INDEX

トースターの掃除グッズ5選

オーブントースターの掃除グッズ①ゴム手袋で手荒れを防ぐ

オーブントースターの掃除をするときは油汚れやセスキ炭酸ソーダ、重曹による手荒れ防ぐ為にもゴム手袋を用意しましょう。ゴム手袋がない場合薄手の使い捨てゴム手袋での代用も可能ですが、焦げなどで破れてしまう可能性があるため分厚い手袋を着用して掃除することをおすすめします。

オーブントースターの掃除グッズ②キッチンペーパーで頑固な油汚れを浮かす

オーブントースターの掃除をするときはキッチンペーパーが必需品です。キッチンペーパーに染み込んだセスキ炭酸ソーダスプレーが頑固な油汚れを浮かしてくれます。割れやすいヒーター部分もキッチンペーパーがあれば簡単に掃除することができます。

オーブントースターの掃除グッズ③スプレー作りに必須なスプレーボトル

オーブントースターの掃除をするときはスプレーボトルを用意しましょう。水で溶かしたセスキ炭酸ソーダを吹きかける際に必要です。もちろん100均のもので構いません。スプレーボトルいっぱいに作っておけばオーブントースター以外の掃除にも重宝します。

Small thumb shutterstock 629579456
関連記事 100均の霧吹き11選!ダイソー・セリア別!おすすめのスプレーボトルをご紹介

100均で霧吹きが購入できるのをご存知ですか?ダイソー・セリア・キャン

オーブントースターの掃除グッズ④焦げを落とすメラミンスポンジ

オーブントースターの掃除をするときは頑固な焦げを落とすためにメラミンスポンジがあると便利です。こちらもスプレーボトル同様100均のもので構いません。使用する際に、手のひらに収まるくらいの大きさに切っておくとオーブントースターの狭い庫内も掃除しやすくなります。

オーブントースターの掃除グッズ⑤汚れてもいい布巾やタオルで油汚れを拭く

オーブントースターの掃除をするときは、汚れてもいい布巾やタオルを必ず用意しましょう。3枚ほどあると安心です。オーブントースターの外側を拭く・浮いてきた油汚れを拭く・洗い終わった網や受け皿を拭くなどいろいろな場面で必要になってきます。

トースターの掃除の仕方は?【セスキ炭酸ソーダ】

トースターの掃除の仕方①オーブントースターの網や受け皿を外して洗う

用意するもの
  • ブラシ又はキッチンペーパー
  • 中性洗剤
  • スポンジ
掃除の手順①
  1. 網についているパンくずや焦げをブラシやキッチンペーパーを使って受け皿に落とします。
  2. 網を外します。
  3. トースターの内側についているゴミを受け皿に落とします。
  4. 受け皿を引き抜き、落としたゴミを捨ててぬるま湯で一旦濡らします。
  5. 中性洗剤をスポンジにつけて、網と受け皿を洗います。

オーブントースターの掃除の仕方はまず網と受け皿を外すことから始まります。この簡単な作業は、実は一番大切です。セスキ炭酸ソーダは油汚れや焦げを浮かせて落とすために用いますので、サッと取れるパンくずや焦げをあらかじめとって洗っておくことで、後の作業のときにボロボロとゴミが落ちることを防ぎます。

\ POINT /

網が取れないものもあります

メーカーによって網が取れないものもあるので、その場合は無理に取らないでください。

トースターの掃除の仕方②汚れが酷い場合の洗い方は漬け置きがベスト

用意するもの
  • セスキ炭酸ソーダ…10g
  • ぬるま湯…1L

①で網と受け皿を洗って落ちなかった油汚れや焦げは、セスキ炭酸ソーダを混ぜたぬるま湯に30分ほど漬け置きした洗い方が有効です。

受け皿の焦げが酷い場合は漬け置きせず、重曹をふりかけたうえに少量のお湯をかけて放置しておきます。じわじわと油汚れと焦げが浮き出している間に、オーブントースター内の掃除を始めていきます。

\ POINT /

漬け置き洗いが終了したら

漬け置き洗いが終わったら、網や受け皿を水で流してから乾いた綺麗な布巾で拭きましょう。濡れたままにしていると錆の原因になります。また、漬け置き時に使用したシンクや桶には油汚れがついてしまっているので中性洗剤を使って洗い流しましょう。

トースターの掃除の仕方③セスキ炭酸ソーダスプレーを作る

用意するもの
  • セスキ炭酸ソーダ…5g
  • ぬるま湯…500ml
  • スプレーボトル

オーブントースターに吹きかけていく用のスプレーを作っていきます。ぬるま湯又は水にセスキ炭酸ソーダを混ぜましょう。このスプレーがあればコンロ掃除などにも役立ちます。

トースターの掃除の仕方④ヒーター内にスプレーを吹きかけて油汚れを浮かす

トースター内の油汚れや焦げの落とし方は至ってシンプルで、③で作ったセスキ炭酸スプレーを庫内に吹きかけるだけです。汚れが特に酷い箇所にはキッチンペーパーを貼り付けて、汚れに浸透させましょう。吹きかけたら10分ほど放置して次の工程に移ります。

\ POINT /

窓も忘れずに

トースターの窓の部分にも油汚れや焦げがついていますので、しっかりとスプレーを吹きかけましょう。

トースターの掃除の仕方⑤浮いた油汚れや焦げをスポンジでこすり拭き取る

用意するもの
  • メラミンスポンジ
  • キッチンペーパー
  • 濡れた布巾

10分ほど経ったらメラミンスポンジを使って汚れをこすっていきます。このとき、トースターに傷がつくのを防ぐ為あまり力を入れすぎないようにしてください。スポンジでこすっても汚れが落ちない場合は④の工程を再度行いましょう。

スポンジで汚れをこすったらまずはキッチンペーパーで拭き取ります。そして仕上げに濡れた布巾を使ってセスキ炭酸ソーダスプレーが残らないようにしっかりと拭いて掃除完了です。トースターの周りに垂れてしまった油汚れなどはこびり付きやシミの原因となりますので、そちらも拭き忘れが無いようにすることが大切です。

コンセントを抜いた状態で掃除を始めているので大丈夫だとは思いますが、念のためタイマーのスイッチ部分は回さないで掃除してください。

トースターの掃除の仕方は?【重曹】

重曹を使ったトースターの掃除の仕方①重曹ペーストを作る

用意するもの
  • 粉末状の重曹

重曹を使ってオーブントースターを掃除するときは、まず重曹ペーストを作りましょう。お皿に入れた粉末状の重曹に水を入れ、重曹の塊がぽてっと落ちるくらいのペースト状態にします。これがクレンザー代わりになるのです。

このペーストはトースター以外にも油汚れや焦げ付きが酷いもの・鍋などにも使用できます。重曹はキッチン周りの油汚れにも大活躍しますので作りすぎてしまったら色々な場所に使ってくださいね。どうしても余ってしまった場合はとっておかずに捨ててください。

重曹を使ったトースターの掃除の仕方②重曹ペーストを塗ってパックする

用意するもの
  • 重曹ペースト
  • サランラップ又はキッチンペーパー

まず、セスキ炭酸ソーダの掃除方法と同様に受け皿にパンかすを落とし、網と受け皿を外します。そしてオーブントースター内の油汚れや焦げが気になる部分に先ほど作った重曹ペーストを塗り、サランラップでパックします。ラップの代わりにキッチンペーパーなどでも構いません。

このとき、ヒーターの部分には重曹ペーストを塗らないよう注意してください。理由は【トースターの掃除の注意点③】でご説明しています。外した網や受け皿を中性洗剤で洗って汚れが落ちなかった場合も、重曹ペーストを使用できます。パックした状態のまま1~2時間放置しましょう。

オーブントースターの掃除の待ち時間に電子レンジの掃除も一緒に行って、キッチン周りをピカピカにしませんか?掃除やる気モードの時にまとめて掃除することをおすすめします。電子レンジの掃除方法は以下の記事を参考にしましょう!

重曹を使ったトースターの掃除の仕方③浮いた油汚れをスポンジで拭き取る

重曹ペーストのパックをしてから1~2時間ほど経ったら、ラップを取って浮かんできた油汚れや焦げをスポンジで拭き取っていきます。

セスキ炭酸ソーダスプレーの時はメラミンスポンジを使用しましたが、重曹ペーストの場合は通常のスポンジでも大丈夫です。また、ヘラや要らなくなったカードなどで焦げをこそげ落としていきましょう。

スポンジで汚れをこすりとったら最後に濡れた布巾で綺麗に水拭きをして掃除終了です。重曹ペーストを塗らなかったヒーター部分は別の方法を用いて汚れを浮かせます。本記事【トースターの掃除の注意点③】でご紹介していますのでそちらを参考にしてください。

重曹を使ったトースターの掃除の仕方④頑固な汚れには重曹をふりかける

用意するもの
  • 粉末状の重曹
  • 掃除ブラシや歯ブラシ

重曹ペーストを塗っても取れなかった油汚れやペーストが塗りにくかった場所は、粉末の重曹をふりかけてブラシや使い古しの歯ブラシで軽くこすると汚れが落ちます。

粉末の重曹を使用した時も最後は濡れた布巾でしっかりと水拭きをしましょう。重曹が残ってしまうとトースターを温めたときに焦げなどの原因になってしまいます。

トースターの掃除の注意点4選

トースターの掃除の注意点①コンセントを必ず抜く

トースターの掃除をする注意点一つ目は「必ずコンセントを抜く」ことです。これはどの家電製品の掃除をする際にもいえることですが、万が一電源が入ってしまった場合に怪我をしないよう危険を防ぐ為です。また、抜いたコンセントは輪ゴムや付属のバンドなどで束ね、水濡れしないようにしておくことが大切です。

コンセントを抜いたついでにコンセント周りについているほこりも一緒に掃除してしまいましょう。ほこりが溜まった状態で使用し続けていると火災の原因にもなってしまいます。

トースターの掃除の注意点②トースターの網や受け皿の素材を確認する

トースターの掃除の注意点二つ目は「トースターの内側や網・受け皿の素材を確認する」ことです。とくにアルミ素材かどうかを確認するようにしましょう。

セスキ炭酸ソーダや重曹はアルミに使用してしまうと、せっかく掃除をしたのに真っ黒になってしまったり変色に繋がってしまいます。もしアルミ素材のトースターであれば、掃除や漬け置きは中性洗剤で行い、最後に水拭きをして洗剤をしっかりと拭き取りましょう。

トースターの掃除の注意点③ヒーター部分の汚れの落とし方はパック方式で

トースターの掃除の注意点三つ目は「ヒーター部分の汚れの落とし方はパック方式で行う」ことです。ガラスヒーターの部分は非常に割れやすく、トースター内の掃除と一緒にこすってしまうと破損に繋がる恐れがあります。そのため、庫内とは別にヒーター部分の掃除をする必要があります。

ヒーター部分の掃除に用意するもの
  • キッチンペーパー
  • ぬるま湯又はセスキ炭酸ソーダスプレー
ヒーター部分の掃除の仕方
  1. キッチンペーパーにぬるま湯又はセスキ炭酸ソーダスプレーをたっぷり含ませます。
  2. 1で濡らしたキッチンペーパーをヒーター部分に巻き付けます。
  3. 20分から30分ほど放置しましょう。
  4. 最後に水拭きして掃除完了です。

トースターの内側と同時進行で掃除をする場合は庫内にセスキ炭酸ソーダスプレーを吹きかける・重曹ペーストを塗るタイミングでヒーターの掃除を行います。セスキ炭酸ソーダスプレーの場合は放置時間が10分前後のため、先に庫内の掃除を行い最後の水拭きの時にヒーター部分も拭くと効率よく掃除ができます。

重曹ペーストを使って掃除をする場合は放置時間が長時間なので、ペースト部分はそのままにしてヒーター部分を先に水拭きします。忘れないようにしてくださいね。

トースターの掃除の注意点④トースターの外側にスポンジを使用しない

トースターの外側の汚れも気になってセスキ炭酸ソーダスプレーや重曹で掃除するときは、スポンジでこすらず濡れた布巾で水拭きするだけにしましょう。塗装が傷ついたりはがれてしまうのを防ぐ為です。裏面の電気部分はスプレーなどをかけないように注意し、から拭きでほこりやゴミを取り除いてください。

綺麗なトースターで調理して気分を盛り上げよう!

オーブントースターを使っていると油汚れや焦げつきが発生してしまうのは仕方のないことです。掃除のときに少しだけ工夫をすることで頑固な汚れもすっきり落とせますので、本記事でご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

また、オーブントースターを使用した後にサッと拭くだけでも汚れのこびり付きは軽減できます。油汚れや焦げはトースターの故障の原因にも繋がりますので、毎日の小さな掃除でトースターを長く愛用しましょう。

最近のトースターはコスパも良くて掃除しやすいものが増えています。昔に比べると部屋のインテリアとしても楽しめるおしゃれなものもたくさん出ていますので、以下の記事を参考にするとお気に入りのオーブントースターを見つけられるかもしれません。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。