Large thumb shutterstock 388617010

話題のソロウェディングとは?一人結婚式/おひとりさま婚

更新:2019.09.02

話題のソロウェディングについてご紹介しています。女性がウェディングドレスを着て、ヘアメイクをし、一人だけの写真を残したり、挙式を挙げるというのが一人結婚式のスタイルです。ソロウェディングを選ぶ女性たちには、女性ならではのある思いが秘められていることが分かりました。

若い女性の間で話題のソロウェディング(一人結婚式)とは?

女性が美しいウェディングドレス姿を残すための話題の一人結婚式

若い女性の間で話題になっているソロウェディング(一人結婚式)をご存じでしょうか。文字通り、一人で結婚式を挙げるということを意味しています。結婚式とは、愛し合うパートナー同士が二人で挙げるものですから、このソロウェディングという言葉自体に違和感を感じるという方も少なくないでしょう。

ソロウェディングとは一人結婚式という意味ですが、実際のところはウェディングドレスや白無垢姿に憧れて、その姿の写真を残しておきたいということが目的で行われることがほとんどのようです。ですから、実際に一人で挙式を挙げるというパターンがすべてではありません。

自分のお気に入りのウェディングドレスを着て、美しくヘアセットとメイクをして、素敵な自分を記念に写真に残しておくというスタイルで行われるソロウェディングが、一般的な一人結婚式の形です。

未婚女性だけではなく既婚女性がドレスをもう一度着てみたい場合にも

話題のソロウェディング(一人結婚式)は、独身女性が行うものと思っていませんか。実際のところ、ソロウェディングの目的は自分の美しい姿を写真に残すということですから、女性が未婚であるか既婚であるかは大きな問題ではありません。

もちろん、若い20代のうちにウェディングドレス姿を残したいという目的で未婚女性がソロウェディングをすることもあるでしょう。しかし、既婚女性が自分自身の結婚式で希望のドレスや衣装を着られなかったという場合や、事情があり結婚式を挙げなかった、さらにはもう一度ドレスを着てみたいという場合もあるようです。

また、既婚女性の場合、ウェディングドレス姿で、自分自身の子どもたちと一緒に写真を残すというパターンもあるようです。こういった既婚女性の場合、夫には理解が得られなくても、自分や子どもたちだけでも写真を残しておきたいという女性の気持ちは、分からなくもありませんね。

女性一人でも女性の友達同士でも

また、話題のソロウェディング(一人結婚式)は本当に自分一人で行うというパターンもありますが、親しい友人と一緒にできるというプランも人気があります。仲間同士でイメージフォトなどを撮り、最後には食事をして素敵な一日を終えるというのも、女性ならではの楽しそうなプランですね。

仲のいい友達同士で同じ時間を共有し、お互いに美しい姿で楽しく写真が撮れるというのには、魅力を感じるという方も多いのではないでしょうか。友達同士での、いい記念にもなりますね。

予算は数万円から30万円程度

予算

話題のソロウェディング(一人結婚式)に平均的にかかる予算は、数万円から30万円程度というのが相場です。写真を撮ることが目的の場合には、ドレスやヘアメイク、写真がすべてセットになっているようなプランが展開されていて、好きなドレスやブーケが選べるというような仕組みになっているようです。

なお、次の記事ではウェディングドレスに合うショートヘアスタイルについてご紹介しています。ウェディングドレスには、髪の毛をアップにしたスタイルのイメージが強いですが、ショートヘアでも素敵な花嫁ヘアを楽しむことができます。ショートヘアスタイルの花嫁さんは、ぜひ次の記事を参考になさってください。

ソロウェディング(一人結婚式)のメリットとは?

ソロウェディング(一人結婚式)のメリット①自分の美しい姿が写真に残せる

ソロウェディング(一人結婚式)のメリットの1つ目は、自分自身の一番美しい姿を写真に残せるという点です。自分自身が魅力的に感じられる体型で、自分のお気に入りのドレスをきて、美しい髪型で写真を残せるというのは素晴らしいことです。

既婚女性の場合、実際の自分の結婚式のときの姿はあまり気に入っていないということが実は多くあります。自分自身の理想的な体型ではなかった、当時よりも素敵なドレスを見つけてしまった、など、当時の写真だけでは満足できないということもあるでしょう。

ソロウェディング(一人結婚式)のメリット②未婚女性の親孝行になることも

ソロウェディング(一人結婚式)のメリットの2つ目は、未婚女性が親孝行として行うことができるという点です。これには賛否両論ありますが、実際に自分自身は結婚を急いだり焦っていなくとも、両親が結婚を切望している、ウェディングドレスをどうしても見たいといっているという場合もあるでしょう。

そんなときに、娘である自分自身のウェディングドレス姿を両親に見せてあげられるというのは、親孝行につながると言えるでしょう。そういう場合のために、ソロウェディングのプランがあるのは、とても意味のあることです。

また、次の記事ではウェディングドレスを作るためのおすすめの生地をご紹介しています。ウェディングドレスのイメージを大きく変えるのはデザインですが、使われる生地によってもその雰囲気は大きく変わります。生地についてもしっかり理解し、自分にぴったりのウェディングドレスを見つけてくださいね。

ソロウェディング(一人結婚式)のメリット③相手の有無にかかわらず気軽に

ソロウェディング(一人結婚式)のメリットの3つ目は、相手の有無にかかわらず気軽に行えるという点です。ウェディングドレスを着たい、自分自身の美しい姿を残したいと思っても、ドレス姿の写真を残すためには、今までは必ず相手の存在が必要でした。

しかし、ソロウェディング(一人結婚式)ができるプランがたくさん生まれたことで、引け目を感じることなく一人でソロウェディングを行えるようになったのは、女性にとってはとてもいいことです。

結婚前にウェディングドレスを着ると婚期を逃すというようなジンクスもありますが、そんなジンクスや言い伝えは跳ね飛ばして、自分の思うままに自分の好きなことができるというのは、とても素晴らしいことですね。

ソロウェディング(一人結婚式)をする女性への周囲の反応は?

ソロウェディング(一人結婚式)をする女性への周囲のネガティブな反応

話題のソロウェディング(一人結婚式)をする女性へは、必ずしもポジティブな反応だけではありません。「一人で結婚式なんて悲しい」「お金の無駄」など、否定的な意見も多くあります。特に男性からは、なかなか肯定的な意見は得られていないようです。

そもそも、美意識は本来男性よりも女性の方が強く持っているものです。女性の中に当然のようにある、美しい自分を大切にしたいという思いや、ウェディングドレスへの憧れや、美しい自分の姿を残しておきたいという思いを理解できる男性は、なかなかいないのかもしれません。

ソロウェディング(一人結婚式)をする女性への周囲のポジティブな反応

一方で、話題のソロウェディング(一人結婚式)をする女性へは、肯定的な反応も多く寄せられています。「自分の美しい姿を残したいのは当たり前!」「なんでコスプレはいいのに、これはダメなの?」「自分でお金を出して自分の好きなことをしているだけ」というような反応は、どれもポジティブなものですね。

比較的若い世代の女性からは肯定的な反応が多いようです。しかし、否定的な反応をされようが、肯定的な反応をされようが、自分自身の好きなことをやれているのではあれば、何の問題もないのではないでしょうか。こういったことを否定する人の多くは自分自身が好きなことができていないというパターンがほとんどのようです。

また、次の記事では自分自身の体型に似合うウェディングドレスの選び方についてご紹介しています。ウェディングドレスは肩が大きく開いたビスチェタイプだけではなく、二の腕をカバーできるタイプや、背中もしっかり隠せるタイプなどさまざまなスタイルがあります。ぜひ次の記事を参考になさってください。

ブライダル業界・写真業界のひとつの戦略だという意見も

また、否定的とも肯定的とも言えない意見としては、ソロウェディング(一人結婚式)はブライダル業界や写真業界が提示する一つの戦略であるとする意見もあります。日本における生涯未婚率は、男性も女性も年々高くなっており、50歳までに結婚しない割合は、男性が20%、女性でも10%いるとされています。

さらに、昔のようにたくさんの人を呼んで豪勢に派手に結婚式を挙げるという時代は終わりました。結婚式は挙げないというなし婚層が増え、シンプルに家族とだけで会食をする家族婚や、新婚旅行も兼ねて海外挙式、友人を呼ぶのは二次会だけというように、その結婚式の規模は縮小を続けています。

そんな危機に直面しているブライダル業界や写真業界が、対応策の一つとして提示して始まったとされるのがソロウェディングだという意見もあります。業界の戦略に乗せられているかもしれないと考えると違和感はありますが、実際にそれで女性自身が満足できているのであればそれも一つの在り方と言えるでしょう。

【東京】ソロウェディングがしたい!おすすめのおひとりさま婚サイトは?

【東京】ソロウェディングがしたい!おすすめのおひとりさま婚サイト①

東京でソロウェディングができるおすすめのおひとりさま婚サイトの1つ目は、フォトウェディング・結婚写真のaimです。今流行しているフォトジェニックな写真がたくさん並べられた特徴的なHPが、女性たちを魅了しています。ウェディングドレスだけではなく、和装などを選ぶこともでき、個々の好みにも対応が可能です。

ドレスや和装のランクにより価格が変わりますが、10万円以内で素敵な写真が残せる充実したスタジオです。無料カウンセリングも実施されており、安心してソロウェディングに臨むことができるでしょう。

フォトウェディング・結婚写真のaim

【東京】ソロウェディングがしたい!おすすめのおひとりさま婚サイト②

東京でソロウェディングができるおすすめのおひとりさま婚サイトの2つ目は、スタジオアンディです。スタジオが貸切になっているため、自分一人で撮影されるところを見られたくないという方にもおすすめです。また、和装とウェディングドレスを両方試せるプランもあるため、より満足感が得られる写真を残せるでしょう。

ウェブ上で撮影予約もできるため、毎日が忙しく事前にスタジオに足を運ぶことができないという場合でも、安心して予約することができるでしょう。

スタジオアンディ

なお、次の記事ではマリアベールについて詳しくご紹介しています。一般的なベールと異なり、レースが特徴的で上からかぶせるようなイメージで付けるのがマリアベールです。とても女性らしいエレガントな印象に憧れている方には、マリアベールはとてもおすすめです。ぜひ次の記事を参考になさってください。

宿泊付きのソロウェディングプランも充実

ご紹介したように、スタジオでドレスを選びヘアメイクを済ませるという写真がメインのプランが多いですが、一方でプランニングと撮影を一泊二日で行うというよりゴージャスなプランを展開している場合もあります。

写真を残すということだけではなく、ソロウェディングによって自分としっかり向き合いたい、より思い出に残る一人結婚式を大切に仕上げたいという女性に向いているプランです。どういう目的でソロウェディング(一人結婚式)を挙げるのかを明確にし、好みのプランを選ぶといいでしょう。

なお、次の記事では結婚式のブーケをドライフラワーにする方法をご紹介しています。結婚式と言えば、ウェディングドレスにヘアメイクなどが思い浮かびますが、意外とブーケは重要なアイテムです。選んだドレスに合う素敵なブーケを仕上げたら、ぜひ次の記事を参考にそのブーケは大切に保管しておきましょう。

ソロウェディング(一人結婚式)で自分に素敵な記念日を!

話題のソロウェディング(一人結婚式)についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。主に美しい自分の姿を写真に残すということが目的のフォトウェディングですが、自分自身の記念になる一日を作るという目的で行われることもあるということが分かりました。

いずれにしても、女性が自分が好きなことや満足できることにお金を使って、そして素敵な記念を残すというのはとても素晴らしいことです。否定的な意見もありますが、そんなことは気にせずに、ぜひソロウェディングをやってみたいという方はチャレンジしてみるといいでしょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。