INDEX

グラリータとは?

グラリータとはイタリア・シチリア発祥のかき氷風デザート

グラニータとは、果汁やシロップなどを崩しながら凍らせて作る、日本で言うところのかき氷風のフローズンスイーツです。アイスクリームやシャーベットに比べて、氷が粗めでザクザクしゃりしゃりした食感が楽しめます。とても暑い日にはアイスクリームよりかき氷が食べたくなりますが、そんな時におすすめのスイーツです。

グラニータは、イタリアのシチリア島が発祥です。シチリア島では、ブリオッシュにグラニータを挟んだ朝食が、夏の朝の定番になっているほど、親しまれているスイーツです。

グラニータはカロリー低めにもできる嬉しいスイーツ

グラニータは、バリエーションが豊富で、フルーツ味やコーヒー味、ミルクたっぷりのものなど、色々ありますので、カロリーが気になる場合は、カロリー控えめのものを選ぶことができます。また、卵やミルク、クリームをたっぷり使っているアイスクリームに比べると、基本的にカロリーは控えめです。

カロリーでグラニータを選ぶ場合は、フルーツや野菜でできているものは基本的カロリーが控えめですので、おすすめです。グラニータは、フルーツにシロップを混ぜて作りますので、カロリーが気になる場合は、シロップを少なくすると良いでしょう。ミルク系のものが入っているものは、若干カロリーが高くなります。

イタリアには、グラニータ以外にも、美味しいお菓子がたくさんあります。現地しか食べられないもの、日本でも人気のものなど、たくさんありますので、こちらの記事もチェックしてみてください。

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ5選

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ①レモンのグラニータ

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ1つ目は、レモンのグラニータです。レモンの果汁をベースにした、非常にさっぱりとしたグラニータです。暑くて食欲が落ちている時も、食べられる美味しさです。レモン汁、水、グラニュー糖だけの、シンプルな材料で作ることができます。

レモンのグラニータの作り方
  1. レモンを約5個絞り、レモン汁200ccを用意します。
  2. 鍋に、200ccの水と100gのグラニュー糖を火にかけ、シロップを作ります。
  3. グラニュー糖が溶けたら火を止め、シロップを冷まします。
  4. シロップが冷めたら、レモン汁を加えてよく混ぜます。
  5. 大きめの器に入れて、冷凍庫に入れます。
  6. 1時間ほど経ったら、一度冷凍庫から取り出し、フォークなどでよくかき混ぜます。
  7. 再度冷凍庫に入れて、30分おきにフォークでかき混ぜる工程を繰り返します。
  8. お好みの固さになったらできあがりです。
  9. 固まり過ぎてしまった場合は、一旦溶かして、再度かき混ぜながら凍らせると良いでしょう。

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ②梅シロップのグラニータ

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ2つ目は、梅シロップのヨーグルトグラニータです。やさしい酸味の梅のシロップをヨーグルトに混ぜて作るグラニータです。ヨーグルトをベースにして作りますので、よりさっぱりとしたグラニータを作ることができます。梅シロップは、自作もできますし、購入することもできます。

梅シロップのグラニータの作り方
  1. 梅、氷砂糖、きび砂糖を容器に入れ、涼しい場所で寝かせます。
  2. 1日1回容器を振り、砂糖を混ぜながら1週間ほど置いておくと、梅シロップができあがります。
  3. ヨーグルト200gに梅シロップ60〜70gを入れ、よく混ぜます。
  4. ステンレスなど、熱効率の良い器に入れ、冷凍庫で凍らせます。
  5. 1時間ほど凍らせたら取り出し、フォークなどでかき混ぜます。
  6. 再度冷凍庫に入れ、30分後に再びかき混ぜます。
  7. お好みの固さになるまで繰り返したら、できあがりです。
  8. お好みで、ミントやキウイなどを飾りましょう。

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ③ピオーネのグラニータ

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ3つ目は、ピオーネのグラニータです。どんなフルーツもだいたい使うことのできるグラニータは、果汁が多く甘いピオーネも美味しくグラニータにすることができます。手に入りやすい冷凍のぶどうを使っても良いでしょう。

ピオーネのグラニータの作り方
  1. ピオーネは、一度凍らせてから、フードプロセッサーにかけ、細かくします。
  2. 鍋に、200ccの水と100gのグラニュー糖を火にかけ、シロップを作ります。
  3. シロップが冷めたら、細かくしたピオーネを加えてよく混ぜます。
  4. 容器に入れて、冷凍庫に入れ凍らせます。
  5. 1時間ほど凍らせたら一度取り出し、フォークなどでよく混ぜます。
  6. 再度冷凍庫に入れ、30分ほどしたら再びかき混ぜます。
  7. お好みの固さになったら、できあがりです。

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ④アーモンドのグラニータ

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ4つ目はアーモンドのグラニータです。砕いたアーモンドとアーモンドミルクを使った、フルーツのグラニータとは一味違ったタイプのグラニータです。濃厚なタイプのグラニータが食べたい時におすすめです。

アーモンドのグラニータの作り方
  1. 鍋に、200ccの水と100gのグラニュー糖を火にかけ、シロップを作ります。
  2. シロップが冷めたら、アーモンドミルク200ccを加えてしっかりと混ぜます。
  3. 大きめの器に入れて、冷凍庫で凍らせます。
  4. 1時間ほど経ったら、冷凍庫から取り出し、フォークなどでしっかりとかき混ぜます。
  5. 再度冷凍庫に入れ、30分ほど経ったら再度かき混ぜます。
  6. お好みの固さになったら、砕いたアーモンドを混ぜます。
  7. 器に盛り付けて、できあがりです。

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ⑤グラニータのティラミス

イタリアのかき氷グラニータの作り方・レシピ5つ目は、グラニータのティラミスです。人気のイタリアンスイーツであるティラミスとグラニータを組み合わせたスイーツです。濃いめのコーヒーで作ったグラニータとマスカルポーネを、ティラミス風に仕上げます。

グラニータのティラミスの作り方
  1. 水とグラニュー糖を火にかけ、シロップを作ります。
  2. 濃いめに入れたコーヒーをシロップに加えて、冷まします。
  3. 粗熱が取れたら、コーヒーを冷凍庫で凍らせます。
  4. 1時間〜30分ごとにかき混ぜながら、目の粗い氷を作ります。
  5. 別の器で、マスカルポーネとクリームチーズをよく混ぜ合わせます。
  6. さらに、砂糖、卵黄を加え、よく混ぜ合わせます。
  7. つのが立つくらいまで生クリームを泡立てます。
  8. マスカルポーネとクリームチーズに、生クリームも加え、さっくりと混ぜ合わせます。
  9. よく冷やした器に、マスカルポーネとクリームチーズを混ぜたものを入れ、一旦冷蔵庫で冷やします。
  10. マスカルポーネとクリームチーズを冷蔵庫から取り出します。
  11. コーヒーのグラニータを上に乗せます。
  12. 上からさらに、ココアを振りかけたらできあがりです。

グラニータ以外におすすめなイタリアの夏のスイーツは?

グラニータ以外におすすめなイタリアの夏のスイーツ①ジェラート

グラニータ以外におすすめなイタリアの夏のスイーツ1つ目は、ジェラートです。ジェラートは、イタリアンデザートの代表です。ジェラートは、アイスクリームと比べて空気の含有量が少ないため、密度が高く濃厚なのが特徴です。

また、乳脂肪分が4〜8%ですので、日本の商品表示では、アイスミルクまたは氷菓に分類されます。たくさんのフレーバーが用意されたジェラートは、イタリアでは欠かせない夏のスイーツですし、日本でも定番のスイーツです。

ジェラートやアイスクリームは買ってくるものだというイメージがありますが、実は自宅でも簡単に手作りすることができます。手作りすることで、素材や味、カロリーにもこだわったものが作れます。こちらの記事もチェックして、手作りジェラートで、お店とは一味違った味を楽しんではいかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 403525945
関連記事 簡単・人気のアイスクリームレシピ17選|生クリーム・卵なし/低糖質

アイスクリームのレシピにはどんなものがあるのでしょうか。今回は、簡単に

グラニータ以外におすすめなイタリアの夏のスイーツ②マチェドニア

グラニータ以外におすすめなイタリアの夏のスイーツ2つ目は、マチェドニアです。マチェドニアは、イタリア、フランス、スペインなどでよく食べられており、フルーツポンチのようなデザートとして、また、フルーツサラダとしてもよく食べられます。

マチェドニアは、「たくさんのものを混ぜたもの」という意味の言葉で、多くの種類のフルーツを小さめにカットし、シロップやリキュールなどと混ぜて作ります。見た目も鮮やかで、さっぱりと涼しく、夏の暑い日のデザートにぴったりです。

グラニータ以外におすすめなイタリアの夏のスイーツ③セミフレッド

グラニータ以外におすすめなイタリアの夏のスイーツ3つ目は、セミフレッドです。セミフレッドは、「半分凍った」という意味のイタリアの夏のスイーツです。ホイップしたクリームなどを凍らせた、ふわっと柔らかい、それでいてアイスクリームともジェラートとも違ったスイーツです。

セミフレッドは、ホイップした生クリームや、ホイップしたクリームチーズなどをベースにして作り、ドライフルーツやナッツを加えて作ります。セミフレッドは、冷凍しますが、空気をたっぷり含んでいるので、カチカチにはならず、食べやすいのも特徴です。

美味しくおしゃれなグラニータで夏を涼しく過ごしましょう

しゃりしゃり冷たいグラニータは、シャーベットともかき氷とも一味違う、イタリアの味です。夏の新しい定番スイーツとして、楽しんではいかがでしょうか。本場イタリアでは、パンに挟んで朝ごはんに食べられるとのことなので、真似してみると、新しい味を発見できるかもしれません。

グラニータは、果汁を混ぜながら凍らせていきますので、特別な機材がなくても、自宅で簡単に作ることができます。簡単にジュースを凍らせたり、たくさんあるフルーツをヨーグルトと混ぜて作るなど、アレンジも多彩ですので、ぜひご自宅でも、グラニータを楽しんでみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。