Large thumb shutterstock 257854208

サーキュレーターと扇風機の違いや比較は?部屋を涼しくする方法や電気代は?

更新:2019.06.21

こちらの記事では、サーキュレーターと扇風機を比較しながら、それぞれの特色と違いについて説明しています。また、部屋を涼しくする方法や電気代を抑える方法も紹介しています。より自分の部屋の環境にあった家電を選びたい方はぜひご覧になって下さい。

サーキュレーターと扇風機の違いは?比較も!

サーキュレーターと扇風機は風の当たり方に違いがある

サーキュレーターと扇風機は風の当たり方に違いがあります。サーキュレーターの場合は風を直線状にまっすぐ当てることができます。風の勢いも強いことが多く、人に当たると体の一部分だけ強い風がぶつかってくる状態になります。扇風機はサーキュレーターとは違い、風を比較的柔らかく広げて当てることができます。

扇風機を人に当てるとより広範囲に風を当てることができます。このような風の当たり方の違いを利用して、賢く使い分けることが大切になってきます。

扇風機はサーキュレーターと比較すると単体でも涼みやすい

扇風機はサーキュレーターと比較すると単体でも涼みやすいことがわかります。扇風機は風を集め、扇で風を前方に向けて押し出してくれます。そのため扇風機の前に座っている人の体の全体を冷やしやすく、サーキュレーターよりも家電単体で使いやすいでしょう。

また人の体にちょうど良い量の風だけ当ててくれるため、長時間風を受けていてもサーキュレーターと比較すると肌へのダメージも少なく済みます。

詳しく説明!サーキュレーターについて!違いなども

詳しく説明!サーキュレーターについて!①空気を循環させる機能がある

詳しく説明!サーキュレーターについての情報の1つ目は、空気を循環させる機能があるということです。サーキュレーターは風を遠くまで送り出すことで、空気を循環させるためのポンプのような役割を果たします。そのため、空気の流れをより動かしやすくすることができます。

部屋の一部分の空気がこもっていると、熱もこもってしまって快適には過ごしにくいスペースができてしまうこともあります。サーキュレーターはそういった状態を解消して、部屋の隅々まで快適な温度を保ちやすくしてくれます。

詳しく説明!サーキュレーターについて!②エアコンと一緒に使うと良い

詳しく説明!サーキュレーターについての情報の2つ目は、エアコンと一緒に使うとさらに効果を発揮でき相性が良いということです。サーキュレーター単体では部屋の空気の流れを作り出すことしかできなくても、エアコンを加えることでより効率よくエアコンの風を循環させることができます。

夏の暑い時期にはサーキュレーターを上に向けてエアコンから水平に出た冷たい空気が部屋の下部分に溜まってしまうことを防ぐことができます。冬の寒さを解消したい時は、サーキュレーターは上に向け、エアコンの風を下に向けて部屋の上部分に溜まった暖かい空気を動かすようにすると良いでしょう。

詳しく説明!サーキュレーターについて!③部屋干し時の除湿にも役立つ

詳しく説明!サーキュレーターについての情報の3つ目は、部屋干し時の除湿にも役立つということです。サーキュレーターの勢いのある風はより早く洗濯物が乾くように働きかけてくれます。洗濯物に対し風が当たるように斜めに傾けたサーキュレーターを置き、スイッチを入れましょう。

サーキュレーターによって洗濯物から出ている湿気を押し出せば、より早く乾きやすい状態を作り出すことができます。また、部屋自体に湿気が溜まりにくくしてくれる働きもあります。

詳しく説明!サーキュレーターについて!④見た目がおしゃれなものもある

詳しく説明!サーキュレーターについての情報の4つ目は、見た目がおしゃれなものもあるということです。サーキュレーターは扇風機と違い比較的スタイリッシュなデザインのものが多く、カラーなどにこだわればより部屋の印象に合ったものを選ぶことができます。

また、無印良品にはおしゃれで使いやすいサーキュレーターが販売されています。こちらの記事では無印良品のサーキュレーター5つについて紹介されています。実際に使った方の口コミなど、細かな情報も集めることができるのでぜひご覧になって下さい。

詳しく説明!扇風機について!違いなども

詳しく説明!扇風機について!①寝ている時に涼むために便利

詳しく説明!扇風機についての情報の1つ目は、寝ている時に涼むために便利ということです。人の体に当たっても優しい量の風を送ってくれる扇風機はサーキュレーターと比較すると起動している時の音も静かです。睡眠を邪魔しない音量で体周りを涼しく保ってくれます。タイマー機能がついていることが多いのもポイントです。

詳しく説明!扇風機について!②羽のないタイプの扇風機もある

詳しく説明!扇風機についての情報の2つ目は、羽のないタイプの扇風機もあるということです。羽のない扇風機は、小さい子供がいたずらをしても怪我をすることが少なく、安全に使いやすいです。また扇形のタイプよりも効率的に風を当てることができるため、より涼みやすいです。

詳しく説明!扇風機について!③購入する時は重さや大きさに注意

詳しく説明!扇風機についての情報3つ目は、購入する時は重さや大きさに注意した方が良いということです。特に機能が充実している扇風機は、その分重さがあって運びにくかったり、とても大きかったりすることがあります。日々の生活の中で使いやすいものかどうかもよく考慮する必要があるでしょう。

また、扇風機というと事務的なデザインのものを思い浮かべる方も多いでしょう。しかしおしゃれな見た目の扇風機について知ることでより部屋のインテリアにも合う扇風機を見つけやすくなります。こちらの記事ではおしゃれなデザインの扇風機を19種類紹介しています。ぜひご覧になってお気に入りのデザインを探しましょう。

詳しく説明!扇風機について!④サーキュレーター機能が付いたものもある

詳しく説明!扇風機についての情報の4つ目は、サーキュレーター機能が付いたものもあるということです。扇風機の中には、サーキュレーター機能付きで真上にも風を当てることができるタイプのものもあります。やや高額にはなりますが、サーキュレーターと扇風機で迷っている方にはおすすめです。

サーキュレーターや扇風機で電気代を抑えながら部屋を涼しくする方法は?

電気代を抑えながら部屋を涼しくする方法①DCモーターのものを選ぶ

電気代を抑えながら部屋を涼しくする方法の1つ目は、DCモーターのものを選ぶようにするということです。サーキュレーターや扇風機に使われているモーターには、DCモーターとACモーターの2種類があります。DCモーターのタイプのものは、値段は高めですがACモーターと比較すると電気代がかかりにくいです。

値段が高い分、風を当てる量の調節など、機能も多く備わっていることが多いです。余裕があれば、DCモーターのサーキュレーターや扇風機を選ぶようにしましょう。長く使えば使うほど、かかる電気代の違いは顕著になっていきます。

また、DCモーター扇風機にはどんなものがあるか知ることで、より具体的にどのくらいの予算が必要になるのか、どんな風に使えるのか想像することができます。こちらの記事ではDCモーター扇風機について詳しく説明されています。おすすめの扇風機も紹介されているので、ぜひチェックして情報を集めてみて下さい。

電気代を抑えながら部屋を涼しくする方法②熱い空気を動かして冷えやすく

電気代を抑えながら部屋を涼しくする方法の2つ目は、先に熱い空気を動かして冷えやすくするということです。エアコンと一緒にサーキュレーター、もしくは扇風機を使う場合に特に有効な方法です。サーキュレーターや扇風機の風を上に向けて部屋の上部分に溜まっている熱い空気を循環させるようにしましょう。

一緒にエアコンも起動させ、こちらも上から冷たい風を送り込むようにすれば、さらに効率よく部屋を涼しくすることができます。エアコンは送り込む風の量を自動で調節するモードで起動させるとサーキュレーターや扇風機と共に電気代を抑えながら部屋の温度を快適に保ってくれます。

サーキュレーターと扇風機の違いを知ろう!

サーキュレーターと扇風機の違いを知って、自分の部屋に必要と感じるものや、より使いやすそうなものはどちらか比較してみましょう。部屋にエアコンがあるかないか、どんな季節を快適に過ごしたいかによって買ったほうが良い家電は変わってきます。自分の部屋により適したサーキュレーターや扇風機を選んでみましょう。

サーキュレーターも扇風機も、付いている機能によって色々な使い方ができます。なるべく静かなタイプが良いか、節約できるものが良いか、長く使えるものが良いか、安全に使いやすいものが良いか条件を洗い出してみましょう。お気に入りの機能付きの家電を使えば、より快適に過ごせる部屋にしていくことができます。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。