INDEX

汗染みの原因は?

シャツなどへの汗染みの原因①脇汗対策に使う制汗剤と肌が合っていない

1つ目のシャツなどへの汗染みの原因は、「脇汗対策に使う制汗剤と肌が合っていない」ということです。女性の方は特に脇汗を防ぐために制汗剤を使っている方が多いですが、この制汗剤の成分とご自身の肌質が合っていないと、汗染みを誘発してしまうことがあります。

これは、制汗剤の成分と脇汗の成分が合わずに化学反応を起こしてしまうと、脇部分が黄ばんでしまうことがあるためです。もし最近急に汗染み(黄ばみ)が出てきたと感じている場合には、肌荒れなど他の症状が出ていない場合でも制汗剤を変えてみるのがおすすめです。

以下の記事では、脇汗対策におすすめの制汗剤がランキング形式で21種類紹介されています。制汗剤が汗染み(黄ばみ)の原因かもしれないと感じた方や、新しい制汗剤が欲しいという方はこちらの記事もご覧になってみてはいかがでしょうか。

シャツなどへの汗染みの原因②脇汗や皮脂などの汚れが落としきれていない

2つ目のシャツなどへの汗染みの原因は、「脇汗や皮脂などの汚れが落としきれていない」ということです。Tシャツなどの洋服についてしまった脇汗や皮脂などの汚れが落としきれていないと、汚れが蓄積したままになってしまい、結果的に汗染みの原因となってしまいます。

汚れをそのままにしておくことで蓄積された汚れが酸化して汗染みとなり、最終的に黄ばみの原因になってしまうのです。この場合、最初にご紹介した制汗剤が原因の場合とは違って脇部分だけでなく、汗腺の部分が当たり、さらに汚れが落としにくいワイシャツの襟元部分や袖口にも汗染みが発生している場合があります。

シャツなどへの汗染みの原因③緊張による冷や汗に含まれる鉄分

3つ目のシャツなどへの汗染みの原因は、「緊張による冷や汗に含まれる鉄分」です。仕事をしているとある程度緊張が持続している状態が続きますが、極度の緊張状態になってしまうと冷や汗をかいてしまいます。この冷や汗の中にも、汗染みの原因にもなる多くの鉄分が多く含まれているのです。

この冷や汗は、自律神経のコントロールが難しい睡眠不足が続いている場合でも出やすいとされていますので、日常的に脇汗に悩んでいるという場合には生活習慣を見直す必要があるでしょう。また、緊張状態になった時にはゆっくり呼吸をしてみると落ち着く場合もありますので、参考にしてみてくださいね。

洗濯で汗染みを落とす方法は?

洗濯での汗染みの落とし方①漂白剤を使って色落ちチェックをする

洗濯での汗染みの落とし方のうち1段階目は、「漂白剤を使って色落ちチェックをする」という作業になります。この項目では、漂白剤を使った洗濯での汗染みの落とし方をご紹介していきますが、初めて漂白剤を使うTシャツなどの洋服の場合には、あらかじめ漂白剤で色落ちしないかどうかをチェックする必要があります。

色落ちチェックをしておくことで、漂白剤によって黄ばんでいた部分のみ色落ちしてしまい、最終的に真っ白にしてしまうということを防ぐことができます。色落ちチェックの方法は以下の通りとなっています。この色落ちチェックをして、もし洋服が変色してしまった場合には、別の方法にチャレンジするようにしましょう。

漂白剤による色落ちチェックの方法
  1. 真っ白なタオルに漂白剤を含ませる。
  2. 汗染みを落としたい洋服の、もし白く変色しても目立たない場所に漂白剤を含ませたタオルを軽く数回当てる。
  3. 色が変わらなければOK!

洗濯での汗染みの落とし方②黄ばみ部分に中性洗剤を含ませて洗う

Amazonで商品の詳細を見る

洗濯での汗染みの落とし方のうち2段階目は、「汗染み(黄ばみ)部分に中性洗剤を含ませて洗う」という作業になります。具体的な汗染み(黄ばみ)の落とし方は以下の通りとなっています。なお、中性洗剤は食器用洗剤などでOKです。

黄ばみ部分に中性洗剤を含ませて洗う方法
  1. 中性洗剤を洗面器に入れる。
  2. ブラシに中性洗剤を含ませる。
  3. 中性洗剤を含ませたブラシを使って黄ばみを落とす。
  4. ゴム手袋をはめて、全体を水で洗う。

なお、この時に使用するブラシについては、お掃除用のブラシを使うと良いでしょう。この画像の「多機能ブラシ」は、持ち手付きで作業がしやすいだけでなく、毛先が繊細で細いため洋服を傷つける心配がなくおすすめです。また、立てたまま収納できるので、収納に場所も取りません。

多機能ブラシ
値段(税込) 790円
メーカー名 Cosqueen

洗濯での汗染みの落とし方③黄ばみ部分に漂白剤を含ませて乾かし洗濯する

洗濯での汗染みの落とし方のうち3段階目は、「汗染み(黄ばみ)部分に漂白剤を含ませて乾かし洗濯をする」という作業になります。具体的な落とし方は以下の通りとなっています。なお、汗染み(黄ばみ)の範囲が広い場合については、綿棒よりも漂白剤スプレーを使うと効率良く作業することができておすすめです。

また、無地ではなくデザインが施されているものについては、汗染み(黄ばみ)部分に色落ちチェックをした箇所とは別の素材が使われているものもあります。色が抜けてしまうリスクを考慮し、汗染み(黄ばみ)部分から漂白剤がはみ出さないように注意しましょう。

汗染み(黄ばみ)部分に漂白剤を含ませて乾かす方法
  1. 洋服の下に漂白してしまっても大丈夫なタオルを敷く。
  2. 綿棒に漂白剤を染み込ませる。
  3. 汗染み部分から20cmほど離れたところから、温風でドライヤーをする。
  4. 汗染みがなくなるまでこれを繰り返す。
  5. 汗染みがなくなったらその洋服に合った洗濯方法で洗濯すれば完了!

洗濯板を使って汗染みを落とす方法は?

洗濯板での汗染みの落とし方①洋服の素材に優しい洗濯板を選ぶ

Amazonで商品の詳細を見る

洗濯板での汗染みの落とし方のうち1段階目は、「洋服の素材に優しい洗濯板を選ぶ」という作業になります。汗染み(黄ばみ)の落とし方の中には、先ほどご紹介した洗濯機を使った方法だけでなく洗濯板を使った方法もあります。

ただ、Tシャツなどの洋服をこすることになりますので洋服の素材に優しい洗濯板を選ぶのがベストです。この画像の洗濯板は「サクラ洗濯板」で、Tシャツなどの洋服をこすっても生地を傷つけない構造になっていておすすめです。重さも230gと軽く、女性でも洗いやすい洗濯板となっています。

サクラ洗濯板
値段(税込) 1,400円
サイズ 縦幅:120cm、横幅:260cm、厚さ:0.15cm
メーカー名 TOSARYU

洗濯板での汗染みの落とし方②洗濯板を使って黄ばみ部分をメインに洗う

洗濯板での汗染みの落とし方のうち2段階目は、「洗濯板を使って黄ばみ部分をメインに洗う」という作業になります。具体的な汗染みの落とし方は以下の通りとなっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。なお、洗濯板を使って洋服を洗う時もゴム手袋を着用しておくと洗いやすくておすすめです。

なお、洗面器に洗濯板をセットする際には洗濯板の向きを間違えないように気をつけましょう。洗濯板の波目は、あくまでも石鹸水をキープするためのものですので、ゴシゴシと強くこすらずに優しく洗うこともポイントです。

洗濯板を使って汗染み(黄ばみ)のついた洋服を洗う方法
  1. 洗濯板を石鹸を溶かした水が入った洗面器にセットする。
  2. 洋服を濡らして洗濯板の上に広げる。
  3. 洗濯石鹸を汚れている部分に擦り付ける。
  4. 片方の手で洋服を押さえながら汗染み(黄ばみ)部分をもみ洗いをする。
  5. 水気を切って干せば完了!

洗濯板での汗染み抜きにはウタマロのマホー石鹸がおすすめ!

Amazonで商品の詳細を見る

洗濯板での汗染み抜きの中では石鹸水を使用していましたが、洗濯板を使った汗染み抜きをする際にはウタマロから販売されている「マホー石鹸」がおすすめです。このマホー石鹸は洗浄力が高く、汗染み(黄ばみ)をはじめ、他の石鹸では落とせないことも多い泥汚れなど落ちにくい汚れを落としてくれる優れものとなっています。

このようにマホー石鹸は洗濯用石鹸ということもあり汗染み(黄ばみ)以外にも使うことができる便利なアイテムですので、ぜひこの機会にゲットしてみてくださいね。汚れを落としてくれるだけでなく、除菌や消臭もしてくれます。

マホー石鹸
値段(税込) 262円
メーカー名 ウタマロ

洗濯以外で汗染みを落とす方法は?

洗濯以外での汗染みの取り方①洗濯用石鹸を使って汗染み(黄ばみ)をこする

Amazonで商品の詳細を見る

1つ目の洗濯以外での汗染みの取り方は、「洗濯用石鹸を使って汗染み(黄ばみ)をこすり落とす」という方法です。具体的な汗染みの取り方は以下の通りとなっています。なお、あまりに強くこすりすぎると洋服を傷めてしまう原因になりますので注意しましょう。

洗濯用石鹸を使って汗染み(黄ばみ)をこすり落とす方法
  1. 洗面器の中に汗染み(黄ばみ)部分を上にして洋服を入れる。
  2. 洗濯用石鹸の角を使って汗染み(黄ばみ)部分をこする。
  3. 汗染み(黄ばみ)が消えてきたら、水道水で洗い流す。
  4. 全体を絞って伸ばし、乾かせば完了!

なお、この方法で汗染み(黄ばみ)を落とすのであれば、画像の「スノール純石けん」がおすすめです。このスノール純石けんは、握りやすい大きさで持ちやすく、香料や着色料なども無添加のため、手肌にも優しい洗濯用石鹸となっています。

スノール純石けん
値段(税込) 1,150円
メーカー名 シャボン玉

洗濯以外での汗染みの取り方②黄ばみ部分に重曹を加えてつけ置き洗いをする

2つ目の洗濯以外での汗染みの取り方は、「汗染み(黄ばみ)部分に重曹を加えてつけ置き洗いをする」という方法です。具体的な汗染みの取り方は以下の通りとなっていますので、参考にしてみてくださいね。

なお、漂白剤を使いますので、あらかじめ先ほどご紹介した色落ちチェックをしてからこの方法にチャレンジするようにしてください。また、漂白剤とお湯はそれぞれ1:10になるような分量にしましょう。

黄ばんでいる部分に重曹を加えて汗染み(黄ばみ)を落とす方法
  1. お風呂のお湯よりも少し熱いくらいの温度(50度前後)のお湯を洗面器に入れる。
  2. お湯の中に漂白剤を入れる。
  3. 洋服を入れる。
  4. 汗染みにより黄ばんでいる部分に重曹をかける。
  5. 30分程度洗面器に入れてつけ置きする。
  6. 全体を水道水で洗い流して水気を絞り、乾かせば完了!

洗濯以外での汗染みの取り方③セスキ炭酸ソーダと歯ブラシで染み抜きをする

3つ目の洗濯以外での汗染みの取り方は、「セスキ炭酸ソーダと歯ブラシで染み抜きをする」という方法です。具体的な汗染みの取り方は以下の通りとなっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。セスキ炭酸ソーダは、ダイソーやセリアなどの100均で販売されています。今回は粉末タイプを使用します。

なお、使わなくなった歯ブラシで汗染み(黄ばみ)を落とす際には汗染み(黄ばみ)部分を優しく叩くようにすると汚れが落ちやすくなります。

セスキ炭酸ソーダと歯ブラシを使って染み抜きをする方法
  1. 洗面器に40度のお湯を張る。
  2. セスキ炭酸ソーダを大さじ1杯入れて溶かす。
  3. 洗面器に洋服を入れて30分間つけ置きする。
  4. 使わなくなった歯ブラシで汗染み(黄ばみ)を落とす。
  5. 全体を水で洗い流し、水気を切って干せば完了!

麻やシルクの汗染みを落とす方法は?

麻やシルクの汗染みの染み抜き方法①ワイドハイターを使う

Amazonで商品の詳細を見る

1つ目の麻やシルクの汗染みの染み抜き方法は、「ワイドハイターを使う」という染み抜きの方法です。ワイドハイターは、酸素系のハイターですので麻やシルク素材の洋服についた汗染み(黄ばみ)に対応することができます。ここで塩素系のハイターを使ってしまうと素材が傷んでしまいますので注意しましょう。

具体的な染み抜き方法は以下の通りです。なお、麻やシルクはデリケートな素材ですので、液体洗剤にはおしゃれ着用の洗濯洗剤を使用するようにしましょう。また、ワイドハイターについては汗染み(黄ばみ)部分のみにかけるようにしてください。

ワイドハイターを使った麻やシルクの汗染みの染み抜き方法
  1. 人肌程度に温めたお湯を洗面器に入れる。
  2. 液体洗剤を加えて溶かす。
  3. 汗染み部分に液体のワイドハイターをかける。
  4. 汗染み部分を上にして洗面器に洋服を入れる。
  5. 30分つけ置きする。
  6. 洗濯機で通常通りに洗濯すれば完了!

麻やシルクの汗染みの染み抜き方法②シャンプーを溶かしたお湯を使う

2つ目の麻やシルクの汗染みの染み抜き方法は、「シャンプーを溶かしたお湯を使う」ということです。汗や皮脂汚れを落とす目的で作られたものであるため、原因が汗染みの場合の黄ばみについてはシャンプーを溶かしたお湯でつけ置き洗いをすることで染み抜きをすることができる場合があります。

具体的な染み抜き方法は以下の通りとなっています。普段使用しているシャンプーを使った汗染み(黄ばみ)の落とし方ですので、気軽にチャレンジすることができますよ。

シャンプーを溶かしたお湯を使った染み抜き方法
  1. 洗面器に40度程度のお湯を入れる。
  2. シャンプーを溶かす。
  3. 汗染み(黄ばみ)のついた洋服を洗面器に入れる。
  4. 15分間つけ置きする。
  5. 全体を水で洗い流して水分を切り、乾燥させれば完了!

麻やシルクの汗染みの染み抜き方法③ステンレス製のお鍋で煮洗いをする

3つ目の麻やシルクの汗染みの染み抜き方法は、「ステンレス製のお鍋で煮洗いをする」という染み抜き方法です。具体的な染み抜き方法は以下の通りとなっています。なお、アルミ製のお鍋を使ってしまうと漂白剤などの成分でお鍋が溶けてしまいますので、必ずステンレス製の大きめのお鍋を使うようにしましょう。

また、漂白剤を使用しますので、初めて漂白剤を使う洋服の場合には先ほどご紹介した色落ちチェックをしてからこの方法にチャレンジしましょう。お鍋に洋服を入れる際や、洋服を取り出すときには熱くなっていますので火傷に注意しながら菜箸やトングを使うようにしてくださいね。

ステンレス製のお鍋で煮洗いをして染み抜きをする方法
  1. お鍋で人肌程度の温度のお湯を沸かす。
  2. 鍋の大きさに合わせて粉末石鹸を入れて溶かす。
  3. 粉末石鹸よりも少ない量の粉末漂白剤を加えて溶かす。
  4. 泡が出てきたら、汗染み(黄ばみ)部分を鍋の中に入れる。
  5. 様子を見ながら、10分程度弱火のままにしておく。
  6. 火を止めて30分つけ置きし、取り出して洗濯機で洗濯をすれば完了!

麻やシルクの汗染みの染み抜き方法④漂白剤やクエン酸などを使う方法

4つ目の麻やシルクの汗染みの染み抜き方法は、「漂白剤やクエン酸などを使う方法」です。具体的な染み抜き方法は以下の通りとなっていますので、参考にしてみてくださいね。

なお、ドライヤーは洋服から10cmから15cm程度離した位置からかけるようにしましょう。また、最後に洗濯する際にはすすぎを2回するようにしてください。

漂白剤やクエン酸などを使った麻やシルクの汗染みの取り方
  1. 洗面器に、粉末漂白剤と重曹を2対1の割合で混ぜわせる。
  2. 使わなくなった歯ブラシに洗面器で混ぜ合わせたものをつける。
  3. 汗染み(黄ばみ)部分を歯ブラシで優しく叩き、汗染み(黄ばみ)を落としていく。
  4. 温風設定にしたドライヤーを3分程度当てる。
  5. 洗面器に、100mlの水とクエン酸を加えて混ぜ合わせる。
  6. 泡が少なくなってきたら洗面器から洋服を取り出して水洗いをする。
  7. 洗濯機で洗濯すれば完了!

汗染みを防止する方法は?

Tシャツなどへの汗染みを防止する方法①あらかじめ脇汗パッドを貼っておく

Amazonで商品の詳細を見る

1つ目のTシャツなどへの汗染みを防止する方法は、「あらかじめ脇に脇汗パッドを貼っておく」ということです。脇汗パッドを貼っておけば、汗をかいてしまってもTシャツではなく脇汗パッドがすべて吸収してくれますので、汗染み(黄ばみ)の原因となる脇汗を防止することができますよ。

短時間で対策をすることができますので、忙しい朝でもOKです。特に、この画像の脇汗パッドは、脇汗パッドに含まれている銀イオンの成分で脇を清潔な状態に保ってくれます。また、1枚あたり12円とコスパも良くおすすめです。

脇汗パッド
値段(税込) 475円
カラー ホワイト
メーカー名 アイリスオーヤマ

Tシャツなどへの汗染みを防止する方法②ベビーパウダーを使う

Amazonで商品の詳細を見る

2つ目のTシャツなどへの汗染みを防止する方法は、「ベビーパウダーを使う」という方法です。脇にあらかじめベビーパウダーを塗布しておくことで、原因となる脇汗を防ぐことができます。特に、この画像のベビーパウダーは直径が8cmと小さく、重さも50gしかないので携帯にも便利です。ぜひゲットしてみてくださいね。

資生堂ベビーパウダー
値段(税込) 343円
メーカー名 資生堂

ベビーパウダーには、今回ご紹介したような汗染み(黄ばみ)を防止するために使う使い方だけではなく、ファンデーションの代わりに使う方法などさまざまな使い方があります。以下の記事では、そんなベビーパウダーの活用方法が紹介されていますので、こちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 345666785
関連記事 ベビーパウダーの活用方法や使い方は?ジョンソン/美容/使い道

ベビーパウダーが様々な使い方に活用できると知っていますか?今回はそんな

汗染みの染み抜きにチャレンジしてみよう!

汗染みの染み抜きにチャレンジしてみよう!

この記事では、Tシャツなどの洋服についてしまった汗染みの原因や、洗濯で汗染みを落とす方法などについてご紹介しました。いかがだったでしょうか。

汗染みは、洗濯はもちろん、洗濯板や重曹などさまざまなアイテムで落とすことができます。ぜひ今回ご紹介した情報を活かして、汗染みの染み抜きにチャレンジしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。