Large thumb shutterstock 521491015

カステラをフレンチトーストにリメイクアレンジ!作り方レシピ10選も

更新:2019.06.21

時間がかからないのに、美味しくできる「カステラをリメイクアレンジしたフレンチトースト」が話題になっています。この記事では、基本の作り方のレシピから、基本を応用したレシピまで10選ご紹介します!カステラのフレンチトーストと共に、おしゃれなティータイムを過ごしてみませんか?

フレンチトーストをカステラで作るとどうなるの?

卵液にパンを浸す時間がかからない!

カステラを使ったフレンチトーストは、パンに比べて卵液を吸うスピードが圧倒的に早いのが特徴です。通常のフレンチトーストの場合は、卵液を充分に吸うまでに、20~30分はかかってしまいます。

ですが、カステラをパンの代わりに使ったら、なんと「10秒」で卵液を吸ってくれるんです。忙しい朝でもおしゃれな朝食を楽しみたい方にとって、最高のレシピと言えるでしょう。

内側ジューシー!外はカリカリになる!

カステラを使ったフレンチトーストは、あっという間にできてしまうにも関わらず、内側がじゅわっとジューシー、外側はカリカリの仕上がりになります。見た目もおしゃれなので、インタにおしゃれな朝食をアップしたい方にも最適なんですよ。

カステラで有名な長崎には美味しいお菓子がたくさんありますが、京都にもおすすめのお菓子が沢山ありますよ。下記の記事で詳しく紹介しているので、チェックしてみてくださいね。

カステラをフレンチトーストにリメイクアレンジ!作り方レシピ①~⑤

カステラをフレンチトーストにリメイク①基本のレシピ!

カステラをフレンチトーストにリメイクアレンジ①つ目は、「基本のレシピ」です。カステラを使ったフレンチトーストには、様々なレシピがあるのですが、まずは基本をご紹介します。

基本のカステラをフレンチトーストにリメイクしたアレンジレシピ

  1. 大き目のボウルに卵を1つ割ります。
  2. 混ぜた卵に牛乳をそっと150ml入れて軽く混ぜます。
  3. 底が平らになったおかバッドに、②を注ぎます。
  4. 切り分けておいたカステラを入るだけ入れて10秒浸します。
  5. 弱火で熱したフライパンにバターを入れて7分間じっくり焼きます。
  6. フライでそっと裏返して焼き目がつけば完成です。

以上が基本のレシピになります。10秒間浸すだけで、すぐにパンが卵液を吸って、外はカリカリ内側がぷるぷるしたフレンチトーストの完成です。ここからは、基本を応用したおすすめレシピをご紹介します。

カステラをフレンチトーストにリメイク②豆乳でヘルシーに!

カステラをフレンチトーストにリメイクアレンジ②つ目は、「豆乳でヘルシーに!」です。1つ前の基本のレシピの牛乳を豆乳に代えるだけで、カロリーをぐっと抑えることができますよ。

カステラのフレンチトーストを味わってみたいけれど、ダイエットをしているから…という方は、豆乳に変更して楽しんでみてくださいね。最近は様々な味の豆乳があるので、いくつか試してみるのもいいかもしれませんね。カステラを使った他のレシピについては、下記の記事も読んでみてくださいね。

カステラをフレンチトーストにリメイク③鈴カステラで可愛く

カステラをフレンチトーストにリメイク③つ目は、「鈴カステラで可愛く」アレンジする方法です。基本は、切り分けができる長方形のカステラを使用しますが、鈴カステラを使ってもOKですよ。

鈴カステラは1つ1つが小さいので卵液を吸い込みやすく、よりジューシーな仕上がりになります。美味しいのはもちろん、見た目もころころしていて可愛いんですよ。

カステラをフレンチトーストにリメイク④ココナッツオイルで香り良く

カステラをフレンチトーストにリメイク④つ目は、「ココナッツオイルで香り良く」です。基本のレシピでは、バターを使って焼いていきますが、香りを良くしたい場合はココナッツオイルを使うといいですよ。

カステラの甘い香りとココナッツオイルの香りがマッチして、食欲の無い朝でもぺろりと食べられます。ココナッツオイルは、加熱OKなタイプを使ってくださいね。

カステラをフレンチトーストにリメイク⑤カフェオレを牛乳の代わりに使う

カステラをフレンチトーストにリメイク⑤つ目は、「カフェオレを牛乳の代わりに使う」アレンジです。基本では牛乳に浸しますが、カフェオレに変えてみると、ひと味違った美味しさを楽しむことができますよ。牛乳バージョンに飽きた時に試してみては?

長崎の、カステラ以外のお菓子にも興味がある方は、下記の記事もおすすめです。お土産にもおすすめな長崎のお菓子を31選たっぷり紹介していますよ。

カステラをフレンチトーストにリメイクアレンジ!作り方レシピ⑥~⑩

カステラをフレンチトーストにアレンジ⑥牛乳なしでもOK

カステラをフレンチトーストにアレンジ⑥つ目は、「牛乳なしでもOK」なリメイク方法です。基本のレシピでは牛乳を使っていますが、牛乳が苦手な方向けのレシピもあるのでご紹介します。

牛乳なしのカステラフレンチトーストレシピ

  1. 大き目のボウルに、卵2つと砂糖を少々入れて混ぜます。
  2. ①にカステラを10~20秒間浸します。
  3. フライパンにバターを弱火で熱して、7分間じっくり焼きます。
  4. 裏返して焼き目をつければ完成です!

こちらのレシピは、牛乳を使わないぶん卵を多めに使うのが特徴です。卵多目のフレンチトーストは、こくのあるリッチな味わいになりますよ。

カステラをフレンチトーストにアレンジ⑦揚げると香ばしくなってGOOD

カステラをフレンチトーストにアレンジ⑦つ目は、カステラを使ったフレンチトーストを揚げるレシピです。基本はフライパンで焼きますが、油で揚げると外がよりカリとなって、中がとろんとした味わいになるんですよ。時間に余裕がある時に試していただきたいレシピです。

カステラを使ったフレンチトーストを揚げるレシピ

  1. カステラを一口サイズにカットします。
  2. 大き目のボウルに牛乳150mlと卵1つを入れて混ぜます。
  3. ②にカットしたカステラを入れて10秒浸します。
  4. フライパンにサラダ油を2cmの高さまで入れ、温度を中温に上げます。
  5. ③をフライパンに入れて揚げ焼きにします。
  6. 両面きつね色になったら、油をよく切ってお皿に盛り付ければ完成です!

カステラをフレンチトーストにアレンジ⑧オーブンで簡単に作るレシピ!

カステラをフレンチトーストにアレンジ⑧つ目は、「オーブンで簡単に作るレシピ」をご紹介します。基本のレシピでは、牛乳に浸したカステラをフライパンで焼いていきますが、レンジでも手軽に作ることができるんです。それではさっそくレシピを見ていきましょう。

レンジで簡単に作るレシピ

  1. 大き目のボウルに、卵1つと牛乳をほんの少し入れます。
  2. ①を、ハンドミキサーで泡立てていきます。
  3. ②をカステラの両面に塗ります。
  4. 180℃に予熱しておいたオーブンで、10分間焼いたら完成です。

カステラをフレンチトーストにアレンジ⑨電子レンジを使う作り方

カステラをフレンチトーストにアレンジ⑨つ目は、「電子レンジを使う作り方」です。フライパンで焼いたり、オーブンを予熱しておくのは面倒…という方には、電子レンジを使った作り方がおすすめです!材料と器さえあればできるので、洗い物も少なくて済みますよ。簡単アレンジで、おしゃれな朝食タイムを満喫しましょう!

電子レンジで時短レシピ

  1. カステラを一口サイズにカットして、バーターを塗っておいた耐熱容器に並べます。
  2. ボウルに卵1個と、砂糖小さじ2を入れて混ぜ合わせます。
  3. カステラの上から②をかけ、トングか箸で抑えて卵液を染み込ませます。
  4. 500Wの電子レンジで1分間温めれば完成です。卵が固まっていなければ、少し長くしてみてください。

カステラをフレンチトーストにアレンジ⑩ピーナツバター&ジャムで甘みUP

カステラをフレンチトーストにアレンジ⑩つ目は、「ピーナツバター&ジャムを使うリメイク法」です。こちらのレシピは、ピーナツバターが好きな方に一押しのレシピで、甘みをアップしたい時にいいですよ。簡単なのに、おしゃれなカフェで味わうメニューのような味になるので、1度試してみてくださいね。

ピーナツバター&ジャムを使うリメイク法

  1. 大き目のボウルに卵1個と牛乳150mlを混ぜ合わせます。
  2. 2cm程度の厚さにスライスしたカステラのうちの1つにピーナツバターを塗ります。
  3. 別のカステラに、ジャムを塗ります。
  4. ②と③の塗った面同士を合わせて1つにします。
  5. ①に、④を浸します。
  6. フライパンにバターを多目に引いて両面焦げ目がつくまで揚げ焼きにすれば完成です。

カステラのフレンチトーストのほかに、コストコで人気のお菓子も気になる方は、下記の記事もおすすめですよ。人気のお菓子を21選紹介しているので、お気に入りを見付けてください。

カステラをフレンチトーストしたアレンジを楽しもう!

簡単にできるのに美味しいと話題のカステラを使ったフレンチトーストの作り方をご紹介しました。基本のフライパンで焼くアレンジから、ピーナツバター&ジャムを使ったおしゃれアレンジまで様々なパターンがありましたね。

忙しい朝でも充実した食事タイムを過ごしたい時は、是非お試しくださいね。お好みでシナモンやはちみつや粉糖をかけてもOKですよ!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。