Large thumb shutterstock 508385578

魚焼きグリルの活用方法や使い方は?ガスコンロ・オーブンの使い方も

更新:2019.06.21

魚焼きグリルの使い方を知って、より活用できるようにしませんか。ガスコンロについている魚焼きグリルは、魚を焼くだけではなく、オーブンの代わりに使うことができたり、多くの使い道があります。魚焼きグリルを使ったレシピとともに、魚焼きグリルの活用法をお届けします。

魚焼きグリルを活用するときの注意点は?

魚焼きグリルを活用するときの注意点①ガスコンロから離れない

魚焼きグリルを活用するときの注意点1つ目は、ガスコンロから離れないことです。魚焼きグリルを使う際は、ガスコンロを使う際と同様に、その場から離れないようにしましょう。ガスコンロのように火が見えない魚焼きグリルは、ついつい気を抜いてしまいますが、目を話すことで火事の原因になる場合があります。

また、魚焼きグリルを使う場合も、ガスコンロのそばに燃えやすいものを置くのはやめておきましょう。魚焼きグリルを使うことで、ガスコンロのそばは高温になりますので、思わぬ出火の原因になってしまう場合があります。注意して使いましょう。

魚焼きグリルを活用するときの注意点②定期的な掃除を欠かさない

魚焼きグリルを活用するときの注意点2つ目は、定期的な掃除を欠かさないことです。魚を焼くことに使う魚焼きグリルは、油が内部にたまってしまうことがあります。そのまま火にかけることで、内部で高温になった際に思わぬ出火の原因になってしまう場合がありますので、注意が必要です。

魚焼きグリルを使う際は、受け皿の中に水を張り、油がたまらないようにして使いましょう。水を張ることで、魚焼きグリルの中に油が溜まることを防ぎ、臭いがつくことも防ぐことができます。使い終わった後に掃除をし、定期的に重曹や炭酸セスキソーダを使ってしっかりと掃除をすると、思わぬ事故を防ぐことができます。

魚焼きグリルの活用法・使い方について!

魚焼きグリルの活用法・使い方①オーブン・トースターの代わりに

魚焼きグリルの活用法・使い方1つ目は、オーブン・トースターの代わりに使う使い方です。魚焼きグリルは、オーブンやトースターの代わりに使うことができます。野菜をじっくり焼いたり、パンやピザを焼いたりすることができます。上下からの直火を使うことのできる魚焼きグリルは、他とは違う焼き方ができます。

魚焼きグリルを使ってパンを焼くと、外はカリッと、中はふっくらと焼くことができます。魚焼きグリルで野菜を焼くと、直火で焼くため旨味を凝縮させることができ、さらに、水に溶けやすいビタミンCなどの栄養素もそのままに調理することができます。

魚焼きグリルの活用法・使い方②焼きいもを焼くときに

魚焼きグリルの活用法・使い方2つ目は、焼きいもを焼くときに使う使い方です。さつまいもは、ゆっくりと時間をかけて火を通すことで、甘みが増し、とろとろの焼きいもを作ることができます。オーブンでもじっくり火を通すことができますが、魚焼きグリルでは、さらに直火でこんがりと焼くこともできます。

魚焼きグリルで、お店で買うようなねっとりとした甘い焼きいもを作る方法は、水洗いしたさつまいもをアルミホイルでしっかりと包み、魚焼きグリルに入れて、熱くなりすぎないように注意しながら、上下からの弱火で30〜40分ほど焼きます。火を止めてそのまましばらく冷めるまで置いておけばできあがりです。

魚焼きグリルで、ねっとりとした甘い焼きいもを作る方法は、水洗いしたさつまいもをアルミホイルでしっかりと包み、魚焼きグリルに入れて、熱くなりすぎないように注意しながら、上下からの弱火で30〜40分ほど焼きます。火を止めてそのまましばらく冷めるまで置いておけばできあがりです。

魚焼きグリルを使ったレシピは?

魚焼きグリルを使ったレシピ①魚焼きグリルで焼くぎゅうぎゅう焼き

魚焼きグリルを使ったレシピ1つ目は、魚焼きグリルで焼くぎゅうぎゅう焼きです。ぎゅうぎゅう焼きは、鉄板に鶏肉や野菜などの具材をぎゅうぎゅうに並べて焼く、SNSで人気のインスタ映えするレシピです。通常のぎゅうぎゅう焼きは、オーブンを使って作りますが、魚焼きグリルも活用することができます。

ぎゅうぎゅう焼きは、お肉や野菜などを一つの天板に彩りよく並べて作るレシピです。冷蔵庫の余り物のお肉や野菜などを活用できると人気になっています。オーブンで焼くこともできますが、魚焼きグリルで焼くことで、さらに手間をかけずに作ることができるでしょう。

魚焼きグリルで焼くぎゅうぎゅう焼きの作り方

  1. 魚焼きグリル用の天板を用意します。
  2. 大きめに切った鶏肉、豚肉、牛肉などのお好みのお肉を並べます。
  3. 大きめに切ったにんじんやじゃがいも、ブロッコリー、アボカドなどを彩りを考えながら並べます。
  4. しめじ、プチトマト、ニンニクなども、彩りを考えつつ隙間を埋めるように並べます。
  5. さらに、お好みの具を彩りを考えつつ並べます。
  6. たっぷりの塩コショウをかけます。
  7. ローズマリーを上に乗せます。
  8. 具を並べた天板を、魚焼きグリルに入れます。
  9. 魚焼きグリルで、様子を見ながらじっくりと焼きます。
  10. *火が強すぎると表面が焦げてしまいますので、火加減に注意しましょう。
  11. お肉と野菜にしっかりと火が通ったら、できあがりです。
  12. 天板のまま食卓に並べることができます。

天板に豪快にお肉や野菜を並べて焼くぎゅうぎゅう焼きは、村山さんがSNSに投稿したことで話題になったレシピです。村山さんちのぎゅうぎゅう焼きとして始まったぎゅうぎゅう焼きは、どんどんアレンジレシピが作られています。こちらの記事もチェックして、オリジナルのぎゅうぎゅう焼きを作ってはいかがでしょうか。

魚焼きグリルを使ったレシピ②魚焼きグリルで作るピザ

魚焼きグリルを使ったレシピ2つ目は、魚焼きグリルで作るピザです。魚焼きグリルは、ピザを焼くときに使うこともおすすめです。ピザは、ご家庭でもオーブンやトースターを使って手軽に焼くことができますが、魚焼きグリルを使うことで、高温で焼くことができ、石釜で焼いたようなピザにすることができます。

魚焼きグリルでピザを焼く場合は、強火でさっと焼き上げます。その際、焼き上がりが均一になるように定期的に回転させます。生のトマトやバジルなど、火が通り過ぎて欲しくない野菜をトッピングする場合は、最後の1分または2分を焼く前にトッピングすると、焼きすぎずに食べることができます。

魚焼きグリルで作るピザの作り方

  1. 魚焼きグリル内を高温にしておくため、強火で10分以上予熱しておきます。
  2. ピザ生地に、お好みの具材を並べます。
  3. *ピザ生地は、魚焼きグリルに入るサイズになるように注意しましょう。
  4. ピザを魚焼きグリルに入れます。
  5. 強火で2分ほど焼きます。
  6. 2分経ったら一度魚焼きグリルを開け、ピザを90度回転させます。
  7. 再度強火で1分ほど焼きます。
  8. 1分経ったら魚焼きグリルを開け、さらに90度回転させます。
  9. 再度強火で1分ほど焼き、1分経ったら90度回転させます。
  10. しっかりと均一に焼き上がります。

魚焼きグリルでも焼くことのできるピザは、生地を手作りしたり、パンや春巻き、餃子の皮などを代用したり、具材も様々にアレンジし、どんどん楽しむことのできる料理です。こちらの記事も参考に、定番や変わり種など色々な具材のピザを作って、美味しいピザを楽しんでみてはいかがでしょうか。

魚焼きグリルの上手な手入れの仕方は?

魚焼きグリルの上手な手入れの仕方①炭酸セスキソーダを使う

魚焼きグリルの上手な手入れの仕方1つ目は、炭酸セスキソーダを使う手入れの仕方です。魚の油の汚れなどが主な汚れになる魚焼きグリルは、炭酸セスキソーダを活用すると、きれいにすることができます。しかも、炭酸セスキソーダを使った掃除方法は、つけておくだけと簡単なので、定期的に行うことがおすすめです。

炭酸セスキソーダを使った魚焼きグリルのお手入れの方法は、魚焼きグリルの全体が入るくらいの大きさの入れ物にゴミ袋を入れ、中に50℃〜60℃のお湯を入れます。中のお湯が冷めないように、ダンボールを入れ物として使うのがおすすめです。お湯の中に炭酸セスキソーダを入れて混ぜ、魚焼きグリルを浸します。

炭酸セスキソーダの入ったお湯に手を入れる場合は、必ずゴム手袋をするようにしましょう。炭酸セスキソーダが混ざるように、お湯をかき混ぜ、1時間以上そのまま放置しておきます。しばらく放置して油汚れが浮き出してきたら、あとは軽く洗うだけできれいになります。

魚焼きグリルの上手な手入れの仕方②片栗粉を使う

View this post on Instagram

. . さんまが安かったので、さっそくグリルで焼きました😋 フライパンで焼くと片付けが楽ですが、やっぱりグリルの方が美味しいですよね☺︎ . 汚れ防止には色々な方法がありますが、我が家では低コストな片栗粉を使っています。 同じようにされてる方多いと思いますが、ご参考まで✏️ . 水200mlに対して大さじ4の片栗粉で作った水溶き片栗粉を受け皿入れて焼くだけです。それだけで、ギトギト油などの汚れがペロっと一緒に剥がれてしまいます🙌💕 ※冷めてからでないと、火傷するのはもちろんのこと、片栗粉も固まらないのでご注意を⚠︎ ペロッと剥がした後はさっと洗うだけでOKなのでお手入れ楽ちんです😄 . 受け皿など一式洗う前に、グリル内に#重曹水 をシュッシュしておくと重曹がアルカリ性なので、油が浮いてきて後で掃除しやすいです。消臭効果も◎ 網の焦げ汚れはメラミンスポンジでピカピカに✨ . 面倒くさがりなのでなるべくグリルは使いたくないのですが、、旦那がもっぱら魚派なので、困ったものです🤷‍♀️💦 . 多めに塩を振ったので、皮もパリパリでとっても美味しかったです💓食べムラ全開の娘もパクパク😋🍴 旬が終わるまでじゃんじゃん焼きまーす🙋‍♀️ . . #さんま #魚焼きグリル #魚焼きグリル掃除 #マイホーム #マイホーム記録 #新築戸建て #建売 #建売住宅 #狭小住宅 #収納のない家 #こどものいる暮らし #持ちすぎない暮らし #シンプルナチュラル #ナチュラルインテリア #モノトーンインテリア #北欧インテリア

A post shared by . (@t.hommee) on

魚焼きグリルの上手な手入れの仕方2つ目は、片栗粉を使うお手入れの方法です。片栗粉を使う魚焼きグリルのお手入れ方法は、いつもの使い方をしながら同時に行うことができますので、手間もかからず簡単です。その上、汚れをためずにいつでもきれいな魚焼きグリルにしておくことができます。

片栗粉を使った魚焼きグリルのお手入れの仕方は、魚焼きグリルを使う際、受け皿に張る水に、片栗粉を混ぜるだけです。水200ml〜300mlに対して、片栗粉大さじ4を入れてしっかり混ぜ、受け皿に入れます。そのまま魚を焼く等、魚焼きグリルを使います。

魚焼きグリルを使ったあと、魚焼きグリルが冷めると同時に受け皿に落ちた油も片栗粉も固まります。固まった片栗粉とともに油や焦げ汚れも一緒にはがすことができます。魚焼きグリルを活用するたびに、さっと片付けることができるようになりますので、汚れがたまらず、より使いやすくなります。

魚焼きグリルを活用して料理の幅を広げましょう

魚焼きグリルは、魚を焼くことはもちろん、野菜を焼いたり、パンを焼いたり、お肉を焼いたりすることができます。他には、ケーキなどのおかし作りにも使うことができます。上下から火を使って焼くことができますので、ガスコンロともオーブンとも違った調理をすることができます。

魚焼きグリルは、お手入れがめんどくさい、洗うのが大変とも言われますが、ちょっとした工夫で簡単にきれいにすることもできます。魚焼きグリルは、魚を焼くだけに使うにはもったいない調理器具ですので、魚焼きグリルを活用できるようにすると良いでしょう。魚焼きグリルを活用して料理の幅を広げましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。