Large thumb shutterstock 484830274

おすすめ腰痛クッショングッズや椅子10選!デスクワークや車にも

更新:2019.06.21

ツラい腰痛、なんとかしたいですよね?1日中座り続けるデスクワークでも椅子やクッションを工夫すれば痛みが和らぎます。車移動が多い人も腰痛になるリスクが高いですね。そこで、おすすめ腰痛クッションや車用のクッションを御紹介します。ツラい腰痛を少しでも楽にして快適に生活しましょう。

腰痛クッションとは?

腰痛クッションは腰痛持ちや坐骨神経痛の人の定番グッズ

デスクワークで1日中椅子に座っている人や車移動の多い人は、腰痛に悩まされるリスクが高いですよね?また、重たい荷物を持ち運ぶような仕事でも腰痛になりやすいです。腰痛になると、立っていても座っていても腰が痛くてツラいです。そこで役立つのが腰痛クッションです。

普通のクッションでも、座るときに腰に当てると座りやすくなったり腰痛が和らいだりしますが、腰痛クッションはその名の通り腰痛に特化したクッションなので、腰痛改善はもちろん、腰痛予防にも効果のあるものです。腰痛持ちの人の定番グッズ・必須アイテムともいえます。

こちらは普通のクッションですが、ニトリ・IKEA・無印のおすすめクッションを比較している記事がありましたので、こちらの記事も参考にしてみてください。

腰痛クッションは腰痛だけではなく姿勢矯正にも良い

腰痛クッションという名前で売られているのもでも、腰痛クッションは姿勢矯正にも役立ちます。長時間同じ姿勢で座っていることで起こる腰痛は、要は悪い姿勢で座っているから体に負担がかかっているのが原因の1つでもあります。

腰痛クッションを使えば、正しい姿勢を保つことができるので、姿勢矯正にも役立ちます。また、美尻や骨盤矯正の働きのあるものもあるので、女性には嬉しい機能ですね。

腰痛クッションの選び方は?

オフィスの椅子で使うか車で使うか用途で選ぶ

腰痛クッションは種類がいろいろあるので、用途に合わせて選ぶのがいいと思います。車で使用する場合は、車のシートに合わせてカーブがついているものがあったり、椅子で使用する場合でもオフィスで使用する場合と家でリラックスするときに座るソファーで使用する場合とニーズに合わせて選ぶのがポイントです。

また、一言で腰痛クッションといってもピンキリです。気軽に使えるものや、医療のプロが制作に携わった本格的なものまでありますので、用途はもちろんですが、お値段も考えながら選びたいですね。

使う場所を考えてサイズで選ぶ

腰痛クッションは、サイズが様々あります。使う場所(オフィスの椅子)などによってサイズを考えて選ぶ必要があります。いざ使おうと思ったのに椅子からはみ出るほど大きかったとか、座るタイプのクッションにしたら机に足がぶつかるようになってしまったなどの理由で使えないことがあるからです。

同じ商品でもサイズが何種類か出てるものもありますし、購入する際には使う場所に合うかどうかサイズにも気をつけて選びましょう。

デスクワークにおすすめの腰痛クッション6選

デスクワークにおすすめの腰痛クッション①MOGUバックサポーターエイト

デスクワークにおすすめの腰痛クッション1つめは「MOGUのバックサポーターエイト」です。パウダービーズクッションでお馴染みのMOGUから発売されている腰痛クッションで、大中小と3段階の異なったボリュームになっていて、抜群のフィット感で自然といい姿勢を保つことができ、腰痛の軽減にも役に立つそうです。

かわいらしい8の字型で色はブラウン・オレンジ・レッド・ライムグリーン・ロイヤルブルー・ブラックの6種類あります。パウダービーズと伸縮性の高い生地により伸縮と高さの調節ができるので、自分に合うポジションに調整可能です。また、整体医学で最も腰に優しいとされている「背骨のS字形状」をサポートしてくれます。

デスクワークにおすすめの腰痛クッション②お医者さんの円座クッション

デスクワークにおすすめの腰痛クッション2つめは「お医者さんの円座クッション」です。こちらは、低反発の円座クッションで着席時に腰にかかる負担を和らげてくれます。また、低反発素材を使用することにより体圧分散の効果や真ん中の穴の形状により座り心地を安定させてくれます。

低反発のウレタンフォームが体の重心をとらえて、お尻や骨盤の形に合わせて変形します。そのため、長時間でも座りやすく疲れにくいのが特徴です。また、お尻に敷くだけではなく背もたれとして使うこともできます。

デスクワークにおすすめの腰痛クッション③スタイルプレミアムデラックス

デスクワークにおすすめの腰痛クッション3つめは「スタイルプレミアムデラックス」です。少々...というかかなりお高めのアイテムなのですが「本格姿勢ケア」をうたっている商品ですので、本気で腰痛をどうにかしたい!という方におすすめしたい1品です。

クッションという定義だと、こちらは当てはまらないかもしれませんが座椅子のような形状のクッションで「高反発ウレタン」と「低反発ウレタン」の2種類を使用することでまるで無重力のような心地よさと正しい姿勢の維持を両立し、腰への負担を軽減します。

デスクワークにおすすめの腰痛クッション④ヘルスケア座布団低反発

デスクワークにおすすめの腰痛クッション4つめは「ヘルスケア座布団 健康クッション 低反発 美尻 腰痛対策 坐骨神経痛」です。腰痛の予防や痛みを軽減するだけではなくクッションを使用することで骨盤を引き締めることができ、正しい姿勢を保つことができます。

低反発で姿勢を正すクッションなので、椅子に置いて座るとふかふかの座り心地ではありませんが、腰痛や坐骨神経痛が軽減されたという口コミも多く、通気性もよく長時間座っても疲れにくい優れものです。

デスクワークにおすすめの腰痛クッション⑤新世代ヘルスケア座布団

デスクワークにおすすめの腰痛クッション5つめは「Happylifehere 新世代ヘルスケア座布団」です。人体工学に基づいた設計で正しい姿勢を保ちます。低反発クッションがお尻にかかる圧力を分散するため下半身にかかる負担を軽減してくれます。後部分が高くなっていて尾骨の圧力を吸収してくれます。

通気性の良いメッシュ素材なので蒸れずに爽やかな使い心地です。カバーにはファスナーが付いているので、取り外して洗濯することができ清潔を保てます。(本体は洗えません)

デスクワークにおすすめの腰痛クッション⑥腰用クッションcucu

デスクワークにおすすめの腰痛クッション6つめは「腰用クッションcucuキュッキュッ」です。お花のような星のようなかわいらしい形のクッションで、椅子の背もたれに置いて座り、左右を持ってキュッキュッと引っ張ると自分の体のカーブに合わせてフィットします。

本体をお洗濯できるので、清潔を保てて嬉しいですね。また、スタンダードタイプは全9色。他にも抜群のホールド感のあるファーニ、薄型のエクボ、大きめのロイヤル、その中間の大きさのクイーン、お子様に使えるチャイルドなど、色も種類も豊富です。形がかわいいので椅子に置いてあるだけで癒やされます。

デスクワークにおすすめの腰痛クッション番外編aisocialZEHI

デスクワークにおすすめの腰痛クッション最後に番外編として「aisocialZEHI(ゼヒ)」を紹介させてください。これは、椅子にももちろん使えるのですが基本は寝るときに腰の下に置いて使用する腰枕です。腰痛持ちの人がツラいのは、意外と朝起き上がるときだったりします。

このZEHIを使うと、寝返りをしてもしっかりとフィットして寝ている間も理想的なSカーブをキープできます。そして、ZEHIのすごい所はお湯を入れて湯たんぽにもなるということです。腰痛に大敵の冷えを、腰を温めることで軽減してくれます。

ずっと同じ姿勢で仕事をしていると、体がガチガチになって疲れてしまいますよね。仕事中に職場でできるおすすめの筋トレの記事を見つけましたので、腰痛クッションと併用して体をリフレッシュしてみてください。

車におすすめの腰痛クッション4選

車におすすめの腰痛クッション①エクスジェルハグドライブ

車におすすめの腰痛クッション1つめは「エクスジェルハグドライブバック+シートクッション 」です。シートクッションとバッククッションがセットになったジェルタイプのクッションです。

福祉分野でも採用されている骨盤サポート構造が、運転している間に自然とくずれてしまう姿勢を正しい姿勢に安定させ、長時間のドライブでもお尻と腰の痛みを軽減し快適に過ごすことができます。

車におすすめの腰痛クッション②Aoomiya腰痛クッション

車におすすめの腰痛クッション2つめは「Aoomiya腰痛クッション」です。人間工学に基づいた最適な曲線を作りだし、長時間のドライブなどで腰から背中に掛かる圧力を分散、吸収してくれます。上部だけでなく下部にも ゴムバンドがついているのでズレにくくしっかりと固定できます。

立体カーブ形状で背骨を自然なS字型の姿勢に安定させてくれて体への負担を分散するので、長時間座り続けても快適です。また、ファスナー仕様なのでカバーを取り外すことができ、洗濯をしていつも清潔を保てます。

車におすすめの腰痛クッション③CareUランバーサポートクッション

車におすすめの腰痛クッション3つめは「CareUランバーサポートクッション」です。低反発ウレタンで座り心地が良く、長時間座り続けても疲れにくいです。 復元性があり、形崩れしにくくなっています。低反発なのでゆっくり沈み体への圧力を均一に吸収・分散して支えてくれます。

背骨をS字型の正しいカーブに保ち、腰への負担を軽減してくれます。表面は通気性の良いメッシュ素材を使用していて、長時間使用しても蒸れないので快適に使用できます。また、カバーも外せるので選択も可能です。防ダニ防臭加工が施されています。

車におすすめの腰痛クッション④ウエストクッション

車におすすめの腰痛クッション4つめは「ファブリック工房優Yuuのウエストクッション」です。ウエストクッションを使うことで、座席と腰の間の空間がなくなって正しい姿勢が保たれ、疲れにくく腰痛の軽減にも役立つそうです。

通気性に優れた素材を使用していて、熱がこもりにくく速乾性もあります。ネットを使用して洗濯機で洗濯も可能ですのでお手入れも簡単です。色は全部で12色、サイズも豊富なので迷ってしまいますね。

腰痛クッションを活用して快適な生活をしよう

腰痛クッションをいろいろ紹介しましたがいかがでしたか?オフィスの椅子で使うものや、車で使うもの、様々な種類があってそのなかでもさらに色や形が選べるとなると、ますます悩んでしまいますね。でも、自分にぴったりのものに出会えたら嬉しいですよね。

自分にぴったりなものに出会えたら、今度は腰痛に悩んでいる家族や知人にもおすすめしたくなります。そうやって腰痛クッションが広まって、腰痛に悩んでいる人が快適に暮らせるようになったらいいなと思います。

長時間座っていることで起こる一時的な腰痛も、慢性的に悩まされている腰痛も、家で、会社で、移動の時の車で、様々な場所で腰痛クッションを活用して快適な生活をしましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。