INDEX

靴を断捨離するメリット・デメリットは?

靴を断捨離するメリット1|玄関がスッキリキレイになる

まずは、靴を断捨離するメリットから見ていきましょう。靴を断捨離する最大のメリットは、何といっても「玄関がスッキリキレイになる」というところにあります。

玄関は、風水的に見て「運気が入ってくる場所」として大事にされているのも有名な話ですよね。そんな玄関が、履くのか履かないのか分からない、ありとあらゆる靴であふれ返っていたらどうでしょうか?自分が幸運の神様になったつもりで考えてみて下さい。そんな家にはお邪魔したくないですよね。

靴を断捨離して玄関をキレイに保つことは、見た目も気持ちもスッキリするだけでなく、我が家によい運気を呼び込むきっかけにもなるという素敵なメリットがあります。

靴を断捨離するメリット2|コーディネートに迷わなくなる

そして、靴を断捨離するメリット2として「コーディネートに迷わなくなる」という点も挙げられます。たくさんの種類の靴があればあるほど「今日はどの靴にしよう」「この服に合うのはこれかな?」「いやいや、やっぱりこっちかな?」などと、出がけの忙しいときに悩むことになります。

そして、あげくの果てには外出先でも「やっぱり、あっちの靴にすればよかった」などと後悔することもしばしば。誰にでもこんな経験があるのではないでしょうか?

ところが、断捨離をしてごく僅かな靴しかない場合、選択肢が少ない分「今日はこれ!」とすぐにコーディネートを決めることができます。玄関先でも外出先でもあれこれ悩まなくても済むので、余裕を持って出かけることができて、気分も上々です。

靴を断捨離するメリット3|身も心も軽いミニマリストになれる

さらに、靴を断捨離するメリット3として「身も心も軽いミニマリストになれる」という点も挙げられます。人間の心というのは不思議なもので、物が少なくなると、なぜだか身も心もスッキリと軽くなったような気持ちになります。

そして、それを率先して実践しているのが、世に言う「ミニマリスト」たち。ミニマリストは、日常の中にある煩雑な荷物を手放し必要最低限の物で生活することで、人生を軽やかに生きる達人です。

まずは、玄関の靴の断捨離からスタートし、あなたもミニマリストなライフスタイルを経験してみませんか?スッキリキレイに片付けることで、今まで見えていなかった新たな発見があるかもしれません。

靴を断捨離するデメリット1|替えの靴がないときに困る

困る女性

さて続いては、断捨離のデメリットについても見てみましょう。まずは「替えの靴がないときに困る」という点。これは、あまりに靴を断捨離しすぎると、僅かにキープしておいた靴がダメになったときに、替えで履ける靴がなくて困る可能性があるということです。

たとえば、パンプス1足とスニーカー1足だけを残して他の靴をすべて処分してしまった場合。会社の帰りにパンプスのヒールが折れてしまったとき、すぐに修理してもらえるお店に行けてその日のうちに直してもらえばよいのですが、それができないときはどうでしょう。翌日、スニーカーで会社に行かなければならなくなります。

靴を断捨離するデメリット2|コーディネートが単調になりがち

ちょっと飽きてる女性

そして、靴を断捨離するデメリット2として挙げられるのは「コーディネートが単調になりがち」という点です。靴を断捨離して選択肢が少なくなると、やはりどうしても靴のコーディネートが毎回同じようなものになってしまいます。

「靴はシンプルなものを工夫して履き回すのが好き」という人にとってはいいのですが、「服に合わせて細かく履き替えたい!」という人にとっては、靴をミニマリストレベルにまで断捨離することはデメリットになります。

しかし、靴の断捨離も自分のライフスタイルに合わせた方法で行えば、これらのデメリットも軽減することができます。ここからは、靴を上手に断捨離するための基準やコツなどをご紹介していきます。

靴を断捨離するときの基準は?

靴を断捨離するときの基準1|汚れや傷が目立つものから処分する

靴を断捨離するときの基準1としてまず挙げられるのは「汚れや傷が目立つものから処分する」という点です。日頃、意外と見られている足元はいつでもキレイな状態に保っておきたいものです。

靴の汚れや傷が目立ってきた時は、断捨離のタイミング。しかし、もし「お気に入りで捨てたくない」という場合には無理に断捨離せず、修理に出してキレイにして、また大切に履いてあげるようにしましょう。

靴を断捨離するときの基準2|ワンシーズン履かなかれば処分する

そして、靴を断捨離するときの基準2として挙げられるのは「ワンシーズン履かなかれば処分する」という点です。たとえば、夏に活躍するサンダル。「今年はまったく履かなかった」というものがあれば、それも断捨離のタイミングです。

「今年は履かなかったけれど来年は履くかも」と言って処分せずに残していても、意外と来年も履かないもの。断捨離がなかなか上手くいかない人は、この基準を一つの節目として考えてみるのも一つの方法です。

靴を断捨離するときの基準3|好みが変わったら処分する

さらに、靴を断捨離するときの基準3として挙げられるのは「好みが変わったら処分する」という点です。これは最も意識しやすい断捨離の基準かもしれません。よくありがちなのが「今は好みじゃないけれど、来年このデザインが流行るかもしれない」と言って、そっと靴棚の奥にしまい、そのまま肥やしになってしまうパターン。

そうなる前に「この靴、何か好みじゃなくなったな」と感じたら、その感覚を基準にして処分する方向に意識をチェンジしてみましょう。きっと、サクサク断捨離がはかどり始めますよ。

また、靴の断捨離とも関係が深い服の断捨離についても、以下の記事で詳しくご紹介しています。服の断捨離というと「シーズンごとに何枚持っていおけば毎日の生活で困らないのか」などと悩みどころも多いもの。気になる人はぜひ参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 357490304
関連記事 服の枚数を断捨離するコツ8選|男性・女性はシーズン毎に何着持ってる?

あなたのワードローブに眠る服の枚数は把握してますか?断捨離をする上で服

靴の断捨離のコツについて

靴の断捨離のコツ1|処分すると決めたら迷わない

吹っ切れた女性

ここからは、靴を断捨離するときに上手くいくコツをご紹介していきます。まず挙げられるのは「処分すると決めたら迷わない」ということです。

どの靴にも多かれ少なかれ、今までの思い出が詰まっているもので、片付けの最中に「この靴はあのときに履いていたな」などと、昔を思い出して懐かしさに浸ってしまうものです。そして「処分するには忍びない」「思い出として残しておこう」という気持ちになってしまいがち。

しかし、その靴を断捨離してしまっても、思い出までがなくなってしまうわけではありません。今までお世話になったことを感謝して、その後はすっぱり迷わず手放しましょう。それが、靴を断捨離するときのコツです。

靴の断捨離のコツ2|シーン別で必要最低限の靴にしぼる

考える女性

そして、靴の断捨離のコツ2として挙げられるのは「シーン別で必要最低限の靴にしぼる」ということです。「とにかく断捨離をしたい!」という強い気持ちは大切なのですが、勢いに任せて必要な靴まで処分してしまっては、後々困ることになってしまいます。

そこで靴を断捨離するときは、まず「仕事用に2足」「オフ用に1足」「スニーカー1足」「ブーツ1足」「冠婚葬祭用に1足」という風に、それぞれの生活サイクルの中で必要最低限の靴をリストアップしてみることが大切です。そして、それらの靴を残して他を処分するという方法が、無理なく断捨離をするコツでもあります。

靴の処分方法は?

靴の処分方法1|フリマやネットオークションで売る

パソコン

さてここからは、靴を断捨離するときの処分方法についてご紹介していきましょう。靴の処分方法としてまず挙げられるのは「フリマやネットオークションで売る」という方法です。

買ったばかりの靴や、足に合わずあまり履いていない靴、そして有名ブランドなどの靴は、フリマやネットオークションなどでそれなりのお値段で売れることがあります。「処分したいけれど捨てるのは嫌だ」「タダで捨てるのはもったいない」というときに、これはとても便利な方法です。

また、フリマやネットオークションでの「いろいろな手続きや準備が面倒」という人は、お近くの古着屋さんなどでも靴を買い取ってくれる場合があるので、そちらもおすすめです。

靴の処分方法2|靴屋さんで下取りしてもらう

並んだ靴

そして、靴の処分方法2として挙げられるのは「靴屋さんで下取りしてもらう」という方法です。最近では、履かなくなった靴や古い靴を無料で下取りをしてくれる靴屋さんもあり、そのサービスを利用するというのも賢い靴の断捨離方法です。

しかも、ただ靴を引き取ってくれるだけではなく、そのお店で使えるお得なクーポン券と引き換えてくれる場合もあり、断捨離もできて節約もできる一石二鳥な方法でもあります。また、下取りされた靴は発展途上国の人々に向けて寄付されることもあり、誰かの役に立てるという嬉しい一面もあります。

靴の処分方法3|思い切って捨てる

靴を脱ぎ捨てた足

そして、靴の処分方法3として挙げられるのは「思い切って捨てる」という方法です。「フリマやネットオークション、古着屋や靴屋に持って行くのも面倒」という人や「今すぐスッキリ処分したい!」という人には、この方法が何より1番です。

靴の断捨離を決めたら、その決心が薄れてしまう前に、処分する靴をゴミ袋にまとめましょう。ここでポイントなのが、靴をゴミ袋に入れる前に軽く汚れを落として、今までお世話になったことに感謝するようにしましょう。こうすることで、靴にとっても自分にとっても区切りが付き、気持ちよく断捨離できるようになります。

しかし「物を捨てる」となると、心に何かしらのブレーキがかかってしまう人も多いのではないでしょうか。思い切りが必要な断捨離ですが、これをすることで得られる効果がたくさんあります。以下の記事では、そんな断捨離の素敵な効果や、具体的なやり方・手順などをご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

靴の断捨離でお部屋をより快適に!

さて今回は、靴を断捨離することのメリット・デメリットをはじめ、基準やコツ、処分方法などをご紹介してきました。「断捨離」というと、何もかも捨ててまっさらに近い状態になることをイメージしてしまいがちですが、あくまでも自分にできる無理のない範囲でやっていくことが大切です。

究極のミニマリストの中には「靴を1〜2足しか持っていない」という驚異的な生活を送っている猛者もいるようですが、それはあくまでも本人が「そうすることが心地よい」と感じているからです。そして、断捨離を上手くやるコツとして、そこが最も重要なポイントでもあります。

「ミニマリストになりたいから」「運気がよくなるから」などという憧れがきっかけで断捨離をするのも、もちろん楽しいことです。しかし何よりも「スッキリしたい」という思いから自然に断捨離ができるのが1番です。キレイになったお部屋はとても快適です。あなたもぜひ、そんな断捨離の素敵な価値を味わってみて下さいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。