INDEX

アパートとマンションの違いは?比較も!

アパートとマンションを比較すると作りに違いがあることが多い

アパートとマンションを比較すると、作りに違いがあることが多いです。アパートの場合は木造であることが多いです。また金属を使っていても比較的軽い作りになっていることがしばしばあります。マンションはアパートと違い、鉄筋コンクリートや鉄骨、もしくはその両方を使って造られていることが多いです。

しかし、マンションにおいては賃料が相場より安めなものは軽めの金属で造られていることもあります。アパートであるから木造、マンションであるからしっかりした金属の造り、とは一概に言えないこともあります。入居する前にしっかり条件を確認しておくと良いでしょう。

アパートとマンションは何階まであるかの違いもある

アパートとマンションには何階まであるかの違いもあります。アパートは比較的低めの建造物である場合が多く、高くても3階ほどまでであることがほとんどです。しかし、マンションは特に何階までのものであるか、定義は決まっていません。建築法に反していなければどのような高さでもマンションと呼称されます。

特に高い階層が特徴的なものは高層マンション、タワーマンションなどと呼ばれることはあります。ですが、全てマンションという言葉で一括りにすることができます。

詳しく説明!アパートについて!違いなども

詳しく説明!アパートについて!①団地ならより安価に住みやすい

詳しく説明!アパートについての情報の1つ目は、団地ならより安価に住みやすいということです。アパートは比較的安価な物件が見つかりやすいですが、団地のアパートならさらに賃料が安くなる場合があります。その分古くに造られたものであったり部屋が狭かったりとデメリットもあります。賃料と環境を比較してみましょう。

また、団地のアパートの中にはDIYで自由にリノベーションを楽しむことができる場合もあります。条件によって色々な住み方をしやすいことも特徴的です。

詳しく説明!アパートについて!②木造であることが多く湿気に強い

詳しく説明!アパートについての情報2つ目は、木造であることが多く湿気に強いということです。アパートの木造であるという特徴は、一見強度が不安に感じられますが、空気を通しやすく湿気を溜め込みにくい構造であるということにもなります。マンションの場合はアパートと違い空気を溜め込みやすく、換気が大切です。

冬など外気と家の中に気温差が生じやすい時にも結露に悩まされにくく、もし日当たりが悪くなければカビなども発生しにくいです。

詳しく説明!アパートについて!③セキュリティには難があることも

詳しく説明!アパートについての情報3つ目では、セキュリティには難があることもあるということです。アパートには防犯になるカメラなどでの入り口の監視などが行われないことがほとんどです。また扉を閉めた時にすぐに鍵が閉まるようにはなっていないため、手動で手早く鍵をかける必要があります。

自分の身は自分で守るという認識がないと、安全面が完全に保証された暮らしをすることは難しいでしょう。自分から防犯のための設備を整えることも時には必要になってきます。

また、特に女性の一人暮らしの場合は防犯に気をつけたほうが良いでしょう。こちらの記事では、女性が一人暮らしをする時におすすめな防犯グッズ11種類について紹介しています。賃貸のアパート暮らしで注意するべきポイントもまとめられているので、女性の方は身を守るためにも特にチェックしておくようにしましょう。

詳しく説明!アパートについて!④防音はおろそかになっていることも

詳しく説明!アパートについての情報の4つ目は、防音はおろそかになっていることもあるということです。アパートはマンションと違い壁が薄めの設計になっていることもあります。そのため隣部屋の住人が流している音楽や、階段近くの場合は住人が階段を登る音なども聞こえることがあります。

自分の生活音が迷惑にならないようによりしっかりとマナーを守って暮らす姿勢も大切になってくるでしょう。なるべく角部屋を選ぶようにしたり、防音設備を整えることが効果的です。

詳しく説明!マンションについて!違いなども

詳しく説明!マンションについて!①構造がしっかりしていて安心して住める

詳しく説明!マンションについての情報1つ目は、構造がしっかりしていて安心して住めるということです。マンションは硬く重い金属でできていることが多いため、地震や火災などにも強いです。小規模な災害であれば大きな被害が出づらく、近隣トラブルなどの問題が特になければ長く暮らしやすいという強みがあります。

詳しく説明!マンションについて!②建築費がかかっているためコストは高め

詳しく説明!マンションについての情報2つ目は、建築費がかかっているためコストは高めであるということです。しっかりとした造りになっている分賃料が高めで、アパートと違い家賃の支出が増えやすいです。また、車に乗っている人は住人として駐車場を使うことになります。利用料金もやや高めに支払う必要があるでしょう。

詳しく説明!マンションについて!③防音機能やロック機能などが充実

詳しく説明!マンションについての情報3つ目は、防音機能やロック機能などが充実していることです。マンションは隣部屋や上や下の階の部屋ともしっかりと音が遮られやすく、他の人の生活音が気になることが少ないです。またオートロック機能が付いていることも特に初めての一人暮らしの時などには嬉しいポイントです。

詳しく説明!マンションについて!④管理のために使われるお金がかかる

詳しく説明!マンションについての情報の4つ目は、別途管理のために使われるお金がかかるということです。マンションには管理人がいることが多く、またある程度高さのあるマンションであればエレベーターも付いています。利便性や安全面と引き換えに、マンションの管理のために徴収されるお金は増えていきます。

集合住宅や賃貸の定義とは

集合住宅の定義は1つの建物に2つ以上の住める部屋があること

集合住宅の定義は1つの建物に2つ以上の住める部屋があることです。2つ以上、と定義されているため隣部屋と壁1枚を隔てて繋がっている、という構造で2部屋を備えた家も集合住宅と言われます。こういったやや特殊な例も含まれますが、基本的にはアパートやマンションなどをまとめて示すために使われる言葉です。

集合住宅は1人1人自由に住むための部分と住人全体で使う部分に分けられる

集合住宅は1人1人自由に住むための部分と住人全体で使う部分に分けられるのもポイントです。集合住宅は色々な人が一緒に利用している施設です。管理人が普段いるスペースや維持費について話し合ったり交流会を企画したりする部屋もみんなで使う部分とされます。また建物の入口やゴミ捨て場、エレベーターも同様です。

1人1人が住んでいるスペースについては決まり事を守ればやや自由に過ごせ、プライベートな空間として使えます。しかし、集合住宅である以上みんなで使う部分はよりルールをしっかりと守って使う必要があります。

賃貸の定義は契約によって他の人に貸し出すことが決められた建物であること

賃貸の定義は契約によって他の人に貸し出すことが決められた建物であることです。管理人や大家さんと契約を結んだ場合だけでなく、一時的に誰かが事情があって他の人に貸すことになった住居についても賃貸と定義されます。

賃貸には賃料以外にも敷金と礼金、保証金などの費用が必要になることもある

賃貸には賃料以外にも敷金と礼金、保証金などの費用が必要になることもあります。また、一見敷金などの諸費用がないように見えても、家賃に前もって盛り込まれていることもあるため注意が必要です。煮た条件の物件を比較してかかる費用を計算するのも良いでしょう。

アパートとマンションの違いを知ろう!

アパートとマンションの違いを知って自分はどちらにより住みたいか考えてみましょう。どんな環境に住んでいたいか、自分の求める条件を改めて見直すことができます。一人暮らしをするとしたらどんな部屋に住みたいか、どこまでお金をかけられるか実際に考えることができ自分の希望について細かく知ることができるでしょう。

また、マンションの小さめの部屋でもインテリアにこだわれば、おしゃれな空間を演出することができます。こちらの記事ではおしゃれなマンションのインテリアについて紹介しています。狭い部屋でも伸び伸びと過ごしやすくするためのコツなども説明されています。画像などでイメージを掴むためにも、ぜひご覧になって下さい。

Small thumb shutterstock 600408062
関連記事 おしゃれなマンションインテリアは?狭いリビングレイアウト実例10個

狭いリビングでも諦めない!おしゃれなマンションインテリアのコツや家具選

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。