INDEX

【フライパン】焼き枝豆のレシピは?

フライパンで作る焼き枝豆のレシピは蒸し焼き

フライパンで作る焼き枝豆のレシピをご紹介します。焼き枝豆を作る時の基本のレシピになります。蒸し焼きにしてから、焼き色をつけるのが特徴です。サラダ油を使うので、カロリーが気になる方はトースターなど違うもので調理をすることをおすすめします。

フライパンでの焼き枝豆のレシピ
  1. さやの中にまで味が染みるように枝豆の先端部分をハサミで切る。
  2. フライパンにサラダ油を入れて、温める。
  3. 枝豆と塩を入れ、フタをして5分間蒸し焼きにする。
  4. フタを取り、焼き色がつくまで炒める。

【フライパン】焼き枝豆のレシピで焼く時の注意点と作り方のコツは?

フライパンでの作り方の注意点とコツですが、しっかりと焼き色を付けることです。焼き色をしっかりとつけると香ばしくなり、おいしく食べることができます。蒸し焼き後の炒める部分では焼き色をつけたいので、枝豆はあまり動かさないことがコツです。動かすと焼き色がつくのに時間がかかります。

また、レシピではサラダ油ですが、オリーブオイルで焼くこともできます。焼く時にお酒を振りかけてもおいしく仕上げることができますし、生の枝豆以外にも冷凍枝豆を使って焼くこともできます。味付けも塩以外にもニンニクやカレー粉、トウガラシ、コショウと様々な香辛料と相性がいいです。

紹介したレシピでは塩だけですが、ニンニクは刻みニンニク以外にもガーリックパウダーを入れてもおいしく仕上がります。洋風に仕上げたい場合は粉チーズを振りかけてもおいしく食べることができます。枝豆はクセのない味なので和洋様々な味つけが可能です。

【トースター】焼き枝豆のレシピは?

トースターで作る焼き枝豆のレシピは5分ほど焼く

トースターを使った焼き枝豆のレシピではサラダ油を使わないので、ヘルシーに作ることができます。カロリーを気にされる方はぜひトースターを使って調理をしましょう。

トースターを使った焼き枝豆のレシピ
  1. オーブントースターにアルミホイルを敷き、その上に枝豆を置く。
  2. 枝豆を5分から6分ほど焼いて完成。

【トースター】焼き枝豆のレシピで焼く時の注意点と作り方のコツは?

オーブントースターに枝豆を置く時は重ならないようにするときれいな焼き色がつきやすいです。レシピでは何も入れていませんが、味付けが必要な場合は焼きあがった後に塩を振りましょう。また、トースターで焼く時にバターと醤油を入れるのもおすすめです。

焼きあがったらすぐに取り出しましょう。完成の目安はレシピでは5分から6分としていますが、製品によって違うので慣れるまでは味見をしながら確かめてください。余熱でも火が通るので、少し固いかもというくらいが完成の目安です。フライパンよりもホクホクとした食感に仕上がりますよ。

トースターにバターを入れると汚れやすいという難点がありますよね。だけど、トースターの掃除の仕方がイマイチ分からないという方もいるのではないでしょうか?調理器具なのでいつもきれいにして使いたいものですよね。トースターの掃除の仕方を知りたい方には以下の記事がおすすめです。

Small thub shutterstock 576680332
関連記事 トースターの掃除の仕方は?網や受け皿の油汚れや焦げの落とし方も

トースターの掃除はいつもどのように行っていますか?網についた油汚れや焦

【オーブン】焼き枝豆のレシピは?

オーブンで作る焼き枝豆のレシピは10分焼く

オーブンで焼き枝豆を作る時もトースターと同様にサラダ油などの油を使わずに調理をすることができます。カロリーを気にされる方におすすめの調理法です。

オーブンを使った焼き枝豆のレシピ
  1. オーブンの焼き板にキッチンペーパーを敷いて、塩を振った枝豆を並べる。
  2. 250度で10分焼き、20分蒸らす。

【オーブン】焼き枝豆のレシピで焼く時の注意点と作り方のコツは?

オーブンでの焼き枝豆の作り方の注意点とコツですが、焦がさないように予熱はしないことです。レシピでは10分焼きますが、オーブンによって焼き時間が異なるので、自分で調整する必要があります。少しだけ焼き色を付けたいという場合も焦がしすぎないようにこまめに様子を見てください。

紹介したレシピ以外にも枝豆を焼く時、オリーブオイルを振ってもおいしくいただくことができます。オリーブオイルを振ったら、枝豆をよく混ぜるとオリーブオイルが枝豆全体に行き渡ります。オーブンで作った焼き枝豆もトースターで作ったのと同様に、フライパンよりもホクホクとした食感に仕上がります。

オーブンは家にあるけれど、普段なかなか使う機会がないという人もいるのではないでしょうか。オーブン料理は手間いらずなのに見栄えが良い上に、オーブン中は付きっきりでなくてもいいため、非常に楽です。オーブンはあるけど、使いこなせていないという人には以下の記事がおすすめです。

Small thub shutterstock 519023956
関連記事 忙しい人こそオーブン料理を!手間いらず簡単ご馳走レシピ49選

ご馳走のイメージがあるオーブン料理。実はとっても手抜き料理ってご存知で

【ホイル焼き】焼き枝豆のレシピは?

ホイル焼きで作る焼き枝豆のレシピは10分ほど焼く

ホイル焼きでの焼き枝豆の作り方をご紹介します。ホイル焼きの利点はトースターで焼いただけのものに比べてしっとり仕上がるというものです。ほっくりしすぎるのが嫌という方におすすめです。

ホイル焼きでの作り方
  1. 枝豆はさやの両端を切って、塩もみをします。
  2. アルミホイルに枝豆を乗せ、包みます。
  3. オーブントースターで10分から15分ほど加熱して完成です。

【ホイル焼き】焼き枝豆レシピで焼く時の注意点や作り方のコツは?

ホイル焼きで作る時の注意点やコツですが、ハッキリとしたきれいな焼き色をつけたいという人には向いていません。きれいな焼き色をつけたい場合はホイルを使わないほうがいいです。ホイルの中にバターを入れて焼くと枝豆にバターのコクが加わり、おいしくなるのでおすすめです。

ホイル焼きの焼き枝豆は少量のお酒を入れることで、しっとりと仕上げることができます。ホクホクとした味わいよりしっとりしたほうがいいという方はホイル焼きがおすすめです。またホイル焼きはトースター内の汚れを抑えることができるので、汚れを抑えたいという人にもおすすめの調理法です。

また、枝豆をホイルに包んで焼くだけなので、トースター以外にもフライパンやオーブンで調理することも可能です。ホイルの中に水分が閉じ込められるので、フライパンやオーブンで調理をした場合もほっくりというよりはしっとりとした仕上がりになります。

おいしい枝豆の選び方と下処理の方法は?

おいしい枝豆の選び方

おいしい枝豆の選び方ですが、まず枝つきと枝なしの場合、枝つきのほうが鮮度を保てます。できるだけ新鮮な枝豆が欲しい場合は枝つきのものを選びましょう。枝つきを買う場合は節と節の間が短く、実がたくさんついているものを選びます。そして、産毛の量が多いものと淡い緑色をしているものほど新鮮です。

おいしい枝豆を選ぶ時は皮が実でパンパンに膨らんでいないで、7割から8割ほどの実入りのものを選びましょう。皮が実でパンパンで膨らんでいるものは育ちすぎているもので、さやが固い上に香りも落ちていて、おいしさも失われています。

枝豆の下処理の方法

枝豆の下処理の方法ですが、塩を振り優しく揉んで産毛を取ります。その後、5分から10分置きます。そうすると、枝豆から汚れや灰汁が浮き出てきます。茹でる場合はこのまま塩を入れた湯で茹でるのですが、焼き枝豆を作る場合は水で洗い、水気を拭き取ってからフライパンなどで作ります。

枝豆を冷凍保存する方法は?

枝豆を生で冷凍保存する方法



枝豆を生で冷凍保存する方法ですが枝豆を保存袋に入れて、冷凍庫に入れます。保存袋に枝豆を入れる時は保存袋の中に空気が残らないようにしましょう。生で冷凍保存する場合は1ヶ月ほど日持ちします。常温保存すると、栄養が失われていくので、しばらく食べない場合は冷凍保存することでおいしさも保てます。

枝豆は茹でるなどして加熱してから冷凍保存するより生のまま冷凍保存したほうがおいしさを保てるので、生のまま冷凍保存することがおすすめです。時間が経ったものは栄養素が失われていて冷凍してもおいしくないので、量が多いと思ったら、どんどん生のまま冷凍してしまいましょう。

枝豆は豆と野菜の中間に位置し、緑黄色野菜に分類されます。オルニチンという健康と美容に嬉しい成分が含まれていて、夏バテにも良いとされています。しかし、常温保存するとこのオルニチンが失われてしまいます。美容にも健康にもいいとされる成分なので、逃がさないようにしっかりと冷凍保存しましょう。

枝豆を茹でてから冷凍保存する方法

枝豆を茹でてから冷凍保存する方法ですが、茹でた枝豆の粗熱を取ってから保存袋に入れ、冷凍庫に入れます。保存袋に枝豆を入れる時は袋の中に空気が残らないようにしっかりと抜いてください。冷凍庫で1ヶ月間保存することができます。

冷凍庫で1ヶ月間保存することはできますが、日数が経つと味が落ちやすくなるので、早めに使い切るようにしましょう。枝豆は様々なアレンジ料理が存在するので、どんどん料理に使ってください。

さや付きのまま冷凍することもできますが、さやから出した実をジップロックに入れて冷凍することもできます。この時、ジップロックの厚さが1センチくらいになるように枝豆を平らにして入れましょう。こうすると、簡単にバラバラになるので料理をする時に豆を取り出しやすくなります。

冷凍枝豆の解凍方法は?

生で冷凍した枝豆の解凍方法

生で冷凍した枝豆の解凍方法ですが、冷凍のまま調理することができます。フライパンやオーブンなどで焼き枝豆を作っても構いません。この場合、レシピの時間よりも長めに火を通す必要があります。茹でる場合も1分から2分長めに茹でますが、実際の火の通り加減は味見をしながら確かめます。

茹でてから冷凍した枝豆の解凍方法

茹でてから冷凍した枝豆の解凍方法ですが、冷蔵室に1晩入れて自然解凍することができます。1晩も待てないという場合は流水で解凍します。この時、袋ごと流水に当てます。解凍した後は普通に食べることもできますし、フライパンやオーブンで焼くなどの料理に使うこともできます。

流水解凍の上手なやり方がいまいちわからない方もいるのではないでしょうか。お肉やお魚など流水解凍をしなければならないものは多いですよね。流水解凍の上手な仕方を知りたい方には以下の記事がおすすめです。

Small thub shutterstock 403525945
関連記事 流水解凍の仕方は?かかる時間や冷凍の肉やカニを早く解凍するやり方も

流水解凍の上手な仕方を仕方をお届けします。お肉や魚、カニなど、保存の際

焼き枝豆のお菓子について

ギンビス焼き枝豆スナック菓子として発売中

焼き枝豆を使ったスナック菓子がギンビスから発売されています。見た目はさやから剥いた枝豆のようです。スーパーなど近くの店舗で売っていなくても大手通販サイトなどから購入することも可能です。食感と塩気のバランスがいい上に、香ばしくて手が止まらないと大人気になりました。お酒のおつまみにも最適です。

素材にもこだわっており、だだちゃ豆が使われています。だだちゃ豆は山形県名産の枝豆で甘みが強いのが特徴で、日本一高価な枝豆といわれることもあります。

カルディから焼き枝豆スナック菓子として過去に発売

カルディの焼き枝豆スナックは国産だだちゃ豆と宮古島の塩を使っているのが特徴です。ギンビスの焼き枝豆スナックと同様に、こちらも香ばしいのが特徴です。豆系のスナックが大好きな人は豆の味がしっかりすると好評です。塩気と甘みのバランスがよく食べる手が止まらない人も少なくありません。

見た目もさやから剥いた枝豆のようでかわいらしく、その上、おいしいとおおむね好評だったのですが、現在は販売されていません。この商品は2017年に発売されました。

焼き枝豆を使った料理

焼き枝豆ペペロンチーノ

いつものペペロンチーノにさやから剥いた焼き枝豆の実を入れたものです。パスタを炒める時に枝豆も一緒に炒めるだけで完成します。ペペロンチーノだけだと栄養が炭水化物に偏ってしまいますが、枝豆も一緒に入れることで食物繊維など炭水化物以外の栄養も摂取することができます。

また、パスタを抜いて、枝豆とベーコンやウィンナーをペペロンチーノの味付けで炒めるのもおすすめです。こちらはご飯のおかずにもなりますよ。この時、仕上げに粉チーズをかけるてもおいしく食べることができます。

焼き枝豆パンケーキ

パンケーキの種にさやから剥いた焼き枝豆の実を入れ、焼いたものです。お菓子系のパンケーキよりお食事系のパンケーキに入れることをおすすめします。パンケーキに枝豆の緑色が加わり、見た目も華やかになりますし、枝豆のプチプチとした食感も加わるので最後までおいしく食べることができます。

焼き枝豆ご飯

焼き枝豆ご飯で作る炊き込みご飯です。さやから取り出した焼き枝豆と昆布、しょうゆ、酒などと一緒にご飯を炊きます。しょうゆはお好みで塩でもいいですし、塩と醤油の両方を入れても構いません。昆布は炊飯器に入れる前に細かくしておくと、炊きあがった後に食べやすくなります。

また、炊き込みご飯でなくても同じ材料をご飯に混ぜ込んで作る混ぜご飯もおいしいです。お好みで胡麻やシソ、ねぎといった香りの強いものをトッピングしてもおいしく食べることができます。混ぜご飯を作る時はご飯を混ぜすぎないことがコツです。混ぜすぎると粘りが出過ぎてしまい、おいしくありません。

焼き枝豆の麺つゆわさび漬け

焼き枝豆をさやから取り出し、チューブワサビを入れた麺つゆにつけるというシンプルな簡単料理です。わさびのピリッとした風味がクセのない枝豆とよく合います。ご飯のおともにもおすすめです。

焼き枝豆ハンバーグ

焼き枝豆ハンバーグはさやから剥いた枝豆をハンバーグのタネの中に入れたものです。タネにショウガなどを入れることで和風ハンバーグにすることができます。肉は鶏や豚などお好みのひき肉を使用しましょう。下味をしっかりとつけ、粘りが出るまでよくかき混ぜるのがおいしくハンバーグを作るコツです。

ソースはおろしポン酢があっさりとしていて和風ハンバーグに合うのでおすすめです。和風以外のソースもあうので、市販のデミグラスソースやソースとケッチャプを混ぜて煮詰めたものなどお好みのソースで召し上がってください。枝豆の緑が鮮やかで彩り豊かなので、とても見栄えが良いハンバーグに仕上がります。

料理は毎日するものなので、材料費などを少しでも節約したいと考える人も多いのではないでしょうか?1日100円節約できれば月3,000円の節約で、年間にすれば36,000円の節約が可能です。節約料理に興味がある方には以下の記事がおすすめです。

Small thub shutterstock 176880041
関連記事 一週間分の献立を決めて節約効果UP!肉と野菜のおすすめ献立例3選

毎日の夜ご飯は何にするか悩んでしまう人は、一週間分の献立を組んで材料を

おいしい焼き枝豆を作ろう!

焼き枝豆はシンプルな料理で、決して作り方も難しいものではありません。それでいて、枝豆のうまみが凝縮されていて塩すらいらないくらい甘いという特徴があります。ぜひおいしい焼き枝豆を作ってみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。