INDEX

りんご飴(林檎飴)を作るのに向いている林檎の品種は?

りんご飴(林檎飴)に向いている林檎①姫りんご

りんご飴(林檎飴)に向いている林檎の品種1つ目は、姫りんごです。屋台で見かける小ぶりなりんご飴は、大半が姫りんごを使っています。大きさは約2センチ程度、程よい酸味と硬さが特徴です。

りんご飴は、甘い飴をコーティングするので姫りんごの程よい酸味が絶妙な甘さを引き出してくれます。また、小ぶりで食べやすい点でも姫りんごがイチオシの品種と言えます。

りんご飴(林檎飴)に向いている林檎②紅玉(こうぎょく)

りんご飴(林檎飴)に向いている林檎の品種2つ目は、紅玉です。アップルパイやジャムなどに使われる林檎として有名な品種です。酸味が強いのに後味が甘いため、りんご飴に適しています。

イチオシの姫りんごはスーパーなどで取り扱いが少ないため、家庭で美味しいりんご飴を簡単に作りたい時におすすめですよ。大きさは手に収まるくらいの小玉サイズです。

りんご飴(林檎飴)に向いている林檎③ふじ

りんご飴(林檎飴)に向いている林檎の品種3つ目は、日本で一番有名なふじです。フルーツとして普段口にしている林檎の代表格となります。特徴は甘みと酸味のバランスが良く、食感がサクサクとしている点です。普段食べている林檎をイメージしたそのものと言えます。

屋台で見かける大き目な林檎飴は、主にふじを使って作られています。りんごには、食べ頃の収穫時期やいろんな品種が他にもたくさんあります。ふじりんごについての情報も記載されているので、ぜひ見てみましょう。

りんご飴(林檎飴)を作る際のコツは?

りんご飴(林檎飴)を作るコツ①事前に混ぜ合わせる

りんご飴(林檎飴)を作る際のコツ1つ目は、事前に材料をしっかりと混ぜ合わせておくことです。火にかけた後に手を加えてしまうと飴が玉になってしまいます。火にかける前にしっかりと材料を混ぜておくことで後で手を加えずに済むため、ボウルなどに移して泡立て器でしっかり混ぜておきましょう。

りんご飴(林檎飴)を作るコツ②温度計を用意する

りんご飴(林檎飴)を作る際のコツ2つ目は、温度計を用意するです。料理ではあまり気にせずに作っている食材の温度ですが、りんご飴の作り方では温度が最も重要なポイントとなります。

林檎に飴がしっかりと絡むタイミングは、温めている飴が160度になった瞬間です。160度よりも低いと飴が林檎に絡まず、160度よりも高くなると飴が焦げてしまいます。見極めるためにも、温度計を使ってタイミングを見極めましょう。

\ POINT /

温度計がない場合の見極め方

飴を水に数滴垂らして固まった時がベストなタイミングです。カチッと固まるまでしっかりと温めましょう。

りんご飴(林檎飴)を作るコツ③1回転で全体に絡ませる

りんご飴(林檎飴)を作る際のコツ3つ目は、飴の絡ませ方です。飴に林檎を入れたら、1回転で全体に飴が絡むように回していきます。何回も飴を絡めてしまうと、飴に気泡ができて白く濁ってしまいます。屋台のような透き通ったりんご飴にするためには、1回転でりんごに飴を絡めましょう。

簡単なりんご飴(林檎飴)の作り方は?

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方①材料を用意する

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方1工程目は、材料を用意しましょう。今回は、姫りんごを使った屋台のような美味しいカリカリ林檎飴を作っていきます。姫りんごが手に入らない場合は、ふじや紅玉を代用して構いません。

用意するもの
  • 姫りんご1キロ
  • 砂糖400g
  • 水100cc
  • 食紅少々
  • 竹串または割り箸
  • クッキングシート

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方②林檎を綺麗に洗う

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方2工程目は、林檎を綺麗に洗いましょう。国産の林檎は、残留農薬の基準値が高いため、農薬を気にせずに食べられます。しかし、皮ごと口にするため、はじめにしっかりと洗っておくと安心です。

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方③林檎に竹串や割り箸を刺す

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方3工程目は、林檎に竹串を刺しましょう。姫りんごのように小さい林檎には竹串、ふじなど大きめな林檎には割り箸が向いています。飴をコーティングすると重さが増すため、しかりと奥まで刺すと安定します。刺し方は、林檎の枝が付いている部分から差し込んで下さい。

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方④材料をしっかり混ぜる

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方4工程目は、材料をしっかりと混ぜ合わせましょう。美味しいりんご飴を作るコツでも紹介しましたが、材料を加熱する前に全ての材料をしっかりと混ぜ合わせておきます。透き通るような美味しい屋台と同じりんご飴を作る最大のポイントとも言えるので覚えておきましょう。

しっかりと混ぜ合わせるためには、泡立て器も重要なポイントになります。100均にはハンドミキサータイプの泡立て器が販売されているので、ぜひ揃えてみましょう。手料理をする際にも大活躍しますよ。

Small thumb shutterstock 407547922
関連記事 100均のハンドミキサー・泡立て器12選!メレンゲ、お菓子作りや料理にも!

100均にハンドミキサーや泡立て器が置いてあることをご存知ですか。今回

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方⑤材料を加熱させる

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方5工程目は、④の材料を加熱させましょう。鍋に材料を入れて、中火から強火の火にかけます。加熱中は、絶対にかき混ぜないようにしましょう。かき混ぜてしまうと、気泡ができて飴が白く濁ってしまいます。

加熱の目安は飴の温度が150から160度になるまでです。加熱中に自然にできる気泡は、後で消えるので心配せずに、そのまま加熱し続けてください。

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方⑥林檎をコーティングする

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方6工程目は、林檎をコーティングしましょう。火を止めて、飴の中に林檎を入れて1回転させます。たくさん付けたい気持ちを抑えて、1回転で引き上げてください。美しい透明なりんご飴を作るコツとなります。

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方⑦りんご飴を乾燥させる

簡単りんご飴(林檎飴)の作り方7工程目は、りんご飴を乾燥させましょう。クッキングペーパーを敷いたトレーの上に、棒が上に向くように立てます。早く食べたい時は、冷蔵庫で冷やすと直ぐに固まりますよ。美味しい屋台のようなりんご飴の完成です。

りんご飴(林檎飴)のアレンジレシピは?

りんご飴(林檎飴)アレンジレシピ①食紅なしの美味しい姫りんご飴

りんご飴(林檎飴)のアレンジレシピ1つ目は、食紅を使わない美味しい姫りんご飴の作り方を紹介します。食紅を入れないシンプルなりんご飴でも、屋台のような美味しいりんご飴が作れます。食紅が嫌い、そんな自然派思考な人にもおすすめです。

用意するもの
  • 姫りんご6個
  • 砂糖大さじ9
  • 水大さじ9
  • 竹串6本

りんご飴(林檎飴)アレンジレシピ②水飴で作る美味しいりんご飴

りんご飴(林檎飴)のアレンジレシピ2つ目は、水飴で作る美味しいりんご飴の作り方を紹介します。砂糖に比べると水飴を入れることでコクが深まるので、甘い飴が好きな人におすすめですよ。砂糖を混ぜ合わせるために使う時間の短縮にもなります。

用意するもの
  • 姫りんご1個
  • 砂糖大さじ5
  • 水大さじ5強
  • 食紅適量
  • 水飴大さじ1
  • 竹串1本

りんご飴(林檎飴)アレンジレシピ③かき氷シロップでりんご飴

りんご飴(林檎飴)のアレンジレシピ3つ目は、かき氷のシロップで作るりんご飴の作り方を紹介します。夏に使って残ったまま使うあてがない、そんな人はぜひ試してみましょう。かき氷シロップの味と林檎がマッチして美味しいですよ。屋台のりんご飴とはまた違った、オリジナルが楽しめます。

用意するもの
  • 姫りんご3個
  • 砂糖200g
  • イチゴシロップ100g
  • 竹串3本

りんご飴(林檎飴)アレンジレシピ④はちみつで屋台のりんご飴

りんご飴(林檎飴)のアレンジレシピ4つ目は、はちみつを使った屋台風のりんご飴の作り方を紹介します。砂糖や水飴に比べるとはちみつ自体に味があるため、はちみつの風味と林檎が甘さを強調させた美味しいりんご飴が完成します。子供に大人気のレシピです。

用意するもの
  • りんご1個
  • はちみつ60g
  • 砂糖20g
  • 食紅適量
  • 割り箸1本

はちみつは、風邪予防にも効果のある元気の源です。砂糖の代わりに料理に加える人も多いので、はちみつが家にない人はこちらの記事を参考にしながら、ぜひはちみつを購入してみましょいう。

Small thumb shutterstock 407547922
関連記事 コストコのはちみつ・メープルシロップ6選!ハニーバター・ハニーベアが人気

はちみつやメープルシロップの効果・効能が注目され、健康や美容の為に毎日

りんご飴(林檎飴)アレンジレシピ⑤無着色ブルーのりんご飴

りんご飴(林檎飴)のアレンジレシピ5つ目は、無着色でできるブルーのりんご飴の作り方を紹介します。ハロウィンやクリスマスなど、テーブルに飾るだけでもおしゃれですよ。なんと、紫キャベツと重曹によって、ブルーの色味が作られているのです。食紅は避けたい、そんな人ぜひ試してみましょう。

用意するもの
  • 青りんご6個
  • 紫キャベツ1/4
  • 砂糖水分の2.5倍
  • 水適量
  • 塩小さじ1
  • 重曹適量
  • 割り箸6本

りんご飴(林檎飴)アレンジレシピ⑥キャラメルりんご飴

りんご飴(林檎飴)のアレンジレシピ6つ目は、キャラメルを使ったりんご飴の作り方を紹介します。砂糖の甘さが苦手な人や、小さな子供のいる家庭におすすめなレシピです。新感覚のりんご飴なので、ぜひ試してみましょう。

用意するもの
  • りんご1個
  • キャラメル65g(約1箱分)
  • 水大さじ2

りんご飴(林檎飴)アレンジレシピ⑦ハロウィン魔女のりんご飴

りんご飴(林檎飴)のアレンジレシピ7つ目は、ハロウィンにピッタリな黒色のりんご飴です。写真奥に写っているのが黒色のりんご飴です。見た目はドキッとしますが、今回紹介する黒りんご飴は色粉に黒を使っています。パーティーなどで活躍するレシピです。かぼちゃの種を添えれば、魔女のりんご飴が完成です。

用意するもの
  • 姫りんご25個
  • 上白糖400g
  • 水100cc
  • かぼちゃの種25個
  • 色粉(黒)耳かき4杯分
  • 割り箸25本

りんご飴(林檎飴)アレンジレシピ⑧シナモン味のイギリス版りんご飴

りんご飴(林檎飴)のアレンジレシピ8つ目は、シナモン味が美味しいイギリス版りんご飴の作り方を紹介します。イギリスではりんご飴をトフィーアップルと呼んでいます。シナモン味は、まさにイギリス版りんご飴です。日本と同じように人気があるイギリス版の美味しいりんご飴をぜひお試しください。

用意するもの
  • 姫りんご8個
  • ブラウンシュガー300g
  • シナモンパウダー小さじ1
  • 水70ml
  • コーンシロップ大さじ3
  • 白ワインビネガー大さじ1
  • バター大さじ1
  • 竹串8本

美味しいりんご飴(林檎飴)の見分け方は?

美味しいりんご飴(林檎飴)の見分け方①表面に気泡がある

美味しいりんご飴(林檎飴)の見分け方1つ目は、飴の表面に気泡があることです。りんご飴専門店ポムダムールトーキョーがツイートして話題となっています。気泡が表面にあるりんごは、新鮮かつふじりんごの確率が高いとのことです。

新鮮なふじりんごなら、屋台でたくさん並んでいる中から美味しいりんご飴にたどり着けますね。姫りんごの場合も、できれば気泡が表面にあるりんご飴を選びましょう。新鮮なりんごの確率が高いですよ。

\ POINT /

気泡は新鮮林檎の証

高温の飴でコーティングした時に新鮮な果汁が外に飛び出ることにより気泡ができるため、使われている林檎の新鮮さが見分けられます。

美味しいりんご飴(林檎飴)の見分け方②飴の耳が大きい

美味しいりんご飴(林檎飴)の見分け方2つ目は、飴の耳が大きいことです。耳とは、りんご飴を持ったときに帽子のツバのように出っ張っている飴の部分を指します。こちらの見分け方も、りんご飴専門店のポムダムールトーキョーがツイートしました。

適切な温度で飴をコーティングしているからこそ、耳が大きくできるようです。りんご飴を作る人の腕の良さを見極めるポイントになるので覚えておきましょう。

美味しいりんご飴(林檎飴)の見分け方③竹串や割り箸に果汁がしみている

美味しいりんご飴(林檎飴)の見分け方3つ目は、竹串や割り箸に果汁がしみていることです。しみていると言うことは、その林檎には果汁が多く含まれていることになります。

果汁がたくさん含まれている林檎は美味しいですよね。そして、さらに林檎をコーティングする時の飴の熱によって果汁が吹き出すため、美味しいりんご飴を見極めるポイントとなるのです。棒が汚れていると避けたくなりますが、美味しいサインなので、ぜひ棒もチェックしてみましょう。

\ POINT /

美味しいりんご飴を見分けるポイント

ツルツルスベスベ綺麗なりんご飴よりはゴツゴツで見た目が少し崩れたりんご飴を選ぼう!

りんご飴(林檎飴)の美味しい食べ方は?

りんご飴(林檎飴)は切って食べよう

りんご飴(林檎飴)の美味しい食べ方は、切って食べる食べ方です。そのまま丸かじりしたくなりますね。しかし、コーティングしている飴がポロポロ崩れて落ちて剥がれてしまいます。

また、口の周りが汚れる、飴だけ先になくなってしまう、など丸かじりすることによってりんご飴の美味しさが半減してしまいます。飴と林檎を一緒に食べるからこそりんご飴は美味しいので、ぜひ切ってりんご飴は食べましょう。

りんご飴(林檎飴)の切り方

りんご飴(林檎飴)の切り方は、包丁を3箇所入れ込む方法です。写真のように、林檎の芯を中心に芯から5mm程度のポイントをカットしていきましょう。芯から近すぎると、種も一緒にカットしてしまうため、食べ難くなってしまうので注意してください。姫りんごなどの小さい林檎は、切らずにそのまま食べられます。

りんご飴の作り方をマスターして簡単美味しい林檎飴を自宅で楽しもう

りんご飴(林檎飴)は、基本的に姫りんごなどの林檎や砂糖、水や食紅があれば簡単に手作りすることができます。また、水飴やシロップやはちみつを加えても美味しいアレンジレシピが簡単に作れますよ。コーティングや作り方のコツを参照しながら、屋台のような美味しいりんご飴を自宅でも楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。