INDEX

「かしこみかしこみ」の宗教・古語としての意味とは?

「かしこみかしこみ」は宗教では神に申す重要な言葉を意味する

神社などで耳にすることがある「かしこみかしこみ」という言葉は、宗教ではよく使われる身近な言葉です。神様に祈りを捧げお願いごとを申すときに使われる、宗教の世界ではなくてはならない重要な言葉です。「偉大な存在である神様と直接接点を持つことは恐れが多いことを承知で申す」という意味です。

宗教とは、神様や仏様の教えをかたく信じ心にある不安や迷いを解消するための、ひとつの手段でもあります。どの宗教を信仰するのかは個人の自由です。しかし家まで宗教の勧誘に訪れる団体もあり中には、あらゆる手口でしつこい勧誘をしてくる人もいます。

人が良い人ほど相手の長い話を聞いてしまい断るタイミングを逃しがちです。下で「しつこい宗教勧誘の断り方」の記事を紹介しています。何事においても断るのが苦手な方は、ぜひ参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 534078856
関連記事 しつこい宗教勧誘への断り方10個|うざい手口の勧誘を面白い断り方で撃退

宗教勧誘の断り方、知っておきたいと思いませんか。うっかり相手をしてしま

「かしこみかしこみ」の古語「見畏みて(みかしこみて)」は敬いもうす意味

祝詞に使われる「かしこみかしこみ」は恐み恐みという漢字で使われることが多いですが、本来は「畏み畏み」という使い方をしていたと言われています。畏みは「かしこまって申す」「謹んで承る」という意味がある言葉です。自分よりも立場が上である相手を敬い申す心を表現しています。

古い書には「見畏みて(みかしこ)」と記されていることが本来の使い方である証明となっています。しかし時代が変わっていくうちに見畏みには「反省する」という意味があることがわかってきました。実際に使う状況と言葉がもつ意味の違いがあることで、現代では使われなくなっています。

「かしこみかしこみ」の現代語としての意味とは?

「かしこみかしこみ」の現代語としての意味は「神にもうすには恐れ多い」

「かしこみかしこみ」の現代語としての意味は「神にもうすには恐れ多い」という意味で使われています。姿は見えないけれど偉大な存在である神様に申すのは「人間である私たちが直接祈りを捧げることは失礼で恐れ多い行為です」という敬いの気持ちを表現しています。

かしこみにはその他にも「謹んで承る」「かしこまる」「恐れる」という意味があります。そのような意味がある言葉を二回繰り返すことで、より強く心の底から思っている感情であることを示しています。

神主さんや巫女さんにとって身近な言葉

「かしこみかしこみ」は現代でも使われる言葉ですが、日常の会話で誰しもが使うという言葉ではありません。一般の人が頻繁に使う言葉というより神社の神主さんや巫女さんにとって身近な言葉であります。

ご祈祷をしてもらうために神社を訪れた際、日本で古くから伝わる民俗信仰宗教の祝詞の中の言葉として耳にすることができます。私たち一般人と神様の間のかけはしとなってくれるのが神主さんや巫女さんなのです。

参拝やご祈祷をしてもらうために訪れる神社はパワースポットとも言えます。たくさんある神社の中で自分と相性の良い神社を選ぶとご利益も得やすいです。下の記事で自分と相性の良い神社の調べ方を紹介しています。参考にしてください。

Small thub shutterstock 111920714
関連記事 神社の相性から御利益を得よう!繭気属性の調べ方&パワースポットもご紹介!

女性の皆さまは、神社の神秘的なチカラを信じたことありますか?あなたの繭

「かしこみかしこみ」の漢字表記3選

「かしこみかしこみ」の漢字表記①畏み畏み

「かしこみかしこみ」の漢字表記1つめは「畏み畏み」です。「畏み畏み」はもともとは畏まる(かしこまる)という言葉です。畏まるは「相手のことを敬って慎む」「相手の威厳や立場を考えると恐れ多い」という意味があります。

神様に対しての敬いの気持ちや恐れ多いという気持ちを表現するのに値する漢字です。畏まるを二回続けた言葉にすることで敬う気持ちの大きさを表わしています。

「かしこみかしこみ」の漢字表記②恐み恐み

「かしこみかしこみ」の漢字表記2つめは「恐み恐み」です。「恐み恐み」はもともとは恐れるという言葉です。一般的に使う意味は「恐怖」「怖いという感情」「不安」「悪いことが起こるかもしれないという心配」です。

しかし「かしこみかしこみ」としての使い方をする場合の恐れるは「かしこまっている気持ち」「敬いの気持ち」「心から恐れ多いと思って敬う心」という意味です。神様へ対しての大きな敬いの気持ちを表現するのに当てはまる漢字です。

「かしこみかしこみ」の漢字表記③恐美恐美

「かしこみかしこみ」の漢字表記3つ目は「恐美恐美」です。恐美恐美は結婚式での祝詞として使われます。恐れという漢字は結婚式に不向きなように思いますが、この場合の恐れは「恐れ多い」という神様に恐縮するという意味として使われますので縁起の悪さはありません。

結婚式というとドレスを着てチャペルで挙式のイメージが強くありますが、最近では和装に身を包み神社で式を挙げる選択をする人も増えてきています。普段あまりしない和装に合う髪型に迷う花嫁さんもいることでしょう。下の記事で和装で綺麗に見える髪型を紹介しています。参考にしてください。

Small thub shutterstock 368865827
関連記事 結婚式で和装!綺麗に見える髪型は?どんなヘアアレンジがあるの?

結婚式で和装を選ぶ花嫁さんが増えています。和装だから出来る髪型もありま

「かしこみかしこみ」を祝詞として使う状況とは?

「かしこみかしこみ」を祝詞として使う状況①お宮参りや七五三

「かしこみかしこみ」を祝詞として使う状況1つめは「お宮参りや七五三」のシーンで使います。お宮参りとは赤ちゃんがこの世に無事に誕生してきて1か月を迎えた頃に、誕生と健やかなる成長の報告と感謝を産土神に伝える行事です。

七五三とは3歳・5歳・7歳の子どもの成長を祝い毎年11月に行われている行事です。神社に出向き子ども成長の報告と元気に育った感謝を伝えます。お宮参りも七五三も参拝と祈祷を行うことが基本ですので祈祷の際に、祝詞の中で「かしこみかしこみ」が使われています。

\ POINT /

産土神とは

産土神は「うぶすながみ」と読みます。その人が誕生した場所の土地を守る神様で、その人が生まれる前から亡くなった後まで守ってくれると言われています。例え誕生した土地を離れても守り続けてくれる神様と言い伝えがあります。



「かしこみかしこみ」を祝詞として使う状況②お祓いや厄払い

「かしこみかしこみ」を祝詞として使う状況2つ目は「お祓いや厄払い」のシーンで使います。災いが起こりやすい厄年や身の回りで不運が続いたときなどに、神社に出向きお祓いや厄払いをしてもらうということがあります。

そのお祓いや厄払いをする中で神様に向かって「不幸が訪れませんように」「不運を失くしてほしい」とお願いする祈願や祈祷する中の言葉として「かしこみかしこみ」が使われています。

男女とも一生の中で何回か決められた年齢に、厄や災いがいつもよりも多く訪れる可能性が高い厄年があります。神社で厄払いをしてもらうときの服装や持ち物など、また前厄と本厄の違いを下の「厄年の過ごし方」の記事で紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 552164044
関連記事 厄年の過ごし方|前厄と本厄の違いや厄払いとお参りの持ち物は?

厄年の過ごし方を皆さんはご存じでしょうか。 厄年には前厄、本厄、後厄

「かしこみかしこみ」を祝詞として使う状況③地鎮祭

「かしこみかしこみ」を祝詞として使う状況3つめは「地鎮祭」のシーンで使います。地鎮祭とは土木工事や新しい建物を建てるための建築などで、工事を開始する前に行う重要でとても大切な行事です。今から取り掛かる工事の安全を祈願し、神様に土地を使うことに対しての許しを得るために神主さんが神様に祝詞を奏上します。

私たちの生活で一番身近な地鎮祭はマイホームの建築の際に行う行事のひとつとして認知度が高いです。「事故が起きることなく無事に工事が終わりますように」「土地を使わせていただきますことをお許しください」などと神様に向かってお願いする祈願や祈祷する中の言葉として「かしこみかしこみ」が使われています。

一生の中でそうそう何回も地鎮祭を行うことはないと思います。めったに行わない行事ですと何を準備すればよいのかや正しい行事の流れなどわからないことばかりです。下の記事で「地鎮祭の準備やマナー」を紹介しています。地鎮祭のことを詳しく知るための参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 564246694
関連記事 地鎮祭の準備やマナーは?必要なお供えもの・服装・当日の流れは?

今回は、「地鎮祭の準備やマナー」をテーマに、必要なお供えものや服装、祝

「かしこみかしこみ」の使い方例文は?

「かしこみかしこみ」の使い方例文①恐み恐み白す

「かしこみかしこみ」の使い方例文1つめは「恐み恐み白す」という使い方です。「恐み恐み白す」は「かしこみかしこみもうす」という読み方をします。「白す(もうす)」という言葉は「はっきりと告げる」「何も隠すことなく述べる」という意味で使うことができる言葉です。

「心から恐れ多いと思って敬う心」という意味がある「恐み恐み」と「白す」を合わせて恐み恐み白すは「恐れ多いことを承知の上ではっきりと申し上げます」という意味になります。

「かしこみかしこみ」の使い方「恐み恐み白す」を使った例文
  • 聞こし食せと恐み恐み白す
  • 世のため人のために盡さしめ給へと恐み恐み白す

「かしこみかしこみ」の使い方例文②かしこみかしこみももうさく

「かしこみかしこみ」の使い方例文2つめは「かしこみかしこみももうさく」という使い方です。「ももうさく」を漢字表記すると「も白さく」となります。「はっきりと申し上げます」という意味で使われる言葉です。

「恐み恐み白す」「かしこみかしこみもまおす」などは文末で使われることが多い言葉です。「かしこみかしこみももうさく」は文末や文の始まりの部分では使わずに、文と文の間で使うことが多い言葉となります。「このような申し述べをして恐れ多いのですが~」というような意味としての使い方をします。

「かしこみかしこみ」の使い方「かしこみかしこみももうさく」を使った例文
  • 天照大御神産土大神等の大前を拝み奉りてかしこみかしこみももうさく大神等の~

「かしこみかしこみ」の使い方例文③かしこみかしこみもまおす

「かしこみかしこみ」の使い方例文3つめは「かしこみかしこみもまおす」という使い方です。「もまおす」は「申し上げます」「はっきりとお伝えします」という意味で使われる言葉です。現代語で使われている申しますという言葉に比べて、伝えるだけではなく包む隠さずずはっきりと伝えますという思いが込められています。

「かしこみかしこみ」の使い方「かしこみかしこみもまおす」を使った例文
  • 祓い給ひ清め給へと白すことを聞こし召せとかしこみかしこみもまおす
  • 八百萬の神達共に間食せとかしこみかしこみもまおす

「かしこみかしこみ」を使用するときの注意点3選

「かしこみかしこみ」を使用するときの注意点①参拝のマナーを守る

間違い

「かしこみかしこみ」を使用するときの注意点1つめは「参拝のマナーを守る」です。ご祈祷する時だけではなく参拝するときに心の中で「かしこみかしこみ」と祝詞を唱えることもご利益を得る方法です。口先だけではなくマナーを守り正しく参拝することが大切です。

参拝マナー
  1. 手と口を水できれいにしてから神殿に進みます。
  2. 二拝してから祈りを申し上げます。
  3. 二拝二拍手一拝

「かしこみかしこみ」を使用するときの注意点②申すと白すは同義語

注意

「かしこみかしこみ」を使用するときの注意点2つ目は「申す(もうす)と白す(まおす)は同義語」ということです。どちらの言葉にも相手に対してへりくだって言うという意味があります。これといった大きな違いはありません。しいて言うならば白すは普段の会話では使わず「恐み恐み白す」などの言葉として使います。

「かしこみかしこみ」を使用するときの注意点③恐み恐み白すの表記

注意

「かしこみかしこみ」を使用するときの注意点3つ目は「恐み恐み白すの表記」です。「かしこみかしこみもうす」と読みますが、昔の表記で表わすと「かしこみかしこみまをす」となります。どちらも「もうす」という同じ言葉の使い方ですのでご注意ください。

かしこみかしこみの意味を知りましょう

かしこみかしこみの意味や使える状況などを紹介しました。今まではなんとなく聞いていた祝詞も言葉の意味を知ることで奥深さを感じます。ご祈祷の最中にわからない言葉だらけでうっかり寝てしまいそうになることもあります。言葉の意味考えて聞き価値ある時間を過ごしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。