INDEX

キッチンの油汚れ落としにおすすめの掃除グッズ5選

キッチンの油汚れの掃除グッズ①重曹

キッチンの油汚れの掃除グッズ1つ目は、重曹です。温めることで発生する二酸化炭素が汚れを浮かせてくれるためしつこい油汚れもきれいに落とすことができるのでキッチンの掃除には必要不可欠な掃除グッズです。

重曹は粒子がとても細かいためクレンザーと同じ働きをしてくれるので力を入れてこすらずとも簡単に掃除することができます。そして重曹はアルカリ性のため、酸性である油汚れや焦げ付きを落とすのに最も適しています。また靴の臭いや生ごみの臭いも酸性のため、重曹を使って消臭することができます。

重曹は掃除以外にも料理や消臭グッズなど様々な使い方ができます。その中でも重曹を使って足の臭いを消す方法をご紹介したいと思います。下にその詳細が書かれている記事を貼っておきますのでこちらもあわせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 657717907
関連記事 足の臭いを消す方法6選|重曹足湯の作り方・重曹が効かない時の対策は?

重曹は気になる足の臭いを消してくれるアイテムです。しかし、重曹足湯を試

キッチンの油汚れの掃除グッズ②セキス炭酸ソーダ

キッチンの油汚れの掃除グッズ2つ目は、セキス炭酸ソーダです。セキス炭酸ソーダはアルカリ性で重曹と同じく様々な場所を掃除するのに使える掃除グッズです。水に溶けることで優れた洗浄力を発揮し、アルカリの濃度が低いため直接手で触れても荒れる心配がありません。

無機物なので環境にも優しく、常温で長期間保管できるためとても使いやすいグッズです。100円ショップでも購入することができます。

キッチンの油汚れの掃除グッズ③アルカリ電解水

キッチンの油汚れの掃除グッズ3つ目は、アルカリ電解水です。アルカリ電解水は、マイナスイオンの力で汚れを浮かせて落とします。通常の水よりも浸透力があり、汚れの奥まで行き渡るので汚れを残さずすっきり落とすことができます。

汚れを落とすパワーは合成洗剤とほぼ同じですが、一番の違いは100%水でできていることです。そのため口に入っても安全で二度拭きする必要もないので、キッチンの油汚れから赤ちゃん・ペット用品、冷蔵庫や電子レンジの中まで洗剤を使えない場所でも掃除することができます。

キッチンの油汚れの掃除グッズ④スワイプ

キッチンの油汚れの掃除グッズ4つ目は、スワイプです。スワイプはアメリカで開発された商品で、水で薄めてスプレーし、拭き取るだけで簡単にきれいにすることができます。台所の油汚れから床掃除、お風呂、窓ガラスなど家の中のあらゆる場所を掃除することができます。

1ℓで約2,500円で購入できるのですが、これだけ聞くと少々高く感じるかもしれませんが薄めて使う濃縮タイプのためそれを考慮すると、これ一本で家中掃除できるほどの大容量なのです。

それも、一般的なスプレータイプの洗剤の容量は約400mlですが、スワイプ1ℓでスプレー洗剤の約88本分もの容量になるためとても安価掃除グッズなのです。この商品は輸入品のためネットでは購入することができますが、店舗だと輸入雑貨を扱っているスーパーしか取り扱いがないようです。

キッチンの油汚れの掃除グッズ⑤クエン酸

キッチンの油汚れの掃除グッズ5つ目は、クエン酸です。クエン酸は梅干しなどに含まれている酸性の成分であり、直接手で触れても手荒れすることはありません。クエン酸は酸性のため、水垢や石鹸カス、トイレの尿石や黄ばみなどアルカリ性の汚れを落とすのに効果があります。

そして重曹と併用するとあらゆる汚れを落とす万能な掃除グッズにもなります。100均でも手に入り身近で掃除に欠かせないグッズの一つです。

クエン酸も美容や料理にも様々な用途があり、洗濯にも効果があります。そこでクエン酸を使って洗濯したときの効果を書いた記事を下に載せておきますのでこちらも一緒にご覧ください。

キッチンの油汚れの落とし方のコツ5選

キッチンの油汚れの落とし方のコツ①熱湯に浸ける

キッチンの油汚れの落とし方のコツ1つ目は、熱湯に浸けることです。魚を焼くときに使うグリルや五徳など取り外しができるものは、しばらく熱湯に浸けてみましょう。熱湯のおかげでしつこい油汚れも柔らかくなるのでスポンジでこすって落ちる場合もあれば、食器用洗剤で落ちる場合もあります。

キッチンの油汚れの落とし方のコツ②薬液に浸け置きする

キッチンの油汚れの落とし方のコツ2つ目は、薬液に浸け置きする方法です。薬液をかけすぐに拭き取っても汚れが落ちにくい場合は、水と薬液を混ぜそこ中に汚れを落としたい部品を入れて浸け置きするとしつこい汚れも簡単に落とすことができます。

キッチンの油汚れの落とし方のコツ③ラップを使う

キッチンの油汚れの落とし方のコツ3つ目は、ラップを使う方法です。汚れを落としたい部分が取り外せないために浸け置きができない場合は、かけた薬液の上からラップをすることで浸け置きと同じ効果があります。

ラップをすることで薬液が蒸発するのを防ぎ、汚れの奥まで薬液を浸透させることができるのでしつこい汚れを落とすのに有効です。

キッチンの油汚れの落とし方のコツ④汚れ具合で混ぜる薬液の量を変えよう

キッチンの油汚れの落とし方のコツ4つ目は、水と薬液を混ぜるときは汚れ具合によって薬液の量を変えるやり方です。例えば重曹水のスプレーを使っても汚れが落ちない場合はどれだけスプレーしても効果はさほど変わりません。

そのような場合は水の量を少なくし重曹をペースト状にしたものを汚れに塗ることで、より薬液を汚れに付着させることができ、汚れを浮かせて取り除くことができます。

キッチンの油汚れの落とし方のコツ⑤一定時間放置する

キッチンの油汚れの落とし方のコツ5つ目は、一定時間放置する方法です。薬液を付けてすぐに拭き取っても汚れが落ちない場合は、薬液を付けてから数分放置しましょう。薬液と汚れが付着する時間が長くなればしつこい汚れもすっきり落とすことができます。

ただし、「何分以上放置してはいけない」と言ったような説明書きのある薬液もあります。長い時間薬液を付けたままにしておくことで素材を痛めてしまうこともあるので、くれぐれも説明書きをよく読んだ上で実行してください。

キッチンの油汚れの落とし方は?|換気扇・レンジフード

換気扇・レンジフードの掃除の仕方①換気扇の汚れはスワイプで落とす

換気扇・レンジフードの油汚れの落とし方1つ目は、換気扇の汚れについてです。換気扇にこびりついた油汚れにはスワイプを使うとピカピカにすることができます。まず換気扇の羽を取り外し、水300mlに対してスワイプをキャップ1杯入れスプレーしてキッチンペーパーなどで拭きます。

これだけで驚くほどきれいにすることができます。また換気扇の内側も先ほどと同様にスワイプをスプレーして拭き取るだけできれいにすることができます。また、換気扇の汚れはほとんどが油汚れなので重曹水も効果的です。

換気扇・レンジフードの掃除の仕方②レンジフードの汚れは重曹で落とす

換気扇・レンジフードの油汚れの落とし方2つ目は、レンジフードの汚れについてです。レンジフードは重曹水を使うときれいに掃除することができます。まず、ぬるま湯250mlに対し重曹大さじ1杯を入れて混ぜ重曹水を作りましょう。

そして掃除をしている最中にレンジフードから汚れが垂れる可能性があるのでコンロの上に新聞紙を敷きましょう。先に、レンジフードの取り外し可能な部品を取り外してそれに重曹水をスプレーし20分から30分ほど放置したあと拭き取ります。レンジフードの掃除も同様に重曹水をスプレーし拭き取りましょう。

キッチンの油汚れの落とし方は?|ガスコンロ周辺

キッチンの油汚れの落とし方①五徳の汚れは重曹とクエン酸で落とす

ガスコンロ周辺の油汚れの落とし方1つ目は、五徳の汚れの落とし方です。鍋に水1ℓ、クエン酸50g、重曹50g入れて混ぜます。この中に五徳を入れ鍋を火にかけ10分間ほど沸騰させましょう。その後火を止め五徳を取り出せるようになるまで温度が冷めたら、スポンジでこすって汚れを落とします。

この方法により浸け置きでも取れないしつこい汚れをきれいに落とすことができます。汚れを洗い流したらキッチンペーパーで拭き、コンロに設置すれば完了です。

キッチンの油汚れの落とし方②グリルの油汚れはセキス炭酸ソーダで落とす

ガスコンロ周辺の油汚れの落とし方2つ目は、グリルの汚れの落とし方です。40度くらいのお湯を1ℓ用意し、セキス炭酸ソーダを大さじ1杯入れ、その中に受け皿や網を入れて30分ほど浸け置きします。その後、スポンジでこすると簡単に汚れを落とすことができます。

スポンジでは届かないような端の部分は歯ブラシなどを使って落としてください。水で汚れを洗い流したら乾燥させてグリルに戻しましょう。

キッチンの油汚れの落とし方③しつこいグリルの焦げ付きは重曹で落とす

ガスコンロ周辺の油汚れの落とし方3つ目は、しつこいグリルの焦げ付きの落とし方です。40度くらいのお湯1ℓに対し重曹を大さじ3杯入れます。その中に焦げ付いている物を入れて30分浸け置きします。時間がたったらスポンジやメラニンスポンジを使って汚れを落としましょう。

グリル庫内は、重曹水をスプレーし30分から1時間放置したあとスポンジや歯ブラシで汚れをこすり落としてください。ただし、中には水気がダメな製品もあるので、庫内に重曹水をスプレーする際はバーナーや電子部品の部分はなるべく重曹水がかからないようにしましょう。

掃除したあとは完全に水気を拭き取れば掃除完了です。掃除をしていなかったがために長年において蓄積してしまった焦げ付きにも重曹は高い効果を発揮します。

キッチンの油汚れの落とし方④バーナー周辺の汚れは食器用洗剤で落とす

ガスコンロ周辺の油汚れの落とし方4つ目は、バーナーやバーナーキャップの汚れの落とし方です。この部分の掃除には歯ブラシを使うと掃除しやすいです。まず柔らかい布に、水で薄めた食器用洗剤を付けて拭き取りましょう。バーナーキャップは簡単に取り外すことができるので手に取って同じように拭き取りましょう。

温度センサーや点火プラグは、布を固く絞って汚れを拭き取ります。それでも落ちない場合は歯ブラシを使って汚れを落としましょう。立ち消え安全装置は、サンドペーパーで磨くときれいになります。

キッチンの油汚れの落とし方⑤コンロ表面の汚れはアルカリ電解水で落とす

ガスコンロ周辺の油汚れの落とし方5つ目は、コンロ表面の汚れについてです。まず五徳などガスコンロの取り外せる部品をすべて取り外します。そしてスポンジに食器用洗剤を付けて泡立てて汚れている部分をこすります。大抵の汚れはこれで落とせますが、それでも落とせない汚れはアルカリ電解水を使いましょう。

汚れている部分にアルカリ電解水をスプレーし、蒸発しないようラップをし、しばらく放置します。その際、白く濁ってくる場合がありますが問題ありません。そしてぞうきんなどで拭き取ればきれいに汚れを落とすことができます。

キッチンの油汚れの落とし方は?|壁

台所の壁の油汚れの落とし方①クエン酸水を使う方法

台所の壁の油汚れの落とし方1つ目は、クエン酸水を使う方法です。水200mlにクエン酸小さじ1杯を加えてクエン酸水を作り、それを壁にスプレーして拭き取ります。この方法で水垢などのアルカリ性の汚れをきれいに落とすことができます。

台所の壁の油汚れの落とし方②重曹水を使う方法

台所の壁の油汚れの落とし方2つ目は、重曹水を使う方法です。水100mlに重曹小さじ1杯を加えて重曹水を作りスプレーして拭きましょう。この方法で油汚れなどの酸性の汚れをきれいにしてくれます。

また、重曹はアルミ素材の壁に使ってしまうと壁が黒ずむことがあるので使う前に壁の材質を確認してから使うようにしてくださいね。

台所の壁の油汚れの落とし方③スワイプを使う方法

台所の壁の油汚れの落とし方3つ目は、スワイプを使う方法です。スワイプを水で薄めて汚れている部分にスプレーして拭き取ることできれいにすることができます。台所の壁はタイルの目やタオルでは拭き取りにくい部分もあると思います。

そんなときは布製の軍手を2枚手に付けて、その軍手のまま拭き取ると細かい部分もきれいに取り除くことができます。使い終わった軍手は、捨てても洗って使い回ししてもどちらでも構いません。

キッチンの掃除はとても簡単!

今では100均でも手に入る安価で便利な掃除グッズがたくさんあります。この掃除グッズを使えば、油汚れの多い台所も簡単に掃除することができます。

この掃除の方法を知っているとあれだけ面倒だった台所の掃除もクセになってしまうかも知れないですね。ぜひ掃除グッズを上手に使ってキッチンをピカピカにしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。