INDEX

ミルクフォーマーの種類5選

ミルクフォーマーの種類①電動スティックタイプのミルクフォーマー

ミルクフォーマーの種類、1つ目に紹介するのは電動スティックタイプのミルクフォーマーです。このタイプは100均でも販売されているので、どなたでも手に入れやすいミルク泡立て器です。先端のくるくると巻かれた丸い部分が回転することで、ミルクに空気が入り泡立てることができます。

タンブラーやミルクピッチャーなどの深さのある容器にミルクを入れて、先端の丸い部分が底につかないように沈めます。電動式なので、スイッチを入れたらすぐに回転が始まります。角度や入れる深さを調整しながら、キメ細かい泡を作りましょう。ミルクが飛び散る恐れがありますので、注意しながら行ってください。

ミルクフォーマーの種類②メッシュタイプのミルク泡立て器

ミルクフォーマーの種類、2つ目に紹介するのはメッシュタイプのミルク泡立て器です。容器に決められた量のミルクを入れて、メッシュの板が付いた蓋をかぶせます。上に出ている取っ手を上下に動かすことで、中にあるメッシュの板がミルクに空気を含ませてくれます。

ポイントは勢いよく泡立てることです。ミルクの入っている下の方だけでなく、上までしっかり大きく動かすことで、ふわふわとした泡をたくさん作ることができます。キメの荒い泡が表面にある場合は、容器の底をテーブルなどに軽くトントンと打ち付けるようにして、大きな泡を潰しましょう。

ミルクフォーマーの種類③シェイカータイプのミルククリーマー

ミルクフォーマーの種類、3つ目に紹介するのはシェイカータイプのミルククリーマーです。上の蓋を取って、中の決められた線までミルクを入れます。上蓋を取り付けたら、あとは20~30秒シェイクするだけ!取り扱いやすいミルククリーマーなので、小さなお子さんのお手伝いにもピッタリです。

ミルクシェイカーの場合は、冷たいミルクしか使用できません。ホットで楽しみたい方は、シェイクして泡立ったミルクを、レンジで加熱する必要があります。600Wで20~30秒加熱してください。レンジに飲み物用のあたためボタンがある場合は、そちらを使用してもよいでしょう。

ミルクフォーマーの種類④電動全自動タイプのミルク泡立て器

ミルクフォーマーの種類、4つ目に紹介するのは電動全自動タイプのミルク泡立て器です。全自動タイプは、温めから泡立てまでボタン1つで行ってくれる便利なアイテムです。1分~2分程度で、美味しいフォームミルクを作ってくれるのは嬉しいですよね。冷たいミルクの泡立ても可能です。

全自動機能でミルクを泡立てている間に、コーヒーを淹れることもできますね。お客様を招いた時などに、お待たせすることなくラテやカプチーノを出せます。忙しい朝にもピッタリですね。

ミルクフォーマーの種類⑤エスプレッソマシンのミルクスチーマー機能

ミルクフォーマーの種類、5つ目に紹介するのはエスプレッソマシンのミルクスチーマー機能です。こちらは他のミルク泡立て器とは異なり高価なアイテムですが、エスプレッソを淹れることもできますので、本格的なラテやカプチーノを作ることができます。

エスプレッソマシンをミルクスチーマー機能として使う場合は、付属されているスチームノズルを使用します。ミルクピッチャーに入れたミルクを、温めながら泡立てることができますよ。ラテアートに挑戦したい方や、お家カフェをグレードアップさせたい方にはおすすめです!

ミルクフォーマーの選び方は?

ミルクフォーマーの選び方①きめ細かい泡が作れるものを選ぶ

ミルクフォーマーの選び方1つ目は、きめの細かい泡が作れるものを選ぶということです。泡立てたミルクの美味しさは、きめの細かさがとても重要になってきます。キメが細かい泡は、口当たりが滑らかでしっとりふんわりしています。キメが粗い泡は、口当たりが悪くミルクの濃厚さも感じられません。

ミルクフォーマーの選び方②使いやすさで選ぶ

ミルクフォーマーの選び方2つ目は、使いやすさで選ぶということです。洗い物が面倒な方には、先端だけ取り外して洗える電動スティックタイプや、食洗器にも対応しているミルクシェイカーのような泡立て器がおすすめです。収納スペースや使い方など、自分の生活に合った使いやすいものを見つけましょう。

ミルクフォーマーの選び方③何人分作るかで選ぶ

ミルクフォーマーの選び方3つ目は、何人分作るかで選ぶということです。目盛の付いているタイプは、必ず一回で使える量を確認してから購入しましょう。一度に温めと泡立てを行う場合は、エスプレッソマシンのミルクスチーマー機能がおすすめです。一人分を簡単に作りたい時は、電動スティックタイプだと片付けが楽ですよ!

ミルクフォーマーの選び方④機能や金額を比較して選ぶ

比較

ミルクフォーマーの選び方4つ目は、機能や金額を比較して選ぶということです。冷たいミルクでも温めたミルクでも使用できるのか、自動で温まるのかなど、どんな機能があるのかをチェックしましょう。金額は、100均のものから数万円のエスプレッソマシンまでありますので、予算を決めてから検討するようにしましょう。

100均のおすすめミルクフォーマー3選

100均のおすすめミルクフォーマー①ダイソーのカプチーノミキサー

100均のおすすめミルクフォーマー1つ目は、ダイソーのカプチーノミキサーです。台が付属されているので、使用後に立てて置くことが可能です。一日で何度も使う方や、一度で複数回使う場合には、台がセットになっていると便利ですね。

立てて置くことのできるタイプは、有名メーカーからもたくさん販売されています。初めて購入する方は、まずこちらを使用してから検討してみてはいかがでしょうか?自分に合っているミルクフォーマーを見つけやすくなりますよ!

100均のおすすめミルクフォーマー②キャンドゥのミルクフォーマー

100均のおすすめミルクフォーマー2つ目は、キャンドゥのミルクフォーマーです。こちらは握りやすい形状になっているので、繊細な動きがしやすく、きめ細かい泡を作りたい方にとてもおすすめです。

こちらのミルクフォーマーを使用している動画がありますので、参考にしてみてください。ミルクの泡立て方もわかりやすいです。100均商品で作ったとは思えない、クオリティの高いラテですよ!

100均のおすすめミルクフォーマー③セリアのミルククリーマー

100均のおすすめミルクフォーマー3つ目は、セリアのミルククリーマーです。このミルククリーマーは黒色がおすすめです。黒なので飛び散った時にミルクの泡は目立ちますが、長期間使用しても汚れが目立ちにくいのが嬉しいポイントです。汚れが気になる方は、黒色に買い替えてはいかがでしょうか。

100均にはミルクフォーマーだけでなく、コーヒーを淹れるための器具もあります。コーヒードリッパーやコーヒーフィルターも、100円で購入できるのは嬉しいですね!まだ自宅でコーヒーを淹れたことのない方は、100均で揃えてみてはいかがですか?紹介記事がありますので、ぜひご覧ください。

Small thumb shutterstock 516471271
関連記事 100均のコーヒードリッパー3選!ダイソー・セリア別!美味しい淹れ方も

100均(ダイソー・セリア)のコーヒードリッパーを購入したことはありま

おすすめミルクフォーマーランキングTOP7!7位~4位

おすすめミルクフォーマー第7位|マグニフィカSのミルクスチーマー機能

おすすめミルクフォーマー第7位は、デロンギマグニフィカSのミルクスチーマー機能です。エスプレッソマシンに付属されているスチームノズルから出る水蒸気で、ミルクを温めながら泡立てます。ノズルの先端を液面ギリギリの所に持ってくると、「チリチリ」という音がしてきます。これがきめ細かい泡を作るポイントです。

本格的なエスプレッソを楽しめるので、ミルクスチーマー機能だけでなく色々やってみたい方には検討をおすすめします。最初は難しく感じるかもしれませんが、コツを掴めば簡単にキメの細かい泡を作ることができます。これ一台あれば、家にいる時間が楽しくなること間違いなしです!

おすすめミルクフォーマー第6位|スタバのミルクフォーマー

おすすめミルクフォーマー第6位は、スタバのミルクフォーマーです。スタバのロゴが可愛いですね。使用方法はとても簡単です。取っ手付き容器に100mlのミルクを入れて、ホットの場合は500Wで40秒~50秒温めます。蓋を取り付けたら真ん中の穴からミルクフォーマーを入れて、真っ直ぐ立てたまま10秒混ぜます。

少し泡立ってきたところで、容器を傾けてミルクフォーマーを上下させます。泡立ったら、30秒程容器の中で泡を馴染ませて完成です。取っ手付きの容器なので持ちやすく、傾ける際も簡単ですね。また耐熱容器なのでミルクを温める以外にも使えそうです。

おすすめミルクフォーマー第5位|ハリオのラテシェイカー

おすすめミルクフォーマー第5位は、ハリオのラテシェイカーです。シェイクするだけなので、どんな方でも簡単に使えるのが嬉しいですね。ホームパーティーで、みんなにシェイクしてもらうのも楽しそうです。このタイプのミルククリーマーは見たことのない方が多いと思いますので、盛り上がること間違いなしですよ!

注意すべき点は、ミルクが1℃~5℃に冷えていないと泡立ちにくいということです。作る10分くらい前から冷凍庫で冷やしたり、氷を入れてシェイクしても良いそうです。何人分もシェイクしたい場合は、ミルクの温度管理に注意してくださいね。

おすすめミルクフォーマー第4位|ボダムのミルクフローサー

おすすめミルクフォーマー第4位は、ボダムのミルクフローサーです。ボダムはスタイリッシュな商品が多く、このミルクフローサーもキッチンに並べてあるだけで素敵ですね。おしゃれなカフェグッズを求めている方は、ぜひご検討ください。見た目が似ている「コーヒープレス」も販売されていますので、ご注意ください。

おすすめミルクフォーマーランキングTOP7!3位~1位

おすすめミルクフォーマー第3位|UCCのミルクカップフォーマー

おすすめミルクフォーマー第3位は、UCCのミルクカップフォーマーです。全自動タイプのミルクフォーマーなので、ボタン1つでキメの細かいフォームミルクを作ってくれる優れものです。容器はステンレス製の大きいマグカップなので、ミルクが泡立ったらそこにコーヒーを淹れ、注ぎ口を外してそのまま飲むことも可能です。

おすすめミルクフォーマー第2位|ハリオのクリーマーキュート

おすすめミルクフォーマー第2位は、ハリオのクリーマーキュートです。使用方法はスタバのミルクフォーマーとほぼ同じで、容器に100mlのミルクを入れて、蓋をして、ミルククリーマーをセットして泡立てます。スタバのミルクフォーマーとの大きな違いは、容器の形状にあります。

このコロンと丸みを帯びた形状が、ミルクを対流させながら効率良く泡を作ってくれます。飛び散りにくく、泡立てやすいので、ミルク泡立て初心者向けでしょう。

おすすめミルクフォーマー第1位|カリタのふわふわミルクフローサー

おすすめミルクフォーマー第1位は、カリタのふわふわミルクフローサーです。スタイリッシュなスタンド付きタイプは、キッチンをおしゃれに見せてくれますね。立てて収納できるのは、場所を取らないので嬉しいポイントです。

電動スティックタイプのミルクフォーマーは、自家製タレやドレッシングなど、調理器具としても使えるので一本持っていると重宝しますよ。カリタのミルクフォーマーは1000円前後で購入できますので、電動泡立て器を持っていない方にもおすすめしたいアイテムです。

気になるミルクフォーマーは見つかりましたか?ラテやカプチーノでお家カフェを楽しむために、もう一つ必要なのがマグカップですね。おしゃれなマグカップが紹介されている記事がありますので、ぜひ参考にしてください。ギフト用にも良さそうな、素敵なマグカップがたくさん紹介されていますよ!

ミルクフォーマーを使ったラテアートのやり方は?

ミルクフォーマーを使ったラテアート①簡単!ステンシルプレートを使う

ミルクフォーマーを使ったラテアート、1つ目に紹介するのはステンシルプレートを使った簡単アートです。100均でも取り扱われているので、見たことのある方も多いのではないでしょうか?ミルククリーマーなどで泡立てたミルクの上に、ココアパウダーで簡単に模様を付けることができます。

どんな方でも簡単にラテアート気分が味わえるので、絵が苦手な方やお子様にもピッタリですね。ラテアートだけでなく、パンケーキやシフォンケーキなどに模様をつけても可愛いですよ。

ミルクフォーマーを使ったラテアート②要練習!コーヒーで絵を描く

ミルクフォーマーを使ったラテアート、2つ目に紹介するのはコーヒーで絵を描くラテアートです。これはエッチングと言う技法で、針のように細いものの先端を使って絵を描いていきます。デザインカプチーノとしても知られています。エッチング用ツールも販売されていますが、最初は爪楊枝や竹串で良いでしょう。

エスプレッソマシンのミルクスチーマー機能を使用するのが一般的ですが、ミルク泡立て器を使用したフォームミルクでもラテアートは可能です。手順がわかりやすい動画がありますので、ぜひ参考にしてエッチングラテアートに挑戦してみてください!

ミルクフォーマーを使ったラテアート③センスが光る!泡で作る3Dアート

ミルクフォーマーを使ったラテアート、3つ目に紹介するのは3Dラテアートです。SNSでは、カップを覆うほどのモコモコ泡で動物やキャラクターを作る3Dアートが話題となっています。こちらはエスプレッソマシンのミルクスチーマー機能より、ミルク泡立て器で作った泡の方が向いているアートと言えるでしょう。

エスプレッソマシンのミルクスチーマーは水蒸気で温めるためサラサラとしたミルクになります。一方、ミルク泡立て器は空気を含ませているだけなので、しっかりとした泡が作りやすいのです。全自動タイプの電動ミルククリーマーが特におすすめですよ。手順動画もありますので、参考にしてみてくださいね。

ミルクフォーマーでホッと一息できる家カフェを楽しもう!

気になるミルクフォーマーは見つかりましたか?まだ購入したことのない方も、買い替えを検討中の方も、自分にピッタリなアイテムを見つけてくださいね。簡単に家カフェ気分が味わえるので、1つ持っていて損はないでしょう。癒しのホッと一息タイムに、活用してみてはいかがでしょうか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。