INDEX

ミレービスケットとはどんなお菓子?

ミレービスケットとはこんなお菓子①高知県民のソウルフード

ミレービスケットとはこんなお菓子!1つ目は高知県民のソウルフードとして愛されているお菓子ということです。ミレービスケットを製造している「豆の野村(野村煎豆加工店)」は1923年創業で1955年頃からミレービスケットを作り始めました。

また高知の他にも愛知など他の地域でもミレービスケットを作っていますが、それらは「ミレーフライ」という別名で区別されています。高知県のスーパーやコンビニなどでは必ずと言っていいほどミレービスケットを取り扱っており高知県民にとっては子供の頃から親しんでいるソウルフードなんです。

ミレービスケットとはこんなお菓子②パッケージが懐かしい

ミレービスケットとはこんなお菓子!2つ目は「パッケージが懐かしい」お菓子です。古くから作られ長年愛され続けているミレービスケットですがパッケージがレトロな雰囲気満載でとても可愛いんです。特に最近はレトロなパッケージがブームですので、懐かしさあふれるミレービスケットも注目を浴びています。

ミレービスケットとはこんなお菓子③焼いてから揚げていてノンフライもある

ミレービスケットとはこんなお菓子!3つ目は「焼いてから揚げている」のが特徴ということです。パッと見たところ一見地味にも見えるミレービスケットですが焼いてから揚げてあるのがポイントでほのかな甘さとザクザクとした固い食感のビスケットに少し塩味が効いていて絶妙な美味しさなんです!

この絶妙な美味しさに一度食べ出したら止まらなくなってしまうのでミレービスケットを愛してやまない人が続出しています。香ばしさと食べやすい一口サイズもついつい止まらなくなる理由の一つです。中にはノンフライ製法のものもあり小さなお子様から大人の方まで幅広い年齢から愛される原因がわかります。

ミレービスケットとはこんなお菓子④やなせたかしが描く「ミレーちゃん」

ミレービスケットとはこんなお菓子!4つ目はやなせたかしさんとコラボレーションしているお菓子です。やなせたかしさんと言えばアンパンマンの生みの親で知られる有名な方ですが、そのやなせたかしさんがミレービスケットのパッケージに登場する「ミレーちゃん」をデザインしています。

今現在、ミレービスケットも種類が豊富となりパッケージも様々ですが、やなせたかしさんが描くとても可愛らしいミレーちゃんを見るとなんだかほっこりとした気持ちになります。また、このミレーちゃんは高知県のゆるキャラとしても人気で、高知のPRイベントなどで登場することが多く大活躍しています。

ミレービスケットとはこんなお菓子⑤「まじめなおかし」

ミレービスケットとはこんなお菓子!5つ目は「まじめなおかし」ということです。ミレービスケットのパッケージには「まじめなおかし」と書かれていますが、これは製造元の「野村煎豆加工店」が考える【客が求める商品のその先を考え、想像し新しい形のものを提案していく】という「まじめな思い」から表されています。

また、小さいお子様でも安心して食べれるようにと「ノンフライ」の商品も発売されており、まさに食べる側が求めるその先を考えるという点からも食べる人たちを思い作られていることがわかります。まさにまじめな思いから作られたまじめなおかしです。

ミレービスケットの味の種類は?

ミレービスケットの味の種類①プレーン

ミレービスケットの味の種類1つ目はプレーンです。ミレービスケットの美味しさがわかるのはやはり基本のプレーン味ではないでしょうか。優しい甘みとほんのり塩味が素朴で美味しいんです。何までも食べれて、さらにまた次も食べたくなるビスケットです。

ミレービスケットの味の種類②キャラメル味

ミレービスケットの味の種類2つ目はキャラメル味です。素朴な味わいのミレービスケットにキャラメルの風味がついていて袋を開けた瞬間、ふわーっとキャラメルが香ってきます。もちろんビスケット自体にも甘みがありますが、がっつりキャラメル!といった感じではなくナチュラルなキャラメル感が楽しめます。

ミレービスケットの味の種類③朝用・コーンポタージュ味

ミレービスケットの味の種類3つ目はコーンポタージュ味です。ミレービスケットには朝用、昼用などバリエーションが豊かでこちらは朝用として販売されています。素朴なミレービスケットに優しいコーンポタージュの風味は合わないはずはありません。まさに朝に合う味として人気です。ちょっとした朝食にもぴったりです。

ミレービスケットの味の種類④昼用・生姜味

ミレービスケットの味の種類4つ目は生姜味です。こちらは昼用のミレービスケットとして販売されたもので、生姜が持つ血行促進作用・食欲増進作用で午後から元気に頑張る方におすすめとされています。ビスケットに生姜という衝撃的な組み合わせですが、生姜好きの方をはじめ、マニアックな味として人気です!

ミレービスケットの味の種類⑤午後用・ブラックペッパー味

ミレービスケットの味の種類5つ目はブラックペッパー味です。こちらは午後用として販売されている味で、食べた後すぐはプレーンとあまり変わらない感じですがしばらくするとほんのりブラックペッパーのスパイシーな香りが口の中に広がります。胡椒好きの方にはたまらないおつまみにもなりそうな味です。

ミレービスケットの味の種類⑥真夜中のにんにく味

ミレービスケットの味の種類6つ目はにんにく味です。こちらは真夜中のミレービスケットとして販売されていて、しっかりにんにくの味と香りがするので朝や昼など人に会う前に食べるよりも一人で過ごす時に食べるのがおすすめです。まさに「真夜中のにんにく味」と名前が付けられているだけあります。

ミレービスケットの味の種類⑦コーヒー味

ミレービスケットの味の種類7つ目はコーヒー味です。こちらはカルディがオリジナルとして出しているもので甘じょっぱいミレービスケットの味にコーヒー風味がついていて絶妙な美味しさです!一度食べると病みつきになり、止まらなくなってしまいます。カルディでしか販売されていないのでぜひお試しください!

ミレービスケットの味の種類⑧ノンフライバージョン

ミレービスケットの味の種類8つ目はノンフライバージョンです。食べ出すとついつい止まらなくなるミレービスケットですがノンフライではないのでカロリーも気になるところです。ですが、こちらはノンフライなのでヘルシーですしお子様にもぴったりです。さらに牛乳・卵も不使用なので健康志向の方にもおすすめです!

ノンフライは通常のミレービスケットに比べ油で揚げていないのでカロリーも控えめで、若干の薄味です。ですが卵や牛乳などアレルギーを持っているお子様でも安心して食べれます。またダイエット中でカロリーが気になるという方もノンフライだったら安心して食べれるのではないでしょうか?

ミレービスケットの味の種類【番外編】ミレーサンド

ミレービスケットの味の種類【番外編】1つ目はミレーサンドです。こちらはプレーンのミレービスケットにホワイトチョコやいちごチョコをサンドしたちょっとリッチなミレービスケットです。味も抜群に美味しくパッケージも箱入りなのでちょっとした手土産やプレゼントにとても人気です!

ミレービスケットの味の種類【番外編】ミレーアイス

ミレービスケットの味の種類【番外編】2つ目はミレーアイスです。こちらはコーヒー味と同様カルディで販売されており、蓋を開けフィルムを剥がすとミレービスケットが埋まったアイスが目に飛び込んできます。中にも砕かれたミレービスケットが混ぜられていてサクサクとした食感が楽しめるアイスになっています。

ミレービスケット以外にも高知県は魅力あふれる県の一つです。高知県を訪れた際にぜひ手に取ってほしいお土産をたくさん紹介している記事がありますのでぜひこちらも合わせてご覧ください。

東京でミレービスケットが買える場所は?

東京でミレービスケットが買える場所①まるごと高知

東京でミレービスケットが買える場所の1件目は「まるごと高知」です。まるごと高知は高知県のアンテナショップで東京・銀座一丁目の駅からすぐの場所にあります。山積みになったミレービスケットや他ではなかなか見かけることがないミレービスケットがたっぷり入った大袋「ミレーの枕」も販売されています。

高知のアンテナショップ「まるごと高知」なら、いろんなミレービスケットが販売されているので全制覇したい方にとってはまさに天国のような場所です。売り場も店の中央に設置されておりやはり高知県だけでなく東京でも愛されるお菓子だということが一目瞭然で分かります。

東京でミレービスケットが買える場所②日本百貨店

東京でミレービスケットが買える場所の2件目は「日本百貨店」です。日本百貨店とは2010年に東京・上野にオープンし「モノヅクリ」と「スグレモノ」をテーマに日本全国からこだわりの商品を集めたお店です。こちらでもミレービスケットを取り扱いしており、店舗にミレーちゃんが遊びに来ることもあります。

東京でミレービスケットが買える場所③ナチュラルローソン

東京でミレービスケットが買える場所の3件目は「ナチュラルローソン」です。ナチュラルローソンは美と健康を考えライフスタイルをサポートするコンビニとして人気です。こだわりの商品しか取り扱わないというナチュラルローソンでもミレービスケットを販売しています。

東京でミレービスケットが買える場所④デパートの物産展

東京でミレービスケットが買える場所の4件目は「デパートの物産展」です。全国各地のデパートで行われている物産展などでミレービスケットを購入することもできます。なかなかミレービスケットが手に入りにくいという方も物産展なら手に入りますし、もしかしたらレアな味も購入できるかもしれません!

ミレービスケット以外におすすめな高知県産スイーツは?

ミレービスケット以外でおすすめの高知スイーツ①芋けんぴ

ミレービスケット以外でおすすめの高知スイーツ1つ目は「芋けんぴ」です。芋けんぴとは油で揚げたサツマイモを砂糖で絡めた優しくて素朴なお菓子です。高知県民の間では絶大な人気を誇っておりミレービスケットと並ぶソウルフードとも言えます。写真のようにミレービスケットとコラボした商品もあります。

ミレービスケット以外でおすすめの高知スイーツ②ぼうしパン

ミレービスケット以外でおすすめの高知スイーツ2つ目は「ぼうしパン」です。ぼうしパンとは高知県のパンメーカー「永野旭堂本店」が製造販売し人気となったパンなんです。パンの上からカステラ生地をかぶせて焼いたところ、帽子のつばのようになったことから「ぼうしパン」と名付けられました。

高知県では県民食として親しまれパン屋の他、スーパーでも販売されるほどの人気です。最近ではクリーム入りやあんこ入りのものもあればキャラメル味まで展開されていてバリエーションも豊かです。ヤマザキパンが発売した「ぼうしパン」にはやなせたかしさんのデザインしたステッカーも貼られています。

ミレービスケット以外でおすすめの高知スイーツ③文旦を使ったスイーツ

ミレービスケット以外でおすすめの高知スイーツ3つ目は「文旦」を使ったスイーツです。文旦とは柑橘類の一種で「ザボン」「ボンタン」とも呼ばれています。甘酸っぱくてほどよい苦みもあり、まさに酸味と苦みのバランスが絶妙な果物で高知県民から愛されています。実離れもよく手がベタベタしないのも特徴です。

そんな文旦はそのままで食すのはもちろん美味しいのですが文旦を使用したスイーツがとても人気なんです。シャーベットやアイスの他、ゼリーやジャムなど様々なスイーツが販売されています。

ミレービスケットや芋けんぴ、文旦など美味しいものがたくさんある高知県ですが他にはどんなものや場所があるのでしょうか?こちらの記事では高知県の魅力がたっぷり詰まった道の駅ランキングを紹介していますのでぜひ合わせてご覧ください。

「ミレービスケット」は高知県から全国で愛されるお菓子に!

ミレービスケットの魅力をたくさん紹介しましたがいかがでしたでしょうか?ミレービスケットが持つ素朴さと優しさは、年齢問わず幅広い方から支持され愛され続けるお菓子です。まだミレービスケットを食べたことがない方はぜひ一度食べてみてください!一度食べると病みつきになりきっと虜になること間違いなしです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。