。ですので、余計な知識を付けず入社する方がいいでしょう。

採用で新卒が有利な理由とは②年功序列の考えが強いから

年功序列の考えが強いから

採用で新卒が有利な理由二つ目は、年功序列の考えが強いからという理由です。日本は昔から、年功序列の考えが根付いています。そのため入社が早い年齢が上の人が偉く、出世しやすいです。

なのでまだ会社に入社したことのない新卒は、年齢も経歴を一番下にあたるため有利に入社することができるといわれています。既卒や第二新卒であると、年上が後輩になることもあり日本の企業にはあまり好まれないようです。

就活における第二新卒とは?|25歳以上

就活における第二新卒とは|新卒での就職後数年で転職する人

新卒での就職後数年で転職する人

就活における第二新卒とは、新卒での就職後数年で転職する人のことをいいます。特に年数は決まっていませんが、一般的には1年から3年での転職です。比較的短期間で転職することから、ほとんど社会経験がなく新卒同様という意味でそう呼ばれています。

第二新卒を決めるのは各企業で、その求人や募集要項に年数や年齢の制限がある場合が多いです。第二新卒の場合でも、新卒同様留年や浪人は不利になることもあるため注意が必要です。

就活における第二新卒とは何歳まで?|25歳から30歳

25歳から30歳

就活における第二新卒とは何歳までかというと、25歳から30歳までといわれています。この年齢は、22歳から3年ごと27歳から3年後の年齢を基準に大まかに決められている年齢です。

しかしこれは一般的な年齢であり、就職先によって異なるので注意が必要です。大学を卒業する前に社会に出ていたり3年以上勤務年数があったりする場合は、第二新卒と認められにくい傾向にあるため十分に確認しましょう。

採用で第二新卒が有利な点とは?

採用で第二新卒が有利な点とは①即戦力を期待できる

即戦力を期待できる

採用で第二新卒が有利な点一つ目は、即戦力を期待できるということです。第二新卒を積極的に採用している企業の多くは、すぐに役立つ即戦力を求めていることが多いです。この場合第二新卒といっても、1年以上の経験年数を求められます。

1年以上他の企業で経験していると、それだけで他の新卒よりはすぐに働くことができますよね。さらに場合によっては、教育もほとんど必要ない場合も多いです。そのためある程度の経験がある第二新卒は、新卒よりも有利に就活できる場合があります。

採用で第二新卒が有利な点とは②教育にかかる時間が少ない

教育にかかる時間が少ない

採用で第二新卒が有利な点二つ目は、教育にかかる時間が少ないということです。第二新卒である場合、その経験年数によって他の企業で教育を受けているということになります。そのため新卒より教育にかかる時間が極端に少ないです。

新卒から教育するというのは、社会の常識やマナーから教育・研修していかなければいけないためとても大変な企業の課題です。その教育を大幅カットできるというだけで、第二新卒は新卒より有利に就活できるということになります。

採用で第二新卒が有利な点とは③他の職場を経験している

他の職場を経験している

採用で第二新卒が有利な点三つ目は、他の職場を経験しているということです。第二新卒のとても有利な点の一つが、他の企業に就職したことあるということです。一度他の企業に就職したという経験は、新卒には絶対ない魅力の一つです。

他の企業でどのような教育をしていたのか何がきっかけで退職したのか、相談しながら教育していくことで効率よく教育していくことができます。そのため第二新卒が新卒より有利な点の一つといえます。

企業が年齢制限を設ける理由は?

企業が年齢制限を設ける理由①新しいことを吸収できるから

新しいことを吸収できるから

企業が年齢制限を設ける理由一つ目は、新しいことを吸収できるからです。何歳までと年齢制限を設ける多くの企業では、年齢制限を設けることでその年齢までの人に新しいことを吸収してもらう能力を期待しています。

ある程度の年齢であったり社会経験が豊富であったりすると、新卒や第二新卒に比べて柔軟性が劣ることが多いです。新しいことをどんどん吸収していく能力も低く、どうしても新卒や第二新卒より不利になってしまう傾向があります。

企業が年齢制限を設ける理由②将来的に有望だから

将来的に有望だから

企業が年齢制限を設ける理由二つ目は、将来的に有望だからです。企業が年齢制限を設ける場合、これからの成長にとても期待しています。比較的年齢が上の人に比べ、これからの伸びしろに期待ができるという点でとても有利です。

そのため企業はある程度の年齢制限を設け、将来的に有望な人材を集める傾向にあります。つまり新卒や第二新卒など年齢が若いというだけで、就職活動では非常に有利ということになります。

企業が年齢制限を設ける理由③無駄なプライドを持っていないから

無駄なプライドを持っていないから

企業が年齢制限を設ける理由三つ目は、無駄なプライドを持っていないからです。企業が年齢制限を設ける場合、就職する人に対して素直な態度を求めている場合が多いです。さまざまな場面で経験の多い人は、プライドが高い傾向がありあまり好まれません。

そのため一定の年齢制限を設け、無駄なプライドを持っていない人材を集めているということになります。特に新人として入職する場合、そういった素直さが重要になるため注意しましょう。

プライドが高いことは仕事だけでなく、プライベートでもとても不利なことが多いですよね。こちらの記事では、プライドが高い人の心理や特徴について紹介しています。自分はプライドが高いなと思う人は、合わせてチェックしてみてください。

新卒と第二新卒の違いを知り有利な就活をしよう!

新卒や第二新卒の年齢、年齢制限を求める理由について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。新卒や第二新卒の年齢について知っていただけたと思います。これから就活をする人でも新卒や第二新卒について詳しく知らないという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。