INDEX

ポートフォリオとは?

ポートフォリオは本来書類という意味

書類整理

ポートフォリオはportfolioで、そもそもの意味は紙ばさみ、おりカバン、書類入れという意味です。日本では作品集ということで自分のプロフィールのようなものという意味で使われていますが、元は書類をひとまとめにして運ぶことができるケースを指していました。

ポートフォリオはプロフィールを書いて転職の際に使用される

面接を受けるロングヘアーの女性

クリエイティブ業界では、転職時にポートフォリオを活用します。書類選考時点で、履歴書や職務経歴書の他にポートフォリオの提出を求められる場合があります。その時に自分の作品やプロフィールを書いたポートフォリオを提出し、採用担当者が各自、クリエイターの作品やプロフィールから選考をする際の資料にします。

ポートフォリオは映像や建築関係のクリエイターたちの自己紹介代わり

オフィスでタブレットを眺める男女

ポートフォリオはいわば映像系や建築系などのフリーランスのクリエイターの自己紹介、名刺代わりともいえるでしょう。そのクリエイターのポートフォリオを見れば、その人の力量やスキルがどれくらいなのかすぐに分かるようになっています。

ポートフォリオの形式は様々

ポートフォリオの形式は様々

業界や会社によって求めるポートフォリオの形式や質は様々です。よって、ポートフォリオにはこういう風に作ればよいという正解はありません。同じクリエイティブ業界でも映像系、建築系と職種によって作るポートフォリオも違ってきます。

例えばWebデザイナーがWeb制作会社に面接に行く場合、ポートフォリオはWebのスキルがアピールしやすい資料を中心にポートフォリオをまとめます。グラフィックデザイナーがグラフィックにこだわりがある会社の面接に行く場合、ポートフォリオはグラフィックのスキルを中心にまとめたものを用意します。

ポートフォリオの使いまわしはNG

会社によってもそれぞれ求めているスキルなどが違うため、その都度ポートフォリオは見直してその会社の社風や求めているものに近いポートフォリオを用意します。プロフィールや自己紹介は基本的に一緒ですが、作品は提示する相手と状況に応じて常に内容を差し替えていくということが必要になります。

またポートフォリオは転職活動を始めた段階で作成するのではなく、日ごろからクリエイターの力量やプロフィールを自己紹介する資料として用意しておきましょう。ポートフォリオを作るのにはある程度時間がかかりますので、バタバタと作業しているとよいポートフォリオを作ることができません。

ポートフォリオを仲間に見せて質を上げる

パソコンの前で話し合う人たち

クリエイターの実務経験をアピールするうえでポートフォリオはなくてはならないものです。ポートフォリオの良し悪しで転職や就職が決まるといっても過言ではないでしょう。そんな大切なポートフォリオですが、形式が決まっていないのでそのポートフォリオが良いのか悪いのか客観的に判断するのが難しい場合がありますね。

そんなときはクリエイター仲間の人に、映像系や建築系とジャンルを問わず自分のポートフォリオを見てもらいましょう。たくさんの意見をもらう中で、どの作品が反応が強いか、自分のスキルはどのくらいなのかということが分かってきます。意見をもとに自分のポートフォリオをさらにブラッシュアップしていくことが大切です。

ポートフォリオはクリエイターにとって欠かせないビジネスツールの一つですが、ビジネスマン必携のツールはまだまだあります。次の記事もぜひチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 282376865
関連記事 【女性の社会人・新社会人向け】おすすめのビジネス手帳やスケジュール帳16選!

手帳を使ったことはありますか?社会人になると、客先のアポや打ち合わせ会

ポートフォリオの作り方は?

ポートフォリオの作り方は自己紹介と作品が一目で分かること

ポートフォリオの作り方

ポートフォリオは自分の単なる作品集ではありません。作品のすばらしさをアピールすることはもちろん大切ですが、同時にそれを制作したクリエイターのセンスや力量を示さなければなりません。作り方の基本で一番大切なことは、そのポートフォリオを見た相手が自己紹介や作品など一目で分かるようにすることです。

ポートフォリオの作成で用意するものはA4かA3サイズの紙、クリアファイルやバインダーです。自分の作品をスキャナーでスキャンしたり、デジタルカメラで撮ったものをプリントアウトしてクリアファイルの中にまとめていきます。

ポートフォリオは紙ウェブサイトの両方で用意しておくようにします。映像系のWeb系クリエイターは紙の媒体を用意していない場合が多いですが、紙のポートフォリオを用意しておきましょう。Web系以外のクリエイターは逆にデジタル形式のポートフォリオを持っていない場合が多いですが、用意しておくと便利です。

ポートフォリオにはプロフィールを入れる

ポートフォリオにはプロフィールを入れる

ポートフォリオの中に入れるものは、まず1つ目にクリエイターの自己紹介です。クリエイターにも映像関係や建築関係など種類がありますのでどんな分野なのか、クリエイターとしての信念や受賞歴、実績などを書きます。二つ目には使用できるソフト、言語などを1ページにまとめておきます。

三つめは自分の得意とする製作スタイルと基本的な仕事の進め方、作品を作るうえでのビジョンも記入しておきます。将来目指したい方向性なども1ページ、長くても見開きにまとめましょう。

ポートフォリオのレイアウト

ポートフォリオのレイアウト

上にあげたポートフォリオに盛り込むべき事項を確認したら、実際にレイアウトしていきます。まず表紙ですが、自分の作品の写真を載せたり、簡単にポートフォリオという文字だけでもいいでしょう。表紙の次の冒頭のページは自己紹介を載せます。プロフィールや自分のキャリア、経験やポリシーなどをまとめます。

次のページからは自分の作品を紹介していきます。ポートフォリオ作りで大切なことは、採用者は作品としてポートフォリオを見ているのではないということです。面接の限られた時間内でどれだけそのクリエイターがスキルを持っているのか、会社にあっているのかを見極めるために見るのだ、ということを念頭に置きましょう。

ポートフォリオ作りのポイント

書類

採用担当者に伝わるポートフォリオを作るには次の点をポイントに作成します。一番目は自分にできる仕事がどんな仕事なのか、具体的に伝わるようにします。その時に得意分野だけに集中せず、幅広くタイプごとに作品を選ぶようにしましょう。

また作品を並べていく際には担当者が最後まで飽きずに見てもらえるように、インパクトの強い作品を最初に、そのあと様々なタイプを織り交ぜてレイアウトしていきます。また採用後のポジションをイメージしやすくするような作品選びが大切です。その会社の社風に合わせて作品を選ぶようにしましょう。

ポートフォリオで他の人と一線を画する

白いパソコンの前で話し合う人たち

ポートフォリオはともするとみんな似たような内容になりがちですが、その中で採用担当者の目に留まるポートフォリオ作りにはコツがあります。それは経営者目線に立った提案をポートフォリオの中に盛り込むことです。

クリエイターといえども、実際に自分が仕事をしたらどれくらい会社にとって有益になるのかということを実際の数字なり実績などで示せれば大きな武器になります。ほかのクリエイターより一歩進んだ提案となります。

クリエイターの面接にポートフォリオは欠かせませんが、肝心のビジネスマナーも忘れてはいけません。ビジネスマナーは次の記事を読んでもう一度おさらいしておきましょう。

Small thumb shutterstock 166600271
関連記事 ビジネスマナー検定のテスト問題は?過去問・難易度・日程は?3級/2級

あなたはビジネスマナー検定をしていますか?「ビジネス社会の基本ルール」

ポートフォリオの作品例10選

ポートフォリオの作品例①木炭画

ポートフォリオ作品例の1番目は、木炭を使って描いた作品のポートフォリオです。素朴で力強いテイストの作品を主にまとめています。このポートフォリオはWeb版ですが、紙で作る場合は1ページにつき1作品を載せます。

ポートフォリオの作品例②イラスト

ポートフォリオの作品例の2番目がこちらです。こちらはWeb版ではなくて紙に印刷したタイプのポートフォリオです。いろいろなテイストのイラストを載せています。

ポートフォリオの作品例③イラスト

ポートフォリオ作品例の3つ目は表紙を参考にあげてみました。こちらは表紙の一例ですが、シンプルにまとめています。各項目見やすくするために付箋もついています。

ポートフォリオの作品例④映像関係

ポートフォリオ4つ目の作品例です。こちらは映像関係の作品をまとめたWeb版のポートフォリオです。白を基調にロゴやフォントなどもスッキリシンプルにまとめて見やすいですね。

ポートフォリオの作品例⑤プロダクトデザイン

ポートフォリオ作品例の5つ目です。こちらはプロダクトデザインの作品を載せています。作品を同じ大きさに並べ、一目で分かるようにまとめました。

ポートフォリオの作品例⑥鉛筆画のイラスト

ポートフォリオ作品例6つ目です。こちらは鉛筆で描いたカーイラストを中心にまとめています。ドレスアップカーやカスタムカーなど迫力のある作品集です。

ポートフォリオの作品例⑦建築学科の学生の作品

ポートフォリオの作品例7番目です。こちらは建築学科の学生が手作りで製本したというポートフォリオで、紙質にもこだわって作っています。

ポートフォリオの作品例⑧建築学科学生の作品

ポートフォリオ作品例の8番目は、こちらも同じく建築学科の学生が作成したものです。水彩画とペン画で描かれた作品を中心にまとめています。

ポートフォリオの作品例⑨イラスト

ポートフォリオ作品例9番目です。こちらもWeb版のポートフォリオです。人物のイラストを中心にまとめています。白黒とカラーの両方を載せて対比できるように工夫してあります。

ポートフォリオの作品例⑩プロダクトデザイン

ポートフォリオ10番目の作品例はプロダクトデザインをまとめています。写真の横には説明文をつけて分かりやすく解説しています。

ポートフォリオ作成のポイントは相手の気持ちを考えること

パソコンの前でにこやかに微笑む女性

ポートフォリオ作成のポイントはいろいろありますが、大切なことはただ単に作品集ではないということです。会社側はそのクリエイターがどのくらいのスキルを持っていて、どのくらい会社に貢献できるのかを知りたいと思っています。

ライバルより一歩踏み込んだポートフォリオを作成するためには自分が入りたい会社を徹底して研究します。どんなクリエイターが欲しいのか、その会社の社風は?などリサーチしてそれに合う作品を選びポートフォリオにまとめます。その会社に入ればどのくらいメリットがあるのかをアピールできれば強い武器になるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。