Large thumb shutterstock 313813409

型抜きのコツ5つ|屋台/お祭り/縁日/駄菓子屋/景品/夜店

更新:2019.06.21

お祭りや屋台・縁日などでよく見かける型抜き。そんな型抜きとはいったいどういう駄菓子なのかのご紹介いたします。さらに、型抜きを成功させるためのコツなどを詳しくご紹介させていただきます。自宅でもお祭でも成功させることができるコツをぜひ参考にしてみてください。

型抜きとは?

型抜きはお祭り・縁日のお菓子

型抜きは、お祭りや縁日などで見かける駄菓子のことです。正式には、型抜き菓子と言います。でんぷんやゼラチン、砂糖などで作られた板状の駄菓子です。そこに、動物や星などのデザインを施します。その型通りに、きれいに型をとることができたらおもちゃなどの景品がもらえるという遊びの一つです。

様々なところである食べる型抜き

型抜きは一般的に見かける縁日や、お祭りの他にも家庭でできるものも販売されています。また、味もピンクの一種類だけではなく様々な色や味の駄菓子が販売されています。自分好みの型抜きの味を探してみてください。また、どの型抜きもすべての方を公表してはいません。どのような型があるのかを探すのも面白いです。

様々な味のある型抜きの駄菓子

  • 屋台の型抜き…定番のピンク色の型抜きです。味はあっさりと甘い味の駄菓子です。
  • 紙巻の型抜き…オレンジ色の型抜きで青や赤の紙で巻かれています。味は上記と同じくあっさりと甘めの駄菓子です。
  • ザ・カタヌキ…家庭でも楽しみたいと開発されて物。淡い緑色の型抜きです。ラムネ味の駄菓子です。
  • なにわの型抜き…大阪土産の型抜き。淡い紫色の型抜きです。ブドウ味の駄菓子です。
  • 北海道の型抜き…北海道限定の型抜きです。ミルク風味の駄菓子です。
  • イベント用の型抜き…学園祭などで使える型抜き。製造元のハシモトのみでの販売。

大人がハマる夜店の型抜きの景品とは

大の大人が縁日や夜店の会場で型抜きをせっせと行っている場面を見たことはないでしょうか。これは、型抜きの景品が豪華であるということが挙げられます。一般的に型抜きの景品は、成功するともらえますが、その景品がおもちゃのところもあればお金のところもあります。

少なくとも、50円から多くて1万円までの金額が難易度によって定められているとされています。しかし、多くの場合は500円あたりで止まることの方が多いようです。景品目当てで行わずに、気軽に型抜きを楽しんでください。景品はおまけと思った方が、もらった時に嬉しさがアップします。

お祭りの屋台や駄菓子屋で型抜きをする際に覚えておきたいコツ5つ

お祭り・屋台・駄菓子屋の型抜きのコツ①余分な粉を払う

View this post on Instagram

#懐かしい #型抜き菓子#祭り#屋台#夢中

A post shared by Rui (@rui_081129) on

型抜きをするときに覚えておきたいコツの一つ目は、余分な粉を払うことです。お祭りや縁日での型抜きの板は、屋台の人から渡されて時には粉がついています。この粉をつけたまま型抜きを行ってしまうと、思わぬところで板にひびが入ったりしてしまいます。

粉を払うことによって、溝に粉がたまったり、針などが粉で別の場所に誘導されたりということを未然に防ぐことができます。余分な粉は必ず払うようにしてください。手で払うのが、怖いという人は、人がいない方向で息で粉を払っても大丈夫です。余分な粉を極力少なくなるようすることが大切です。

お祭り・屋台・駄菓子屋の型抜きのコツ②始めは手で折る

型抜きをするときに覚えておきたいコツの二つ目は、手で折ることです。型抜きを行う時に、初めから針などで溝を掘ってしまう行為は失敗する元です。はじめは、いらないところを手で折れる場合は軽く手で折っていってください。この方法は、お祭りや縁日で出ている屋台によっては禁止されている場合もあります。

始めに手で折るときに注意してほしいのは、力を入れすぎてしまうと型抜きの板は木っ端みじんになってしまいます。指先などで軽く押しながら徐々に折っていってください。後程、動画で実際に折っている場面をご紹介しています。そちらの動画も参考にして、手で折ることをマスターしてみてください。

お祭り・屋台・駄菓子屋の型抜きのコツ③削るようにかたどる

型抜きをするときに覚えておきたいコツの三つ目は、削ることです。型抜きを言う名前から、型をとろうとして針を押し込んでしまいがちです。これは、失敗しやすいので気をつけるようにしてください。始めに、針を差し込んでしまうとそこで失敗するか成功するかが分かってしまいます。押し込むことは失敗しやすいです。

型抜きは、押し込むのではなく徐々に削っていくことがとても大切です。面倒くさいからといって、一気にはがそうとせずに徐々に徐々に削っていくことが大切です。そのため使用する道具は、しなって削りにくいものではなく、しっかりとしていて板を削りやすいものを選ぶようにしてください。

お祭り・屋台・駄菓子屋の型抜きのコツ④裏側を見る

型抜きをするときに覚えておきたいコツの四つ目は、裏側を見ることです。型抜きに熱中しているとどうしても模様がデザインされている板のほうしか見ないことの方が多いです。ある程度型抜きを進めることができたのなら、途中で裏側を見るようにしてください。

裏側を見ることで、どの部分が亀裂の危険があるのかを知ることができます。裏側を見ただけではよくわからないという人は、光を照らすと薄いところと厚いところの違いが、透け感によってわかりやすくなっています。途中で裏側から見ることを忘れずに行うようにしてください。失敗を事前に避けてリカバリーすることができます

お祭り・屋台・駄菓子屋の型抜きのコツ⑤集中を保つ

型抜きをするときに覚えておきたいコツの五つ目は、集中することです。型抜きは、とても神経を使う遊びです。何よりも集中力が切れてしまうとそこで型抜きが失敗してしまったり思わぬところを削ってしまったりします。集中して型抜きを行うようにしてください。

また、型抜きをするときには、集中を切らすような携帯電話などは機内モードか音が出ないようにしておくと良いでしょう。さらに、周りの人に話しかけないで欲しいと事前にお願いしておくことも大切です。駄菓子の遊び程度にやりすぎだと、思う人はやらなくても大丈夫です。本気だという人はやったほうがよいでしょう。

せっかく集中して型抜きができているときに、他の人から呼びかけられたり携帯電話が鳴ったりしてしまうと集中がプツリと切れてしまいます。また、屋台やお祭り・縁日で型抜きを行っている場合は、自分の集中だけではなく周りの人の集中も妨げてしまいやすいので、気をつけるようにしてください。

道具を駆使するのもコツ!型抜きをする際に使える道具は?

屋台・縁日の型抜きのコツ①ウェットティッシュ

道具を駆使するコツの一つ目は、ウェットティッシュを使うことです。型抜きの駄菓子の板は、湿らせると作業がとてもやりやすくなります。そのため、濡らすことは鉄板といえます。しかし注意しなくてはいけないのが、濡らし過ぎてしまうと板がボロボロになってしまいます。

ウェットティッシュなどで、軽くさっと拭く程度が型抜きをやりやすくするコツです。この方法は、屋台によって禁止されているところもあるので気をつけるようにしてください。同様に、差し込む針を唾液などで濡らす方法もありますが、こちらは衛生的にあまりよろしくないのでウェットティッシュで濡らす方法をおすすめします

屋台・縁日の型抜きのコツ②持ちやすい画びょう

道具を駆使するコツの二つ目は、持ちやすい画びょうです。型抜きでとても大切なのは、使用する型抜きの道具です。持ちづらいものを使ってしまうとそれだけで手が滑ったりしてうまくいかなかったりしまう。型抜きをするときは、持ちやすい画びょうなどを用意して挑むようにしてください。

屋台・縁日の型抜きのコツ③黒文字

道具を駆使するコツの三つ目は、黒文字です。黒文字はつまようじの別の呼び名として知られています。しかし、ここではつまようじではなく、本当の黒文字という木から作られて物のことを指します。この黒文字は、短いものから長いものまで販売されています。

しかし、値段が少し高いので自分の持ちやすいサイズを見つけてから購入して挑むようにしてください。また、黒文字の入手方法として、少し高級な和菓子屋さんで買い物をするという手もあります。高級な和菓子屋さんで買い物をすると、高確率で黒文字がついてきます。

高級和菓子を食べることで英気を養ってから型抜きに挑戦するのも一つの手だと思います。一度型抜きで使っても黒文字は、捨てずにとっておきましょう。先端がつぶれることがないので、一回限りではなく数回は型抜きで使用することができます。

屋台・縁日の型抜きのコツ④串カツ用の串

道具を駆使するコツの四つ目は、串カツ用の串です。串カツ用の串は、竹串よりもしっかりとしているためとても使いやすいです。持つのに少し細いとは思いますが、それは慣れでカバーできる範囲だと思われます。値段も黒文字のものよりも安価に購入できるので、気軽に挑戦してみたいという方にはおすすめの道具だといえます。

屋台・縁日の型抜きのコツ⑤爪やすり

道具を駆使するコツの五つ目は、爪やすりです。爪やすりは、実際に型抜きをするときには使用しません。使用するときは、型抜きを成功したときに綺麗に仕上げるときに使用します。最初から、爪やすりを使ってしまうと板に振動がダイレクトに伝わり、失敗しやすくなってします。細かい仕上げで使うようにしてください。

せっかく型抜きが成功しても、断面がガタガタだと成功と認めてくれないお店もあります。初級者から抜け出したい人は、爪やすりなどできれいに仕上げをすることに挑戦してみてください。また、成功してきれいにしようと張り切りすぎて、そこで型抜きの板を砕いてしまうということもありますので、力加減には注意してください

型抜きで、爪やすりを使用するときはわざわざ高い爪やすりを購入しなくても、100円ショップで簡単に手に入れることができます。自分が使いやすい爪やすりを下記のサイトを参考にして、見つけてみてください。また、通常の爪やすりだけではなく、紙やすりなども併せてみるとさらにきれいに仕上げることができます。

屋台・縁日の型抜きのコツ⑥クッション

道具を駆使するコツの六つ目は、クッションです。型抜きは、長時間座って行う作業です。屋台やお祭り、縁日などで行う場合は長時間地面に座ったままだと、足がしびれるなどで集中が切れてしまいます。クッションなどを敷いて、万全の状態にしておいて型抜きに挑戦してみてください。

クッションの他にも、新聞紙とタオルを組み合わせたり、クッション性があるレジャーシートを活用したりしても大丈夫です。折り畳みの椅子を使用するのは、縁日やお祭りなどその時屋台の台に合わずにやりづらい場合があるので避けたほうが無難だと思います。

レジャーシートは、100円ショップなどで簡単に手に入れることができます。おすすめのレジャーシートをまとめてありますので、下記のサイトを参考にして、自分に合ったレジャーシートを探してみてはいかがでしょうか。座り心地によって、型抜きを行う時の集中力が変わってきます。

型抜きのコツが分かるおすすめの動画は?

爪切りを使った簡単な型抜きのコツ

型抜きのコツがわかるおすすめ動画の一つ目は、爪切りを使った動画です。この動画では、画病などの代わりに爪切りを使うことによって簡単に型抜きをしています。初めての方で、画鋲で抜くことに特にこだわりがない方やとにかく成功させてみたい人は、動画を参考にして爪切りでの型抜きに挑戦してみてください。

様々な角度から型抜きの成功のコツの研究

型抜きのコツがわかるおすすめ動画二つ目は、型抜きのコツを様々な角度から研究している動画です。この動画は、失敗の事例も含まれていますが、家で行う型抜きをあらゆる角度から成功させようとしている動画です。思いがけない発想もあるので、自らの型抜きの腕を磨くのに一役買いそうな動画です。

初めから指で折っていくコツのやり方

型抜きのコツがわかるおすすめ動画の三つ目は、初めから指で折っていくやり方です。上でも記載しましたが、実際の動画を見ると、どのように駄菓子を指で折っていくのかがわかりやすくなっています。動画のように、思いっきりやると初めての人は、折れやすいと思いますので、自分の力加減を調整して行ってみてください。

屋台やお祭りで駄菓子の型抜きを楽しもう!

いかがでしたでしょうか。型抜きには、様々なコツが存在しています。一つでも多くのコツをマスターして、屋台やお祭り、縁日で成功させてみてください。もちろん、自宅でもできますので、自分でお楽しみとして駄菓子を楽しむ方法もあります。一つでも多くの、型抜きを成功させて、最難関の型抜きに挑戦してみてください。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。