INDEX

SNSを活用するときの注意点は?

SNSを活用するときの注意点①ネットリテラシーを守ること

SNSを活用するときの注意点1つ目は、ネットリテラシーを守ることです。SNSを使うことになったらネットリテラシーの勉強をしてみましょう。ネットリテラシーは、意外と学校で習う機会のある若者たちより年配の方の方が知らないことも多いです。SNSを導入することを良い機会に勉強してみてください。

SNSを活用するときの注意点②個人情報を隠すこと

SNSを活用するときの注意点2つ目は、個人情報を隠すことです。自分の日常を全てSNSに投稿する方もいますが止めておいた方が良いでしょう。自分がどこに住んでいてどんな仕事をしているかまでわかってしまうとストーカーに遭ってしまったりと危険です。

企業アカウントでなければ鍵アカウントにすることも検討してみましょう。鍵アカウントにすると自分が認めた特定の人間しか閲覧することができなくなります。なので、公開アカウントよりは安全と言えるでしょう。企業アカウントは、たくさんの方に閲覧してもらう必要があるので公開アカウントにしておかないといけません。

SNSを活用するときの注意点③位置情報に気を付けること

SNSを活用するときの注意点3つ目は、位置情報に気を付けることです。SNSに写真を投稿する際などに位置情報が公開されていないか気を付けましょう。企業のアカウントの場合は、店舗の場所などがよくわかるので位置情報を敢えてつけておく方が良いこともあります。ただ、一般人が位置情報をつけておくことは危険です。

自宅で撮影した写真に位置情報がついていると自宅の場所がわかってしまいますよ。大手のSNSは、写真についている位置情報は外れるようになっていますが自分でも確認しておきましょう。スマートフォンに位置情報を外す機能がついているので確認しておいてください。

SNSを活用するときの注意点④ウィルス対策をしておくこと

SNSを活用するときの注意点4つ目は、ウィルス対策をしておくことです。特に企業としてSNSアカウントを持つ場合は、きちんとウィルス対策ソフトを入れておきましょう。信用問題に関わるのでなめてはいけません。

SNSを活用するときの注意点⑤炎上に気を付けること

SNSを活用するときの注意点5つ目は、炎上に気を付けることです。炎上とは、主に火がよく燃えているときのように批判的なコメントが集中的に投稿されることを指します。個人のアカウントであれば、炎上してもアカウントを消せば良いかもしれません。でも、企業のアカウントはそうはいきませんよね。

企業の評判にも関わるので炎上すると集客力も信用度も落ちてしまいます。なので、特に投稿する内容については気を付けておくようにしてください。個人アカウントでも嫌な気持ちになると思うので気を付けておく方が良いでしょう。

SNSを活用するときの注意点を紹介しました。SNSの活用方法だけでなく、嫌いな人のやらない理由についても興味がある方は下記の記事を参考にしてみてください。

SNSの活用法・使い方について!

SNSの活用法・使い方①趣味として使う

SNSの活用法・使い方1つ目は、趣味のアカウントとして使うことです。個人のアカウントとして趣味の内容を投稿するとSNS繋がりで同じ趣味の方と繋がるという楽しみができますよ。また、写真など誰かに見せるような趣味がある場合もSNSに投稿してみましょう。

いろんな人からの意見を聞くこともできるのでおすすめです。SNSが広く使われるようになってから、趣味からビジネスへ繋がることも多くなってきました。自信がある趣味があるのであれば、SNSで公開してみましょう。

SNSの活用法・使い方②ビジネスとして店舗の集客に使う

SNSの活用法・使い方2つ目は、ビジネスとして店舗の集客に使うことです。大きな企業であればテレビや新聞に広告を出すことも可能ですが、小さな企業であると難しいですよね。そんなときは、SNSを活用することをおすすめします。1人でやっているお店などでも十分に対応できる広告です。

SNSの活用法・使い方③企業として商品やサービスの写真を投稿する

SNSの活用法・使い方3つ目は、企業として商品やサービスの写真を投稿することです。自分の企業のサービス内容をわかりやすく投稿することが大切です。スイーツのように目に見える形の商品があるのであれば、自社の商品をオシャレに撮影して投稿しましょう。興味を持ってくれる方が現れるはずです。

SNSの活用法・使い方④店舗のクーポン券を用意する

クーポン

SNSの活用法・使い方4つ目は、店舗のクーポン券を用意することです。SNSにクーポン券を投稿して集客力を上げるという方法もよく使われています。また、SNSでハッシュタグを指定してその投稿をしてもらった方にプレゼントや割引をするという方法もおすすめです。

なぜならば、色々な人が自社のサービスの投稿をしてくれていると人気があるように見えるからです。さらに投稿内容が良いものであると口コミとしても利用されるのでおすすめになります。ぜひ、使い方として参考にしてみてください。

SNSの活用法・使い方⑤各SNSのユーザー層を知る

SNSの活用法・使い方5つ目は、各SNSのユーザー層を理解することです。集客の際に欲しい年齢層と投稿しているSNSを利用している年齢層が違うと全く意味を持たないアカウントになっていまいます。なので20代向けの商品やサービスを扱っている会社は20代のユーザーが多いSNSを利用するなどと使ってください。

20代向けの商品やサービスを扱っているのに40代のユーザーが多いSNSを使っていると、せっかくの努力が台無しになってしまいます。よく考えてSNSを選びましょう。

SNSの活用法・使い方⑥各SNSの得意な内容を理解する

SNSの活用法・使い方6つ目は、各SNSの得意な内容を理解することです。自分が投稿したい内容と投稿したいSNSが得意な内容が一致しているのか確認してください。その内容がズレていると頑張って投稿しても無意味なものになってしまいます。写真をメインにしたいのであればインスタグラムという風に選びましょう。

SNSの活用法・使い方⑦出会いに使う

恋愛

SNSの活用法・使い方7つ目は、出会いに使うことです。男女の出会いやビジネスの出会いでもSNSは使うことが可能です。専用のマッチングサイトを使うと使いやすい上に探している人を見つけやすくなるので、おすすめです。SNSで見つけて気に入った人に声をかけても良いかもしれません。

最近では、SNSで出会って結婚する人や企業と企業のコラボが成功した話もよく聞きますよね。怖いものであると毛嫌いせずに使ってみましょう。1度、使ってみると恐怖感はなくなると思います。

SNSの活用法・使い方⑧アカウントを使い分ける

始まり

SNSの活用法・使い方8つ目は、アカウントを使い分けることです。SNSのアカウントは使い分けておきましょう。特にビジネスアカウントと個人のアカウントは分けるようにすることがおすすめです。プライベートと個人のアカウントが同じであるとお客さんにあまり良い印象を与えないでしょう。

また、個人のアカウントでも趣味毎に分けておく方が人間関係も分けることができて便利かもしれません。自分の求める内容に合わせてアカウントを管理していきましょう。

SNSの活用法・使い方について紹介しました。出会いについてのSNSの使い方を詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

代表的なSNSの特徴について

各SNSの特徴について①フェイスブック

パソコン

代表的なSNSの特徴について1つ目は、フェイスブックです。フェイスブックは、実名登録が基本のSNSになっています。なので、何か役に立つ情報を記載すると口コミで拡散されていくということがあります。

リアルな知り合いが勧めてくれると購入してみようかなと思いますよね。リアルな知り合いに勧めたくなる内容を投稿することがおすすめです。

各SNSの特徴について②インスタグラム

パソコン

代表的なSNSの特徴について2つ目は、インスタグラムです。インスタグラムは、写真がメインのSNSになっています。なので、企業のカタログとして使ってみましょう。ケーキ屋さんならば自慢のスイーツ、美容師ならヘアスタイルを投稿してください。その写真を見て自分も欲しいと思った人が来てくれるでしょう。

各SNSの特徴について③ツイッター

パソコン

代表的なSNSの特徴について3つ目は、ツイッターです。ツイッターは、呟くことがメインのSNSなので他のSNSより拡散力が強いです。リツイート機能を使うと気軽に伝言ゲームをしていくことが可能になるので、自分が知らないところで宣伝してくれているということも起こりえますよ。

各SNSの特徴について④ライン

スマホ

代表的なSNSの特徴について4つ目は、ラインです。ラインは、誰かに何かを伝えるということだけでなく個人間でメッセージや通話を行うことができるSNSとなっています。コミュニケーションツールとして欠かすことができないSNSになりつつあるのではないでしょうか?

自分の個人情報を教えずに連絡先を交換することも可能なので若い女性にも人気があります。また、企業アカウントも持つことができるので企業の集客にも便利なSNSです。

代表的なSNSの特徴について紹介しました。SNSに興味は持ったので使ってみたいけど使い方がよくわからないという方は、下記の記事を参考にしてみてください。

SNSの使い方・活用法を理解しよう!

趣味から企業のビジネスアカウントにまで利用できるSNSの活用について紹介しました。趣味のアカウントは同じ趣味の人とつながったり、企業のアカウントは集客に役立ったりと色々な活用方法がありましたよね。各SNSによって得意な内容が違うので、自分の目的に合った使い方をできるSNSを選んで活用してみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。