INDEX

焼きリンゴとは?食べるメリットは?

焼きリンゴとはリンゴを丸焼きしたスイーツ

焼きリンゴは何かや食べるメリット1つ目は、「リンゴを丸ごと丸焼きにした料理である」ということです。デザートとしてはもちろん、料理の付け合わせとして出されることも多く、いろいろな場面で登場することの多いスイーツです。

また、リンゴは味付けをしなくても甘みがあり、さらに火を通すことで満腹感を増やすことができるフルーツですので、焼きリンゴはダイエットにも効果的なスイーツとなっています。さらに、焼きリンゴはリンゴを丸ごと丸焼きにした料理ですので、食べ応えも抜群でおすすめです。

焼きリンゴを食べるメリットは便秘解消効果やビタミンCも豊富!

焼きリンゴは何かや食べるメリット2つ目は、「便秘解消効果やビタミンCも豊富なスイーツ」だということです。焼きリンゴには、腸に良い菌を増やす栄養素が豊富に含まれていることから、便秘を解消することができるというメリットがあります。

また、加熱すると無くなってしまうことの多いビタミンCですが、焼きリンゴに含まれるビタミンCは加熱してもなくならないタイプとなっていますので、便秘解消だけでなく風邪予防ができるなどのメリットもあります。

焼きリンゴの作り方は?レンジ編

レンジでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方①必要なものを準備する

レンジでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方1段階目は、「必要なものを準備する」ということです。具体的に必要なものは以下の通りとなっています。レンジで作る焼きリンゴはご自宅にあるような少ない材料で簡単に作ることができます。砂糖の代わりにグラニュー糖やはちみつを使っても美味しく作ることができますよ。

焼きリンゴをレンジで作るために必要なもの(1人分)
リンゴ 1玉
砂糖 大さじ1
バター 10g

レンジでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方②レンジで加熱して完成!

レンジでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方2段階目は、「レンジで加熱して完成」させる」ということです。具体的な作り方は以下の通りとなっています。なお、リンゴの芯の部分を取り除く際には、大きめのスプーンで円を描くようにして取り除くと作業をスムーズに進めることができておすすめです。

また、電子レンジでの温めが終わったら、シナモンパウダーをかけるとさらに美味しくいただくことができますので、そちらの食べ方もぜひトライしてみてください。

レンジで作る人気で簡単な焼きリンゴの作り方
  1. リンゴの芯の部分を取り除く。
  2. リンゴに穴が開くので、その中にバターを加える。
  3. バターの上から砂糖を加える。
  4. バターや砂糖を加えたリンゴをグラタン皿などの深皿に入れる。
  5. 深皿の上からラップをする。
  6. 電子レンジを500Wに設定し、7分間温めれば完成!

焼きリンゴの作り方は?オーブン編

オーブンでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方①オーブン加熱の下準備をする

オーブンでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方1段階目は、「オーブンで加熱する下準備をする」ということです。オーブンを使って焼きリンゴを作る際には、まず以下の必要なものを準備しましょう。なお、この段階であらかじめオーブンに200度で3分間予熱をかけておくと作業がスムーズになっておすすめです。

オーブンを使って焼きリンゴを作るために必要なもの(1人分)
リンゴ 1玉
砂糖 小さじ2
バター 2かけ(1かけにつき10gずつ)

オーブンでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方②丸ごと焼いて完成させる

オーブンでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方2段階目は、「オーブンでこんがり焼いて完成させる」ということです。具体的な作り方は以下の通りとなっています。なお、最初にバターを入れる際には、1かけを半分に入れるのがおすすめですので、参考にしてみてくださいね。

また、今回ご紹介している作り方ではリンゴを丸ごと丸焼きにしていますが、作業をしやすくしたり食べやすくするために、丸ごとではなく半分にカットした上で芯をくり抜くのもおすすめです。芯を取り除きにくい際には、果物ナイフで芯の周りに切り口を入れて、スプーンを使って芯をくり抜くとスムーズに芯を取り除けます。

オーブンを使った焼きリンゴの作り方
  1. リンゴを洗い、リンゴの芯をスプーンを使って取り除く。
  2. スプーンを使って砂糖をリンゴの中に入れる。
  3. 2かけ用意したバターのうち、1かけをリンゴの中に入れる。
  4. 残りのバターをリンゴの上に蓋をするように置く。
  5. 200度に温めておいたオーブンで、様子を見ながら30分程度焼けば完成!

焼きリンゴの作り方は?フライパン編

フライパンでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方①リンゴをカットする

フライパンでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方1段階目は、「必要なものを用意して、リンゴをカットする」ということです。フライパンで焼きリンゴを作るときに必要なものは以下の通りとなっています。

フライパンで焼きリンゴを作るときに必要なもの(1人分)
リンゴ 1玉
バター 10g
砂糖 小さじ2
はちみつ お好みの量

なお、リンゴは洗った後に芯をくり抜き、2cmから2.5cmの厚さでカットすると食べやすくおすすめです。また、フライパンで焼きリンゴを作る際には皮なしでもOKですので、お好みに合わせて調理してみてください。

フライパンでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方②はちみつで甘く仕上げる

フライパンでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方2段階目は、「はちみつで甘く仕上げる」ということです。具体的な作り方は以下の通りとなっています。

なお、両面こんがりとした焼き上がりにしたい場合には、最初ははちみつをかけず、焼き始めて3分程度経った段階で1度ひっくり返し、それからはちみつをかけて焼くのがおすすめです。フライパンならレンジなどでは作るのが難しい食べやすいサイズの焼きリンゴを手軽に作ることができますので、ぜひ作ってみてくださいね。

フライパンを使って作る焼きリンゴの作り方
  1. フライパンにバターを溶かし入れて、全体が温まるまで弱火にかける。
  2. カットしたリンゴをフライパンに乗せる。
  3. リンゴの上に砂糖とはちみつをかける。
  4. 弱火のままで5分間火にかける。
  5. リンゴ全体に透明感が出てきたら火を止め、おさらに盛りつければ完成!

焼きリンゴの作り方は?トースター編

トースターでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方①必要なものを用意し下準備

トースターでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方1段階目は、「必要なものを用意してトースターで焼く下準備をする」ということです。トースターで焼きリンゴを作る際に必要なものは以下の通りとなっています。トースターを使って作る焼きリンゴは、お皿を使わないので洗い物も減っておすすめです。

なお、アルミホイルはリンゴを丸ごと1玉包んだときに、少し余りが出るくらいの大きさにカットするとスムーズにトースターでの調理に移ることができますよ。また、バターについては15gから20gを目安にお好みの量を用意すると良いでしょう。

トースターを使って焼きリンゴを作る際に必要なもの(1人分)
リンゴ 1玉
アルミホイル 1枚
砂糖 小さじ2
バター お好みの量

トースターでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方②丸ごと包んで焼き上げる

トースターでの人気で簡単な焼きリンゴの作り方2段階目は、「リンゴを丸ごと包んで焼き上げる」ということです。具体的な作り方は以下の通りとなっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。なお、アルミホイルで全体を包む際には砂糖などを入れた部分が上に来るようにして包むのがポイントです。

また、砂糖の代わりにはちみつやグラニュー糖を入れても美味しくいただくことができます。カロリーを控えめにしたいダイエット中の方や、甘さ控えめの焼きリンゴを食べてみたいという方は参考にしてみてくださいね。なお、焼き上がりを確認する際にはやけどを防ぐために調理用ミトンを使うようにしましょう。

トースターを使った焼きリンゴの作り方
  1. リンゴを洗い、スプーンなどを使って芯をくり抜く。
  2. リンゴの中に、砂糖と小さめにカットしたバターを入れる。
  3. アルミホイルでリンゴ全体を包む。
  4. トースターに入れて、時折様子を見ながら30分から40分焼けば完成!

焼きリンゴのアレンジレシピ5つ

焼きリンゴのアレンジレシピ①美容効果も!ココナッツオイルがけ

焼きリンゴのアレンジレシピ1つ目は、「焼きリンゴのココナッツオイルがけ」です。焼きリンゴにココナッツオイルをかけることで、肌を綺麗にするなどの美容効果を期待することができます。焼きリンゴのココナッツオイルがけに必要なものや、具体的なレシピは以下の通りとなっていますのでぜひトライしてみてくださいね。

焼きリンゴのココナッツオイルがけに必要なもの(1人分)
焼きリンゴ 1人分
ココナッツオイル お好みの量
美容効果も期待できる焼きリンゴココナッツオイルがけの作り方
  1. 焼きリンゴを深皿に入れる。
  2. 深皿に入れた焼きリンゴの上からお好みの量のココナッツオイルをかける。
  3. 深皿にラップをかける。
  4. 500Wに設定したレンジで30秒間温めれば完成!

今回この項目でご紹介したレシピでは深皿を使って焼きリンゴを温めていましたが、以下の記事では無印良品で販売されている食器が15種類紹介されています。深皿がご自宅にないという方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 476847736
関連記事 無印良品の食器15選!評判・口コミは?お皿/ワンプレート/カップ

無印良品の食器やお皿についてご紹介しています。無印良品の食器は、素材に

焼きリンゴのアレンジレシピ②スイーツ好き必見!焼きリンゴパンケーキ

焼きリンゴのアレンジレシピ2つ目は、スイーツ好きの方必見の「焼きリンゴパンケーキ」です。この焼きリンゴパンケーキは、ご自宅で簡単に作ることができる焼きリンゴとパンケーキの組み合わせが絶妙で美味しいお菓子ですので、ぜひ作ってみてくださいね。画像のようにバニラアイスをトッピングするのもおすすめです。

焼きリンゴパンケーキに必要なものや具体的な作り方は以下の通りは以下の通りとなっています。なお、以下のレシピではホットケーキミックスを使って作ったパンケーキに焼きリンゴをトッピングしていますが、ご自宅にホットケーキミックスがない場合にはコンビニなどで販売されているパンケーキでも代用できます。

焼きリンゴパンケーキに必要なもの(1人分)
ホットケーキミックス 1食分
ホットケーキミックスのパッケージに記載されている材料 1食分
焼きリンゴ お好みの量
ホイップクリーム お好みの量
焼きリンゴパンケーキの作り方
  1. ホットケーキミックスのパッケージに記載されている作り方の通りにパンケーキを1枚焼く。
  2. パンケーキをお皿に移す。
  3. パンケーキの上に焼きリンゴとホイップクリームを乗せれば完成!

焼きリンゴのアレンジレシピ③焼きリンゴを使ったエッグベネディクト

焼きリンゴのアレンジレシピ3つ目は、「焼きリンゴを使ったエッグベネディクト」です。焼きリンゴを使ったエッグベネディクトに必要なものや、具体的な作り方は以下の通りとなっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。イングリッシュマフィンは大型スーパーで販売されていますので、ぜひ探してみてください。

焼きリンゴを使ったエッグベネディクト(1人分)
イングリッシュマフィン 1枚
焼きリンゴ(スライスタイプ) 1人分
卵黄 卵1玉分
バター 10g
塩こしょう 適量
レモン汁 少々
1玉
100ml

以下のレシピの中で、卵を入れたお皿に水を入れる場面がありますが、この場合には黄身の部分を避けて全体に円を描くようなイメージで流し入れることがポイントとなっています。また、付け合せにスクランブルエッグやトマトなどを乗せると、ご自宅にいるのにカフェでモーニングをいただいているかのような気分を味わえます。

焼きリンゴを使ったエッグベネディクトの作り方
  1. 卵をお茶碗程度の深さのあるお皿に割り入れる。
  2. 卵を入れたお皿にお水を入れる。
  3. 500Wに設定した電子レンジで様子を見ながら2分間温め、ポーチドエッグを作る。
  4. 卵を穴の空いたお玉などを使って取り出し、水気を切る。
  5. 卵が入っていたお皿の中にある水を捨てたら、同じお皿に卵を戻す。
  6. 電子レンジを使ってバターを溶かし、卵黄、塩こしょう、レモン汁と一緒にボウルに入れて混ぜ、ソースを作る。
  7. マフィンをオーブントースターなどで焼き、焼きリンゴ、ポーチドエッグ、ソースの順にかけたら焼きリンゴを使ったエッグベネディクトの完成!

焼きリンゴのアレンジレシピ④朝食にも!焼きリンゴアイス

焼きリンゴのアレンジレシピ4つ目は、簡単に作れるので朝食にもぴったりな「焼きリンゴアイス」です。焼きリンゴアイスに必要なものや具体的な作り方は以下の通りとなっています。ひんやりとしたスイーツですので、暑い夏にもおすすめです。

焼きリンゴアイスに必要なもの(1人分)
食パン 1枚
焼きリンゴ 1人分
お好きなフルーツ お好みの量
バニラアイス お好みの量
焼きリンゴアイスの作り方
  1. 食パンを1枚オーブントースターでトーストする。
  2. 食パンがこんがり焼けたら、食べやすい平皿に移す。
  3. トーストの上に焼きリンゴ、お好みのフルーツ、バニラアイスを盛りつければ完成!

この項目では、オーブントースターを使った焼きリンゴのアレンジメニューをご紹介しましたが、以下の記事では人気のトースターがランキング形式で紹介されています。新しく買い替えをご希望の方やトースターをお持ちでない方など、興味のある方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。

焼きリンゴのアレンジレシピ⑤はちみつ焼きリンゴヨーグルト

焼きリンゴのアレンジレシピ5つ目は、「はちみつ焼きリンゴヨーグルト」です。このはちみつ焼きリンゴヨーグルトは、おしゃれな朝食を楽しみたい方にぴったりなアレンジですので、気になる方はぜひ作ってみてくださいね。はちみつ焼きリンゴヨーグルトに必要なものや具体的な作り方は以下の通りとなっています。

焼きリンゴは、ジッパー機能付きの袋に入れて冷凍庫で保存すれば1ヶ月程度楽しむことができます。このはちみつ焼きリンゴヨーグルトは、焼きリンゴをあらかじめ冷凍しておけば簡単に作ることができますので、忙しい朝にホッと一息つきたい方にもおすすめです。

はちみつ焼きリンゴヨーグルトに必要なもの(1人分)
水切りヨーグルト 1食分
焼きリンゴ(スライスタイプ) 1人分
はちみつ お好みの量
はちみつ焼きリンゴヨーグルトの作り方
  1. おしゃれなお皿に水切りヨーグルトを乗せる。
  2. 水切りヨーグルトの上に、スライスタイプの焼きリンゴを乗せる。
  3. 焼きリンゴを乗せた水切りヨーグルトの上からはちみつをかければ完成!

作り方をマスターして焼きリンゴを作ってみよう!

この記事では、焼きリンゴの作り方やアレンジレシピ、焼きリンゴを食べるメリットなどをご紹介しました。いかがだったでしょうか。

焼きリンゴは、材料が揃えばトースターやフライパンなどさまざまな調理器具で簡単に作ることができます。今回ご紹介した作り方の情報などを活かして、ぜひ焼きリンゴを作ってみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。