INDEX

ベンチマークの意味とは?

ベンチマークの意味は測量した結果の良し悪しを判断するための水準点

ベンチマークの意味をご存知でしょうか?辞書には測量した結果の良し悪しを判断するための水準点、ということが書いてあります。少し難しいですね。例えば私たちは何かを測るときにメジャーなどを使って測りますが、コレは高い、アレは低いと、何かを基準に判断しますよね。その基準をベンチマークと呼ぶのです。

ベンチマークの由来は台に目印をつけたことからという説がある

ベンチマークの由来をご存知でしょうか。語源には諸説あります。高さを測るとき、作業台に目印をつけて何かを測定したという説があります。決して、木製の座るベンチに素敵なマークがあるわけではありません。ベンチマークは英語でbench(作業台)mark(目印)です。合わせてベンチマークというわけです。

ベンチマークは広い業種で使われている用語

広い業種

このベンチマークという言葉ですが、さまざまな業種で使われています。どの産業でも何かを活動をしたとき必ず成果の良し悪しを判断しますが、そのためには何か目印となる基準が必要です。ベンチマークという言葉が分野をまたいで広く使われるのはある意味必然かもしれません。分野毎に意味が違うので少し見てみましょう。

IT業界でのベンチマークの意味や使い方とは?

IT業界でのベンチマークの意味は電子機器の性能評価のこと

IT業界でのベンチマークの意味はシステムの性能評価のことです。システムとは、ソフトとハードのことで、身近なもので例えるとアプリとスマホなどの電子機器を指します。システムの何を評価するのかというと、電子機器やアプリの仕事の手際の良さです。手際が良いほど利用にストレスや不具合がなく優秀だということです。

ITにおけるベンチマークは、主にパソコンの性能を評価するときによく使われる言葉です。じつはパソコンの性能を評価するベンチマークソフトウェアというものがあります。わざとパソコンに負荷をかけるソフトです。様々な種類の負荷をかけ、そのパソコンはどんな仕事が得意なのかを確かめることができます。

また、プログラミングにおけるベンチマークも存在します。プログラミングでは、私たちが使うアプリを動かすコードを作るわけですが、快適なアプリを作るために一番効率良く働くコードを採用しなければなりません。そのためにコードの効率を測定するベンチマークを行います。だから快適にアプリが使えるわけですね。

IT業界でのベンチマークの使い方①パソコンの性能をベンチマークする

IT業界でのベンチマークの使い方の1つ目はパソコンの性能をベンチマークする、です。パソコンは多様な部品が集まって動く電子機器です。パソコンの用途によって部品も違えば性能も差があります。ベンチマークをすることで、パソコンの総合的な能力を測定し、仕事の早さや、効率、連携など様々な性能を評価します。

IT業界でのベンチマークの使い方②プログラムのコードをベンチマークする

IT業界でのベンチマークの使い方の2つ目はプログラムのコードをベンチマークする、です。アプリなどはプログラミング言語で出来ています。その言語でスマホに命令する処理のコードを書きます。命令コードの書き方で効率が変わるため、複数の書き方をベンチマークします。そしてより良いコードを選び抜くわけですね。

プログラミングにおけるベンチマークの調査6項目
  1. 処理が終わるまでにかかる時間
  2. 時間内にどれだけ処理ができたか
  3. メモリ消費量
  4. ディスクアクセスの頻度
  5. ページングの回数と量
  6. 温度

ベンチマークでコードの成績を測定するわけですが、実際何をしているのでしょうか。コードの効率は主に6つの項目で決まります。多様な項目がありますが、デジタルに疎いと全くピンとこない文章が並んでいるように感じるかもしれません。要するに、特定の時間内にどれだけスマートに仕事するのかを調査する項目なのです。

ベンチマークの6項目について少し解説します。1つ目は作業が終わるまでにかかる時間、2つ目は時間内の作業量です。3のメモリは作業机のようなもので、資料などを置く場所がどれだけ必要だったかです。4は資料を取りに行く頻度、5は作業机の追加と、必要な資料を出したり片付けた回数です。6は機器の発熱温度です。

経営分野でのベンチマークの意味や使い方とは?

経営分野のベンチマーク意味は他企業を模倣するというマーケティング用語

他企業を模倣する

経営分野のベンチマーク意味は、他企業を模倣するというマーケティング用語です。ベンチマーキングと呼ばれることが多いです。どういうことかというと、優れた企業の経営手法や業務プロセス、マーケティングなどを真似して、自社に良い部分を取り入れていこう、という意味です。良い企業をお手本にすることですね。

ちなみにマーケティングとは、あらゆるビジネス活動のことを指します。具体的には商品をどのようにデザインし、知ってもらい買ってもらうのか、また製造や管理なども含め、企業のすべての活動をマーケティングといいます。優れた企業は、マーケティングも優れているということで、ベンチマークの対象になりやすいわけです。

経営分野での使い方①他企業の優れたマーケティングをベンチマークする

他企業の優れたマーケティング

経営分野での使い方1つ目は他企業の優れたマーケティングをベンチマークする、です。企業は時代を生き抜くための方法として、ベンチマークという手段をとります。具体的に何をするのか簡単に言うと、上手くいっている企業が何をしているのかを見て学び、真似をするわけですね。それがベンチマークです。

経営分野でのベンチマークの使い方②他社をベンチマークして経営改革する

経営改革する

経営分野でのベンチマークの使い方2つ目は他社をベンチマークして経営改革する、です。企業も利益を追求する組織である以上、良い時悪い時がもちろんあります。そんなときは他所がしているマーケティングなどの活動、業務体系を調査して真似てベンチマークします。勢いのある企業を参考に経営改革と業務改善をするのです。

投資分野でのベンチマークの意味や使い方とは?

投資分野でのベンチマークの意味は指標銘柄と比較すること



指標銘柄と比較

投資分野でのベンチマークの意味は株式などで指標銘柄と比較することです。特定の銘柄と指標銘柄を比較して銘柄の成績を評価します。銘柄とはブランドや企業名のことです。指標銘柄とは、株式市場やその業界全体の株価が反映しやすい銘柄のことです。要するにその分野で代表的な銘柄ということです。

株式などの投資におけるベンチマークは、代表的な銘柄と、特定の好きな銘柄の成績を比較し、良し悪しを評価することを指しています。代表的な銘柄はその分野における相場の体現でもありますので、比較することで銘柄の成績が良いのか悪いのか判断しやすいのです。投資でベンチマークをする理由の1つでもあります。

投資分野でのベンチマークの使い方①ベンチマークして指標銘柄と比べる

指標銘柄と比較

投資分野でのベンチマークの使い方の1つ目はベンチマークして指標銘柄と比べる、です。投資の世界では株と呼ばれるものを売買し、収益を得ますね。そのとき、一年前の取引の成績を比較したい場合はどうするのかというと、ベンチマークを行います。指標銘柄という市場全体の平均的な成績と比較し、評価を決めるのです。

ちなみに、一般的に投資家がよく活用する指標銘柄が2つあります。1つは日経平均株価です。要するに平均の株価ですが、一体何の価格なのかというと、東証一部上場の企業です。中でも活発に取引がある株式に限定し、その総額株価の平均を出した数値が日経平均株価です。優良な日本企業の平均的な株価が分かります。

2つ目の指標銘柄はTOPIXで、正式には東証株価指数といいます。東証一部上場の日本企業すべてが対象で、全銘柄の時価総額がいくらかを指数で表しています。つまり日本のマーケットの調子の良し悪しが分かるのです。ベンチマークでは日本のマーケット全体の総合的な成績と比較して銘柄を評価することができます。

投資分野でのベンチマークの使い方②あの銘柄はベンチマークの成績が良い

ベンチマークの成績が良い

投資分野でのベンチマークの使い方の2つ目はあの銘柄はベンチマークの成績が良い、です。銘柄の成績は、指標銘柄と比較すれば分かります。つまり市場全体の平均的な成績より、その銘柄の成績は高かったのか、低かったのかが分かります。銘柄は企業を指すので、ベンチマークが良い=成績が平均以上だったことになります。

例えば、銘柄Aの株式取引の成績が良いのか悪いのか知りたいとします。基準がなければ判断できないので、日経平均株価を指標銘柄に成績を比較してみました。つまり日本の優良企業たちの平均とA社の成績を比べてみたわけです。この作業をベンチマークと言い、比較して初めてA社の成績が良し悪しが分かります。

自動車業界でのベンチマークの意味や使い方とは?

自動車業界でのベンチマークの意味は目標とする理想的な車のこと

自動車業界でのベンチマークの意味は目標とする理想的な車のことです。具体的にこの車がベンチマークにふさわしいというようなものは決まっていません。一般的にはその時に完成度が高い車がベンチマークになります。そのため、より理想的な車が登場すれば、ベンチマークの車もその都度変わるとされています。

今までにベンチマークとなった車にはどのようなものがあるのでしょうか。例えばポルシェ、BMW、フォルクスワーゲン・ゴルフなどがベンチマークになったようです。基準はその都度変化するのですが、歴代で高評価だった車は時代が過ぎてもベンチマークの対象となりやすいようです。

自動車業界でのベンチマークの使い方①BMWを目標のベンチマークに決める

自動車業界でのベンチマークの使い方の1つ目はBMWを目標のベンチマークに決める、です。車に詳しい人なら言うまでもなく、よく知らない人もBMWはすごい車だというイメージがあるはずです。一般的にBMWは「走りがよい」ことで知られ、事実としてベンチマークになるほど一級の完成度を誇る車の様です。

自動車業界でのベンチマークの使い方②新車の登場でベンチマークが変化した

自動車業界でのベンチマークの使い方の2つ目は新車の登場でベンチマークが変化した、です。時代が流れるとともに、様々な自動車が新しく登場しますね。時には、最高峰の完成度だと思われていたBMW、ポルシェを越える車が出ることもあります。ベンチマークの車はそのたびに、更新されていくのです。

ベンチマークについて詳しく学べるおすすめの書籍は?

ベンチマークが学べる書籍商品①ビジネス・プロセス・ベンチマーキング

Amazonで詳細を見る

経営のベンチマーキングという手法は、富士ゼロックスでおなじみのゼロックスの社員が生み出したものです。正確にはアメリカ本社ゼロックスのロバートCキャンプ氏が提唱した手法です。書籍「ビジネス・プロセス・ベンチマーキング」は、その生みの親ロバート氏が書いた本なのです。

内容は今でも色あせないものとなっており、経営について学ぶなら一度は読んでおきたいという声もあります。もともとは英語で書かれた本ですが、翻訳されたものが発売しています。分かりやすく読みやすいと好評です。

ベンチマークが学べる書籍商品②ベンチマーキング入門

Amazonで詳細を見る

こちらも経営手法を解説したベンチマーキングの本です。入門と書かれた通り、ベンチマークを学ぶのにうってつけの本となっています。参考用に社員に配布している会社もあるらしく、少しでも会社経営に関わるようなら、読んでおいて損はないのではないでしょうか。新しいことを知ると学びにもなりますし、おすすめです。

ベンチマークは一定の水準と比較すること

以上が分野別のベンチマークの意味と使い方でした。ITや投資、自動車、経営におけるマーケティング用語など、様々な業種で使われている用語だということがお分かりいただけたと思います。私たちも、普段の生活で何かを判断するとき、意識して比較することもありますが、無意識下でも何かを比べて生きています。

特に買い物の場面で比較することが多いと思います。お買い得かどうか、何かを基準に判断しているはずです。その基準がベンチマークであり、基準と比較することがベンチマークするということです。ビジネスや専門分野に限らず、私たちも日常的にベンチマークをして生きているのです。

そう考えると、ベンチマークは意外に身近な言葉だと感じるのではないでしょうか?ベンチマークについてはこれで終わりとなります。ほかにも面白い記事や生活に役立つ記事が多数ありますので、よろしければご覧いただければと思います。

Small thub shutterstock 551821381
関連記事 会敵・接敵の読み方と意味は?サバゲー・映画のミリタリー用語まとめ

突然ですが「会敵」や「接敵」の意味や読み方、知っていますか?「エンゲー

Small thub shutterstock 551637001
関連記事 日本人の目の色7種類!瞳の色が茶色い理由&珍しいヘーゼル色素とは?

普段、人の目の色・瞳の色を意識して見る事はありますか?印象に大きく影響

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。