INDEX

大企業の定義とは?

規模の大きい会社

基本的に大企業と言うと、従業員が多く支店や支社などが何か所かにある大きな会社というイメージがあります。仕事をする場所が広くいくつかの部署に分かれていたり従業員が何百人以上もいる規模が大きい会社が大企業にあたります。

誰もが耳にしたことがある企業名だからと言って大企業という訳ではありません。それは知名度が高い企業であって規模が小さい会社ということもあります。でも実際は、知名度が高い企業は大企業である確率が高いということがあります。そのような企業は有名企業と呼ばれています。

日本のサラリーマンの平均年収は男性で500万円ほどと言われています。それが大手企業の中でも有名企業になると年収が800万円をこえる人も珍しくないそうです。年収800万円の人はどのような職業に就きどのような生活を送っているのでしょうか。下の記事で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 597213389
関連記事 年収800万の人の職業や生活とは?手取りに貯金・税金を紹介

年収800万円もあれば、高年収で「勝ち組」とまで言われる今の時代、国税

明確な基準や定義はない

大企業と呼ばれる定義ですが、実はこのような決まりがあるといった明確な定義はありません。あえて定義を述べるとするならば中小企業には基準が設けられていますので、中小企業の基準を超えている企業が大企業ということになります。

ここ数年、ニュースやドキュメンタリー番組などで一気に耳にする機会が増えたように感じる企業にベンチャー企業というものがあります。なんとなく会話の流れや雰囲気でわかっているつもりの人や、何のことを言っているのかさっぱりわからない人もいると思います。

下の記事で「ベンチャー企業の意味と定義」を詳しく紹介しています。またベンチャー企業で働くのに向いている人も特徴も紹介されていますので参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 124501291
関連記事 ベンチャー企業の意味・定義とは何か?会社に向いてる人の特徴

この記事では、アドベンチャー精神があるかどうかなどのベンチャー企業に向

大企業と中小企業の違いは?

大企業と中小企業の違い①定義があるかないかの違い

大企業と中小企業の違い1つめは「定義があるかないかの違い」ということです。中小企業には基準が設けられており中小企業の基準を超えている企業が大企業という説明をした通り、はっきりとした定めがあるかないのかという違いがあります。下の表に中小企業の主な定義である資本金と出資金の額を業種別でまとめています。

中小企業基本法の定義
業種 主な定義
卸売業 資本金の額または出資金の総額が1億円以下の会社
小売業 資本金の額または出資金の総額が5000万円以下の会社
サービス業 資本金の額または出資金の総額が5000万円以下の会社
製造業・運輸業・建築業など 資本金の額または出資金の総額が3億円以下の会社

\ POINT /

中小企業基本法とは

中小企業に関する国の政治上の方針としての基本的指針を示すために昭和38年に制定された法律のことです。国民の生活向上を図るために取り決められました。

大企業と中小企業の違い②従業員の人数の違い

大企業と中小企業の違い2つ目は「従業員の人数の違い」ということです。大企業には明確に定められている定義がありませんので中小企業で定められている人数を基本として考えます。中小企業と言われる企業でも業種別で平均従業員数には50人以下から300人以下という大きな差があります。

中小企業で定められている従業員数の中にあてはまらないのが大企業と言われていますので、大企業の従業員数は圧倒的に多い人数と考えられます。そのように従業員数の人数に違いがあります。

中小企業の業種別の平均従業員数
業種 平均従業員数
卸売業 100人以下
小売業 50人以下
サービス業 100人以下
製造業・運輸業・建築業など 300人以下

毎日、同じ職場の同じ空間で過ごすことが当たり前の社内の人とは、一緒に過ごしているうちに自然と恋愛関係になることもあります。大きな会社であるほど出会いも多く社内恋愛や職場結婚をする確率も高くなります。下の記事で社内恋愛や職場結婚のメリット・デメリットを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 48944671
関連記事 職場結婚のデメリット7選|社内恋愛のメリットと夫婦の本音は?

社内恋愛を経て職場結婚。家でも職場でも顔を合わせる状況を最初は幸せに感

大企業と中小企業の違い③資本金や出資金の額の違い

大企業と中小企業の違い3つ目は「資本金や出資金の額の違い」ということです。大企業と中小企業の違い②でも説明した従業員の人数の違いと同じように、大企業には明確に定められている定義がありません。

大企業と中小企業の違い①の中で中小企業基本法の定義として表にまとめましたが、中小企業で定められている資本金や出資金の額を基本として考えることができます。

中小企業に属する企業でも業種別で資本金や出資金の額は5000万円以下から3億円以下という金額に大きな差があります。中小企業で定められている資本金や出資金の額を超えるのが大企業となりますので、大企業の資本金や出資金の額はかなりの額だと考えられます。そのように金額面にも違いがあります。

大企業の平均人数とは?



大企業の平均人数

規模が大きい会社である大企業は、部署や支店の数に合わせて従業員の人数も多くなります。しかし中小企業の業種別の平均従業員数に定められている従業員数に当てはめて考えてみると、それによって定められている人数よりも多い企業が大企業と言えますので小売業に関しては50人従業員がいると大企業になります。

また定められている従業員数が一番多い製造業や運輸業・建築業などは300人いると大企業ということになります。会社組織の規模によってかなりの差は出てきますが、一般的にイメージしやすい大企業ですと平均して1000人以上の従業員数になります。

国内だけではなく海外での知名度や人気が高い有名企業になると上位の企業は8万人近くの人が従業員として在籍し、平均してみると4万人の従業員数だというように考えられます。

大企業に勤めるメリット

知名度や人気が高い大企業ですが、大企業で働くということはどのようなメリットがあるのかを考えてみると、限られた人ではなく全体で考えられる一番のメリットというと高収入が得られるということではないでしょうか。業種によって得られる収入に大きな差はあるでしょうが、中小企業に比べると確実に高収入です。

また世間から見たときに会社の知名度が高いことで、聞いたことがない企業名より初対面でも信用されやすいということもあります。実際、ローンを組むときなどは大企業の方が会社名だけでも信用されやすく審査が通りやすいという話もあるくらいです。

その他にも大企業に勤めるメリットはいくつかあります。主なメリットを下の表にまとめています。また中小企業に勤めるメリットも合わせて紹介していますので比較してみてください。

大企業に勤めるメリット
  • 景気にあまり左右されない
  • 収入が安定している
  • 社会的信用度が高い
  • 労働時間や休暇にきちんとした定めがある
  • 福利厚生が充実している
中小企業に勤めるメリット
  • 頑張りが認められやすい
  • 仲間意識が芽生え仕事がしやすい
  • 人間関係が複雑になりにくい
  • 経営者とのつながりが濃い
  • 幅広い経験を積むことができる

大企業に勤めるデメリット

どの分野においてもメリットがあれば必ずデメリットも存在します。大企業に勤めるデメリットで代表的なものは会社が大きければ大きいほど、支社や支店が多く存在するので一か所で最初から最後まで働くという保証はありません。突然、転勤や異動などの辞令が交付されることもあります。

結婚したばかりマイホームを建てたばかりだからという個人的な事情は会社には関係ありませんので断ることはできません。その他にも大企業に勤めるデメリットはいくつかあります。主なデメリットを下の表にまとめています。また中小企業に勤めるデメリットも合わせて紹介していますので比較してみてください。

大企業に勤めるデメリット
  • 異動や転勤がある
  • 人間関係で悩むことが多い
  • 人が多すぎて名前が覚えられない
  • 考えが意外と古く堅苦しい
  • 仕事量が多い
中小企業に勤めるデメリット
  • 1人1人の責任が重くなる
  • 人手不足に陥りやすい
  • 仕事とプライベートの仕切りがあいまいになりやすい
  • 福利厚生が充実していない
  • 景気に左右されやすく収入が不安定

大企業の平均資本金は?

大企業の平均資本金

大企業といっても規模の大きさに差がありますので、規模が大きい会社ほど必然的に資本金は高くなります。しかし中小企業基本法定められている資本金の額から考えてみると、最低でもその額以上の資本金だということがわかります。

業種によって定義に違いがありますが、大企業という枠で考えると最低でも5000万円最高だと3億円以上の資本金があると考えられます。ちなみに国内の企業で世界的にも有名な卸売業の資本金ランキングトップは3000億円以上という桁外れな資本金の額があります。

中小企業の業種別の平均資本金

国からきちんとした定義が定められている中小企業の業種別の平均資本金から考えると3億円以下でなければ中小企業に分類されません。そのため全体的に見ても最高で3億円以下、業種別で見ると小売業やサービス業に関しては5000万円以下でないといけません。

2006年に改正された法律によって最低1円からでも株式会社を設立することが可能になりました。しかし、資金繰りが安定するまでの保証としてのお金も必要なのが実際問題です。また、資本金の額は周りからの信用度も左右します。平均して考えると最低でも300万円から500万円は必要です。

中小企業の業種別の平均資本金
業種 平均資本金
卸売業 1億円以下
小売業 5000万円以下
サービス業 5000万円以下
製造業・運輸業・建築業など 3億円以下

大企業の定義を理解しましょう

大企業に分類されることの定義と大企業と中小企業の違いについて紹介しました。大企業と中小のことを理解するための参考になりましたでしょうか。中小企業には国から定められた決まりがあるのに対して大企業には明確な定義がないということがわかりました。

大企業も中小企業にもそれぞれの良さとそうではない部分があります。大きいな規模の会社だから働くのにベストな会社という訳でもありません。企業の仕組みと特徴を理解して自分に合う分野で働くことがベストです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。