Large thumb shutterstock 352268210

おすすめのクリームハイライト人気ランキングTOP5|化粧/コスメ

更新:2019.06.21

おすすめのクリームハイライトの人気ランキングをご紹介します!スティックタイプや練りタイプなどさまざまな種類があるクリームハイライト。どんな種類を選んだらいいのか、クリームハイライトの選び方や、化粧するときの順番、使い方なども紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

クリームハイライトとは?

クリームタイプのハイライト

スキンケア用品で肌のお手入れをした後、化粧下地やコントロールカラーを塗って、コンシーラー、ファンデーションで仕上げる。この肌の土台を作るメイクのことをベースメイクと言います。「ハイライト」はベースメイクのひとつです。化粧の手順にプラスすると立体感のあるメリハリ顔を作ることができます。

ハイライトはおでこから鼻筋にかけてのTゾーン、目の外側から下まぶたにかけてのCゾーン、あご先などの、立体感が欲しい場所にのせて使います。ハイライトには大きく分けて「パウダータイプ」と「クリームタイプ」の2種類があります。クリームハイライトとは水分や油分の多い、クリームタイプのハイライトのことです。

スティックハイライトや練りハイライトなどもクリームハイライトの種類のひとつです。クリームハイライトは指先にとって使うものや、スティック状で直接肌に塗れるものなどが多く、ブラシなどは必要ないので手軽に使えることが特徴です。ここではいろいろなタイプのクリームハイライトの人気ランキングをご紹介します。

ツヤ肌メイクに欠かせないコスメ!

パウダータイプのハイライトはふんわりと柔らかい雰囲気になりますが、使い方によっては粉っぽい仕上がりになることも。それに対し、クリームタイプのハイライトは塗った感がなく、自然なツヤ肌が作れることが特徴です。クリームハイライトはパウダータイプと比べると発色が良く、肌にピタッと密着します。

クリームハイライトを使う際の注意点としては、時間が経つとヨレたり、ムラになったりすることがあります。それを防ぐためには、肌に薄くのせるようにするのがポイントです。厚塗り感が出ないので、ナチュラルメイクが好きな人や、肌の乾燥が気になる人にもおすすめ。

クリームハイライトを使うことで、内側から光るような、透明感のある明るい肌を作ることができます。くすみをとばす効果があるので若々しく、健康的な印象に。年齢肌の悩みを抱える人にもおすすめです。トレンドの「濡れ感メイク」「水光肌メイク」を作るのには欠かすことのできないアイテムなのではないでしょうか?

クリームハイライトのおすすめの選び方は?

スティックタイプ・練りタイプ・リキッドタイプから選ぶ

クリームハイライトにはスティックタイプ・練りタイプ・リキッドタイプなどの種類があります。スティックタイプはリップクリームのように繰り出して使うハイライトで、指先にとってなじませて使うものや、直接肌に塗ることができるものなどがあります。化粧初心者さんには使いやすいスティックタイプがおすすめです。

スティックハイライトはプチプラコスメや、デパートコスメなど、多くのブランドから販売されているので、比較的入手しやすいクリームハイライトではないでしょうか?練りタイプは硬めのテクスチャーのクリームハイライトで、小さな瓶に入っているものや、ファンデーションのようなコンパクトタイプのものなどがあります。

コンパクトな練りタイプは持ち運びに最適で、付ける量が少量で済むのでコスパも抜群です。リキッドタイプはリキッドファンデーションのようなゆるめのテクスチャーで、チューブやボトルなどに入っているハイライトです。自分で量の調節ができるというメリットがあり、広い面積で使用することもできます。

ラメが入っているか入っていないかで選ぶ

クリームハイライトにはラメやパールが入っているものと入っていないものがあります。大きめのラメやパールの入っているクリームハイライトや、ゴールド系のラメやパールが入っているものは、立体感やツヤ感がしっかりと出て華やかな印象になります。パーティーや夜のお出かけのときなどに使うのがおすすめです。

ラメやパールが大きいものや、ゴールド系のハイライトは、普段使いするとギラギラしすぎて浮いてしまう可能性も。学校やオフィスなどにしていくメイクとしてはあまりおすすめできません。日常使いするならラメやパールが繊細なものか、入っていないものを選ぶのがおすすめです。

クリームハイライトの色で選ぶ

クリームハイライトには様々なカラーがあるので、どんな色を選んだらいいのかわからない人もいるのではないでしょうか?好きな色でなんとなく選んでしまうと、白浮きしたり不自然な印象に仕上がることがあるので、自分の肌の色に合わせたハイライトカラーを選ぶようにしましょう。

ピンク系のハイライトは肌の血色がよくなり、健康的に見せてくれる効果があります。健康的な肌色の人が使うと浮いてしまう可能性も。ピンク系は色白の肌の人におすすめです。標準的~健康的な肌色の人には、肌に自然になじみやすいベージュ系のハイライトがおすすめです。

ラベンダー系のハイライトはクマやくすみを消して透明感を出す効果があり、ブルーベース肌の人に馴染むカラーです。イエロー系のハイライトはイエローベース肌の人におすすめで、赤みを抑えてくれる効果もあります。ホワイト系はより立体感のあるメイクを作りたいときにおすすめですが、白浮きしないように注意が必要です。

おすすめのクリームハイライト人気ランキングTOP5

おすすめのクリームハイライト人気ランキング第5位|RIMMEL

おすすめのクリームハイライト人気ランキング第5位は「RIMMEL」の「イルミナイザー」です。RIMMELはドラッグストアなどでも買えるプチプラコスメブランド。こちらは練りタイプのクリームハイライトで、指先に適量を取り、T ゾーン、C ゾーン、あご先などにトントンと軽くなじませるようにして使います。

生ツヤパール配合でしっとりと濡れたような生ツヤ肌を演出してくれます。オイルの配合量を最小限に抑えているためベタベタしません。するすると軽やかに伸びて肌に広がります。肌の色タイプに合わせて選べるピュアベージュ、ピュアピンク、ピュアラベンダーの全3色、1,296円(税込)です。

おすすめのクリームハイライト人気ランキング第4位|CANMAKE

おすすめのクリームハイライト人気ランキング第4位は「CANMAKE」の「クリームハイライター」です。CANMAKEもドラッグストアなどで取り扱いのある、プチプラコスメブランドです。この練りタイプのクリームハイライトは、Tゾーン、Cゾーン、あご、上唇の上、眉の下などに指でトントンと馴染ませて使います。

微小なパールをたっぷり配合し、自然なツヤと立体感を演出。クリームなのに軽い塗り心地でベタベタしません。肌にピッタリ密着し、長時間ツヤ肌をキープします。ルミナスベージュ(ベージュ系)とルミナスアクア(ブルー系)、ルミナススノウ(白系)の全3色、600円というリーズナブルな価格も魅力です。

おすすめのクリームハイライト人気ランキング第3位|RMK

おすすめのクリームハイライト人気ランキング第3位は「RMK」の「グロースティック」です。スティックタイプのハイライトで、頬骨を中心にハイライトゾーンにのばして使います。クリームハイライトは通常パウダーの前に使いますが、このハイライトはファンデーションやフェイスパウダーの上からも使用可能です。

ほんのりピンクがかったヌーディーなカラーで肌になじみやすく、内側からみずみずしいツヤ感のある肌を演出。パウダーをオイルでコーティングしているので、リキッドファンデでもパウダーファンデでも、ファンデーションのタイプを選ばず、溶け込むようになじみます。全1色2,000円(税込)です。

おすすめのクリームハイライト人気ランキング第2位|THREE

おすすめのクリームハイライト人気ランキング第2位は「THREE」の「シマリング グロー デュオ」です。ハイライトとチークベースの2つが入ったコンパクトタイプのクリームハイライト。右側のハイライトカラーは高く見せたい頬骨や鼻筋、目頭、などに。左側のウォームカラーは陰影が欲しい頬やまぶたに使用します。

肌に溶けるとさらっとしたパウダー状に変わり、キメの整った素肌を演出。ハイライトで透明感を出し、ウォームカラーでさらに立体感をプラス。このコンパクトひとつでメリハリのある肌を作ることができます。01と02の全2色4,500円(税抜)です。

おすすめのクリームハイライト人気ランキング第1位|LUNASOL

おすすめのクリームハイライト人気ランキング第1位は「LUNASOL」の「ラディアントスティック」です。スティックタイプのハイライトで、使い方は適量を指先にとり、ツヤを出したい部分にトントンとなじませます。オリーブオイル、アーモンドオイル、ホホバオイル、ローズヒップオイルなどの保湿成分を配合。

オイル配合で肌になじみやすいクリームハイライトです。繊細なパールが効いていてみずみずしい水ツヤ肌に。肌に透明感と明るさを演出してくれるスティックハイライトです。全1色3,000円(税抜)。

メイクでクリームハイライトを使う際の順番は?

化粧の順番・使い方|リキッドファンデの後に使う

使っているファンデーションの種類によって化粧の順番は変わります。クリームタイプのハイライトは水分と油分が多いので、パウダーの前に使うのがおすすめです。リキッドタイプのファンデーションを使っている人の場合、化粧下地を塗った後にリキッドファンデーションを塗り、そのあとにクリームハイライトを使用します。

化粧の順番・使い方|パウダーファンデの前に使う

ファンデーションがパウダータイプの場合はリキッドタイプの場合と化粧の順番が異なります。化粧下地を塗った後に、クリームハイライトを塗り、そのあとにパウダーファンデーションを使います。よりツヤ感を出したいときには、パウダーファンデーションを塗った後にもう一度クリームハイライトを使用するのも効果的です。

【番外編】おすすめのクリームシェーディングは?

おすすめの人気クリームシェーディング①CEZANNE

おすすめの人気クリームシェーディングひとつ目は「CEZANNE」の「シェーディングスティック」です。スティックタイプのシェーディングクリームで、2ミリほど繰り出してフェイスラインや鼻筋に直接塗り、指やパフでなじませて使用します。

ヒアルロン酸、コラーゲン、美容保湿オイルなどの保湿成分を配合。肌に密着してサラサラになるので落ちにくく、小顔効果をもたらします。マットブラウン、ベージュブラウンの全2色各600円(税抜)です。

おすすめの人気クリームシェーディング②LUNASOL

View this post on Instagram

LUNASOL コントゥアリング スティック . 日曜の購入品その⑤ . シェーディングってハイライトとセットのものが多いけど ハイライトだけが残る... そして手軽に使いたいので スティックタイプのほうが使いやすい . シェーディングだけでスティック! な私のワガママを叶える ピッタリなアイテムをLUNASOLで発見 . スティックタイプは ファンデがヨレないかが重要ですが これはスルスルーと肌の上を滑るので ヨレは心配なし 軽い力でナチュラルな陰影が出来上がります . 肌表面で溶けてる感じがして オイルリップの使い心地と似てるなと思っていたら どうやらオリーブオイルやアーモンドオイルなど 何種類かのオイルが配合されていました . オイル配合なので付けたあとは若干べたっというか ヌルっというか... この上からフェイスパウダーを付けたほうが良いです . カラー展開も一色ですが 濃すぎず馴染ませるとどこに塗ったか ほぼわからなくなるくらいナチュラルになります #コスメ #コスメ大好き #コスメマニア #コスメ紹介 #コスメ好き #コスメ好きさんと繋がりたい #コスメ購入品 #コスメレポ #メイク #メイク好きさんと繋がりたい #メイク大好き #メイク好き #ベースメイク #シェーディング #シェーディングスティック #コントゥアリングメイク #ルナソル #コントゥアリングスティック #lunasol

A post shared by @ glitter_rk on

おすすめの人気クリームシェーディングふたつ目は「LUNASOL」の「コントゥアリングスティック」です。スティックタイプのシェーディングクリームで、フェイスラインなどに直接塗り、指でぼかしてなじませて使います。オリーブオイル、アーモンドオイル、ホホバオイル、ローズヒップオイルなどの保湿成分を配合。

ファンデーションを濃くしたような色合いで、肌の色に自然に溶け込む陰影を演出。影を作ることで立体感がでて、水ツヤ肌を引き立たせることができます。

おすすめの人気クリームシェーディング③メイベリン

View this post on Instagram

プチプラで割と使えるスティックフェイスカラー(シェーディングとハイライトがセットになってます) ・ カラーは2色展開になっていて、簡単にいうと、イエロー系とピンク系に分かれてます。 ・ メイベリン フェイスステュディオVフェイスデュオスティック01(イエロー系) ・ メイベリン フェイスステュディオVフェイスデュオスティック02(ピンク系) ・ ちなみに動画の下段が01で上段02です。 ・ ハイライトに関してはそこまで色味の差があるわけではないけど、よりなじませたいならピンク系の02の使用がおすすめ。 ・ ちなみにシェーディングを選ぶ基準としては、色黒さんはイエロー系、色白さんはピンク系を選ぶと馴染みます! ・ 肌が乾燥しやすい人はスティックシェーディングのような油分が入っている化粧品を使うとピタっとフィットするのでおすすめですよ☺️ #スティックシェーディング#スティックハイライト#プチプラシェーディングスティック#プチプラハイライトスティック#メイベリンシェーディング#メイベリンハイライト#メイベリンフェイスステュディオvフェイスデュオスティック #メンズメイク高橋#メンズメイクシェーディング#メンズメイクハイライト#立体感メイク#プチプラメイベリン#化粧品#コスメ#美容

A post shared by メンズメイクの高橋@ヘア&メイクアップアーティスト (@takahashi.mensmakeup) on

おすすめの人気クリームシェーディング3つ目は「メイベリン」の「 Vフェイス デュオスティック」です。ハイライトとシェーディングが1本になったスティックタイプのコスメで、直接肌に塗り、指でぼかして使います。シェーディングは鼻筋、頬骨の下、あごライン、額に沿って馴染ませます。

ハイライトはパール入りでツヤっと明るく、シェーディングはマットに自然な陰影を作ります。ハイライトとシェーディングを別々に用意する必要がないので、コストパフォーマンスが良く、使うときもラクチンなアイテム。ミディアムとライトの全2色、1,400円(税抜)です。

クリームハイライトでツヤ肌に!

クリームハイライトの人気ランキングをご紹介しました。ベースメイクの手順に、ハイライトをプラスするかどうかで、メイクの出来にはかなりの差が出ます。顔に陰影をつけることで、肌に立体感が出て明るい印象に。特にクリームハイライトは最近トレンドの濡れたようなツヤ肌を作るには欠かせないアイテムです。

スティックタイプや練りタイプのクリームハイライトと合わせてシェーディングも使うと、さらにメリハリが出て小顔に見せることができます。今までハイライトを使っていなかった人も、ぜひクリームハイライトを取り入れてみてはいかがでしょうか?

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。