Large thumb shutterstock 508385578

鯖缶アレンジレシピ25選!料理のつまみになる水煮・味噌煮の人気レシピも

更新:2019.06.21

鯖缶を使って作るアレンジレシピをご紹介しています。おつまみとして食べられるレシピから、食事のメイン料理やご飯ものとして味わえる人気のお料理まで、さまざまなジャンルのレシピを解説しています。鯖の水煮も味噌煮も、美味しくアレンジしてみましょう。

鯖缶の種類は?

鯖缶の種類①鯖の味噌煮缶

鯖缶の種類の1つ目は、鯖の味噌煮缶です。鯖の味噌煮の缶詰は、鯖の缶詰の中でも一番メジャーなものでしょう。味噌独特の甘い味わいが、大人も子どももみんな大好きな味わいです。

鯖の味噌煮は、自宅でも簡単に作ることができるおかずですが、自宅で作る鯖の味噌煮と、缶詰の鯖味噌煮缶はまた異なる味わいですね。手軽ですし、夕食にも朝食にも合わせられるおすすめのおかずです。

鯖缶の種類②鯖の水煮缶

鯖缶の種類の2つ目は、鯖の水煮缶です。その名の通り、鯖を水と塩のみで煮て仕上げているのが鯖の水煮缶です。味噌煮缶よりも味わいがさっぱりしているため、おつまみとしても美味しく味わうことができるものです。

鯖缶は、味噌煮と水煮のほかにも、醤油煮などもあります。また、オリーブオイル漬けやトムヤム漬けという変わり種もあります。どんな缶詰でも、美味しく食べることができそうですね。

なお、次の記事では鯖の採れる旬の時期についてご紹介しています。どの季節に鯖がよく採れるのでしょうか。また、鯖の産地として有名なところや、人気グルメについても解説しています。ぜひ次の記事を参考になさってください。

鯖缶のメリットデメリット5選

鯖缶のメリット①骨まで食べられる

鯖缶のメリットの1つ目は、しっかりと煮込んで作られているため骨までやわらかく美味しく食べられるという点です。鯖缶の鯖よりも、骨が好きという方は多いのではないでしょうか。そのため、カルシウムを多く採ることができ、子どもたちにもおすすめです。

鯖缶のメリット②時間がないときにおすすめ

時短

鯖缶のメリットの2つ目は、時間がないときにも魚を食べられるという点です。朝の忙しい時間に、魚をしっかり食べたいが、グリルで焼いている時間はないという家庭も多いのではないでしょうか。そんなときに缶を開けるだけで食べられる鯖缶は、朝の強い味方になります。

鯖缶のメリット③保存料が使われていない

ヘルシー

鯖缶のメリットの3つ目は、保存料が使われていない鯖缶が多くあるということです。缶で密封してしまうため、保存料を使わずとも長期間の保存食として保管しておくことができます。保存料や成分について気になるという場合には、鯖缶を購入する際に、しっかり裏面の表示を確認するようにしましょう。

鯖缶のデメリット①塩分が強い

塩分

サバ缶のデメリットの1つ目は、塩分量が多いということです。塩を使って調理するため、気になる方も多いかもしれません。しかし、魚を調理する際、塩や醤油などの調味料は必ず使うことになります。

焼き魚を焼くときには塩を振りますし、お刺身として食べる場合にも必ず醤油をつけて食べるでしょう。そう考えると、必ずしも鯖缶の塩分量は多いというわけではありません。しょっぱく感じる場合には、調理法を変えながら楽しめるといいでしょう。

鯖缶のデメリット②量が多く残してしまうことも

鯖缶のデメリットの2つ目は、その量が多く一度で食べきれないことがあるということです。鯖缶一つの量にもよりますが、おつまみとして楽しもうと思っても、鯖缶を一つ食べきれるということは少ないのではないでしょうか。

そんなときには、鯖缶をアレンジレシピの材料として使えるといいでしょう。次項以降でアレンジレシピやリメイクレシピをご紹介していますから、ぜひ参考になさってください。

【おつまみ】鯖缶のアレンジレシピ9選

【おつまみ】鯖缶のアレンジレシピ①鯖水煮缶の春巻き

鯖缶のアレンジレシピおつまみ編の1つ目は、鯖缶の春巻きです。鯖缶を細かく砕いて混ぜ合わせたタネを、春巻きの皮に包んであげています。鯖の深い味わいが楽しめる、美味しいおつまみとして食べられそうです。

春巻きの一般的な具材は野菜や春雨、肉類などですが、そのような一般的な味わいの春巻きに飽きてしまったという場合には、ぜひ鯖の水煮缶を使った春巻きを作ってみてはいかがでしょうか。

【おつまみ】鯖缶のアレンジレシピ②鯖水煮缶の煮物料理

鯖缶のアレンジレシピおつまみ編の2つ目は、鯖水煮缶を使った煮物です。鯖の味噌煮はそのままおつまみとして食べるには少し味が濃いため、ぜひ野菜などと一緒に煮て食べるといいでしょう。ねぎなどの薬味をたっぷりのせて食べると、いいお酒のおともになりそうですね。

また、鯖の臭みが気になるという場合には、一緒に生姜のスライスを入れて煮てみるといいでしょう。ぜひおつまみに、野菜と鯖水煮の煮物を作ってみてくださいね。

【おつまみ】鯖缶のアレンジレシピ③鯖水煮缶とひじきの卯の花

鯖缶のアレンジレシピおつまみ編の3つ目は、鯖缶とひじきの卯の花です。ひじきの卯の花は食べたこともある方が多いのではないでしょうか。そこに鯖の水煮を加えることで、より味わいの深い卯の花を楽しむことができるでしょう。

おからとひじきというとても健康にいい組み合わせに、鯖水煮缶が加われば、よりヘルシーなおつまみになりそうですね。ぜひ試してみてください。

【おつまみ】鯖缶のアレンジレシピ④鯖缶そぼろ

鯖缶のアレンジレシピおつまみ編の4つ目は、鯖缶そぼろです。鯖缶そぼろは、鯖缶を細かく刻んで、フライパンで炒めてそぼろにして食べます。ごはんにのせたり、お弁当に入れたり、そのままお酒のお供として楽しむのにおすすめです。

また、鯖缶そぼろは、水煮缶でも味噌煮缶でもどちらでも作ることができます。ぜひお好みの鯖の缶詰で、美味しいそぼろを作ってみてくださいね。

【おつまみ】鯖缶のアレンジレシピ⑤鯖缶コロッケ

鯖缶のアレンジレシピおつまみ編の5つ目は、鯖缶のコロッケです。やわらかくつぶしたジャガイモに、ひき肉の代わりに鯖缶を使ってみてください。味もしっかりついているため、調味なしでも美味しく楽しむことができます。

鯖缶コロッケも、味噌煮でも水煮でもどちらでもお好みの方で作ることができます。甘めが好きな場合には味噌煮を、さっぱりとした感じやソースをかけて味わいたい場合には水煮を使ってみるといいでしょう。

【おつまみ】鯖缶のアレンジレシピ⑥鯖缶リエット

鯖缶のアレンジレシピおつまみ編の6つ目は、鯖の水煮缶で作るリエットです。リエットとはフランスの肉料理で、一般的には豚肉で作られます。豚肉を細かく刻み、鍋でホロホロになるまで煮込み、それに塩を強めにかけてまた冷やして固めるというペースト状のお料理です。パンなどに塗って食べるのが一般的な食べ方です。

深い味わいのリエットは、鯖缶でも美味しく作ることができます。ワインやシャンパンと合わせて、前菜として楽しみたいお料理ですね。ぜひ、こういったお魚のリエットを、自宅でも試してみてはいかがでしょうか。

なお、次の記事では、リエットとパテ、そしてテリーヌの違いについてご紹介しています。フレンチやバルなどのお店で食べられるこれらのお料理ですが、一見同じように見えて、実は異なるお料理です。それぞれの特徴と合わせて、おすすめの食べ方や作り方についても解説しています。ぜひ次の記事を参考になさってください。

【おつまみ】鯖缶のアレンジレシピ⑦鯖缶のガーリックオリーブオイル炒め

鯖缶のアレンジレシピおつまみ編の7つ目は、鯖缶のガーリックオリーブオイル炒めです。鯖の水煮缶を、フライパンでソテーして食べるというのはとても意外な食べ方に感じられますね。

パプリカやズッキーニなど、たくさんの野菜を一緒に炒めることで、水煮缶の塩分が広がり、とても美味しいおつまみとして楽しむことができます。これも、白ワインやスパークリングワイン、そしてシャンパンと合わせていただきたいですね。

【おつまみ】鯖缶のアレンジレシピ⑧鯖缶と青菜の簡単人気おつまみ

鯖缶のアレンジレシピおつまみ編の7つ目は、鯖の味噌煮缶をそのまま使って作る、人気のアイデアレシピです。鯖の味噌煮缶の缶を切り、茹でた青菜を上にのせ、缶ごとコンロの上であたためています。鯖の味噌煮に、青菜が入ることで、味わいの濃さもちょうどまろやかになるでしょう。

日本酒や焼酎のおつまみには、ぴったり合いそうなお料理です。火の扱いには十分な注意が必要ですが、ぜひご自宅の一人飲みで試してみてはいかがでしょうか。

【おつまみ】鯖缶のアレンジレシピ⑨鯖水煮缶サラダ

鯖缶のアレンジレシピおつまみ編の9つ目は、鯖缶サラダです。鯖の水煮缶が、レタスとスライス玉ねぎの上にのっていて、その上にマヨネーズドレッシングが掛けられています。鯖の水煮缶のさっぱり感は、レタスなどの野菜との相性もばっちりです。

さらに、上からレモンを絞っても美味しくアレンジできそうです。レタス以外にサラダに入れられるような具材が見つからない、というときに、ぜひ鯖缶サラダを試してみるといいでしょう。

【メイン】鯖缶のアレンジレシピ8選

【メイン】鯖缶のアレンジレシピ①人気の鯖水煮ラーメン

鯖缶のアレンジレシピメイン編の1つ目は、人気の鯖水煮ラーメンです。ぜひ、ラーメンのトッピングとして、鯖水煮缶を試してみてはいかがでしょうか。鯖出汁を一から取るラーメンも美味しいそうですが、難しい場合には煮干し出汁などのラーメンのトッピングとして使ってもいいでしょう。

魚出汁の美味しいラーメンが、さらに鯖の風味で深い味わいに変化します。お昼ごはんや、夕食のメイン料理にはぴったりのお料理です。

また、次の記事ではサッポロ一番塩ラーメンのアレンジレシピや、ちょい足しにおすすめの食材についてご紹介しています。サバの水煮缶を塩ラーメンにちょい足しするのも、とても美味しそうですね。そのほかにはどのようなちょい足しが合うのでしょうか。ぜひ次の記事を参考になさってください。

【メイン】鯖缶のアレンジレシピ②鯖缶チゲ

鯖缶のアレンジレシピメイン編の2つ目は、鯖缶チゲです。冬には人気のチゲやキムチ鍋に、鯖缶を入れてみてはいかがでしょうか。この場合さっぱりとチゲを楽しむなら水煮缶がおすすめですが、味噌煮缶を使えば美味しい味噌チゲとして楽しむこともできます。

たっぷりと唐辛子を使った辛いチゲは、キンキンに冷えたビールと一緒に美味しく食べたいお料理です。ぜひ、鯖缶を使った、海鮮チゲを今夜の夕食のメインにいかがでしょうか。

【メイン】鯖缶のアレンジレシピ③鯖チーズトースト

鯖缶のアレンジレシピメイン編の3つ目は、鯖の水煮缶を使ったチーズトーストです。朝食のトーストを作る際、バターを塗ったトーストの上に鯖の水煮をのせ、さらにスライスチーズをのせてオーブンでトーストします。

チーズトーストだけでは物足りないという場合に、鯖をのせることでしっかりとしたおかずパンになります。上から、ハーブや黒コショウをかけても美味しそうですね。ぜひ朝食のメインとして、鯖水煮チーズトーストを試してみてはいかがでしょうか。

【メイン】鯖缶のアレンジレシピ④人気の鯖缶そうめん

鯖缶のアレンジレシピメイン編の4つ目は、鯖缶を使った人気のそうめんです。そうめんの具材は、地域や家庭によってそれぞれですが、ぜひ鯖の味噌煮をそうめんにかけて食べてみてはいかがでしょうか。鯖の味噌煮にさらに麺つゆを少しだけ垂らして、よく混ぜて食べましょう。

鯖の味噌煮がごはんとの相性がとてもいいように、そうめんとの相性もばっちりです。夏の暑い日の昼食や、夕食のメインディッシュとして、鯖味噌そうめんを試してみてはいかがでしょうか。

【メイン】鯖缶のアレンジレシピ⑤鯖缶サンドイッチ

鯖缶のアレンジレシピメイン編の5つ目は、鯖缶サンドイッチです。「鯖サンド」という名前を聞いたことがありますか。実はヨーロッパなどでは、鯖をパンにはさんで食べる鯖サンドは、屋台などでも買えるとても一般的なお料理です。

日本でも、鯖サンドが食べられるお店も増えてきました。ご紹介している写真のように、半熟卵が一緒にサンドされていると、より美味しく楽しむことができます。ぜひ一度、ご自宅でランチとして試してみてはいかがでしょうか。

【メイン】鯖缶のアレンジレシピ⑥鯖缶うどん

鯖缶のアレンジレシピメイン編の6つ目は、鯖の水煮を冷やしうどんのトッピングとして楽しむといいう方法です。実際にうどんと鯖水煮缶だけでは味が引き締まりませんが、納豆や梅、みょうがなどの香りが強い食材と混ぜ合わせることで、よりヘルシーで美味しい鯖缶うどんを作ることができるでしょう。

また、水煮でも美味しく食べられますが、味噌煮を使っても味わい深い冷やしうどんになります。ぜひお好みの鯖缶で試してみてくださいね。

【メイン】鯖缶のアレンジレシピ⑦人気の鯖缶パスタ

鯖缶のアレンジレシピメイン編の7つ目は、鯖水煮缶パスタです。鯖の水煮缶で作るパスタは、口コミでもとても人気のあるアレンジレシピです。たっぷりのにんにくとオリーブオイルを使って作る鯖水煮缶パスタは、アンチョビなどを使ったペペロンチーノと似ている味わいで、ランチなどにぴったりでしょう。

鯖水煮缶とオリーブオイル、にんにくのほかにも、トマトや青菜などを入れてアレンジすることでより美味しく食べることができます。

【メイン】鯖缶のアレンジレシピ⑧鯖缶汁

鯖缶のアレンジレシピメイン編の8つ目は、鯖缶汁です。鯖の味噌煮缶を使った場合には、味噌の味付けの汁物として、水煮缶を使う場合には醤油ベースの汁物として楽しむことができます。

鯖缶を入れることで、味付けだけではなく、しっかりとした魚出汁の味わいを楽しむことができます。いつもの鯖缶の食べ方に飽きてしまった場合に、ぜひ一度試していただきたいおすすめのアレンジレシピです。

【ご飯】鯖缶のアレンジレシピ8選

【ご飯】鯖缶のアレンジレシピ①鯖缶チャーハン

鯖缶のアレンジレシピごはん編の1つ目は、鯖缶チャーハンです。残りもののごはんと鯖水煮缶があるようなら、ぜひランチや夕食のごはんとして作ってみるといいでしょう。

いつもの中華だしのチャーハンとはまた違った、和風の美味しいチャーハンに仕上がります味付けは、鯖水煮缶の味わいが濃いため、調整しながら作るようにするといいでしょう。

【ご飯】鯖缶のアレンジレシピ②鯖缶お茶漬け

鯖缶のアレンジレシピごはん編の2つ目は、鯖缶茶漬けです。鮭茶漬けや鯛茶漬けなど、お茶漬けには頻繁に魚介類が使われます。鯖缶も例にもれず、お茶漬けの具材やトッピングとしてはとてもおすすめの具材です。

飲み会の日に帰ってから食べる〆としても、ぴったりですね。お好みで、唐辛子や柚子胡椒、山椒など、さまざまな薬味を加えて食べるのもいいでしょう。

【ご飯】鯖缶のアレンジレシピ③鯖缶カレー

鯖缶のアレンジレシピごはん編の3つ目は、鯖缶カレーです。鯖缶カレーは、鯖水煮缶でも鯖味噌煮缶でもどちらでも美味しく食べることができる人気のレシピです。ぜひ、日々のカレーのアレンジとして試してみてはいかがでしょうか。

味噌煮を使うと、子どもでも大好きな甘口のカレーになりますし、水煮を使えば出汁がしっかり効いた大人味のカレーになるでしょう。

【ご飯】鯖缶のアレンジレシピ④鯖缶納豆ご飯

鯖缶のアレンジレシピごはん編の4つ目は、鯖缶納豆ご飯です。味噌煮でも水煮でもどちらでも美味しく食べることができます。朝食などで、納豆と鯖缶をおかずとして組みあわせることも多いのではないでしょうか。この組み合わせは、日本人ならみんな大好きな定番の組み合わせとも言えるでしょう。

【ご飯】鯖缶のアレンジレシピ⑤鯖缶炊き込みご飯

鯖缶のアレンジレシピごはん編の5つ目は、人気の鯖缶の炊き込みご飯です。お魚の炊き込みご飯は、しっかりと出汁がとれるためとても味わい深くなります。

一緒に炊き込んでもいいですし、十分にほぐして出汁ごはんと混ぜ合わせるようにしてもいいでしょう。千切りの生姜や、しそやごまなど、薬味と合わせて食べることをおすすめします。

また、次の記事では炊き込みご飯の食事に合うおかずのレシピをご紹介しています。どんなおかずが、炊き込みごはんとの相性がいいのでしょうか。簡単に作れるおかずから、スープ類、魚料理、肉料理まで、ジャンルごとにご紹介しています。ぜひ参考になさってください。

【ご飯】鯖缶のアレンジレシピ⑥鯖缶を使ったばら寿司

View this post on Instagram

今日の食生活改善推進委員調理実習研修会のテーマは【郷土料理をつくりましょう!】。 メニューは「京丹後のバラ寿司」「小松菜とトマトのサラダ」「すまし汁」「カラフル白玉ぜんざい」。 丹後のバラ寿司は、京丹後地方にのみ古くから伝わる、全国でもここだけの独特のお寿司です。 鯖を炒り炊きにして甘辛い「おぼろ」にします。 その「鯖のおぼろ」をはじめ、干し椎茸・干瓢(かんぴょう)・人参・いんげん・錦糸玉子・かまぼこなどの具材をそれぞれ仕込みます。 干し椎茸、干瓢、人参などを混ぜ込んだすし飯を型に詰め、その上に鯖のおぼろをちらし、更にすし飯を重ね、その上に鯖のおぼろ・錦糸玉子・椎茸・かまぼこ・紅生姜を盛り付けます。 すし飯・鯖のおぼろ・その他様々な具が絡み合い、何とも味わい深い、他にはないお寿司になります。 京丹後地方の各家庭では、お祭り・お祝い事など、人の集まりには「まつぶた」と呼ぶ長方形の木箱に段上に重ねて作り、朴(ほお)の木の寿司べらで四角に切って取り分け、もてなします。 今でも昔から変わりなく家庭で作られる「ばらずし」の味は、酸っぱくても、甘くても…作り手の数だけそれぞれの味があり、作る人の気持ちが「バラ寿司」を美味しくしていると言われています。 今回は今注目されている鯖缶を使って、お手軽に「おぼろ」を作りました。 牛乳パックで作った手作りの押し型も主婦ならではのアイデアですね。 #郷土料理 #京丹後のばら寿司 #京丹後の #ばらずし #バラ寿司 #ばら寿司 #鯖缶 #鯖缶レシピ #鯖のおぼろ#食生活改善推進員

A post shared by Satoko Okura (@satoko.4229.tulip) on

鯖缶のアレンジレシピごはん編の6つ目は、鯖缶を使ったバラ寿司です。錦糸卵や椎茸、かまぼこなどの具材と一緒に、鯖缶が使われています。お祝いごとなどに合わせて作りたい、とても華やかで美味しいお寿司です。

【ご飯】鯖缶のアレンジレシピ⑦サバ缶のおにぎり

鯖缶のアレンジレシピごはん編の7つ目は、鯖缶を使って作る人気のおにぎりです。鯖缶の水煮缶でも味噌煮缶でも、好みの缶詰で作ることができます。細かく砕いた鯖缶と、スライスしたきゅうり、錦糸卵を和えておにぎりにすれば、それだけで立派な朝ごはんになりますね。

また、お酒を飲んだ後の〆としてもおすすめのお料理です。おにぎりを作るときの中身の具材がなかったり、いつもと違うアレンジのおにぎりにしたい場合にはぜひ一度鯖缶を使ってみるといいでしょう。

【ご飯】鯖缶のアレンジレシピ⑧鯖味噌煮缶冷や汁

鯖缶のアレンジレシピごはん編の8つ目は、鯖缶の冷や汁です。冷や汁とは宮崎県の郷土料理で、ごはんに味噌ベースの冷たいスープをかけて食べます。冷や汁は、炒り子をすり鉢で砕いて使うため、魚介の風味がとても強くなります。鯖の味噌煮缶を使うことで、これが魚介の風味を強く出してくれます。

たっぷりのスライスしたきゅうりと、大葉やみょうがなどの薬味をのせて、お昼ごはんやお酒を飲んだ後の〆としても美味しく食べられます。

【水煮】美味しい鯖缶は?

【水煮】美味しい鯖缶①伊藤食品美味しい鯖水煮

美味しい鯖の水煮缶の1つ目は、伊藤食品の美味しい鯖水煮です。シルバーのシンプルなパッケージが特徴的な鯖水煮缶です。沖縄の塩であるシママースのみで味付けされている、とてもシンプルな味わいで人気の鯖水煮缶です。

【水煮】美味しい鯖缶②宝幸八戸前沖さば水煮

美味しい鯖の水煮缶の2つ目は、宝幸八戸前沖さば水煮です。青森県八戸市のブランドである、八戸前沖さばと、天日塩だけで作ったシンプルでありながら味わい深い鯖水煮缶です。

9月から12月にかけての旬の時期に水揚げされた八戸前沖さばが使われているため、季節によっては非常に入手が難しい鯖水煮缶でもあります。

【味噌煮】美味しい鯖缶は?

【味噌煮】美味しい鯖缶①伊藤食品美味しい鯖味噌煮

美味しい鯖の味噌煮缶の1つ目は、伊藤食品の美味しい鯖味噌煮です。水煮缶のシルバーとは対称的に、ゴールドのシンプルなパッケージをしています。国産の鯖を、津軽味噌と北海道産のグラニュー糖、そして沖縄の塩シママースで味付けしています。

【味噌煮】美味しい鯖缶②宝幸八戸前沖さば味噌煮

美味しい鯖の味噌煮缶の2つ目は、宝幸八戸前沖さば味噌煮です。こちらは水煮でご紹介したものの味噌煮缶ですが、同じく9月から12月の認定された期間に水揚げされた鯖のみを使っています。鯖と相性がいいと言われている津軽味噌と信州味噌をブレンドして味付けされています。

また、次の記事では美味しい缶詰のおすすめをご紹介しています。一般的な魚類の缶詰から、高級な缶詰までさまざまな缶詰があります。そのままおつまみにしてもいいですし、缶詰を使って美味しいお料理を作ってもいいでしょう。ぜひ次の記事を参考に、さまざまな缶詰を試してみてはいかがでしょうか。

鯖缶でアレンジレシピを楽しもう!

鯖缶で作るアレンジレシピや、人気の鯖缶料理をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。おつまみとしてだけではなく、食事のメイン料理として、そしてご飯ものとしてなど、さまざまなアレンジ方法があることが分かりました。ぜひ、鯖缶で美味しいアレンジレシピを楽しんでみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。