INDEX

ソロキャンプとは?

ソロキャンプとは一人で楽しむ究極のアウトドア

最近話題のソロキャンプというものをご存知ですか?キャンプと言えば大人数でワイワイ楽しむものというイメージですが、ソロキャンプは最初から最後まで一人で楽しみます。

お一人様用の道具を揃えたら、一人でキャンプ場まで行き一人でテントを設置して、一人で料理を作り一人で楽しむという、完全個人主義のアウトドアです。

そんなソロキャンプが今秘かにブームとなっています。都会の騒々しさから離れて、自然の真ん中で自由気ままな時間が過ごせるのは、とても贅沢なアウトドアではないでしょうか。

ソロキャンプは自分の好きな楽しみ方ができる

ソロキャンプの魅力は、誰にも気を遣わず一人で好きな事を堪能できることです。集団で行うキャンプは食事の準備をしたりテントの設置をしたりなど、何かと相手に気を遣いますよね。

しかし、ソロキャンプならそんな必要はありません!好きなタイミングで好きな事をしても、誰にも口出しされず自由な楽しみ方ができます。一人ならではの自由度が、ソロキャンプの大きな魅力です。

テントを張る前にいきなり食事タイムにしたり、好きな音楽をかけたり、アウトドアなのにあえてテントにこもって本を読んだり…。そんな自由な楽しみ方ができるのが、ソロキャンプです。

ソロキャンプに必要な装備は?

ソロキャンプに必要な装備や道具①一人用のキャンプセット

ソロキャンプに必要な装備や道具、1つ目は一人用のキャンプセットです。お一人様とは言え、キャンプには様々な道具が必要です。まずはキャンプセットを一式揃えましょう。

必要な道具は一人用のテント、シュラフ、シュラフマット、アウトドアチェア&テーブルなどです。これらは通販やアウトドア用品の専門店、ホームセンターなどで購入できます。

最近は一人用の小ぶりなテントも売られています。シュラフ(寝袋)と下に敷くシュラフマット、食事の際やくつろぐ時に使えるアウトドアチェアとテーブルも、小さいものでいいので用意しておきましょう。

必要なキャンプセット一覧
  • 一人用のテント
  • シュラフ(寝袋)
  • シュラフマット
  • アウトドアチェア
  • アウトドアテーブル

ソロキャンプに必要な装備や道具②ランタンやグリルなどの焚き火台

ソロキャンプに必要な装備や道具、2つ目はランタンやグリルなどの焚き火台です。キャンプ場は街灯などの明かりがない為、夜は真っ暗になってしまいます。

その為、明かりを確保する為のランタンは必需品です。昔ながらの火で明かりを灯すタイプもありますが、最近はLEDの照明もあります。明るさやサイズ、デザインなどで好きなものを選んでみましょう。

また、ソロキャンプで料理をする為に、グリルやコンロ、バーナーなども欠かせません。バーベキューができる焚き火台など、あらゆる道具がある為目的や持ち歩きやすさを考慮して揃えましょう。

必要な火の元一覧
  • ランタン(LEDやキャンドルなど)
  • グリル
  • コンロ
  • バーナー
  • 焚火台

ソロキャンプに必要な装備や道具③食料と調理用品

ソロキャンプに必要な装備や道具、3つ目は食料と調理用品です。キャンプ場にはレストランやコンビニがない為、食事の準備もすべて一人で行わなければいけません。

まずはキャンプ場で食べられる食料を準備しましょう。そのまま食べられる缶詰やレトルト食品を持って行ってもいいですし、キャンプ飯にこだわるなら材料をクーラーボックスに入れて持って行ってもいいでしょう。

また、調理する為の道具も忘れてはいけません。アウトドア用のナイフ、食器、カトラリー、クッカー(アウトドア用の調理器具)など、何もない現場でも調理、食事ができる道具も揃えておきましょう。

必要な食料と調理用品一覧
  • 食料(缶詰、レトルト食品、バーベキューの材料など)
  • 飲み物
  • クーラーボックス
  • アウトドアナイフ
  • アウトドア用のお皿
  • アウトドア用のコップ
  • アウトドア用のカトラリー
  • クッカー
  • まな板
  • サランラップ
  • アルミホイル

ソロキャンプに必要な装備や道具④その他の装備品

ソロキャンプに必要な装備や道具、4つ目はその他の装備品です。最低限準備するべき道具以外にも、細々とした必要な道具があるので注意してくださいね。

必要なものはビニール袋、ジップロック、軍手、タオル、救急箱、雨具、洗面用具、携帯トイレ、ティッシュ、ウェットティッシュ、虫除けグッズなどです。

これらはもしもの時に必要な道具なので、一式揃えておくと便利ですよ!なお、キャンプに必要な持ち物についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しているので、参考にしてくださいね!

ソロキャンプにおすすめのテント7選①

ソロキャンプにおすすめのテント①バンドックツーリングテント一人~二人用

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのテント、1つ目はバンドックツーリングテント一人~二人用です。バンドックは新潟県三条市にある株式会社カワセが手掛ける国内ブランドです。

高性能のアウトドア用品がお手頃価格で買えるという事で、キャンパーからコスパがいいと評判のブランドです。こちらのテントはツートンカラーがおしゃれな一人~二人用テントです。

前方後方どちらからでも出入り出来る便利な構造で、どちらも靴や荷物を置けるスペースがあります。内側にはポケットが付いているので、小さい道具なども収納しやすいデザインです。

ソロキャンプにおすすめのテント②コールマンテントツーリングドームST

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのテント、2つ目はコールマンテントツーリングドームSTです。アウトドア用品の有名ブランドと言えば、コールマンではないでしょうか。

1900年に創業という老舗だけあり、現在も世界中で愛されているアウトドア用品やキャンプグッズを売っています。こちらのテントは、鮮やかなグリーンとブラックのカラーがかっこいいデザインです。

一人でも設置しやすいポールポケット式なので、ソロキャンプ初心者でも簡単に組み立てられるでしょう。広々として開放的なサイズ感は、一人の時間を満喫できそうです。

ソロキャンプにおすすめのテント③スノーピークラゴPro.air1

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのテント、3つ目はスノーピークラゴPro.air1です。スノーピークはバンドックと同じく新潟県三条市に本社を構えるアウトドア用品ブランドです。

1964年の設立以来、長年高品質なアウトドア用品を売り出している、安心の国内ブランドです。こちらのテントは一人用に作られており、非常にコンパクトです。

初めてソロキャンプに挑戦する初心者でも扱いやすいサイズでしょう。軽量かつ小ぶりなサイズ感なので、女性のソロキャンプにおすすめの一品です。

ソロキャンプにおすすめのテント④MSRエリクサー

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのテント、4つ目はMSRエリクサーです。MSR(マウンテンセーフティーリサーチ)は、アメリカに本社を構える登山用品メーカーです。

1973年に発売されたテントは、厳しい自然環境でも耐えられる高品質という事で、登山家を中心に高い人気を博しました。現在もテントの品質が人気のブランドです。

こちらのテントは従来のアイテムよりもより厚手で頑丈な素材を使っています。二人用モデルなのでソロキャンプで使えば広々とした空間を贅沢に使えるでしょう。

ソロキャンプにおすすめのテント7選②

ソロキャンプにおすすめのテント⑤テンマクデザインPANDA

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのテント、5つ目はテンマクデザインPANDAです。テンマクデザインとは新しいイメージのアウトドア用品を生み出すブランドで、おしゃれで可愛い機能的なアイテムも多く揃います。

PANDAという可愛いネーミングが付けられたこちらのテントは、イラストレーターやキャンプコーディネーターとして活躍するこいしゆうかさんとのコラボアイテムです。

持ち運びやすい軽量タイプで設置もしやすい可愛いテントは、女性のソロキャンプにぴったりです。一人の時間を優雅に楽しみたい女子キャンパーは、こちらのテントがおすすめです。

ソロキャンプにおすすめのテント⑥icampオリジナルソロテント

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのテント、6つ目はicampオリジナルソロテントです。エンターテインメントアウトドアチームであるicampが製作販売している、ソロキャンプ用のテントです。

一人用ですが十分に楽しめる大きなスペースがあり、のびのびとした空間を満喫できるでしょう。内面にはUVカットのコーティングがされており、防水効果も抜群です。

カラーバリエーションは渋みがあるグレーベージュと可愛いピンクパープルの2種類です。ピンクパープルは女性のソロキャンパーに大人気のカラーです!

ソロキャンプにおすすめのテント⑦Naturehikeテント二人用

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのテント、7つ目はNaturehikeテント二人用です。Naturehikeは中国のアウトドアブランドで、日本からはAmazonなどで購入できます。

こちらの二人用テントは、軽量で一人でも簡単に組み立てられる使いやすさが魅力です。通気性のいい素材を使用していますが、紫外線防止機能もばっちりです。

何よりの魅力は豊富なカラーバリエーションで、オレンジ、グリーン、グレーなどあらゆるカラーが揃っています。是非お好みのカラーを選んでくださいね!

ソロキャンプにおすすめのシュラフ6選

ソロキャンプにおすすめのシュラフ①モンベルダウンハガー

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのシュラフ、1つ目はモンベルダウンハガーです。モンベルは大阪府に本社を構えるアウトドア総合メーカーで、1975年の創業以来日本国内はもちろん海外からも高く評価されるアウトドア用品を作っています。

こちらのダウンハガーは、モンベルのシュラフでも特に人気の高い一品です。夏のキャンプはもちろん、真冬の登山でも快適に使用できる、オールシーズン対応型です。

ふわっとして軽いながらも抜群の温かさを誇り、冬のキャンプも快適に過ごせます。素材には世界最高レベルの撥水性であるポルカテックス加工を施しています。

ソロキャンプにおすすめのシュラフ②イスカアルファライト700X

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのシュラフ、2つ目はイスカアルファライト700Xです。イスカはシュラフの専門メーカーです。アウトドア用品の中でも寝袋に特化しているだけあり、その品質は高く支持されています。

専門メーカーならではの目線で開発された、快適な寝心地が実感できるでしょう。こちらのシュラフは年間通して使えるマルチモデルなので、どのシーズンでも活用できます。

中綿は会社独自開発の「マイクロライト」を使用しています。太さが異なる繊維を組み合わせることで、中の保湿効果を高め温かさが継続するでしょう。

ソロキャンプにおすすめのシュラフ③タケモスリーピングバッグ

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのシュラフ、3つ目はタケモスリーピングバッグです。タケモは2015年に設立されたばかりの寝袋専門メーカーで、寝袋メーカーに30年勤務した代表者こだわりのオリジナルシュラフが楽しめます。

こちらのシュラフは非常に頑丈な作りと温かさが特徴で、なんと厳冬期の高山に登っても温かく快適な眠りが楽しめる、抜群の保温性となっています。

ホワイトダックダウンをたっぷり詰めた温かさは、冬のソロキャンプにぴったりでしょう。寒いシーズンにキャンプへ行きたい方は、是非こちらをお試しください。

ソロキャンプにおすすめのシュラフ④ナンガシュラフオーロラ300DX

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのシュラフ、4つ目はナンガシュラフオーロラ300DXです。ナンガとは日本のシュラフやアウトドア衣服の専門メーカーです。

元々は寝具を取り扱う会社でしたが、現在は高品質なシュラフが人気です。こちらのシュラフは蒸し暑い夜でも快適に過ごせる夏用のシュラフです。

センタージップなので暑くなったらすぐに開けられる便利な構造です。ジッパーは暗闇で光るようになっているので、明かりのない夜でも開け閉めしやすいですね。

ソロキャンプにおすすめのシュラフ⑤DesertFox寝袋封筒型

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのシュラフ、5つ目はDesertFox寝袋封筒型です。様々なアウトドア用品を取り扱うメーカー、DesertFoxの封筒型シュラフです。

内側に綿生地を使用している為、入った瞬間のひんやり感がなく、すぐにぬくもりが感じられます。柔らかく肌触りのいい質感も人気です。

頭をふんわりと包み込むようなフードなど、細部まで快適性にこだわっています。夏、冬、どのシーズンも使えるタイプで、6種類あるカラーバリエーションも人気です。

ソロキャンプにおすすめのシュラフ⑥LICLI丸洗いできる封筒型シュラフ

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプにおすすめのシュラフ、6つ目はLICLI丸洗いできる封筒型シュラフです。LICLIはスポーツ用品やアウトドア用品を扱うメーカーです。

こちらの封筒型シュラフは、汚れたり汗をかいたりしても丸洗いできるお手入れの簡単さが魅力です。ジッパーを全部開けば敷布団になるので、昼間は広げてごろ寝用に使ってもいいですね。

サラっとした手触りと抜群の温かさで、ソロキャンプの夜を快適にしてくれます。ワイルドな迷彩柄の他、合計8種類のカラーバリエーションから選べます。

ソロキャンプにあると便利なグッズ6選

ソロキャンプの便利な道具や装備①LEDランタン

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプの便利な道具や装備、1つ目はLEDランタンです。キャンプで忘れてはいけないのが、照明器具です。キャンプ場には明かりがない為、必ず照明を用意しておきましょう。

ランタンにはオイルを使って火を灯す昔ながらのタイプもありますが、安全性の高いLEDタイプがおすすめです。明るさを調節できるタイプも多いので、ソロキャンプに便利ですよ。

デザインもスタイリッシュなものからアンティーク調のおしゃれなものまで色々あるので、是非お好みのデザインを選んでみてくださいね。

ソロキャンプの便利な道具や装備②ビクトリノックスハントマン

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプの便利な道具や装備、2つ目はビクトリノックスハントマンです。ビクトリノックスハントマンとは一つでナイフ、はさみ、ピンセット、ドライバーなどあらゆる機能が付いた便利グッズです。

ソロキャンプは一人で行くのでなるべく、装備品を減らしたいですよね。しかし、いざという時の為に色々な道具を持って行かなければ安心できません。

そんな時に、こちらのアイテムがあれば一つで16個の機能が使えます。コンパクトで多機能なので、キャンプをするなら装備しておいて損はありません。

ソロキャンプの便利な道具や装備③クッカー

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプの便利なグッズや道具、3つ目はクッカーです。クッカーとはアウトドア用の調理器具の事で、コッヘルとも呼ばれます。

ステンレス鋼やアルミニウム、チタンなどの素材でできており、アウトドア時の調理を助けてくれます。ソロキャンプの場合はポットとフライパンさえあれば問題ないでしょう。

お湯を入れてレトルト食品を茹でたりスープなども温められるポットに、肉などを焼けるフライパンのセットが、ソロキャンプにはおすすめです。

ソロキャンプの便利な道具や装備④携帯ラジオ

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプの便利な道具や装備、4つ目は携帯ラジオです。これは、なくても大丈夫ですがあればもっと便利になるので、出来れば準備しておきましょう。

山奥やキャンプ場にいると、天気の動きなどがわかりにくいですよね。天気予報が流れるラジオを持っていれば、気温や天候の動きもチェックできます。

また、自由に過ごせるとはいえ一人だと退屈しがちなソロキャンプ中、ラジオ番組や音楽を聴いていればいい暇つぶしにもなりますよね。

ソロキャンプの便利な道具や装備⑤好きな本

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプの便利な道具や装備、5つ目は好きな本です。これは、ソロキャンプならではの楽しみ方ですが、あえて自然の中で読書をしてみてはいかがでしょうか。

誰にも邪魔されない一人の空間で、豊かな自然の空気や匂いを感じながら楽しむ読書は、家で読むのとは一味違う楽しみ方ができます。

キャンプ飯のレシピ集などを持って行き、昼間のうちに作りたい料理を確認しておくのもいいですね。もちろん漫画でも詩集でも、好きな本を持って行きましょう!

ソロキャンプの便利な道具や装備⑥缶詰

Amazonで商品の詳細を見る

ソロキャンプの便利な道具や装備、6つ目は缶詰です。ソロキャンプの醍醐味と言えば、キャンプ飯ではないでしょうか。大自然の中一から作るワイルドな料理はたまりません。

とはいえ、料理が苦手な方や手軽に済ませたい方もいますよね。そこでおすすめなのが、缶詰です。様々なおかずが入った缶詰を持って行けば、キャンプ場でもすぐ美味しいものが楽しめます。

ポイントはそのまま食べずに軽く火を通すことです。缶詰の蓋を開けたら缶ごと網に乗せ、グリルなどで火にかけると温かくなり出来立てのような味になりますよ!

ソロキャンプでできる楽しみ方3選

ソロキャンプの楽しみ方①あえて不便さを満喫する

ソロキャンプの楽しみ方、1つ目はあえて不便さを満喫することです。キャンプは山奥やキャンプ場で行うので、普段の生活とは違った空間になります。

電気もガスも水道もない生活ですが、あえてそのような不便さを楽しんでみるのもいいかもしれません。携帯を持って行ってもキャンプ中は使わないなど、あえて利便性を捨てたキャンプを楽しんでみましょう。

不便だからこそ、普段の生活では見落としがちなものも見えてくるのではないでしょうか。その苦労もキャンプならではの醍醐味です!

ソロキャンプの楽しみ方②おしゃれなキャンプにしてみる

ソロキャンプの楽しみ方、2つ目はおしゃれなキャンプにしてみることです。最近増えているソロキャンプ女子ですが、やっぱり女子なら可愛く過ごしたいですよね!

テントや道具もおしゃれで可愛いものを揃えてみましょう。また、テントの中も好きなクッションやラグを敷くなど、自分だけのお気に入り空間にしてみませんか?

小さなテントを自分好みの空間に飾れば、気分もますます高まってきます。よく冷やしたワインやおつまみも用意すれば、ラグジュアリーなソロキャンプが楽しめます。

ソロキャンプの楽しみ方③ソロキャンパー同士の出会いを楽しむ

ソロキャンプの楽しみ方、3つ目はソロキャンパー同士の出会いを楽しむことです。ソロキャンプがブームだけあって、最近はソロキャンパーを多く見かけます。

同じキャンプ場や山にも、ソロキャンプを楽しんでいる方がいるかもしれません。もし近くにソロキャンプをしている人がいれば、思い切って声をかけてみましょう。

同じ趣味を持つ人同士、話が合うかもしれません。ソロキャンプという共通の趣味を持つ人と出会うなら、やっぱり現場で出会うのが一番です。

ソロキャンプにおすすめのスポット3選

初心者ソロキャンプにおすすめのスポット①有野実苑オートキャンプ場

ソロキャンプにおすすめのスポット、1つ目は千葉県にある有野実苑オートキャンプ場です。東京からもアクセスのいい千葉県で、手軽にソロキャンプが楽しめます。

様々な設備が整っているので初心者にもおすすめで、4月~12月までの期間はソロキャンプ専用のキャンプサイトが設けられています。ソロキャンプ専用ですが二名までなら使用可能です。

近隣の畑で収穫された旬の野菜も販売しているので、採れたての美味しい野菜も楽しめます!なお、千葉県のおすすめキャンプ場についてはこちらの記事もご覧ください。

初心者ソロキャンプにおすすめのスポット②北軽井沢スウィートグラス

ソロキャンプにおすすめのスポット、2つ目は群馬県にある北軽井沢スウィートグラスです。浅間山の目の前にある広大な自然が満喫できます。

非常に広々としたキャンプ場で、それぞれに特徴が異なるサイトに分けられています。ソロキャンプ用のサイトは4月~11月までの期間です。

管理棟やシャワー、トイレなどの施設があるすぐ近くがソロサイトなので、ソロキャンプデビューする女性キャンパーにもおすすめです!

初心者ソロキャンプにおすすめのスポット③富士ヶ嶺おいしいキャンプ場

ソロキャンプにおすすめのスポット、3つ目は山梨県にある富士ヶ嶺おいしいキャンプ場です。景色のいいキャンプ場と言えば、是非こちらをおすすめします!

目の前に富士山が見える贅沢な景色を独り占めできるので、とことん自然を満喫したい方におすすめです。ソロサイトは二名まで使用可能です。

また、ソロサイトには下にウッドチップが敷いてある為、地面が柔らかいのもポイントです。車やバイクの侵入は不可なので、静かに一人の時間が過ごせます。

ソロキャンプを楽しもう!

ソロキャンプはとことん一人で自然を満喫できる贅沢な楽しみ方です。お一人様ブームの中注目されているソロキャンプを、是非楽しんでくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。