INDEX

無知の知の意味とは?無知との違いは?

無知の知の意味は「知らないことを知っている」こと

知る

無知の知の意味は「知らないことを知っている」という意味です。少々ややこしくなりますので、もう少し詳しく説明すると「己が無知であることを知る」ということです。我々はこの世のすべてを知っているわけではありません。どんなに知恵のある人でも、その知識は完全ではないのです。

同意語は「汝自身を知れ」

知る

同じような意味を持つソクラテスの言葉に「汝自身を知れ」というものもあります。「汝自身を知れ」も、自分自身をしっかりと知ることが成長につながるという意味を表しているのです。「汝自身を知れ」の背景や使い方などに関してはほかの名言とあわせて、のちほど詳しくご紹介します。

ソクラテスは「無知だということを知るからこそ優れていた」!

哲学

無知の知という言葉は、ソクラテスと深い関わりを持っています。ソクラテスが他の知識人より優れていたのは「自分の知識が完全ではないこと、つまり無知であることを知っている」点においてであると言われています。

ソクラテスは「自分が、何も知らないことを知っている」のです。いくら知識や教養にあふれた哲学者でも、やはり全知全能の神にはまったく適わないのです。自分が完全ではないということを知ることは、更に自分自身を向上させていくことにつながるのです。「自分は完全だ」と思うと、人の成長はそこで止まってしまいます。

無知とは「知識がない」こと

知識

「無知」とは「知識がない」ことです。無知の知は「自分の知識がないことを知れ」という言葉ですので、ただの「無知」とは異なる考え方なのです。無知は悪いことではなく、むしろあなたを変えるチャンスです。しかし自分が無知であることをしっかり知っていないといけない。ソクラテスが伝えたいのはそんなことなのです。

無知の知という言葉が生まれた背景は?

無知の知が生まれた背景①アポロンのお告げ

お告げ

遠い昔、ギリシアの時代のことです。ソクラテスの弟子であるカイレフォンがある日、太陽神アポロンのお告げを聞きに行きます。「ソクラテスより知恵のある人間はいるでしょうか?」尋ねると、アポロンは「いない」と答えるのです。

そのお告げをカイレフォンから聞いたソクラテスは「そんなはずはない」と言います。自分より優れた知識人はたくさんいるではないか…。そう感じ、ソクラテスは当時のギリシアの知識人と呼ばれる人たちに会い、対話をしていくことになるのです。

無知の知が生まれた背景②ソクラテスは「無知の知」を悟る

学ぶ

ソクラテスは様々な知識人と話をするうちに「無知の知」という考え方にたどり着きます。彼らとソクラテスのいちばんの違いは「自分の無知を知っている」ことであるということに気づきました。多くの知識人たちは、自分がなんでも知っていると思い込んでいるのです。

ここでソクラテスはアポロンの「ソクラテスより優れた人間はいない」というお告げの意味を理解することになりました。自分は無知であることをわかっているので、その分だけ他の知識人より優れているということを知ったのです。そして「無知の知」の考え方は、ソクラテスにとって非常に大切な概念になりました。

世界の偉人が発した言葉には、他にも様々な名言があります。以下の記事も参考にしてみてくださいね。あなたの心に響き、人生の指針になる言葉が見つかるかと思います。

Small thub shutterstock 599743919
関連記事 世界の偉人の名言23選!座右の銘にしたい言葉や短い格言・英語の一言も

世界の偉人が残した名言、格言をまとめました。座右の銘にピッタリな名言や

無知の知の使い方と例文は?

無知の知の使い方・例文①「己の無知を自覚する」

無知

無知の知の使い方・例文の1つ目は「無知の知を自覚する」です。「自覚」という言葉が示す通り、わたしたちは自分たちが無知であることをわかっていない場合が多いのです。

たとえばビジネスの場面においても「もうこんな仕事は余裕でできる!」と思い込んでしまったりすることはありませんか?もしかしたら、慣れた仕事や手順の中にもあなたの知らないことはあるかもしれませんよ。ソクラテスの言う通り、私たちの知識は完全ではありません。「無知の知」を自覚し、向上心を持つことが大切です。

無知の知の使い方・例文②「どんなに賢くても学ぶことはまだある」

調べる

無知の知の使い方・例文の2つ目は「どんなに賢くても学ぶことはまだある」ということです。研究などの分野で成功する人は、知的好奇心が旺盛である人がほとんどです。そして賢者や識者と呼ばれる人たちは、専門分野以外の見識を広く持っていることが特徴です。

勉強や研究の専門分野や、会社などにおける自分の担当の仕事を完璧にこなしたからと言って、真の知識人・賢者になれるわけではありません。まだまだ自分には学べることがあるはず。自分はまだまだ無知である…。そんなことを胸にとどめて生きていけると素敵です。

無知の知の使い方・例文③「自分の限界はまだまだここではない」

スポーツ

無知の知の使い方・例文の3つ目は「自分の限界はまだまだここではない」ということです。よくスポーツ番組などを見ているとアスリートの方が「自分はまだ強くなれると思っている」などとお話されていることがあります。「自分はまだ、自分の強さの限界を知らない」…これも立派な「無知の知」であることがわかりますね。

無知の知の英語表現をご紹介

英語


無知の知は英語では「I know that I know nothing」と言います。直訳は「私は何も知らないということを知っている」となります。

英語に関して、以下の記事を参考に挙げておきます。英語の表現を知っていると、言葉の深みもより伝わってきますよ。「英語が苦手!だけど、勉強して正しい使い方を知りたい!」そんな方にぜひチェックしていただきたい記事です。

Small thub shutterstock 459222919 1
関連記事 英語が嫌い・苦手な人の克服方法は?あるあるや勉強法も!

英語が分からない!なんて思っている人はいませんか?英語が嫌いな人や苦手

無知の知と不知の違いは?

不知の知と無知の知の本質は同じ

考える

ソクラテスの哲学についての本などをチェックしていると、「不知の知」という言葉が登場します。「無知の知」と使い方は何が違うのだろう?と悩まれる方もいらっしゃるかと思いますが、無知も不知も本質的には同じとされています。訳者により選ぶ言葉はそれぞれですので、あまり深く気にする必要は基本的にありません。

「不知」には「まったく知る手立てがない」ニュアンスが含まれる

無知

無知も不知もほぼ同じ表現なので、どちらを使っても問題はないでしょう。しかしせっかくですので、その違いを少し考えてみましょう。「無知」は「知らない」ということであり「まだそれについての知識がないだけ」というニュアンスが含まれてます。私たちの努力により、知識を「無」から「有」の状態にすることは可能です。

しかし、不知の「不」という文字には、より強い否定のイメージを感じます。たとえば「不治の病」は「治る見込みがまったくない病気」の意味ですよね。つまり「不知」と書くと「知る見込みがまったくない」というニュアンスになってしまう可能性があるのです。

「不知」の「知ることができないことを知る」という解釈になってしまうと「我々はこれ以上何も知ることができない」と言われているような気がしてしまいます。あまり大きな違いはありませんが、このような小さな言葉の違いについて考えてみることで日本語力がアップすることも多いですよ。参考に以下の記事もおすすめです。

Small thub shutterstock 365175962
関連記事 日本語は難しい言葉?日本語のかっこいい言い回し15選!

日本語は世界的に見ても覚えたり、話したりするのが難しいとされる言葉の一

ソクラテスの名言5つ

ソクラテスの名言①汝自身を知れ

鏡

ソクラテスの名言1つ目は「汝自身を知れ」です。「汝」とは「あなた」のこと。つまり「自分自身を知れ」ということです。これは「無知の知」と同じような意味を持っている言葉です。「自分の現在の能力・習慣・性格をしっかりと知ることは、生きていく上でとても大切である」という意味合いです。

「汝自身を知れ」は、正確にはソクラテスの発言というわけではありません。アポロンの神殿に記されていたとされる言葉で、それを目にしたソクラテスが自分自身の行動の指針としていたということです。

ソクラテスの名言②生きるために食べよ

食べる

ソクラテスの名言2つ目は「生きるために食べよ、食べるために生きるな」です。「目的と手段を履き違えてはならない」ということですね。わたしたちは「生きる」ことを目的にして「食べる」という手段を取っているのであって「食べる」ことを目的にして「生きて」いるわけではないのです。

私たちが日々感じることとして「仕事のために生きているわけではない」ということがあります。仕事は私たちが生きていくための手段であって、目的ではないと言えます。自分自身が生きる目的を見失ってはいけない。そんなことをわかりやすく伝えている名言と言えますね。

ソクラテスの名言③シンプルに考える

シンプル

ソクラテスの名言3つ目は「賢者は複雑なことをシンプルに考える」です。複雑なことをより複雑に考えてしまうても、解決策はなかなか出てこないものです。できるだけ物事を単純化して考えることが、解決につながるということは日々の生活で実感することもありますよね。

大変なことほど、シンプルな考え方で進めていきましょう。一度に大変なことをするのではなく、1つずつゆっくりと片付けていけばいいのです。それが賢者の考え方です。ぜひ、ビジネスシーンなどでの心がけにしていきたいものですね。

ソクラテスの名言④友と敵とがなければならぬ

ケンカ

ソクラテスの名言4つ目は「友と敵とがなければならぬ。友は忠告を与え、敵は警告を与える」です。友というのはあなたの意見に賛同してくれる、味方となってくれる存在です。自分の考えを認め、なおかつ忠告を与えてくれるとてもありがたい存在です。

しかし、周囲に「友」ばかりという状況もあなたにとって好ましいものではありません。なぜなら「敵」という存在がいれば、あなたはその人に追いつこう、追い越そう、負けたくない!と考えるでしょう。そうすることによりあなたは成長できるのです。

相談に乗ってくれて助言や忠告をくれる友、そして、あなたに「本当に今のままでいいのか」という警告を与えてくれる「敵」。両方がそばにいることで、きっとあなたは今よりもっと素晴らしい自分を手に入れることができるのでしょう。

ソクラテスの名言⑤良い評判を得る方法

素敵

ソクラテスの名言5つ目は「良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿になるように努力することだ」ということです。「こういう評判を得たい」、「こういうふうに思われたい」という姿をイメージして努力することが大切だということです。

「あの人の営業成績はすばらしいね」、「お客様対応が素敵だね」というビジネスの評判、「いつもおしゃれでかっこいいね」などという褒め言葉、それを具体的にイメージしてみてほしいと思います。理想の自分を掲げることが、理想の自分を作ることにつながるのです。

自分自身を知ることで自分を高めることができる!

「無知の知」、または「汝自身を知れ」というソクラテスの言葉は、自分を高めていくためにとても大切なものです。自分自身が「無知」であり、まだ「足りない」と考えることが、あなたのスキルアップや評判のアップにつながっていくのです。

ソクラテスの言葉には、人生のヒントになるものがたくさんあります。わたしたちが生きていくにあたり、気をつけていかなければならないこと、成長のきっかけになるのです。それをしっかりと自覚した上で、生きていきたいですね。今回ご紹介したソクラテスの言葉を、ぜひ参考にしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。