INDEX

ベビーオイルを活用するときの注意点は?

ベビーオイルを活用するときの注意点①毛穴詰まり

塗りすぎ注意

ベビーオイルを活用するときの注意点1つ目は、毛穴詰まりです。特に顔に使用する際に気を付けたいのがベビーオイルの使う量です。ベビーオイルは、クレンジングにも洗顔などにも使える反面、使い方を間違えると毛穴が詰まり、ニキビなどのトラブルを起こしてしまうことがあります。

なぜ毛穴詰まりが起こってしまうのかというとベビーオイルに含まれるミネラルオイルは、肌の表面にとどまり肌を保護してくれます。しかし、ベビーオイルを使いすぎると肌にフタをしてしまい、普段使っている化粧水や乳液などを肌の奥まで浸透しなくなります。これでは、肌の内部は、砂漠状態になりトラブルの元になります。

ベビーオイルを活用するときの注意点②ニキビ肌には使用しない

ベビーオイルを活用するときの注意点2つ目は、ニキビがある状態の肌やニキビが出来やすい方には、残念ながらベビーオイルを使用するのは避けましょう。なぜなら、注意点1つ目でも指摘したように毛穴詰まりが原因でさらにニキビを増やしてしまうことになるからです。

しかし、ベビーオイルを使ったからといって、ニキビが増える直接的な原因にはなりません。根本的な原因は、肌に残っている化粧残りや皮脂汚れをしっかりとケアできてないことにあります。汚れを落としきれていない状態に肌を保護してくれるベビーオイルを使うことで、ニキビができやすい環境を作ってしまうのです。

ベビーオイルを使用するには、ニキビケアをしっかりすることをおすすめします。そこで、下記の記事では、市販ニキビケア化粧水をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。大人の肌荒れ用のプチプラ拭き取り化粧水もあります。

ベビーオイルを活用するときの注意点③インナードライ肌

ベビーオイルを活用するときの注意点3つ目は、インナードライ肌です。インナードライ肌とは、肌の表面は潤っているように見えても、実は肌の内部は水分が足りず乾燥している状態を表します。なぜこのような事が起きるのかというと、乾燥肌の方は保湿成分が不足しています。

そのため、肌の外側の角質層に水分を保つ油性成分がベビーオイルのミネラルオイルが溶け出してしまうため、油性成分が少なくなってしまい、インナードライ肌になってしまいます。乾燥肌の方、特にベビーオイルのみを使用するのではなく、普段使っている化粧品と組み合わせて使うことをおすすめします。

ベビーオイルの活用法・使い方について

ベビーオイルの活用法・使い方①肘・膝・かかとケアに効果的

ベビーオイルの活用法・使い方1つ目は、全身ケアです。ベビーオイルは、保湿効果が高く全身に使えます。特にカサつきやすい肘や膝、かかとを入念に塗り込みましょう。冬などの乾燥する時期は、特におすすめです。お風呂上りにたっぷりベビーオイルでマッサージしましょう。

かかとのカサつきが特に気になる場合は、ベビーオイルパックがおすすめです。お風呂上がりにまず、たっぷりベビーオイルをかかとに塗り込み、ラップをします。その上から厚めの靴下を履いて、そのまま寝るだけで、翌朝のかかとがツルツルになります。

ベビーオイルの活用法・使い方②髪のケア&ヘアセット

ベビーオイルの活用法・使い方2つ目は、髪のケア&ヘアセットです。ベビーオイルは、洗い流さないトリートメントとして活用できます。お風呂上がりに髪をドライタオルした後にベビーオイルを馴染ませます。髪に馴染ませたら、ドライヤーで乾かすだけでOKです。この時に頭皮マッサージを一緒にするのもおすすめです。

さらにベビーオイルは、ヘアスタイリングもできます。特にヘアアイロンを使う方におすすめです。アイロンをする前にベビーオイルを髪に馴染ませてから、巻くと広がらず、キレイに巻けます。ベビーオイルを付けすぎてしまっても、ウエット感が出るので、大丈夫です。

ベビーオイルの活用法・使い方③クレンジングや洗顔に混ぜて使う

ベビーオイルに混ぜる

ベビーオイルの活用法・使い方3つ目は、普段使っているクレンジングや洗顔フォームに混ぜて使うことです。クレンジングについては、そのままベビーオイルを代用も可能です。使い方は、蒸しタオルで毛穴を開かせてから、ベビーオイルを適量手に取り、クレンジングする時と同じようにするだけです。マスカラも落ちます。

洗顔フォームは、泡立てた後に数滴ベビーオイルを混ぜるだけでOKです。洗顔で乾燥しがちな肌をベビーオイルの保湿力が補ってくれるので、洗顔後も肌がつっぱる感じがありません。保湿しながら、しっかりと毛穴の汚れも落としてくれます。特に皮脂汚れが気になる小鼻などは、クルクルっとマッサージするようにしましょう。

ベビーオイルの活用法・使い方④化粧下地に混ぜてツヤ感アップ

ベビーオイルの活用法・使い方4つ目は、ファンデーションに混ぜて使うことです。ファンデーションに混ぜることによって、よりツヤ感がアップします。リキッドファンデーションの場合は、数滴ベビーオイルに混ぜてから肌に馴染ませます。スポンジを使うと均等に肌へ浸透します。

パウダーファンデーションの場合は、まずパウダーファンデーションを顔全体に付けてから、スポンジに数滴ベビーオイルを付け、ポンポンと優しく肌に馴染ませます。ツヤ感がアップするだけでなく、ベビーオイルのおかげで肌の奥までファンデーションが浸透するので、化粧崩れもしにくくなります。

ベビーオイルの活用法・使い方⑤ネイルケアでツルツル

ベビーオイルの活用法・使い方5つ目は、ネイルケアです。特にお風呂上がりにするのがおすすめです。ベビーオイルを爪1本1本に数滴垂らします。あとは、マッサージするように爪や指に馴染ませるとツヤが出ます。乾燥で爪が割れやすくなる人は、ぜひ試してみて下さい。

爪だけでなく、そのまま手全体に馴染ませるだけで、ハンドクリームの役割もあります。さらにベビーオイルを爪に付けると甘皮処理もしやすくなります。下記の記事では、そんな甘皮処理の簡単な方法や道具などについて詳しく解説しています。こちらの記事も合わせて参考にして、爪美人を目指しましょう。

Small thumb shutterstock 1352162855
関連記事 ネイルの際の甘皮処理の簡単な方法は?セルフケアグッズや使い方も紹介

今回は「ネイルの際の甘皮処理の簡単な方法」をテーマに、お手入れグッズや

ベビーオイルの活用法・使い方⑥妊娠線予防

ベビーオイルの活用法・使い方6つ目は、妊娠線予防です。様々な妊娠線予防クリームが販売されていますが、ベビーオイルを妊娠線予防として活用している方も多いです。妊娠中のママはもちろん、出産後の赤ちゃんにも使えるので、長期に渡ってママの肌も赤ちゃんの肌も守ってくれます。

妊娠中の肌は、非常に敏感です。ベビーオイルは、余分な成分が入っていないため、安心して使えます。使い方は、お風呂上りに適量を手に馴染ませ、バスト、お腹周りや太もも、お尻など妊娠線ができやすい場所に塗ります。お腹周りは、おへそを中心に円を描くようにマッサージすると良いでしょう。

お風呂マッサージの効果について

お風呂マッサージの効果①頭皮マッサージでスッキリ!

お風呂マッサージ

お風呂で湯船に浸かりながら、ベビーオイルで頭皮マッサージするのがおすすめです。ベビーオイルを手に馴染ませ、ゆっくりと頭皮をほぐしていきます。こめかみから頭頂部へ向かって、マッサージしていくと、アンチエイジング効果も期待できます。ポイントは、爪をたてず、指の腹でマッサージすることです。

また、頭皮マッサージ用のブラシを使うのも良いでしょう。手では届きにくい場所の頭皮の汚れもスッキリ落とせます。マッサージしたあとは、普段と同じようにシャンプー、コンディショナーをします。頭皮の汚れがスッキリするだけでなく、マッサージしたことで安眠効果も期待できます。

お風呂マッサージの効果②リンパマッサージでむくみケア

お風呂に入り、身体が温まってくると、血行が良くなってきます。その時にベビーオイルでリンパマッサージをしてあげるとむくみが取れます。仕事に家事に疲れやすい脚は、1日でパンパンになりますよね。下記の手順を参考にぜひ、やってみて下さい。マッサージのポイントは、イタ気持ちいいくらいの力加減がベストです。

ベビーオイルを使った脚のリンパマッサージのやり方
  1. 足の裏をほぐしていき、ふくらはぎへとリンパを流していきます。
  2. ふくらはぎから太ももへ手の腹を使いながらマッサージ
  3. 脚の付け根にリンパが集中しているので、念入りにマッサージしましょう。
  4. 下から上へと何度もマッサージすれば、むくみも解消されます。

お風呂マッサージの効果③入浴剤にして大人の至福時間

お風呂に入浴剤を入れたあと、ベビーオイルを2~3滴入れて大人のバスタイムを楽しみましょう。ポイントは、身体の汚れをキレイに洗い流した後に入ることです。ベビーオイルが肌の保湿力を高めて、乾燥を防いでくれます。肌に馴染ませるようにマッサージすると効果的です。

お風呂上りは、すぐに保湿しないと肌が乾燥してしまうと言われていますが、ベビーオイルの入ったお風呂に入ることで乾燥を防ぎ、さらにモチモチ肌を実感できます。下記の記事では、バスソルト人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ、ベビーオイルと一緒に使ってみてはいかがでしょうか。

ベビーオイルの使い方・活用法を理解しよう!

ベビーオイルの活用方法や使い方について詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか?肌だけでなく、髪やネイルケア、妊娠線予防にも活用できるなどベビーオイルは、万能なアイテムでしたね。しかも、プチプラなので継続して使えるので、効果も実感しやすいです。

ベビーオイルは、保湿効果があり、肌の水分が逃げるのを防いでくれるので、特にお風呂に入っている時やお風呂上りに使用するのがおすすめです。様々なベビーオイルが販売されているので、成分をよく見て、ベビーオイルの使い方の注意点に十分気を付けながら、正しく使って理想の肌を目指しましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。