INDEX

円満に済む退職理由5選

円満に済む退職理由①今とは違う職種に挑戦したい

違う職種に挑戦したい

円満に済む退職理由1つ目は、今とは違う職種に挑戦したいということです。今の職場にも満足はしているけれど、全く別の職種にも挑戦してみたいと思うこともあるでしょう。特に、もともと「この職種につきたい!」と希望をしていて、今の会社に入ったということもあるかもしれません。

そういう場合、別の職種にも挑戦してみて、自分の可能性を広げたいと思うことだってあります。そんな退職理由を聞くと、後輩の気持ちを応援してあげたくなってきます。上司だって、「それなら頑張ってこい!」と背中を押してくれることもあるはずです。

円満に済む退職理由②結婚をすることになった

結婚することになった

円満に済む退職理由2つ目は、結婚をすることになったということです。結婚をすることになった場合、仕事を続けるか、仕事を辞めて専業主婦になるかの選択をすることになります。今の時代、兼業主婦として共働きで働いている女性も多いです。しかし、家にいて家庭を守っていきたいと思っている女性もいます。

結婚をするから寿退社するというのは、昔からよくあることです。上司も仕事を辞めるのはもったいないと思うかもしれませんが、後輩の決めたことでもありますし、何も言えなくなるでしょう。結婚の話をいろいろ聞かれることも多いですから、結婚をするというのは、嘘をつかない方が無難です。

以下の記事には、専業主婦の暇つぶしの方法や、暇な時間の楽しい過ごし方が紹介されています。専業主婦は、特に子供がいたら、家事に子育てに大忙しです。そんな中でも、暇な時間というのはできるものです。ふと暇になった時に何をしたら良いか迷った時には、この記事を読んで、参考にしてみてください。

円満に済む退職理由③よりキャリアアップを目指すため

よりキャリアアップを目指すため

円満に済む退職理由3つ目は、よりキャリアアップを目指すためです。今の仕事には満足しています。しかし、もっと勉強をして、上を目指したいと思っている人もいるはずです。今の仕事を活かして、もっと自分のキャリアアップを図りたいと思っていると上司に話すと、その向上心に感動して、応援してくれるでしょう。

円満に済む退職理由④病気の悪化のため

病気の悪化のため

円満に済む退職理由4つ目は、病気の悪化のためです。持病持ちの人なら特に、仕事が忙しく、体調を崩して、持病が悪化するという場合もあります。上司に伝えると、病状についていろいろと聞かれるでしょう。上司によっては、そこまで会社で追い詰めてしまったのかとショックを受けることもあるかもしれません。

病気の悪化のためなら、上司も何も言えなくなるはずです。自分の体が一番大事なのは、みんなわかっていることなので、「ゆっくり休んで欲しい」と上司も思うことでしょう。

円満に済む退職理由⑤家庭の事情で

家庭の事情で

円満に済む退職理由5つ目は、家庭の事情でということです。家庭の事情といっても、いろいろあります。実家が自営業をやっていて、家業を手伝わなくてはいけなくなった、親の介護をしなくてはいけなくなったなどあります。これらの理由は、致し方ない理由なので、上司も説得することはできなくなります。

上司への退職理由の円満な伝え方は?

上司への退職理由の円満な伝え方①夢にチャレンジしたい

夢にチャレンジしたい

上司への退職理由の円満な伝え方1つ目は、夢にチャレンジしたいという伝え方です。「今の仕事にはとても満足していて、皆さんに良くして頂き感謝していますが、どうしても叶えたい夢があって、別の職種にチャレンジしたいと思っています。」という伝え方をしましょう。いつまでも夢を追うというのは、素敵なことです。

上司も、有能な社員であるあなたを、本当は引き止めたいところですが、その夢を叶えたいという強い決心を聞いて、応援してくれるはずです。

上司への退職理由の円満な伝え方②遠いところへ引っ越しをする

遠い所へ引っ越しをする

上司への退職理由の円満な伝え方2つ目は、遠い所へ引っ越しをするという伝え方です。「結婚するにあたって、夫の転勤が決まってしまい、遠い所へ引っ越すことになりました。」という伝え方をしましょう。結婚をして、遠い所へ引っ越すことで、通勤することができなくなったとわかったら、上司は何も言えなくなります。

上司への退職理由の円満な伝え方③自分の体を大事にしたい

自分の体を大事にしたい

上司への退職理由の円満な伝え方3つ目は、自分の体を大事にしたいという伝え方です。「もともと持病があったのですが、その持病が悪化してしまいまして、自分の体を大事にしたいので、仕事を辞めて休養したいと考えています。」という伝え方をしましょう。仕事をしていて、自分の体をもっと壊してしまっては大変です。

治るものも治らなくなってしまいます。上司も、体が一番大事というのは理解しています。ですから、「自分の体を大切にして、ゆっくり休養しなさい」と言ってくれるはずです。

退職届の退職理由の書き方例文5選

退職届の退職理由の書き方例文①一身上の都合

一身上の都合

退職届の退職理由の書き方例文1つ目は、一身上の都合です。直接上司に退職理由を伝えないのなら、退職届だけを出すはずです。そんな時は、退職届には「一身上の都合で退職を決意しました。」という風な例文の書き方をしましょう。退職届には、本来詳しい退職理由を書かなくてもいいようになっています。

退職理由を見た上司は、「一身上の都合でとは、どういう理由?」という風に聞いてくることもあるかもしれません。特別言いたくない理由なら、「ちょっと家庭の事情で…」と濁す程度でOKです。それでも突っ込んでくるなら、円満に済む退職理由を伝えましょう。

退職届の退職理由の書き方例文②他にやりたいことを見つけた

他にやりたいことをみつけた

退職届の退職理由の書き方例文2つ目は、他にやりたいことを見つけたです。「今の仕事も楽しいですが、今までずっとやりたいと思っていた職種にチャレンジしてみたいと思い、退職を決意しました」という風な例文の書き方をしましょう。

夢というのは、誰でも持っているはずです。それを夢に終わらせるのか、現実のものにさせるのか、決めるのは本人です。上司としては、辞めてほしくないし、引き止めたいというのが本音です。しかし、自分のやりたいことを見つけたというのは、その気持ちを無下にはできないし、応援してあげたくなるでしょう。

退職届の退職理由の書き方例文③今の仕事での経験を活かすため

今までの仕事での経験を活かすため

退職理由の書き方例文3つ目は、今の仕事での経験を活かすためです。「今の仕事での経験を活かして、もっとキャリアアップさせるために辞める決意をしました。」という風な例文の書き方をしましょう。

今までのやっていた仕事の内容を無駄にしないというのを、全面に押し出すことによって、キャリアアップのために頑張る後輩を見守ってあげたくなるはずです。

退職届の退職理由の書き方例文④夫の転勤のため

夫の転勤のため

退職届の退職理由の書き方例文4つ目は、夫の転勤のためです。「夫が転勤になったので、ついていくことになり、仕事を辞めることになりました。」という風な例文の書き方をしましょう。転勤で1人残るわけにもいかないし、転勤で遠くに引っ越すのなら、通うこともできないしで、上司も受け入れるしかありません。

以下の記事には、結婚相手の彼は転勤族、覚悟するべきポイントと浮気の可能性が紹介されています。仕事の都合上で各地への転勤が多い男性もいます。結婚すると転勤があるたびに、慣れている土地を離れ、生活していかなくてはいけません。結婚相手が転勤族なら、この記事を読んで、参考にしてみてください。

退職届の退職理由の書き方例文⑤親の介護のため

親の介護のため

退職届の退職理由の書き方例文5つ目は、親の介護のためです。「親が高齢のため、介護をしなければいけなくなったので、仕事を辞めることになりました。」という風な例文の書き方をしましょう。親の介護は、仕事をしながらでは難しいものです。

兄弟が誰もいないと、頼る人もいなく、1人で親の介護をしなければいけなくなります。上司も本当は引き止めたいところですが、大変だということは理解できるので、仕方のないことだと思い、受け入れてくれるはずです。

転職活動で印象が悪くならない前職の退職理由5選

転職活動で印象が悪くならないようにするには①病気で退職した場合

病気で退職した場合

転職活動で印象が悪くならないようにするには1つ目として、病気で退職した場合です。病気で退職したというのは本当のことなので、伝えてもOKです。しかし、転職先での面接では、「また病気になって仕事を辞めたりするのではないか?」という不安があります。

採用してもすぐ辞められたりしたら、企業側も困ります。ですから、病気はしっかりと回復していて、元気だということを伝えることが大切です。

転職活動で印象が悪くならないようにするには②残業が多すぎて退職した場合

残業が多すぎて退職した場合

転職活動で印象が悪くならないようにするには2つ目として、残業が多すぎて退職した場合です。「前の会社が残業が多すぎて…」というのは、基本的には伝えない方が良いでしょう。転職先も前の会社より残業が多いという場合もあります。そうなったら、また辞められると思い、向こうは採用しなくなります。

ですから、残業が多すぎてという理由を伝えるのは、明らかに転職先の会社の方が、残業時間が短い場合だけに限ります。間違いないと確信があるのなら、伝えてもOKです。

転職活動で印象が悪くならないようにするには③対人関係で退職した場合

対人関係で退職した場合

転職活動で印象が悪くならないようにするには3つ目として、対人関係で退職した場合です。転職先では、周囲とうまくやれるかというのを見ています。ですから、対人関係で辞めたということを伝えると、本人にも原因があるのではないかという風に見られ、不利になってしまいます。

ですから、前の会社が、協力しあうような会社ではなく、1人で黙々とやっている会社だったなら、「チームで協力し合って、チームワークを大事にしていける」というのを強調し、志望動機に繋げていけると、尚良いです。

転職活動で印象が悪くならないようにするには④給料が原因で退職した場合

給料が原因で退職した場合

転職活動で印象が悪くならないようにするには4つ目として、給料が原因で退職した場合です。転職先の会社に、給料が少なかったために生活が困難だったというのは、伝えることは問題ありません。しかし、給料さえ良かったら、別にここの会社ではなくても良かったのではないかと思われる可能性があります。

ですから、ここの会社を選んだのは、給料だけではないということを伝えることが大事です。ここの会社に絶対に入りたいと思った志望動機をしっかりと伝えましょう。

転職活動で印象が悪くならないようにするには⑤パワハラで退職した場合

パワハラで退職した場合

転職活動で印象が悪くならないようにするには5つ目として、パワハラで退職した場合です。パワハラで退職したという事実を、自分から話す必要はありません。転職先の面接で、向こうから聞かれたら、パワハラがあったという事実を詳しくわかりやすいように説明をしましょう。

パワハラにあったということだけでは、相手には理解しづらい部分があります。ただ本人がそう思っているだけという風にとらえられてしまう場合もあります。パワハラにあったことで、自分はどのように対応したのか、上司や会社に伝えたりしたのかということを細部まで詳しく話すことで、面接官を納得させられるでしょう。

以下の記事には、人格否定とは?意味や言葉の例と人格批判するパワハラ上司の対処法が紹介されています。人格否定や人格批判する人が上司なら、「パワハラ」に当たります。「パワハラ」に悩んでいる人がいたら、この記事を読んで、参考にしてみてください。

退職時・転職時に使わない方が良い退職理由3選

退職時・転職時に使わない方が良い退職理由①会社の不平や不満

会社の不平や不満

退職時・転職時に使わない方が良い退職理由1つ目は、会社の不平や不満を言うことです。退職理由として、一番に会社の不平や不満があげられるのではないでしょうか。ですが、それを上司や転職先の会社に言わない方が良いです。会社の不平や不満を言うことで、それが解消されたら、残ってくれると思われます。

また、周りで働いている同僚達が、あなたが会社の不平や不満を伝えて辞めることで、会社自体が気まずい雰囲気になってしまいます。ですから、ネガティブな理由は伝えずに、ポジティブな理由に置き換えるようにしましょう。また転職時に、前会社の不平や不満を伝えると、不満や愚痴ばかり言う人なんだなと思われます。

企業側は、うちの会社に入ってもあれこれ不満を言われるのではと不安になります。ですから、退職時と同じように、ポジティブな理由だけを伝えるようにしましょう。

退職時・転職時に使わない方が良い退職理由②対人関係が原因である

対人関係が原因である

退職時・転職時に使わない方が良い退職理由2つ目は、対人関係が原因であることです。対人関係というのは、どこの会社に行ってもあることです。やはり、人それぞれ個性があり、性格も違うので、対立しあうことはよくあることなのです。

ですから、それを退職理由にしても、「そんなことで辞めるのか。対人関係なんて、どこにでもあるものだ!」という風に、引き止められる可能性が高いです。また転職時に対人関係のことを言ってしまうと、自分にも非があるのではないかと思われ、不利です。企業側は、周囲とうまくコミュニケーションを取れる人を採用します。

退職時・転職時に使わない方が良い退職理由③自分には向いていなかった

自分には向いていなかった

退職時・転職時に使わない方が良い退職理由3つ目は、自分には向いていなかったということです。自分には向いていなかったと上司に伝えると、「これからもっと仕事をしていったら、だんだんと楽しくなってきて、やりがいもあるはずだ」という風に引き止められる可能性が高いです。

向いていないと思うには、まだ早いと思われてしまいます。また転職時に、自分には向いていなかったと伝えると、向いていないと思ったらすぐ辞めるなら、またうちの会社に入っても辞められるのではないかと思われます。

転職理由で嘘を付くのはあり?なし?

転職理由で嘘を付くのはなしの場合|嘘をついてもバレる可能性がある

嘘をついてもバレる可能性がある

転職理由で嘘を付くのはなしの場合、嘘をついてもバレる可能性があります。書類に書かれてあるのと、口答での質問で食い違いが出てきたら、とことん突っ込まれるでしょう。それに対して、うまく対応できれば良いですが、しどろもどろになって、明らかに嘘をついているように見えては、すぐ不採用になってしまいます。

会社によっては、退職理由を直接前会社に電話をして、聞くという会社もあるようです。そうなると、嘘がすぐにバレてしまいます。ですから、嘘をついてもバレないようにできるなら良いですが、嘘をついてバレるくらいなら、嘘をつかずに正直に伝える方が良いと言えます。

転職理由で嘘を付くのはありの場合|何から何まで正直に話す必要はない

何から何まで正直に話す必要はない

転職理由で嘘を付くのはありの場合、何から何まで正直に話す必要はないということです。全てを正直に話すことによって、転職先の会社では、印象を悪く持たれ、不採用になる可能性もあります。あからさまに嘘を付くのは、バレバレで良くないけれど、ちょっと嘘をつくのなら、許容範囲と言えます。

ただし、書類と口答で聞かれたことは、きちんとつじつまが合うようにしておくことが大切です。嘘を付くことは悪いことではありますが、時と場合によっては嘘をついても良いこともあります。ですから、嘘をつくことで、良い方向に持っていけるなら、それもありだということです。

退職理由を聞かれたら本音と建前を使い分けましょう!

本音と建前を使い分けましょう!

仕事を退職するとなると、どのように退職理由を伝えたら良いか悩むところです。退職理由には、いろいろとあります。できれば、後腐れなく、円満に退職できるのが理想です。退職理由を聞かれても、会社の悪口を言ってしまってはダメです。ネガティブな退職理由は避けて、ポジティブな退職理由に置き換えることが大切です。

ポジティブな退職理由の方が、転職する際にも、採用になる可能性も高くなります。退職理由を聞かれたら、本音と建前を使い分けましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。